ゲームクリエイターに向いている人とは?適正や転職サイトを紹介!

ゲームクリエイターに向いている人とは? ゲームクリエイターの就職・転職

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

ゲームクリエイターは役割があり企画を考えることや、デザインをする人など様々な分野があります。

必要なスキルや能力もあり、ゲームクリエイター向いている人、向いていない人など適性が問われます。

今回、Pacific Metaマガジンではゲームクリエイターに向いている人はどんな人か、どんな適性が必要か等をご紹介します。

  • ゲームクリエイターとは
  • ゲームクリエイターに向いている人はどんな人
  • ゲームクリエイターにとって大切なこととは
  • 転職するならどこがおすすめ

ゲームクリエイターになりたいと思っている方は自分が向いている人なのか、どんな適性があるといいのか等を知っておくことも大切です!

さくら
さくら
最後まで読んでくれたら嬉しいな!

ゲームクリエイターとは?

ゲームクリエイターはアプリやテレビゲームの制作や開発を行う仕事です。
ゲームが大好きで自分で作ってみたい❗️という方にはとても魅力的です。

ですが、ゲームクリエイターといってもゲーム開発や制作にかかわる仕事の総称でゲーム作りを担う職種をまとめてゲームクリエイターといいます。

  • プロデューサー
  • ディレクター
  • プランナー
  • プログラマー
  • サウンドクリエイター
  • シナリオライター
  • グラフィックデザイナー

ゲームクリエイターは主に7つの職種に分かれています。
職種によって必要なスキルも能力も違います。

ゲームクリエイターには性格なども重要になり、合わないと大好きなゲームを作る仕事が辛くなってしまうこともあり心構えが重要です。

さくら
さくら
ゲームクリエイターには職種が主に7つあるね!

ゲームクリエイターの職種についてより詳しく知りたいという方は、こちらもご覧ください!

ゲームクリエイターの職種9選!仕事内容やなる方法を解説

ゲームクリエイターに向いている人の特徴とは?

ゲームクリエイターは特別な資格がいらないため、専門学校へ行っていなくてもなることができます。

ですが、様々な役割があり必要な能力やスキルや人間性が違うため向いている人、向いていない人がいます。

ゲームクリエイターに共通する、向いている人の特徴をご紹介します。

無限に広がる創造力がある人

面白いゲームは、ユーザーにとって価値のあるゲームの世界観を表現することです。
無限に広がる想像力がゲームクリエイターには必要です。

些細な出来事や日常から想像力を膨らませて面白いと思えることを想像しましょう。
小さなアイデアからゲームの世界を創造するきっかけになることもあります。

ゲームのヒントになりそうなことは日頃からメモを取ることで、より創造力が広がるかもしれません。

豊かな発想力がある人

新しいゲームを作り出すためには豊かな発想力が必要です。
斬新なアイデア、些細なきっかけからの「ひらめき」がとても重要です。

ひらめきは、そう簡単に生まれないので、豊かな発想力を養うために知識や体験、感動などが必要になります。

何事にも興味を持ち、体験してみることで豊かな発想力を得ることができます。
関係ないと思えることでもゲーム制作に役立つことも沢山あります。

何事にも臨機応変に対応できる人

ゲームクリエイターの仕事にはスムーズに進むことの方が少ないです。
様々な人が関わり、納期などもあります。

バグや修正箇所が出てくるなど予想がつかないトラブルに見舞われることも出てきます。
臨機応変に対応ができる人はゲームクリエイターにとって大切なことです。

自分で考え、状況をみて対応ができないとゲームは完成させることができません。
臨機応変に対応できる人は転職の際にもアピールポイントになります。

指示を待っている人よりも転職では重宝されます。

コミュニケーション能力が高い人

ゲームクリエイターの中でもプランナーやディレクター、シナリオライターの職種はコミュニケーション能力が必要になります。

ゲームの仕様について話をしなければいけませんし、スタッフ間でのコミュニケーションが円滑じゃないと仕事が進みません
制作は一人で行うことはほとんどなく、チームで動くことが多いです。

チーム内、チーム同士でコミュニケーションをきちんと取ることができないと上手く仕事をすることができません。

実力やスキルがあっても他の人と話せないという方は大手ゲーム会社の転職も難しいです。
人と話すことが好きな方はゲームクリエイターに向いている人です。

時間を有効活用できる人

ゲームの制作は多くの人が関わり作られます。
場合によってはミーティングや会議を行いながら仕事を進めなければいけないこともあります。

時間を有効活用できる管理能力がある人もゲームクリエイターに向いている人です。

時間を有用活用できる人は自己管理もできる人で、残業が多い職種だともいわれています。仕事とプライベートをきっちり分けることで体調管理もできて仕事に穴をあけるということもなくなります。

納期通りに仕事を進めるためにも時間を有効活用できる人はゲームクリエイターに向いています。

ゲームクリエイターに向いていない人の特徴とは?

ゲームクリエイターに向いている人もいれば向いていない人もいます。

  • 想像力がない
  • 時間の管理が苦手
  • 人と話すのが苦手
  • 物や人に興味がない
  • 責任のある仕事は好きじゃない
  • 我慢が嫌い

こんな方はゲームクリエイターに向いていません

ゲームクリエイターはチームで行うことが多いので人と話すのが苦手な方や、場を乱してしまう方は避けた方がいいかもしれません。

また、ゲームクリエイターの仕事には納期があります
時間にルーズ、時間の管理ができない人は周りに迷惑をかける原因にもなるのでゲームクリエイターには向いません。

ゲームクリエイターへの転職に興味がある方は、下記の記事もあわせてご覧ください!

ゲームクリエイターに転職する方法は?未経験から目指す方法も!

ゲームクリエイターにとって大切なこととは?

ゲームクリエイターは適性がある以外にも大切なことがあります。
適性があっても関心や心構えがないと上手く仕事が進まないこともあります。

ゲームクリエイターにとって大切なことをご紹介します。

しんどいことも楽しいと変換できること

ゲームクリエイターの仕事はきっちり時間が決められる勤務形態じゃないこともあります。
フレックス制度を取り入れているゲーム制作会社もあり、納期が迫れば勤務時間も長くなり残業も多くなります。

好きなゲームを作る仕事なので楽だと思っていると現実をみてガッカリしてしまう方も多いでしょう。

しんどいことも楽しいと思える気持ちはゲームクリエイターになるためには大切です。

人と違った感性を持つことに誇りを持つこと

一般的には個性的で周りから浮いてしまうことでもゲームクリエイターには必要です。
人と違った感性はゲーム作りに役立ちます

他と同じでは面白いゲームを作ることはできないので様々な角度からアプローチも必要です。

人と違った感性は大切にしましょう。

些細なことにも興味・関心を持つこと

ゲームクリエイターなどのクリエイティブな仕事は感性が重要なポイントです。
豊かな感性は些細なことにも興味、関心を持つことが大切です。

周りに興味、関心を持つことでゲーム制作のヒントになるようなアイデアや情報を得ることができます。

些細なことが大きなチャンスに変わることもありますよ。

下記の記事では、「ゲームクリエイターにオススメの資格」について紹介しています!

ぜひ、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームクリエイターに資格は必要?仕事に活かせる資格・スキルを職種別に紹介!

ゲームクリエイターへの転職ならマイナビクリエイター!

マイナビクリエイター

ゲームクリエイターは特別な資格が必要ないので未経験の方でも就職、転職が可能です。
未経験に方は就職、転職先を自分で探すのは大変です❗️

ITやゲーム業界、web系の仕事ならマイナビクリエイターがおすすめです。
マイナビクリエイターはゲーム系の仕事の人材紹介サービスを行っています。

マイナビクリエイターはIT、ゲーム、web業界専門の転職情報が満載です。
サービスは全て無料で利用が可能で、キャリアアドバイザーによる個別カウンセリングも受けることができます。

経験豊富なスタッフがあなたにあった職場を紹介してくれます。
転職が初めてで何も分からないという方にも1対1で丁寧にサポートします。
ポートフォリオの作成も的確にアドバイスを受けることができます。

転職の流れも丁寧にアドバイスを受けられ、未経験でも安心して転職活動ができます。
求人に応募する際にも書類だけじゃ伝わらないやる気、人柄など採用担当者に上手く伝わるようにキャリアアドバイザーが推薦状を作成することもできますよ。

転職に関してメリットが多いマイナビクリエイターですが、初めての利用は不安になります。

Pacific Metaマガジンではマイナビクリエイターのサービスや口コミなどを紹介しています。

利用前にチェックしておくと初めての利用でも安心です❗️

【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!
さくら
さくら
転職にはマイナビクリエイターはおすすめだよ!

ゲームクリエイターに向いている人についてのまとめ

今回、Pacific Metaマガジンではゲームクリエイターに向いている人とは?適正や転職サイトを紹介しました。

ゲームクリエイターになるためには知識も必要ですが、適正も必要です。
向いていない人がゲームクリエイターを続けるのは大変で努力が必要になります。
ゲームクリエイターになりたい方は自分に適性があるかを調べてみましょう。

  • ゲームクリエイターは制作や開発に関わる仕事の総称
  • ゲームクリエイターに向いている人は創造力、発想力があり何ごとにも臨機応変に対応できるコミュニケーション能力が高い人
  • 辛い時でも楽しく仕事ができ些細なことでも興味や関心を持ち、人と違った感性に誇りを持つことができる人
  • ゲーム業界の求人に強いマイナビクリエイターが転職にはおすすめ

ゲームクリエイターは適性があるかないか、仕事をするにあたって大切な心得なども必要です。

特別な資格がいらないため、未経験でもなることができるので、ゲームクリエイターを目指すのなら、自分に適性があるかも考えてみましょう。

さくら
さくら
最後まで読んでくれてありがとう!

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

ゲームクリエイターの就職・転職
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア