コントラクトアドレスの調べ方は?BSC、ETH、polygonで解説

コントラクトアドレスの調べ方

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

トークンをウォレットに追加する際などに、コントラクトアドレス(contract address)が必要になる時があります。

コントラクトアドレスは、普通のアドレスとは異なり、契約するためのアドレスです。
ウォレットとトークンを連携する時などに必要になります。

見た目は普通のアドレスと変わりませんが、コントラクトアドレスあてに仮想通貨を入金することはできません。

今回Pacific Meta マガジンでは、トークンのコントラクトアドレスを調べる方法を解説します。

例えばカスタムトークンをMetaMaskに追加するには、追加したいトークンのコントラクトアドレス(contract address)を取得する必要があります。

MetaMaskにトークンを追加する方法を知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

MetaMaskにトークンを追加する方法を解説!カスタムトークンもMetaMaskに仮想通貨を入金したのに、反映されていないケースがあります。 「え?仮想通貨が消えた??汗」 と不安になる方...

トークンごとに、コントラクトアドレスを調査できるScanサイト(ブロックチェーンエクスプローラー)は異なります。
また、ブロックチェーンエクスプローラーの意味や使い方はこちらの記事も参考にしてください。

ブロックチェーンエクスプローラーとは
ブロックチェーンエクスプローラーとは何?使い方や見方を解説今回Pacific Meta マガジンではブロックチェーンエクスプローラーについて、以下の内容を解説します。 ブロックチェーン...

今回は以下の3つのチェーンでのコントラクトアドレスの調べ方を紹介します。

  1. BSC
  2. ETHチェーン
  3. Polygoneチェーン

BSC

BSCとは「Binance Smart Chain」の略です。
BscScanでは、BEP20系のトーンのコントラクトアドレスを調べることができます。

Bsc Scanはこちら!

BSC Scan

こちらの左上の検索スペースで追加したいトークンの名前を入れると以下の画像のようにコントラクトアドレスが表示されます。
赤丸で囲んだところがコントラクトアドレスです。

コントラクトアドレス

ETHチェーン

ETHチェーンのトークンのコントラクトアドレスは、Etherscanというブロックチェーンエクスプローラーで調べることが可能です。
EtherscanとBscScanは開発元は同じです。

Etherscanはこちら!

Etherscan

こちらの画面の左上の検索窓から、コントラクトアドレスを調べたいトークンの名前を入力します。
すると以下の画像の赤丸で囲われたところにコントラクトアドレスが出てきます。

EtherScan

Polygoneチェーン

Polygoneチェーンのトークンのコントラクトアドレスを調べるには、polygonscanというブロックチェーンエクスプローラーを使います。

polygonscanはこちら!

polygonscan

同じように、こちらの画面の左上の検索窓から、コントラクトアドレスを調べたいトークンの名前を入力します。
すると以下の画像の赤丸で囲われたところにコントラクトアドレスが出てきます。

polygonscan

追加したいトークンはどのチェーン?

このようにチェーンが複数あると、追加したいトークンがどのチェーン上のトークンか不明ですよね。

それぞれのチェーンで、どのトークンが取り扱かわれているかは以下のリンクから探すことができます。

BscScanのトークン一覧

Etherscanのトークン一覧

polygonScanのトークン一覧

コントラクトアドレス調べ方まとめ

いかがでしたか?

コントラクトアドレスは調べることはできたでしょうか?
Pacific Meta マガジンではこのようにブロックチェーンゲームを楽しく遊べるように、仮想通貨やweb3の情報を発信していきますので、ぜひ他の記事もあわせてよんでください!

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. OKCoinJapan【学生は取引手数料無料!】
    公式サイト: https://www.okcoin.jp/
  4. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

簡単なWeb3事業診断も行っております。(初回相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら