SecondLiveで遊びながら稼ぐ!ゲーム、マーケットプレイスについて

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

外出しなくてもイベントに参加したいと考えている方も多いのではないでしょうか。

今回Pacific Metaマガジンではデジタルライフを構築できるSecondLiveについて以下の内容を紹介していきます。

この記事の内容は以下の通りとなっています。

  • SecondLiveの基本情報
  • ゲームの仕組み
  • ゲームの始め方・遊び方
  • ゲームの稼ぎ方
  • ネットの口コミ・評判
  • SecondLiveは無課金でプレイできる?

SecondLive airdrop(エアドロップ)情報も紹介していきます。

YATARO
YATARO
最後まで読まんと損するで〜!

SecondLiveの基本情報

ゲーム名
SecondLive(セカンドライブ)
ゲームのジャンル
Create-to-Earnオープンメタバース
開発チェーン
BNB
ゲーム内トークン
SecondLive(略LIVE/BEAN
対応言語 英語
運営会社
SecondLive
対応プラットフォーム
Windows,MAC/Android
リリース日
20218月(Androido202211月)
ウェブサイト https://secondlive.world
Twitter
https://twitter.com/SecondLiveReal
Discord
https://discord.com/invite/secondlive
Telegram
https://t.me/SecondLiveCommunity
WhitePaper
https://docs.secondlive.world
Medium
https://medium.com/@SecondLiveReal
TikTok
https://www.tiktok.com/@secondlive.world

SecondLiveはWeb3の住人たちが集い、自己表現を促進するCreate-to-Earnのオープンメタバースです。

ユーザーは自分自身のアバターを使って、イベントに参加したり、エンターテイメントを楽しめます。

また、ユーザーは自分だけのコンテンツを作り、利益を得ることもできます。

2021年10月14日にSecondLiveは「タスクを達成させた上位1000人がパーソナルスペース(NFT)を獲得できる」NFTのエアドロップイベントを開催しました。

その他にも、NFTギフトやトークンを配布する、ワールドカップ2022イベントや新年のキャンペーンを開催しています。

SecondLiveの仕組み

SecondLiveでは以下の活動ができます。

  • 自分のアバターの着せ替え
  • 仮想空間の移動(ゲーム、イベント、コンサートなど)
  • 洋服や空間のデザイン
  • ダンスの映像制作
  • マーケットプレイスで売買の取引

SecondLiveホワイトペーパーによると、SecondLiveは、ソーシャルネットワークの構築とクリエイターの経済活動の支援に注力していて、利用シーンはSecondLiveの世界の発展とともに、これからも広がっていくようです。(2023年1月時点)

SecondLiveの始め方

SecondLiveの始め方を紹介します。

ゲームにログインするためには、BSCメインチェーンに接続されたアカウントとして、ウォレットアドレスを使用する必要があります。

  1. ホームページの「SIGN IN」をクリックしてウォレットアカウントに接続
  2. ホームページの「START」をクリックし、情報を編集してメールボックスを接続
  3. Mac/Windows/Android最新版のどれかをダウンロード
  4. アバターのキャラクター画像を編集して保存

自身のアバター作成後、どこかスペースを開いて見学したり、様々なタスクをこなして楽しんでみましょう。

YATARO
YATARO
アバターはリアルとアニメ風が選べるで〜!

SecondLiveの遊び方

スペースを旅したり、クリエイターになったり、マーケットプレイスで売買など多くの体験ができます。

どんな体験ができるか詳しく説明していきます。

スペースを旅して楽しむ

自由に移動できるスペースがあります。

スペースについて詳しく紹介していきます。

パーソナルスペースで遊ぶ

友達を招待したり、ジグソーパズルをしたり、動画が観られるスペースです。

アートスペースでコレクションを展示する、観賞する

NFTのコレクションを展示・観賞するためのスペースです。

ブランドスペースで楽しむ

20以上のプロジェクトがSecondLiveのブランドセンターに参加しています。
この中には、Venus Protocol、NFTb、Thetan Arena、BurgerCitiesといったBNB Chainの有名なプロジェクトも含まれています。

SecondLiveクリエイターになって遊ぶ

申請書を提出し承認されたらクリエイターになれます。

クリエイターになると、アバターのための衣装をデザインしたり、スペースを制作したり、ダンスの映像を作ったりして、SecondLiveのNFTを作ることができます。

マーケットプレイスでNFTを購入、販売する

スペース、アバター、キャラクターアクセサリー(服、靴、髪、ピアス)、ペットなど、SecondLiveで作成されたあらゆるバーチャルアイテムを取引することができます。

イベントに参加して楽しむ

パーティやキャンペーン、エアドロップイベント、コンサート、展示会などが開催されたようです。(2023年1月時点)

SecondLiveでの稼ぎ方

SecondLiveでのトークン(LIVE/BEAN)獲得方法を紹介します

BEANを獲得する方法

BEANを獲得する方法がいくつかあるので紹介します。

ジグソーパズルゲームでBEANを稼ぐ

条件によってBEANの獲得数がことなります。

条件 出力数
ツイッターに接続する+アドレス残高>0 15BEAN
ツイッターに接続する 1.5 BEAN
アドレス残高>0 1.5 BEAN
ツイッターを切断する+アドレス残高<0 1.5 BEAN

多く稼ぎたいプレイヤーの方はぜひ、SecondLiveのアカウントとTwitterを連携させ、残高のあるウォレットアドレスに接続してください。

スペース内でのユーザー活動でBEANを稼ぐ

条件によってBEANの獲得数がことなります。

条件 出力数
SecondLive NFTあり 3BEAN*スペース出力効率/日
SecondLive NFTなし 1BEAN

NFT出力効率:[LV1:0.8] [LV2:0.9] [LV3:1.0] [LV4:1.1] [LV5:1.3] スペースのレベルによってNFT出力効率がことなります。

友人をパーソナルスペースに招待してBEANを稼ぐ

個人スペースを作成した後、その個人スペースに友人を招待してBEAN収入を得ることができます。

条件 出力数
友人SecondLive NFTあり 5BEAN*スペース出力効率/日
友人SecondLive NFTなし 0.5BEAN*スペース出力効率/日

スペース出力効率: [LV1:0.8] [LV2:0.9] [LV3:1.0] [LV4:1.1] [LV5:1.3]

スペースのレベルによってNFT出力効率が異なります。

スペースに入った友人が3分以上オンラインにいると、有効なアクティブユーザーとしてカウントされ、BEANを得ることができます。

友人は、1日に1人のアクティブユーザとしてカウントされ、活動データは翌日の8:00 UTCに更新されます。

BuntyをアウトプットしてBEANを稼ぐ

Buntyをクリックし、クロックインタスクに参加し、Twitterと連携し、BEANを獲得します。

BEANをLIVEに変換する方法

ユーザーはBEANをステーキングすることで、LIVE報酬を得ることができます。

毎週、BEANのステークホルダーに10万LIVEが配布されます。

出資比率により、より多くのBEANを出資すればするほど、より多くのLIVEを獲得することができます。

今後、SecondLiveのDAOガバナンスにより、1週間あたりのLIVE出力量はダイナミックに変化していきます。

SecondLiveの口コミ・評判

Twitterの口コミ・評判を紹介していきます。

トークンも貰えた。 尚、#SecondLive#BinanceLab などちゃんとVCも付いてるプロジェクト。

引用:Twitter

SecondLiveの毎日20+α貰えるマメ。 チャートも安定していますし、ガス代少量だけで貰えるので、地味に美味しいです。 ゲーム内でもコインや時にはNFT拾えたりするので、これも地味に美味しいです。 バーチャルライブ入場券も80ドルで購入されていたりで、これからが楽しみになるP2Eメタバースです。

引用:Twitter

#SecondLive

素晴らしい活動、大きな宝物 !!!
Rhinoxブランドスペースで宝探しをしているところです。

引用:Twitter

トークンやNFTの獲得ツイートが目立ちました。

トークンを稼いで楽しんでいる方が多いようです。

また、SecondLiveへの信頼や期待のツイートも目立っており、今後の展開も楽しみですね。

SecondLiveは無課金でプレイできる?

SecondLiveは無課金でプレイを始めることができます。

ただし、ゲームにログインするためには、BSCメインチェーンに接続されたアカウントとして、ウォレットアドレスを使用する必要があります。

ログインできれば、自身のアバターを作成し、気になるスペースを見学しに行けます。

SecondLiveまとめ

今回Pacific MetaマガジンではSecondLiveについて紹介してきました。

  • SecondLiveはCreate-to-Earnのオープンメタバース
  • ゲームを始めるにはBSCメインチェーンに接続されたアカウントとして、ウォレットアドレスが必要
  • ユーザーは自分だけのNFTを作り、販売して稼げる
  • ユーザーは自分自身のアバターを使って、ゲームやイベントを楽しんだり、スペースを自由に移動できる
  • ジグソーパズルゲームはTwitterを連携させ、残高のあるウォレットアドレスに接続すると、より多く稼げる
  • ユーザーはスペースで活動したり、スペースに友人を招待すると稼げる

SecondLiveのLIVEトークン価格をCoinMerketCapで調べると、市場データは追跡されていませんでした。(2023年1月時点)

最新情報を公式TwitterやMediumで発信しているようです。

興味のある方はぜひチェックしてみてください。

YATARO
YATARO
最後まで読んでくれておおきに!

 

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら