大阪でグラフィックデザイナーの求人は?おすすめ求人サービス紹介!

グラフィックデザイナー 求人 大阪

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

チラシやポスター、ロゴや商品パッケージなど、私たちの周りに溢れている「グラフィックデザイン」
このグラフィックデザインを仕事としているのが「グラフィックデザイナー」です。

今回Ludusでは大阪でグラフィックデザイナーとして働きたいという方に向けて、以下の内容をご紹介します。

  • グラフィックデザイナーとして働くためには
  • 大阪でグラフィックデザイナーの仕事を探したい人におすすめの求人サービス
  • 在宅フリーランスで働きたいグラフィックデザイナー向けの求人サービス
  • 在宅グラフィックデザイナーにおすすめのクラウドソーシングサービス
  • グラフィックデザインを学べるおすすめの専門学校
さくら
さくら
ぜひ最後までご覧ください!

グラフィックデザイナーで働くためには

まず、グラフィックデザイナーとして働くための仕事の探し方をご紹介します。

求人サービスから仕事を探す

まず、グラフィックデザイナーの仕事を探す手段として一般的なのが「求人サービス」です。

求人サービスは、グラフィックデザイナーに限らず、仕事探しの際に使われることが多いかと思います。

様々な求人情報が掲載されている「求人サイト」と呼ばれる形式のものから、求人情報の提供から面接対策までアドバイザーのサポートを受けることが出来る「エージェント」と呼ばれるものが主流です。

求人サイトでは「indeed」や「求人ボックス」など、名前を聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。

求人サイトについても、エージェントサイトについても、後ほど詳しくご紹介します。

クラウドソーシングサイトで仕事を探す

クラウドソーシングサイトを利用するのも、仕事を探す際によく選ばれる手段です。

クラウドソーシングとは、インターネット上で業務の発注・委託をする業務形態です。

正式な「雇用」ではなく、「業務委託」という形になるので、主にフリーランスの人や副業を探す人に利用されています。

業務委託という形式なので、リモートワークであることが多く、クライアントの企業と離れたところに暮らしていてもお仕事をすることが可能です。

代表的なクラウドソーシングサイトとしては、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などがあります。

専門学校へ入学する

もちろん、専門学校へ入学してスキルを身につけてから仕事をするという手もあります。

専門学校では、グラフィックデザインの基礎から実践的なことまで学ぶことができます。

グラフィックデザインのスキルだけでなく、就職対策の授業を行っている専門学校もあります。

また、専門学校に直接求人が来る場合や非公開の求人が来る場合もあるため、スキルの習得から仕事の獲得まで一貫してサポートしてもらえるので安心ですね!

大阪でグラフィックデザイナーで働きたい人向け!おすすめの求人サービス5選

大阪でグラフィックデザイナーの仕事を探す人におすすめの求人サービスをご紹介します!

indeed

まず、CMなとでよく見かけるindeedについてご紹介します。

国内最多の利用者を持つ求人サイト

Indeedは、求人情報に特化した検索エンジンです。

なんと、利用者数が国内最多で、求人情報の掲載数も100万件以上と、かなり大規模です。

indeedはインターネット上の求人情報を集約して表示してくれます。

そこから、indeed上で各求人情報にアクセスすることができます。

いくつもの求人サイトへ登録したり、それぞれの求人サイトで検索する必要がなくなるため、とても効率が良いですね!

「キーワード」×「勤務地」が軸の検索エンジン

理想の求人、理想の企業を見つけても、「勤務地が理想とは違った」という経験をしたことのある方も多いのではないでしょうか。

せっかく巡り合えたのに、とても残念な気持ちになりますね。

indeedは、会社名はもちろん、業務内容や業務形態、そして勤務地を入力して検索することで、求人情報を提示してくれます。

このように、「キーワード」×「勤務地」で検索することを軸としているため、希望の勤務地に絞って求人を探すことが出来ます。

doda

続いて、dodaについてご紹介します。

IT系・モノづくり系に特化した求人サイト

dodaは、求人サイトとして非常に有名ですが、IT系やモノづくり系のお仕事に特化した求人サイト「dodaエンジニア」も運営しています。

また、求人サイトとしてだけでなく、人材紹介サービスとしても機能しているため、その分仕事に出会える機会が多くなります。

dudaは、非公開求人も多く取り扱っています。

非公開求人は条件が良い案件が多い傾向にあるため、様々な条件を妥協したくないという方にはおすすめです。

さらに、スカウトメールサービスに登録すると、経歴やスキルに応じてスカウトがくる機能もあります。

より自分の希望とマッチした求人に出会えるかもしれません?

アドバイザーの質が高い

dodaを利用すると、希望職種に精通したキャリアアドバイザーについてもらうことが出来ます。

業界だけでなく、企業の内部まで詳しいアドバイザーもいるようです。

現在のお仕事や自身の強みや弱み、考えているキャリアプランなどをしっかりとヒアリングし、アドバイスを受けることが出来るのです。

自分に合った仕事が分からない方にとっては安心ですね!

さらになんと、最初のアドバイザーとのカウンセリングで100件以上の求人を紹介してもらえることもあります。

また、求人の紹介だけでなく、提出書類などの作成や面接対策もアドバイザーと共に進めることが出来るので、安心して就職活動に挑めますね。

リクナビNEXT

続いて、おそらく聞き馴染みのある方も多いであろう「リクナビNEXT」についてご紹介します。

大手総合人材サービス会社リクルートが運営する転職サイト

「リクナビNEXT」は、大手人材サービス会社であるリクルートが運営する転職サイトです。

なんと、転職者の8割がリクナビNEXTを利用すると言われています。

求人情報を閲覧することはもちろん可能ですが、自分の希望の条件を登録しておくと、毎週新着の求人情報がメールで送られてくる機能もあります。

求人情報だけでなく、WEB上で読むことが出来る転職支援に関するコンテンツなどが掲載されています。

求人や説明会に直接応募することが出来るので、非常に便利です!

未経験者・転職初心者向け

リクナビNEXTは、未経験者や転職初心者におすすめです。

まず、リクナビNEXTは、WEB上に経歴などを登録するだけで、どの求人にも応募することが出来ます。

また、登録した経歴をもとに、企業からオファーが来ることもあります。

特にオファー機能は、どの企業・どの求人に応募すればよいかわからない、迷ってしまうという方にはピッタリのシステムなのではないでしょうか。

求人ボックス

続いて、「求人ボックス」についてご紹介します。

新卒・転職すべての求人情報を探せる検索エンジン

求人ボックスは、WEB上の求人情報を集約して表示してくれる求人情報に特化した検索エンジンです。

「食べログ」などを運営するカカクコムが運営しています。

求人ボックスは、新卒、転職、雇用形態に関わりなくすべての求人情報を検索することが出来ます。

2015年にサービスを開始してから、着々と利用者数を伸ばし、現在では国内最大級の求人検索エンジンとなっています。

アルバイト・パート~正社員まで幅広い求人情報を一括検索できる

先ほど、すべての求人情報を検索できるとご紹介しましたが、アルバイトやパート、そして正社員まで幅広い雇用形態の求人情報をまとめて一括で検索することができます。

雇用形態が定まっていない人にはかなり便利ですよね。

最近増えている在宅ワークの求人情報もあるので、様々な働き方を視野に入れている方におすすめです!

マイナビ転職

続いて、「マイナビ転職」についてご紹介します。

35歳以下の若手向き転職サイト

マイナビ転職は、約678万人の会員数を誇る業界最大規模の転職サイトです!

学生時代に、アルバイト探しや就職活動で「マイナビ」系のサイトを利用した経験がある多くの若手の社会人がマイナビ転職を利用しているというデータがあります。

そのため、社会での需要の高い35歳以下の若手の採用を強みとしています。

自己分析・自己PRのコンテンツが豊富

マイナビ転職のサイトには、転職活動を成功に導くための「転職ノウハウ」というシリーズもののコンテンツが掲載されています。

この転職ノウハウは、自己分析や自己PRのコンテンツが豊富です!

転職活動において、最初の関門と言っても過言ではない「自己分析」、そして志望理由と同じくらい採用に関わる「自己PR」。

しっかりと自己分析をし、そして自分をアピールすることで成功へと近づくことが出来ます!

是非この「転職ノウハウ」を参考にしてみてくださいね。

在宅フリーランスで働きたいグラフィックデザイナー向け!おすすめ求人サービス3選

続いては、在宅でフリーランスとして働きたい方におすすめの求人サービスをご紹介します。
在宅でできるお仕事は、地方にお住まいの方にとっては非常に魅力的なのではないでしょうか?

レバテッククリエイター

「レバテッククリエイター」は、WEB業界・ゲーム業界に特化したフリーランスエージェントサイトです。

案件の紹介はもちろん、様々なサポートを受けることが出来ます。

商談の調整や条件交渉から契約手続きまでバックオフィス業務を一貫してサポートしてくれる他、契約の更新や次の案件の提案をしてもらえるので、案件が途切れず収入も安定します。

また、フリーランスの方にとって一番の不安点と言っても過言ではないのが税務関係のことではないでしょうか?

レバテッククリエイターでは、税理士の紹介や確定申告に関するセミナーなど税務関係の面でも手厚いサポートを受けることが出来ます。

さらに、在宅ワークとなると心配なのが健康面ですよね。

なんとレバテッククリエイターの会員は、人間ドックやジムなどを特別価格で利用することが出来ます。

「レバテッククリエイター」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

レバテッククリエイター
レバテッククリエイターは未経験でも可能?口コミを紹介!副業・在宅も!「これからWeb・ゲーム業界でフリーランスを目指そうと思っている方」「フリーランスとして活躍中だけど仕事が途切れがちで困っている方」と考...

クラウドテック

「クラウドテック」は、大手クラウドソーシング企業の株式会社クラウドワークスが運営するフリーランスエージェントです。

クラウドテックは、リモートワークの案件数がかなり豊富で、ユーザーの約9割がリモートで働いています。

契約はもちろん、お仕事を始めてからの勤務管理など、すべてオンラインで行うことが出来るのが在宅ワーカーにとってはありがたいのではないでしょうか?

どうしても、求人や企業は東京が多くなってしまいますが、リモートワークに加え、様々な手続きをオンライン上で行えるのは地方にお住まいのかたにピッタリですね!

また、福利厚生もかなり充実しています。

ベビーシッターや家事代行をはじめとする100種類以上のサービスを本人・配偶者から2親等の人まで無料で利用することが出来ます。

Midworks

「Midworks」は、IT 系のフリーランスエンジニア、デザイナー向けのエージェントです。

フリーランス側、クライアント側両面を熟知したコンサルタントのサポートを受けることができ、キャリアについて相談することもできます。

また、Midworksが扱っている案件の80%が非公開案件です。

会員限定で紹介してもらえるので、より希望に近い案件と出会えるのではないでしょうか。

さらにMidworksは、「正社員並みの保障」を強みとしています。

フリーランス向けの賠償責任保障や健康診断の優待、経理支援、初見補助、経費支援、次の案件までブランクがある場合でも給与を保障してくれる「報酬保障サービス」などがあります。

さくら
さくら
どのエージェントもサポートがかなり手厚いですね!

「クリエイター エージェント」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

クリエイター エージェント
クリエイター向け転職エージェントを紹介!未経験者向けも!クリエイターの職種やクリエイター職の探し方について、イメージが付かない人も多いと思います。 そこで頼りになるのがクリエイター職のサ...

在宅グラフィックデザイナーとして働きたい人はクラウドソーシングサービスもおすすめ

1つ前の見出しではエージェントをご紹介しましたが、在宅グラフィックデザイナーとして働きたい人にはクラウドソーシングサービスもおすすめです。

クラウドワークス

「クラウドワークス」は、国内最大級のクラウドソーシングサービスです。

フリーランスだけでなく、副業を探している方にも利用されています。

国内最大級ということもあって、案件数が豊富なので会員登録さえすればすぐに仕事が見つかるという点を強みとしています。

また、未経験者でも応募できる案件も多くあるため、初心者の方でも安心してお仕事を探すことが出来ます。

クライアントが業務開始前に事前に報酬をクラウドワークスに入金する「仮払い」というシステムが導入されているのもかなり安心です。

さらに、実績や登録したスキルに応じてスカウトが来ることもあります!

ランサーズ

「ランサーズ」も先ほどの「クラウドワークス」と並ぶ大手クラウドソーシングサービスです。

ランサーズも、スカウト機能が備えられている他、未経験歓迎の案件も豊富です。

また、ランサーズには「認定ランサー制度」という制度があります。

登録者が案件をこなし、様々な条件を達成すると「認定ランサー(受注者)」になることが出来ます。

認定ランサーになると、継続して案件の受注をすることが出来るため、収入がかなり安定します。

ココナラ

「ココナラ」とは、個人の得意な事、スキルなどを売り買いできるサービスです

自分のスキルを商品として出品することで、そのスキルを必要としている人が購入し、購入者の希望に沿って業務を行います。

逆に、スキルを必要としている人が募集をしている場合もあるので、探してみると自分がこなせそうなお仕事を見つけることが出来るかもしれません?

グラフィックデザイナーだと、ロゴ制作やチラシ制作、バナー制作などのお仕事が多くみられます。

グラフィックデザインを学べるおすすめの専門学校2選

グラフィックデザインを学ぶことが出来る専門学校を2校ご紹介します。

総合学園ヒューマンアカデミー

総合学園ヒューマンアカデミーの魅力は、質の高い授業、そして実習が充実しているという点です。

講師はそれぞれの業界で実務経験のある方が多いため、かなり質の良い、より実践的な授業を受けることが出来ます。

また、スキルの証明のために資格の取得を推奨しており、資格の対策授業も行っています。

総合学園ヒューマンアカデミーは専門学校ですが、大学卒業資格を取得できるコースがあったり、大学編入制度もあるため、進路の幅が広がるのではないでしょうか?

就職活動面では、就職対策の授業がカリキュラムに組み込まれており、ポートフォリオや履歴書の作成、マナー講座、就活メイク講座、面接対策など手厚い指導を受けることが出来ます。

さらに、総合学園ヒューマンアカデミーに直接来る求人やインターンシップの情報もあるためグラフィックデザイナーとしてのスキルを習得してから職に就くまでかなり安心ですね!

総合学園ヒューマンアカデミーが気になった方はぜひ資料を請求してみてください?

アミューズメントメディア総合学院

アミューズメントメディア総合学院の魅力は、講師が現役の業界トップのクリエイターであるという点です。

そのため、単にグラフィックデザインのスキルだけでなく、最前線で長く活躍するための心構えなども学ぶことが出来ます。

就職活動面では、専任のスタッフのサポートを受けることが出来ます。

キャリアや将来に関する相談はもちろん、求人情報の紹介、さらには作品持ち込みのサポートまで幅広く、そして手厚く支援してもらえます。

また、卒業後もキャリアアップ支援やプロモーション支援などを通してバックアップしてもらうことが出来ます。

卒業してからも支援を受けることが出来るというのはかなり安心ですね?

アミューズメントメディア総合学院に興味のある方はぜひ資料を請求してみてください!

「アミューズメントメディア総合学院」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

アミューズメントメディア総合学院
アミューズメントメディア総合学院の評判・学費・入試制度は?プロゲーマー専門学校紹介アミューズメントメディア総合学院とは 近年ゲームやアニメに関する仕事も増え、これらの仕事に関わりたいと思う方も増えているのではないでし...

大阪のグラフィックデザイナーの求人について

今回Ludusでは、「大阪のグラフィックデザイナーの求人」について以下の内容をご紹介しました。

  • グラフィックデザイナーとして働くには、求人サービスやクラウドソーシングサイトを利用する
  • 専門学校に非公開求人が来ることもある
  • 大阪など地方でグラフィックデザイナーとして働きたい人には、indeed、doda、リクナビNEXT、求人ボックス、マイナビ転職などの求人サービスがおすすめ
  • 在宅でフリーランスのグラフィックデザイナーとして働きたい人にはレバテッククリエイター、クラウドテック、Midworksなどの求人サービスがおすすめ
  • 在宅でフリーランスのグラフィックデザイナーとして働きたい人には、クラウドワークス、ランサーズ、ココナラなどのクラウドソーシングサービスがおすすめ

専門学校でグラフィックデザインのスキルを身に付けたいという方は、今回ご紹介した総合学園ヒューマンアカデミーやアミューズメントメディア総合学院もチェックしてみてくださいね!

さくら
さくら
最後までご覧いただきありがとうございました!

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。