Test

イラストレーターの需要はどうなる?現状・今後の将来性も解説!

イラストレーターの需要は今後も減らないの? ゲーム業界への転職・就職

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

スマホやパソコンでも手軽に絵を描けるようになり、イラストレーターとして活動する方が増えてきています。

しかし、絵を描くのが好きでイラストレーターになりたいと考えている方の中には、「イラストレーターって需要あるの?」「今後仕事がなくなるのでは?」と不安に思う方もいるのではないでしょうか?

今回Pacific Metaマガジンでは、イラストレーターの需要や今後の展望について、以下の内容を紹介していきます。

  • イラストレーターの需要の現状について
  • 今後のイラストレーターの需要について
  • イラストレーターとして今後も活躍するために必要なスキルは?
  • イラストレーターとして活躍するためにおすすめのサービスについて

フリーランスのイラストレーターになりたいけれど、収入が安定するのか心配な方も多いかと思います。

本記事では、イラストレーターとして活躍するために必要なスキルやおすすめのエージェントについても紹介していきます。

花音
花音
きちんと最後まで読みなさい!

イラストレーターの需要の現状について

イラストレーターは、これまでポスターや雑誌など紙媒体を中心に活動することがほとんどでした。

しかし、現在はデジタル化が進んだことにより、紙媒体の需要は減ってきています

紙媒体に代わり、ゲームやアプリ、Web上のイラストの需要は高まってきています。
よって、デジタルイラストが描けるイラストレーターの需要が特に伸びているようです。

ソーシャルゲーム業界では、キャラクターのイラストの完成度がゲームの評価を大きく左右することもあります。

クオリティーの高いイラストが描ける人や、早く丁寧にイラストを描ける人が求められているのです。

紙媒体が減っても、変わらずイラストレーターの需要はあるようですね。

今後イラストレーターの需要はどうなる?

今後も、イラストレーターの需要は増えていくと考えられます。

AIの技術が発達して「イラストレーターの仕事がなくなるのではないか」という意見もありますが、AIは上手に絵を描けても人間味のある絵や創造力が必要な絵を描くことはできません。

特に、ゲーム業界ではオリジナリティーのあるキャラクターやアイテムのデザインなどが求められているので、創造的なデジタルイラストの需要が伸びている傾向にあります。

WebデザインやWeb広告、ライトノベルなどの仕事も増えてきているので、今後もイラストレーターの需要がなくなることはないでしょう。

花音
花音
AIに仕事をとられることはなさそうね!

イラストレーターとして今後も活躍するために必要なスキル

イラストを手軽に描けるようになってきたことにより、イラストレーターの数も急激に増えてきています。

多くのイラストレーターがいる中で、今後も活躍するために必要なスキルを紹介します。

唯一無二の画風

イラストレーターの数が増えてきているため、今後は唯一無二のイラストを描けるスキルが必要です。

自分の画風と似たようなイラストレーターが増えてくる可能性があるので、自分の個性をアピールして差別化することが大切です。

需要が増えているとはいえ、ライバルの数も増えているので、他のイラストレーターには描けないようなイラストが描けると活躍の場が広がるでしょう。

仕事の依頼先の意図を汲む力

イラストレーターは、依頼を受けてイラストを描くことがほとんどです。
したがって、クライアントの意図や要望をきちんと汲み取ってイラストにする力が求められます。

依頼した時点でクライアントも明確なイメージができていない場合もあります。
そのような場合は、しっかりとコミュニケーションをとって、クライアントの意図を具体的に引き出すことが大切です。

クライアントのニーズを理解した上で、イラストにするスキルが必要になります。

マネージメント能力

フリーランスのイラストレーターとして働くためには、自己マネージメント能力が必要です。

体調管理ができていないと安定して仕事ができなくなりますし、スケジュール管理ができていないと依頼先からの信頼がなくなったり、寝る時間も取れずに仕事をすることになったりします

さらに、モチベーションを維持しながら目標に向かって仕事をしていくことも、イラストレーターを続けるためには大切です。

会社勤めとは違って管理してくれる人がいないので、自己管理をきちんとできるかどうかが重要になります。

流行・時代に取り残されないための情報収集能力

現在は紙媒体に代わりネット上でのイラストの需要が増えてきていますが、今後ゲームやアプリの仕事が中心ではなくなる可能性もあります。

変化の激しい時代なので、画風の流行りやゲームのかたちもどんどん変わっていくと考えられます。

流行に取り残されないために、イラストレーターには情報収集をして柔軟に変化を取り入れていくスキルが必要です。

花音
花音
どれも生き残るために必要なスキルよ!

「イラストレーターの仕事内容」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

イラストレーターの仕事内容とは?依頼受注など仕事の流れも紹介!

フリーランスのイラストレーターとして活躍するならレバテッククリエイター

フリーランスのイラストレーターとして活躍するなら、レバテッククリエイターの利用をおすすめします。

レバテッククリエイターは、Web・ゲーム業界専門のフリーランスエージェントです。

5,000社以上と取引を行っていて、個人ではなかなか受けることができない案件も見つけることができます。

案件保有数が多く、案件の提案もしてもらえるので、仕事が途切れる心配もありません。
安定した収入を得ることができるので、安心して働くことができますね。

さらに、レバテッククリエイターでは商談調整や条件の交渉、契約の手続き、スケジュール調整などのサポートも行っています。

確定申告などの税務関連のサポートもしてもらえます。

営業や事務的な手続きの負担が減るのは、フリーランスのイラストレーターにとってかなり魅力的ですね。

「レバテッククリエイター」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

レバテッククリエイターは未経験でも可能?口コミを紹介!副業・在宅も!

イラストレーターの需要についてのまとめ

今回Pacific Metaマガジンでは、「イラストレーターの現在と今後の需要」「イラストレーターに必要なスキル」というテーマについて、以下の内容を紹介してきました。

  • 現在、イラストレーターの需要は紙媒体では減っているものの、デジタル関連で高まってきている
  • 今後も、ゲーム業界などでイラストレーターの需要は伸びる可能性が高い
  • イラストレーターとして今後も活躍するには、「オリジナリティー」「クライアントの要望を汲む力」「マネージメント能力」「流行・時代に取り残されないための情報収集力」が必要
  • フリーランスのイラストレーターとして活躍するなら、サポートが充実しているレバテッククリエイターの利用がおすすめ

イラストレーターの需要は、今後も減ることはありません。

競争の激しい業界ですが、頑張り次第では高い収入を得られたり、在宅で自分のペースで仕事ができたりとメリットもたくさんあります。

自分の好きなこと、個性を生かして、イラストレーターとしての活躍を目指しましょう✨

花音
花音
将来性のある職業なのよ!

「イラストレーターの一日の仕事の流れ」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

イラストレーターの1日のスケジュール・流れとは?フリーランスも紹介!

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

ゲーム業界への転職・就職
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア