最新NFTゲーム関連銘柄一覧!選び方や探し方を初心者向けに解説!

nftgame meigara

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

NFT関連銘柄という言葉を聞いたことはありますか? 近年NFT市場が急速に拡大しており、NFT関連の株式への注目度も上がっています。 今回Ludusでは、NFT関連銘柄について以下の内容を中心にご紹介します。
  • NFT、NFT関連銘柄って何?
  • NFT関連銘柄を選ぶ際のポイントは?
  • おすすめのNFT関連銘柄は?
  • おすすめの株式NFT関連銘柄は?
  • NFT関連銘柄の今後の動向は?
  • NFT関連銘柄を購入するときに注意したいことは?
YATARO
YATARO
ぜひ、最後までご覧ください。

NFT関連銘柄とは?

まずは、NFT関連銘柄とは一体なんなのかについてご紹介します。 重要ワード「NFT」についてもご説明しますので、ぜひ一度目を通してみてください!

NFTとは

NFTとはNon-Fungible Tokenの頭文字を取った略語で、「非代替性トークン」という意味を持ちます。 代わりが効かないトークン(デジタル資産)とはどういうものを指すのでしょうか? 実は、情報をチェーンで繋ぐブロックチェーン技術により、デジタル資産の複製や改ざんを困難にさせることができるようになりました✨ この技術の開発によってデジタル資産の唯一性を証明できるようになったんです。 そして、この技術を利用したものをNFTと呼びます! 本来唯一性が証明しにくかったデジタル資産に希少性が付与されたことで、デジタル資産の価値は従来よりもはるかに高くなりました。 そのため、コレクターや資産家が次々とNFT作品に注目し始めているのが現状です。

NFT関連銘柄とは

NFT関連銘柄とは、NFT市場に関連して流通している仮想通貨のことを指します。 仮想通貨にはさまざまな種類がありますが、そのなかでもNFTに関連しているものに限定した呼び方というわけですね。 また、NFT関連銘柄が指すのは、NFTに関係している仮想通貨だけではありません。 NFT事業を行っている企業の株式についてもNFT関連銘柄と呼びます。 下記項目におけるNFT関連銘柄は、NFTゲーム事業における企業の株式についても指す場合があります!

NFTゲーム関連銘柄の上手な選び方

NFTゲームの関連銘柄を購入しようとしても、種類が多すぎてどうやって銘柄を選べばよいか分からなくなりますよね。 しかし、銘柄を選ぶ際のポイントを把握していれば、自分に合った銘柄を見つけることができますよ! ここでは、NFTゲーム関連銘柄の上手な選び方についてご紹介します。

①時価総額を確認する

まず第一に行うのは、NFTゲーム関連銘柄の時価総額を確認することです。 時価総額が高いほど、周囲から企業への期待が大きいことを表します。 ここで注意すべきなのは、参考にする期間です。 時価総額が高い関連銘柄も、一時的なだけですぐに下がってしまうかもしれません? 逆に、時価総額が一時的に低い関連銘柄も、新事業で高騰する可能性もあります! 時価総額を確認するときは、長期的な値を確認して利益を見込めそうな関連銘柄を選びましょう

②サービス内容/特徴を調査する

NFTゲーム関連銘柄を購入するときは、その事業についても詳しく知る必要があります。 どんな事業なのかを知らなければ、他と比べて成長しそうなのか予想することもできません! まずは、購入したい関連銘柄を持つ会社の事業がどんなサービスを行っているのかを調べましょう。 NFTゲーム関連銘柄なら、最低でも基本的なゲームシステムや流通している高額アイテムは知っておきたいところです。 また、それらのサービスが他と比べてどんな特徴を持っているのかについても分析を行います。 強みを持たないゲームは将来的に成長する期待が持つことができません。 ゲームの特徴を掴むことは、将来性の予測にも繋がります✨

③海外の動向を知る

勢いが強い関連銘柄は、海外からも多く注目されているものです。 特にNFTはまだまだ海外を中心に回っており、NFTゲーム関連銘柄を探すなら海外の動向を知ることは欠かせません。 気になるNFTゲーム関連銘柄を見つけることができれば、次に海外からの評判について調べましょう。 新規のゲームでも、海外から注目されていればグンと伸びる可能性があります。 初心者の方なら、まずは大手の安定した関連銘柄を選ぶのも良いですね?

④サービスを使ってみる

NFTゲーム関連銘柄について最も深く知るためには、実際にサービスを利用してみるのが手っ取り早い方法ともいえます。 具体的に気になる関連銘柄が見つかったなら、その企業の代表作をプレイしてみましょう。 大きく注目されているゲームならば、プレイしてみることでどういった点が優れているのかを身を持って理解することができます。 関連銘柄を購入する気がなくても、大手のサービスを一度利用しておくことで他社との比較にも繋がりますよ✨

その他

上記ではNFTゲーム関連銘柄を選ぶ際に絶対に抑えておきたいポイントをご紹介しました。 しかし、銘柄は資産に直結する大切なもので、銘柄選びも慎重に行わなければなりません! NFTゲーム関連銘柄を探すときに、他にも抑えておきたい事柄がいくつかあります。 上記項目と合わせて以下のポイントも覚えておきましょう!

ブロックチェーン性能を確認する

ブロックチェーンはNFTの根幹ともなる非常に重要な要素です。 この技術が優れているかどうかも、関連銘柄の価値に繋がります。 なかでもブロックチェーンの処理速度に注目しましょう。 特にゲームでは快適なプレイが求められる分、処理速度は大切なポイントになります✨

日本で新規に取扱される銘柄を確認する

海外と比べ、国内の取引所では扱っている関連銘柄の種類が圧倒的に少ない状況です? そのなかでも国内取引所で取り扱いが開始した関連銘柄は、クオリティが高く将来性が期待されているものが多いんです。 そのため、国内取引所で新規に取り扱いが決まった関連銘柄は欠かさずチェックしておきましょう。

おすすめNFTゲーム関連銘柄

NFTゲームの銘柄のなかでも、人気のものやユーザー数が多いもの、新規で注目されているものなどさまざまな種類が存在します。 そのなかでも、特におすすめのNFTゲーム関連銘柄をご紹介します! まずはこのなかから自分に合った銘柄を探してみてはいかがでしょうか?

ENJ(エンジンコイン)

サービス内容 Minecraftなど
発行上限 10億ENJ
現在価格 \77.61(2022年8月現在)
時価総額 \69,525,036,935(2022年8月現在)
時価総額ランキング 77位(2022年8月現在)
取扱取引所 ・DMM Bitcoin. ・GMOコイン ・コインチェック
公式サイト Enjin
ENJは、Enjin Coinというブロックチェーンプラットフォームから発行されている仮想通貨です。 プラットフォームではゲームをするだけではなく、ゲームを作成したり仮想アイテムを販売したりすることもできます。 仮想通貨の時価総額ランキングは77位となっており、全体で見てもかなり人気の仮想通貨といえます。 マイクロソフトやサムスンのような大手企業と提携していることも人気の一因だと考えられます✨ なんといっても最大の特徴は、あの世界的人気を誇る『Minecraft』と提携している唯一のNFTであることです。 提携することでゲーム内アイテムをNFTとして所持、販売することができるようになります。 国内に取引所があるため、手軽に交換ができるのもポイントです?

XTZ(テゾス)

サービス内容 UBISOFTなど
発行上限 なし
現在価格 \217.45(2022年8月現在)
時価総額 \197,090,221,231(2022年8月現在)
時価総額ランキング 40位(2022年8月現在)
取扱取引所 ・bitFlyer ・GMOコイン
公式サイト Tezos
テゾスはアプリケーション開発のプラットフォームで、テゾス内で発行されている仮想通貨がXTZです。 主にテゾスで利用できるサービスの支払いに使用されています。 テゾスでは管理者がいなくても稼働できるアプリ、分散型アプリケーションの開発をメインとしており、NFTゲームの開発も可能です。 独自のブロックチェーンを保有しているため、処理速度の遅延問題もありません? 独自のブロックチェーン技術は処理速度だけでなく、ハードフォークにも対応ができます! ハードフォークというのは仮想通貨が分裂してしまうことで、仕組みの方向性が異なることによって起こります。 XTZではハードフォークができない仕組みになっているため、資産としての安定性が高い仮想通貨となっています。 国内で取り扱い取引所があるなかでも勢いが強いおすすめの仮想通貨です✨

SAND(サンドボックス)

サービス内容 The Sandboxなど
発行上限 30億SAND
現在価格 \144.54(2022年8月現在)
時価総額 \206,716,366,973(2022年8月現在)
時価総額ランキング 39位(2022年8月現在)
取扱取引所 ・コインチェック ・イーサリアム ・リップル など
公式サイト The Sandbox
SANDは、『The Sandbox』というゲーム内で発行されている仮想通貨です。 『The Sandbox』ではアバターやアイテムなどが作成できるほか、土地や建物を仮想通貨で売買することができます。 また、ゲーム内で自身のゲームを作成することができるという特徴も持っており、自作ゲームを他のプレイヤーに遊んでもらうことでSANDを稼ぐことも可能です。 土地を売買できる仮想空間を持つゲームは、現実のブランドとバーチャルを融合させたイベントを行うこともできます! 同じく仮想空間を持つ他のゲームでは、有名ブランドのファッションイベントが行われたこともありました? 『The Sandbox』にもそのような将来性の期待ができます。 SANDは国内に取引所が無いことが難点とされていましたが、知名度の上昇によりコインチェックにて取り扱いが開始しています。

FLOW(フロウ)

サービス内容 NBA Top Shot、CryptoKittiesなど
発行上限 13億4415万523FLOW
現在価格 \291.44(2022年8月現在)
時価総額 \301,994,042,672(2022年8月現在)
時価総額ランキング 30位(2022年8月現在)
取扱取引所 ・Binance ・BYBIT ・OKExなど
公式サイト FLOW
Flow(フロウ)はDapper Labs社が開発した独自のブロックチェーンで、そこで発行されているのがFLOWという仮想通貨です。 NFTゲームのなかでも高額取引が行われやすい『CryptoKitties』などを運営しています。 人気ゲームをプレイしていると、ネットワーク上の混雑による手数料高騰問題にぶつかることが多いですよね。 しかしDapper Labs社では独自のブロックチェーンを所有しているため、安定した環境でゲームをプレイすることができます。 『CryptoKitties』では、自分で猫を育て、その猫をNFTとして販売することが可能です。 この猫が当時日本円にしておよそ1900万円もの価格がついたこともあります? こういったケースがあってこそ、FLOWへの注目度の高さに繋がっているのだと考えられます。
おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. OKCoinJapan【学生は取引手数料無料!】
    公式サイト: https://www.okcoin.jp/
  4. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

RARI(ラリブル)

サービス内容 FYDCARDSなど
発行上限 2,500万RARI
現在価格 \397.62(2022年8月現在)
時価総額 \3,735,535,703(2022年8月現在)
時価総額ランキング 525位(2022年8月現在)
取扱取引所 ・Gato.io
公式サイト Rarible
Rarible(ラリブル)というNFTマーケットプレイスで発行されているのが、RARIという仮想通貨です。 人気NFTマーケットプレイスOpenSeaと提携しているため、ユーザー数が多いのが特徴です。 元々は日数経過に応じてRARIを無料配布していましたが、現在は取引上で入手するしか手段がありません? 時価総額が他と比べて低いのは、このシステムに移行してからまだ日が浅いためなんです。 しかし、OpenSeaと提携していること、ユーザー数が多いことから今後への期待が高い仮想通貨といえるでしょう。 過去にもNFT市場が盛り上がった瞬間にRARIが高騰したことがありました。 今後有名アーティストの新作が出たり、何らかのブランドイベントが行われることで、再びRARIが高騰する可能性も大いにあります。

MANA(マナ)

サービス内容 Decentralandなど
発行上限 28億588万6393MANA
現在価格 \113.66(2022年8月現在)
時価総額 \210,541,389,537(2022年8月現在)
時価総額ランキング 37位(2022年8月現在)
取扱取引所 ・Biance ・OKEx
公式サイト Decentraland
MANA(マナ)は、DecentralandというVRプラットフォーム上で発行されている仮想通貨です。 Decentralandでは3Dの仮想世界が構築されており、現実世界と似たような街中でアイテムの売買や他プレイヤーとのコミュニケーションを図ることが可能です。 Decentraland内ではアイテムの売買によって利益を得る他にも、土地の売買で大きな利益を得ることも見込めます! NFTのイベント会場としても利用されることが多く、有名ブランドが参画するファッションショーが開催されたこともあります? ただ、MANAは国内に取引所が存在しておらず、海外の取引所を利用する必要があります。 これだけ盛り上がっている仮想通貨だけに残念ですが、その分今後国内の取引所で取り扱いがスタートする可能性も高いのではないでしょうか。

GMT(ジーエムティー)

サービス内容 STEPNなど
発行上限 60億GMT
現在価格 \108.48(2022年8月現在)
時価総額 \65,085,215,446(2022年8月現在)
時価総額ランキング 79位(2022年8月現在)
取扱取引所 ・Binance ・Gato.io ・BitMart など
公式サイト Stepn
Web3.0アプリSTEPNでは、GMTとGSTの2種類の仮想通貨が発行されています。 GSTは歩くだけで稼げる通貨のため、ユーザー数も多いのが特徴です。 なかでもGMTはSTEPN内でレベルを上げてから稼ぐことができる、上級バージョンの仮想通貨になります! STEPNはまだリリースされたばかりのアプリで、機能が制限されていることが多いです。 そのため、GMTの用途が不透明なところがあります。 しかし、ユーザー増加に伴い、運営によってGMTの用途が明らかにされることが分かりました✨ そのなかには、STEPNの運営に参加できるという画期的な制度もあるようです。 そのため、現在GMTへの注目度が増加している状態です。

おすすめNFT関連銘柄【株式】

ここまではNFTゲームの関連銘柄をご紹介しました。 前述の通り、NFT関連銘柄は仮想通貨だけでなく、株式のことも指す場合があります。 ここでは、NFT関連銘柄のなかでも株式に限定し、おすすめのものをご紹介します!

Meta

サービス内容 ソーシャルメディア、広告
現在価格 161.11$(2022年8月現在)
時価総額 371,863.5699$(2022年8月現在)
時価総額ランキング 12位(2022年8月現在)
公式サイト Meta
Metaは、FacebookやInstagramなどのソーシャルネットワークサービスを提供している会社です。 他にもメタバースという仮想空間を開発し、現在Metaが最も注力している分野といわれています。 FacebookからInstagramと世界で流行ったSNSのなかでも影響力の大きい2つを運営している分、株価も非常に安定しているのが特徴です? メタバースという新規分野にも踏み出し、CEOのマック・ザッカーバーグ氏も積極的にメタバースの広報をしているようです! 時価総額ランキングも現在12位と非常に高く、世界的にもトップレベルの企業だといえるでしょう。

Shopify

サービス内容 オンラインストア開設ツール
現在価格 32.47$(2022年8月現在)
時価総額 39,366.4363$(2022年8月現在)
時価総額ランキング 圏外(2022年8月現在)
公式サイト Shopify
Shopifyは、オンラインストアをインターネット上に開設するためのツール群を提供しています。 個人業者や小規模な小売業者に向けて開発しており、ツールのなかには支払いから出荷以外にもマーケティング、カスタマーエンゲージメントまでさまざまな機能が備えられています。 昨今の通販ブームに備え、さまざまな企業や個人業者がオンラインストアを開設していますよね。 そのなかには、Shopifyを利用している業者も少なくないようです? Shopifyは上場4年でカナダの老舗金融業者の時価総額を抜くほどの勢いで成長しています。 あの超人気マーケットプレイスAmazonにも迫る勢いで、多くの人に注目を浴びている企業でもあります。 今後も株価が上がる可能性がある企業といえるでしょう✨

メルカリ

サービス内容 オンラインフリーマーケットアプリ
現在価格 \2,294(2022年8月現在)
時価総額 \377,231,000,000(2022年8月現在)
時価総額ランキング 圏外(2022年8月現在)
公式サイト メルカリ
メルカリは、日本で最も利用されているオンラインフリーマーケットアプリを運営している会社です。 匿名で配送ができるのが特徴で、古着からアニメグッズまでさまざまな商品が出品されています。 2022年6月から配送料が値上がりし、やや株価の低下が見られましたが、やはり他のフリーマーケットアプリよりも利用者が多いことから未だに強い株式を保有しています! また、フリーマーケットだけでなく、非接触型決済アプリ「メルペイ」を新たに展開しています。 メルカリを利用している方が多いだけに、メルペイの浸透率も非常に早かったようです! メルペイの活躍により、今後も株価の上昇が期待できる銘柄です✨

スクウェア・エニックス・ホールディングス

サービス内容 情報・通信業
現在価格 \5,950(2022年8月現在)
時価総額 \729,063,000,000(2022年8月現在)
時価総額ランキング 圏外(2022年8月現在)
公式サイト スクウェア・エニックス
スクウェア・エニックスは、スクウェア・エニックスグループを統括する情報・通信業を主とした会社です。 最も活発なのはゲーム開発とオンラインゲームの運営で、特に『ファイナルファンタジー』シリーズが今でも強い人気を誇っています。 オンラインゲームでは『ファイナルファンタジーXI』や『ドラゴンクエストX オンライン』を展開しており、どちらも10年以上の歴史があります! また、スマートフォン向けのゲームコンテンツの開発も進めており、『ミリオンアーサー』シリーズなどで注目を浴びています? 任天堂などの大手ゲーム会社は、どこも安定した株価推移を続けています。 人気シリーズを定期的にリリースしていることと、新規ゲームの開発にも力を入れていることから、今後も株価が急落する可能性は高くないと考えられます。

NFTゲーム関連銘柄の今後の動向

NFTゲーム関連銘柄は現在コレクターや資産家から大きな注目を浴びています。 今後はどのように動向が推移していくのでしょうか? 仮想通貨取引所、NFT市場、企業の参入などポイントに分けてご紹介します! また、将来性における懸念点についてもご説明いたします。

仮想通貨取引所が増加

海外におけるコレクターや資産家の注目度は日に日に増しており、今や仮想通貨取引所は1年前よりもはるかに多くなっています。 この動きは海外だけではありません。 日本でも仮想通貨取引所は増えており、取引所内で取り扱える仮想通貨の種類も多くなりました? これも、日本の有名企業や有名ブランドがNFTに次々に参入している影響でしょう。 また、経産省からもNFTの実地調査が行われるなど、NFTへの期待は確実に増している状況です!

NFT市場が発展

仮想通貨の取引が活発になり、海外でも日本でも取引所が増加しています。 仮想通貨が扱いやすくなったことから、NFTの売買も行いやすくなりました! OpenSeaを始め、NFTマーケットプレイスでは購入可能なNFT作品が次々と増えています。 日本でも小学校3年生のNFTアートが高額取引されたニュースが話題になり、一般の耳にもNFTの存在が届くようになりました。 NFT市場はこれに留まらず、今後も発展していくことでしょう✨

大手企業のNFT市場参入

NFT市場に注目しているのはコレクターや資産家だけではありません。 多くの有名企業がNFT市場に次々と参入しているんです。 アート界隈では、週刊少年ジャンプを刊行している集英社や週刊少年マガジンを刊行している講談社などが、原稿のNFT化を進めています! ファッション界隈では、Louis Vuittonが自社のゲームでNFTファッションを登場させました✨ NFTプラットフォーム上でイベントを行う企業も増え、今後も有名企業のNFT市場参入は進んでいくとみられています。

有名人のNFT市場参入

企業に続き、有名人のNFT市場参入も相次いでいるようです。 アメリカの大人気シンガーソングライターMadonna(マドンナ)さんは、NFTアーティストBeeple氏とコラボしてアニメーション作品を3つのシリーズでリリースしました? セレブ界のなかで名高いパリス・ヒルトンさんも、愛猫のマンチカンのイラストをNFT化してオークションに出品しています! 日本でも、広瀬すずさんの写真集の未公開カットがNFT化して販売されていました✨

バブル化の可能性

現在、NFT市場は非常に高い価格で作品が取引されています。 ちょっとしたアートも有名人が使用しただけで日本円にして数百万の値段で取引され、インターネットで有名なペットの写真データも数千万の価格で落札されました。 いくらNFT化されているとはいえ、「本来の価値よりも価格が高くなりすぎているのでは」と懸念の声が上がりつつあります? つまり、かつての日本でもあったバブル状態になっている可能性あるということです。 NFT市場に参入するなら、今後の価格変動について注視しておく必要があります。

NFTゲーム関連銘柄を購入する際の注意点

将来性もあり、大手企業や有名人も参入を進めているNFT市場ですが、NFTゲーム関連銘柄を購入する際に注意したいこともあるんです。 もし、NFTゲーム関連銘柄を購入しようと考えているなら、ぜひ一度目を通してみてください!

ガス代(取引手数料)を考慮する

NFT作品の取引ではガス代と呼ばれる手数料が発生します。 NFTゲーム関連銘柄も例外なく、購入する際でも売却する際でもガス代が発生するんです。 このガス代の高さがNFT取引の難点でもあります。 NFTはクリエイターへの還元率が高いのが特徴の一つですが、この還元率が手数料に当たります。 本来なら発生しない利益を補うために、手数料が従来の取引よりも高くなってしまうんですね? NFTゲーム関連銘柄を購入するなら、本来の株式と同じく余剰資金で行うようにしましょう。

購入のタイミングに気を付ける

NFTゲーム関連銘柄は、購入するタイミングにも注意しなければなりません。 高い価格で購入した後に価値が下がってしまうと、その分損をしてしまうことになります。 損をしないためにも、まずは購入しようとしているNFTゲーム関連銘柄の価格推移を調査しましょう。 価格が高騰している状態なら購入を控えた方が良いです! また、新作ゲームが出たり高額取引が行われた際は、価格が高騰することもあります✨ 近況なども調査して、高騰する前に購入するのがベストです。

詐欺に注意する

NFT関連銘柄で注意したいのが、詐欺です。 まだまだ知識が浸透していない界隈でもありますので、そこにつけこもうとする詐欺者が後を絶ちません? 例えば、似たようなサイトを偽造して間違ったリンクから購入させようとするフィッシング詐欺などがあります。 売買に利用するウォレットでも、有名アプリと似たようなデザインのものが量産されています。 このような詐欺にあわないためににも、公式サイトが正しいリンクかどうかしっかり確認してから購入を行いましょう!

NFTゲーム関連銘柄に投資するための準備

NFTゲーム関連銘柄に興味は湧いてきたでしょうか? もし、NFTゲーム関連銘柄を購入するなら、事前に準備することがいくつか存在します。 ここでは、NFTゲーム関連銘柄を購入する際の準備についてご紹介します!

①仮想通貨口座の開設

NFTゲーム関連銘柄は基本的に仮想通貨にて取引されます。 まずは、仮想通貨の口座を開設しましょう。 ここで注意したいのは、仮想通貨の種類です。 日本円と違って仮想通貨にはさまざまな種類があります。 関連銘柄で使用できる仮想通貨を事前に調べ、同じものを買うようにしましょう。 https://pacific-meta.co.jp/magazine/blockchain-game/91782/

②仮想通貨ウォレットの用意

続いて、仮想通貨を売買するためのウォレットを用意します。 前述の通り、有名ウォレットに扮した偽アプリが大量に横行しているため、本物かどうかきっちり確かめてからインストールしてください。 確かめるには、開発元の名前やレビューをチェックするのがおすすめです。 また、公式サイトのリンクから直接インストール画面に飛ぶのも確実です。 ウォレットがインストールできれば、アカウントを作っておきましょう! https://pacific-meta.co.jp/magazine/blockchain-game/91351/

③仮想通貨の購入

ウォレットが用意できれば、次にウォレットに入れる仮想通貨を購入します。 ここでも購入しようとしているNFTゲーム関連銘柄と異なる仮想通貨を購入しないように気を付けてください! 仮想通貨はあらゆる場面で使用する機会があります。 あくまでも余剰資金範囲内ですが、使用するよりも少し多めに購入しておくとよいでしょう。

④NFT関連銘柄の購入

最後に、マーケットプレイスでNFT関連銘柄を購入して完了です。 株式なら価格推移をしっかりチェックして購入に進みましょう✨

注目度急上昇中のNFT関連銘柄

おすすめのNFT関連銘柄では、ある程度安定した人気がある初心者向けのものをご紹介しました。 しかし、大幅に利益を得るためには新規開拓して投資することも必要です! ここでは、NFT市場で急成長を遂げている関連銘柄についてご紹介します。

凸版印刷「Metapa(メタパ)」

凸版印刷は、バーチャルショッピングモールアプリMetapa(メタパ)を開発した会社です。 仮想空間内ではショッピングモールのように複数の店舗で買い物ができるようになっています。 2021年の利用開始から、現実と仮想空間との融合技術によって注目を集めていました。 さらに、自身のアバターをNFT化できるサービスを提供開始したことから、株価が上昇しつつある状況です! まだまだ注目度を集める余地がある今こそ買い時ではないでしょうか✨

ピアラ「サイバースター」

ピアラという会社からは、クリエイターとコアなファンを繋ぐ、クリエイター支援プラットフォームであるサイバースターのリリースを発表しています。 サイバースターではライブ配信が可能で、NFTによってマルチな収益を可能としました。 YouTuberが流行っている今、新たなプラットフォームの誕生は新規クリエイターにとっても重要ですよね。 こちらも、期待の高まりによって株価が上昇している状態です?

NFTゲームの関連銘柄についてのまとめ

今回Ludusでは、NFT関連銘柄について以下の内容を中心にご紹介しました。
  • NFT関連銘柄は株式のことを指すこともある
  • NFT関連銘柄を買うなら時価総額や海外の反応をチェックしよう
  • NFT関連銘柄は今後バブル化する可能性もある
  • NFT関連銘柄を購入するときは詐欺に注意しよう
ブロックチェーン技術の開発によってデジタル作品の希少価値が上がり、作品のNFT化が進みつつあります。 大企業や有名人が次々とNFT市場に参入しており、NFTは今後も成長していくことは間違いないでしょう✨ また、NFT市場が拡大したことで、関連銘柄の値段も上がりつつあります。 新作ゲームもまだまだリリースされることが予想される今、NFT関連銘柄の買い時をよく考えることも大切です。 資産運営について考えているなら、ぜひNFT関連銘柄の購入も選択肢に加えてみてください!
YATARO
YATARO
最後までご覧いただき、ありがとうございました。
おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. OKCoinJapan【学生は取引手数料無料!】
    公式サイト: https://www.okcoin.jp/
  4. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

簡単なWeb3事業診断も行っております。(初回相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら