クリエイターにオススメの資格12選|難易度・費用・試験形式も紹介

クリエイターにオススメの資格を紹介

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

これからクリエイターを目指す人、現在クリエイターとして頑張っている人のための資格は数多く存在します。

今回Ludusでは、クリエイターの資格について以下の見出しで紹介します。

  • クリエイターの定義とは?
  • クリエイターに資格は必要?
  • クリエイターにオススメの資格(デザイン関連)
  • クリエイターにオススメの資格(エンジニア系)
  • クリエイターとして活躍するために選ぶべき資格は?
  • クリエイターとして活躍するにはどうしたらよい?
  • クリエイターにオススメの専門学校・転職エージェント

具体的な資格を計12種類紹介いたしますので、きっとあなたに合った資格を見つけられるはずです。

まつたろー
まつたろー
ぜひ、最後までご覧ください。

クリエイターの定義とは?

クリエイターと一口に言っても範囲が広いですが、この記事ではWebクリエイターを中心としてデザイン・エンジニア方面に携わる人を対象とします。

ゲームクリエイターやCGクリエイターといった職業をイメージしていた方でも大丈夫ですが、ハンドメイドクリエイターやミニチュアクリエイターといった分野とは異なる内容ですので、ご注意ください。

クリエイターに資格は必要?

多くのクリエイターにとっては資格の取得は必須ではなく、実績・経験の方が重視されるというケースが大多数でしょう。

ただし、特にこれからクリエイターを目指す方、実績や経験が少ない方にとっては資格取得がメリットになる場合もあります

取得した資格は履歴書に記載することで少なからずアピールになりますし、向上心を持って勉強に励める人材であることは伝わるはずです。

また、クリエイター系の資格ではPCを操作しての実技形式が採用されているものもありますので、資格勉強をしておけば実務に入った際、スムーズに適応できる可能性も高まります。

絶対に取りましょうということではありませんが、取っておいて損になる資格もまた存在しないはずです。

デザインに関わるクリエイターにオススメの資格

以降は、クリエイターにおすすめの資格を紹介します。
まずはデザイン関連の分野における資格を6つご覧ください。

※試験内容や日程・費用などは変更になる可能性がありますので、最新情報はホームページをご参照ください。

色彩検定

ホームページ 色彩検定協会/カラーコーディネーター
実施タイミング 6月・11月の年2回(1級は年1回のみ)
実施形式 会場での受検
難易度(級など)の種類 1級~3級、およびUC級
費用 6,000円~15,000円

色彩検定は、文部科学省後援の試験としてデザイン系では非常に高い知名度を持ちます。

以前はアパレル系の団体が主催していたためにファッション業界に偏った資格でしたが、現在はファッションに限定されず幅広い分野の知識を問う資格に変化しています。

3級はマークシートのみの解答形式ですが、級が上がると記述問題が入ってきます。

ちなみに「UC級」とは色のユニバーサルデザインに関する内容が問われる級で、他とは独立した立ち位置です。

CGクリエイター検定

ホームページ CG-ARTS | 検定 (cgarts.or.jp)
実施タイミング 年2回(例年7月、11月頃)
実施形式 会場での受検(20都道府県で実施)
難易度(級など)の種類 ベーシック、エキスパートの2種類
費用 ベーシック:5,600円、エキスパート:6,700円

CGクリエイター検定は、デザインや2次元CGの基礎、構図やカメラワークなどの映像制作の基本、 モデリングやアニメーションなどの3次元CG制作の手法などが問われる資格です。

問題は選択式となっており、参考画像を見ながら文章問題に答えていく形式が多くなっています。

CG関連のデザイナーやアニメーターなどを目指す人に向いている資格でしょう。

Photoshopクリエイター能力認定試験

ホームページ Photoshop®(フォトショップ)クリエイター能力認定試験
実施タイミング 会場によって異なる
実施形式 認定試験会場にて随時受験
難易度(級など)の種類 スタンダード、エキスパートの2種類
費用 スタンダード:7,600円、エキスパート:8,600円

Photoshopクリエイター能力認定試験は、名前の通りアドビ製品であるPhotoshopの活用能力を測定するための資格です。

難易度は2段階に分かれていますが、どちらにも画像ファイルの作成や作品制作といった実技形式の問題が含まれており、より実践的な内容になっています。

とは言えスタンダードはかなり基本的な内容がほとんどなので、実務経験が無い方でも十分狙える難易度です。

Illustratorクリエイター能力認定試験

ホームページ Illustrator®(イラストレーター)クリエイター能力認定試験
実施タイミング 試験会場によって異なる
実施形式 認定試験会場にて随時受験
難易度(級など)の種類 スタンダード、エキスパートの2種類
費用 スタンダード:7,600円、エキスパート:8,600円

Illustratorクリエイター能力認定試験は、上で紹介したPhotoshop資格と同じ形式の資格となっています。

こちらも実技がメインなので、Illustratorを使った制作をされる方の腕試しにはうってつけです。

すでに数年以上の実務経験がある方は、いきなりエキスパートの受験を目指しても問題ないでしょう。

アドビ認定アソシエイト

ホームページ アドビ認定プロフェッショナル
実施タイミング 試験会場によって異なる
実施形式 CBT(全国のテストセンターでの実施)
難易度(級など)の種類 アプリケーションごとに1種類ずつ
費用 10,780円(学割価格:8,580円)

アドビ認定アソシエイトも、上2つで紹介したものと同じくアドビ製品に関する資格となっており、試験はPhotoshop、Illustrator、Premiere Proの3種類に分かれています。

こちらは上の資格とは違い国際資格なので、海外での展開を考えている方には特におすすめの資格です。

出題の形式としては、オーソドックスな選択式問題とソフトウェアを実際に操作する操作問題とがあります。

カラーコーディネーター検定試験

ホームページ カラーコーディネーター検定試験
実施タイミング 定められた期間内で利用者が選択
実施形式 IBT(インターネット経由での試験)およびCBT(全国のテストセンターでの実施)
難易度(級など)の種類 スタンダードクラス、アドバンスクラスの2種類
費用 スタンダード:5,500円、アドバンス:7,700円

カラーコーディネーター検定試験は、実践的な色彩知識を習得できる資格です。

ファッション、商品、環境などに関する色彩知識を総合的に学べるので、デザイン業界全般を目指す方におすすめの資格となっています。

上で紹介した色彩検定と似ていますが、こちらの方がより実践的で難易度が高めに設定されています。

試験ではPC等を使って選択式の問題が出されます。

エンジニアリングに関わるクリエイターにオススメの資格

続いては、エンジニア関連の分野における資格を6つ紹介します。

※日程や費用などの最新情報はホームページをご参照ください。

マルチメディア検定

ホームページ CG-ARTS | 検定 (cgarts.or.jp)
実施タイミング 年2回(例年7月、11月頃)
実施形式 会場での受検
難易度(級など)の種類 ベーシック、エキスパートの2種類
費用 ベーシック:5,600円、エキスパート:6,700円

マルチメディア検定は、文書・音声・画像・動画といったマルチメディアについての基本的な知識と、日常生活や社会へのマルチメディアの応用などを題材に知識を問う資格です。

問題は選択式となっており、文章の穴埋めをする知識問題や、ケーススタディといった形式が出されています。

ベーシックでは専門的・実践的な知識はそれほど問われないため、学生にもおすすめできる資格です。

基本情報技術者試験

ホームページ IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:基本情報技術者試験
実施タイミング 年2回(例年4月、10月頃)
実施形式 会場での受検
難易度(級など)の種類 なし(関連資格としてITパスポート、応用情報技術者等あり)
費用 7,500円

基本情報技術者試験は、情報処理に関する知識を幅広く問われる試験で、ITに携わる人間であれば誰もが耳にしたことのある資格でしょう。

上位や下位に位置する関連資格も数多くありますが、就職に役立てたいのであればこの資格をスタートラインにするのがおすすめです。

2021年に受験料の値上げが告知されましたので、すでにこの資格をご存じの方もご注意ください。

C言語プログラミング能力検定

ホームページ C言語プログラミング能力認定試験
実施タイミング 年3回(1月、6月、9月頃)
実施形式 会場での受検(札幌、東京23区、名古屋、大阪、福岡)
難易度(級など)の種類 1級~3級
費用 5,200円~7,800円

C言語プログラミング能力検定は、名前の通りC言語を駆使してプログラムを作成する能力を認定する資格です。

2級,3級は選択式の形式ですが、1級はパソコンを使っての実技が問われるようになっており、級が進むごとに応用的・実践的になっていきます。

今では様々な種類があるプログラミング言語ですが、何だかんだ言ってもCは根強い言語なので、取得しておいて損はないでしょう。

CGエンジニア検定

ホームページ CG-ARTS | 検定 (cgarts.or.jp)
実施タイミング 年2回(例年7月、11月頃)
実施形式 会場での受検
難易度(級など)の種類 ベーシック、エキスパートの2種類
費用 ベーシック:5,600円、エキスパート:6,700円

CGエンジニア検定は、アニメーション、映像、ゲーム、VR、ARアプリなどのソフトウェアの開発、システム開発を行うための知識を問う資格です。

問題は選択式となっており、数学的な図形を使った問題も多くなっています。

「CG」と名前が付いてはいますが、デザイナーよりもゲームプログラマーなどのエンジニア向けの試験内容です。

画像処理エンジニア検定(旧:画像処理検定)

ホームページ CG-ARTS | 検定 (cgarts.or.jp)
実施タイミング 年2回(例年7月、11月頃)
実施形式 会場での受検
難易度(級など)の種類 ベーシック、エキスパートの2種類
費用 ベーシック:5,600円、エキスパート:6,700円

画像処理エンジニア検定は、工業分野、医療、ロボットビジョン、バーチャルスタジオなどのソフトウェアやシステム、製品などの開発を行うための知識を問う資格です。

問題は選択式となっており、実際に画像を数多く使った問題が出題されます。

画像を扱うプログラマーや、開発・研究者向けの資格です。

オラクルマスター

ホームページ ORACLE MASTER Portal | オラクル認定資格制度
実施タイミング 試験会場によって異なる
実施形式 CBT(全国のテストセンターでの実施)
難易度(級など)の種類 DBAはBronze / Silver / Goldの3種類 + Silver SQL
費用 32,340円

オラクルマスターは、Oracle社が開発したデータベースに関する知識を問う資格です。

今ではPostgreSQLなどが広まって、Oracleは以前ほど圧倒的なシェアを持つシステムではなくなりましたが、DBやその操作用言語であるSQLの考え方を知るためにはうってつけの試験でしょう。

未経験者にとってはBronzeでも取得が容易でない難易度ではありますが、2020年の制度変更によって、SilverやGoldランクの受験にBronzeの合格が不要になったため、上のランクにはより挑戦しやすくなりました。

クリエイターとして活躍するために選ぶべき資格は?

ここまで合わせて12個の資格を紹介しましたが、どれから取得すればいいのか迷ってしまう方も多いでしょう。

会社で推奨している資格があるのであれば従っておくのが無難ですが、そうではない場合には現在の仕事や将来の目標に合わせてマッチするものを選択しましょう

クリエイターの仕事において資格1つで評価が激変することは考えにくいので、どうしても決まらない場合は、自分の興味があって取得できそうなものを狙うのも手です

良い意味で気楽に構えて、あくまで補助的な役割として資格取得を目指しましょう。

クリエイターとして活躍するにはどうしたらよい?

これからクリエイターを目指す方のために、クリエイターになるためのルートを2つ紹介しておきます。

一人前のクリエイターとして活躍できるようになるまでのイメージを確認しておきましょう。

専門学校で勉強をする

学生の方であれば、目指す分野について時間をかけて学べる専門学校に通うのも選択肢の1つとなります。

通いながら資格を取得できることもあるでしょうし、何よりクリエイターにとって最も大切な「経験」を積ませてもらえる場所です。

大卒とどちらが有利かは一概に言えませんが、実践的な授業が受けられるため仕事のイメージもある程度つけやすいでしょう。

転職してみる(未経験でも可能)

クリエイター系の業界では、他業界からの転職も広くおこなわれています。

当然、実績のある経験者が優遇されることは否定できませんが、PCスキルさえあればデザインやプログラムなどの専門スキルが無くても採用されやすい業種も存在します。

さらに、上で紹介したような資格も採用のサポートになってくれるはずですので、未経験だからと言って諦めてしまう必要は全くありません。

クリエイターにオススメの専門学校

ここでは具体的にLudusおすすめする専門学校を2つ紹介します。

代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院

Ludusがおすすめする専門学校の1つ目は代々木アニメーション学院です。

代々木アニメーション学院は、アニメ・マンガ・イラスト・ゲームといったエンタメコンテンツに携わるクリエイターを育成している専門学校です?

代々木アニメーション学院は40年の歴史を持ち全国にキャンパスを構えていることから、安心感があり誰にでもおすすめできる学校となっています。

また、講義では現場で活躍されているプロの講師に直接指導してもらうことができるため、職場での働き方をイメージしながら実践的な内容を学ぶことも可能です。

卒業後の就職サポートも充実しているため、本気でその業界に就職したい人が通うための学校と言えます。

資料請求は無料なので、興味のある方は一度チェックしてみてください!

「代々木アニメーション学院」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

代々木アニメーション学院
代々木アニメーション学院とは?学費・学科や評判についても徹底解説!今回、Ludusでは代々木アニメーション学院について、下記の内容について紹介していきます! 代々木アニメーション学院とは?...

アミューズメントメディア総合学院

Ludusがおすすめする専門学校の2つ目はアミューズメントメディア総合学院です。

アミューズメントメディア総合学院は、ゲーム・アニメ・イラスト・小説といったコンテンツのクリエイター育成に力を入れている専門学校です?

具体的には「ゲームクリエイター学科」「アニメーション学科」「ゲーム・アニメ3DCG学科」などの学科があり、デザイナーやエンジニアになるための学習ができます。

また、アミューズメントメディア総合学院は「夢を、夢で終わらせない。」をスローガンとして掲げており、在校生だけでなく卒業生と一緒に作品作りに挑む現場実践教育が徹底されています。

それぞれの業界で活躍するトップクリエイターを招いての特別講義も設けており、就職に向けて個人指導をしてくれるシステムも充実しています。

こちらも資料請求は無料ですので、気になった方は確認してみてください。

「アミューズメントメディア総合学院」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

アミューズメントメディア総合学院
アミューズメントメディア総合学院の評判・学費・入試制度は?プロゲーマー専門学校紹介アミューズメントメディア総合学院とは 近年ゲームやアニメに関する仕事も増え、これらの仕事に関わりたいと思う方も増えているのではないでし...

クリエイターにオススメの転職エージェント

続いては、Ludusおすすめする転職エージェントを2つ紹介します。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

Ludusがおすすめする転職エージェントの1つ目はマイナビクリエイターです。

マイナビクリエイターは、ゲーム・Web・IT業界に特化した転職サイトとなっており、名前の通りクリエイターを目指す方にうってつけの転職エージェントとなっています。

ここにはキャリアアドバイザーと呼ばれる担当者が付いてくれるため、個人に合わせた的確な意見をもらえます。

未経験からゲーム業界を目指すという人も数多く相手にしているので、効果的なアドバイスが期待できるでしょう。

また、マイナビがこれまでに培ったコネクションを活かして、企業による説明会や面談等のイベントも数多く開催されています。

クリエイターを目指すなら利用しない手は無いでしょう。

「マイナビクリエイター」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

レバテッククリエイター

Ludusがおすすめする転職エージェントの2つ目はレバテッククリエイターです。

レバテッククリエイターはIT・ゲーム業界での活躍を目指すクリエイター向けのフリーランス専門エージェントサイトです。

業界では最大級の保有案件数を誇っており、フリーランスとして案件を探している方にぴったりのエージェントサイトとなっています。

また、サイトの担当者が交渉サポートなども丁寧におこなってくれるため、フリーランスとして働きやすい環境が整えられています?

会社にしばられず、自分のスキルを活かして自由に働きたいという方におすすめのエージェントサイトです。

「レバテッククリエイター」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

レバテッククリエイター
レバテッククリエイターは未経験でも可能?口コミを紹介!副業・在宅も!「これからWeb・ゲーム業界でフリーランスを目指そうと思っている方」「フリーランスとして活躍中だけど仕事が途切れがちで困っている方」と考...

クリエイターの資格についてのまとめ

今回Ludusでは、クリエイターの資格について紹介してきました。

  • クリエイターは実績・経験の方が重視されるが、資格でアピールできるケースもある
  • デザイン関係の資格では、色彩検定・CGクリエイター検定・Photoshop / Illustratorクリエイター能力認定試験・アドビ認定アソシエイト・カラーコーディネーター検定試験がおすすめ
  • エンジニア系の資格では、マルチメディア検定・基本情報技術者試験・C言語プログラミング能力検定・CGエンジニア検定・画像処理検定・オラクルマスターがおすすめ
  • クリエイターになるには専門学校や転職を経るルートもある
  • 専門学校では代々木アニメーション学院・アミューズメントメディア総合学院がおすすめ
  • 転職エージェントではマイナビクリエイター・レバテッククリエイターがおすすめ

将来への活かし方も考えつつ、目指す資格を検討してみてください。

その際は、決して資格の取得自体が目的にならないようにしましょう。

まつたろー
まつたろー
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。