カルダノ ¥58.80 -6.33%
トンコイン ¥1,098.31 -10.20%
ドージコイン ¥18.83 -6.94%
XRP ¥75.92 -4.62%
USDコイン ¥157.75 -0.05%
ソラナ ¥21,232.42 -5.11%
BNB ¥91,662.54 -3.01%
テザー ¥157.74 0.01%
イーサリアム ¥539,001.29 -2.53%
ビットコイン ¥10,182,991.79 -1.79%
カルダノ ¥58.80 -6.33%
トンコイン ¥1,098.31 -10.20%
ドージコイン ¥18.83 -6.94%
XRP ¥75.92 -4.62%
USDコイン ¥157.75 -0.05%
ソラナ ¥21,232.42 -5.11%
BNB ¥91,662.54 -3.01%
テザー ¥157.74 0.01%
イーサリアム ¥539,001.29 -2.53%
ビットコイン ¥10,182,991.79 -1.79%
カルダノ ¥58.80 -6.33%
トンコイン ¥1,098.31 -10.20%
ドージコイン ¥18.83 -6.94%
XRP ¥75.92 -4.62%
USDコイン ¥157.75 -0.05%
ソラナ ¥21,232.42 -5.11%
BNB ¥91,662.54 -3.01%
テザー ¥157.74 0.01%
イーサリアム ¥539,001.29 -2.53%
ビットコイン ¥10,182,991.79 -1.79%
カルダノ ¥58.80 -6.33%
トンコイン ¥1,098.31 -10.20%
ドージコイン ¥18.83 -6.94%
XRP ¥75.92 -4.62%
USDコイン ¥157.75 -0.05%
ソラナ ¥21,232.42 -5.11%
BNB ¥91,662.54 -3.01%
テザー ¥157.74 0.01%
イーサリアム ¥539,001.29 -2.53%
ビットコイン ¥10,182,991.79 -1.79%

メタバースイベントの特徴やイベント開催事例8選を解説!

メタバース

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

メタバースは、世界中で注目を集めている新しい技術です。
日本でもメタバースを使ったイベントも増加傾向にあり、メタバースベントに参加したい、開催してみたいという方も多いのではないでしょうか。

今回Pacific Meta マガジンでは、メタバースイベントについて以下の内容を紹介します。

  • メタバースイベントの特徴
  • 開催事例
  • イベントが開催できるメタバースプラットフォーム

メタバースイベントに興味のある人は、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

メタバースとは

メタバースとは、ンターネット上に作られた三次元のバーチャル空間やその空間で提供されるサービスのことです。
日本語では、仮想空間や仮想現実などと呼ばれています。

メタバース上では、利用者は三次元空間の中でデジタル上のキャラクターであるアバターで自由に活動をします。

技術の進歩とともにメタバースが急速に成長していて、今後さらに市場規模が拡大する見込みです。

スポンサーリンク

メタバースイベントの特徴

メタバースでは、様々なイベントが開催されています。
ここからは、メタバースイベントの特徴をみていきましょう。

メタバースイベントとオンラインイベントの違い

メタバースイベントでは、一般的なオンラインイベントよりも参加者が思うままに振る舞うことが可能です。

従来のオンラインイベントでは、イベント参加者は主催者側の話や映像を見るだけという内容が大半でした。

一方メタバースイベントでは、参加者は自分のアバターを使い自由に行動できます。

例えば他の参加者と交流を深めたり、興味のあるコンテンツのみに参加したりと、メタバースイベントの方が参加者も主体的になってイベントを楽しむことが可能です。

主催者側も参加者の興味に合わせたコンテンツを同時に進行させられるため、まるでリアルイベントのような振る舞いもできます。

このように一方通行になりがちなオンラインイベントとは違い、メタバースイベントはより積極的な交流が望めるでしょう。

メタバースイベントのメリット

メタバースイベントのメリットについてみていきましょう。

参加者の場所を選ばない

メタバースイベントはインターネット上で開催されるため、参加者が実際にいる場所を選びません。

地方や海外にいる方も、気軽に参加できる点が大きなメリットといえるでしょう。

幅広いユーザーが参加できる

メタバースイベントは、インターネットにアクセスできる方であれば、誰でも参加が可能です。

そのため今までイベントの参加が難しかったユーザー層の参加も、期待できます。

主催者側にとっては、新しいビジネスチャンスを掴むチャンスになるでしょう。

環境にやさしい

メタバースイベントは、リアルイベントとは違い、イベント会場の用意が不要です。

従来必要だった各種機材の運搬や会場の装飾、パンフレットやノベルティなどもいらないため、リアルイベントと比較して、排気ガスやゴミなどの削減につながります。

環境問題が重視される風潮の中、環境に配慮したイベントが開催できる点は大きなメリットといえるでしょう。

メタバースイベントのデメリット

メタバースイベントはメリットがある反面、デメリットもあります。
ここでは、主なデメリットを紹介します。

離脱率が高い

メタバースイベントは、簡単に参加できる反面、ワンクリックやワンタップで簡単にイベントを離脱できます

そのため参加者が魅力に感じられないイベントは、盛り上がらないでしょう。
リアルイベントやオンラインイベントと比較して、より参加者が飽きないイベントを考える必要があります。

開催費用の問題

メタバースのイベントは、開催費用が高額になるときがあります。
開催費用は、どのようなアプリやプラウザなどのメタバースプラットフォームを使うのかによって左右されます。

開催費用の相場はイベントの規模やツールにもよりますが、1,000万円近くの費用がかかるときも少なくありません。

ツールによっては無料で使えるタイプもありますが、人数制限がかかったり、空間の内装が変えられなかったりとデメリットもあります。

親しい友人との飲み会でメタバースイベントを開催するときには無料アプリで問題がありませんが、ビジネスでイベントをやってみたいときに人数が制限されることは大きなデメリットになるでしょう。

費用から考えると、リアルイベントを開催した方が安いケースもあるため、イベント会社に相談してよく考える必要があるでしょう。

スポンサーリンク

メタバースのイベント開催事例8選

それでは、具体的に日本や世界で開催されたメタバースのイベント開催事例を一覧で紹介していきます。

メタバースの音楽・催し系イベント事例

最初に、音楽や催しなどエンタメ要素の強いイベントの事例です。

サンリオバーチャルフェス

サンリオバーチャルフェスは、2023年1月13日から22日に開催されたライブイベントを中心とした催しです。

サンリオがメタバースイベントを開催するのは今回が2回目で、総勢56組のアーティストが登場しました。
参加者は無料のアバターや有料のサンリオ衣装を着たアバターを使い、イベントに参加します。

イベントの中では、ここでしかみられないアーティストとサンリオキャラクターのコラボパフォーマンスやキャラクターとの触れ合いが楽しめました。

リアルアーティストもデフォルメされたアバターで登場するシーンもあり、大きな話題になっています。

東京ガールズコレクション

東京ガールズコレクションは、2022年9月3日に東京ガールズコレクションの世界観を体験できるメタバースイベントを開催しました。

イベントの中では限定のイベントやアトラクションなどが用意されました。

またリアル会場の映像をパブリックビューイングできるエリアが用意され、仮想空間と現実を組み合わせたコンテンツも登場しています。

新しい東京ガールズコレクションの楽しみ方を提案したとして、メタバースイベントは成功を収めました。

バーチャルマーケット

バーチャルマーケットは、2018年から夏に定期的に開催されている世界最大級のメタバースイベントです。
参加者はメタバース上のクリエイターのお店で、自由に買い物ができます。

お店では、アバターに関連したアイテムはもちろん、リアルな食べ物や洋服を購入が可能です。

2022年8月13日から28日に開催されたバーチャルマーケットで、大阪やニューヨークの町並みを再現した空間が登場し、注目を集めました。

バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2022

バーチャル渋谷 au 5G ハロウィーンフェス 2022は、2022年10月26日から10月31日のハロウィンの時期に開催されたメタバースイベントです。

メタバース空間ではハロウィンにちなんだコンテンツが登場し、新しいハロウィンの楽しみ方として注目を集めました。

再現された渋谷の町並みは非常にリアルで、昭和26年に実際に渋谷を運行していたケーブルカーも再現されています。

さらに海外から参加する方のために、英語での対応が可能な公式アバタースタッフも配置され、新しい働き方として注目を集めました。

メタバースの企業系イベント事例

ここからは、メタバースの企業系イベントの事例について紹介します。

メタバース就職フェス『METANAVI』

メタバース就職フェス『METANAVI』は、2022年4月29日に開催された企業と求人者を結びつけるイベントです。

これからメタバースの事業を立ち上げる予定の参加者が中心のため、求人者も就職した後のイメージがつきやすいイベントでした。

YouTube配信やZoom接続も同時に行われたことにより、多くの人が参加できたといえるでしょう。

社員総会

株式会社トーコンは、2022年4月11日に社員総会をメタバース上で行いました。

会社では社員同士のコミュニケーションを大切にする取り組みを大切にしており、様々な形の社員総会を実施しています。

メタバース上で開催された社員総会は約2カ月かけて準備が行われ、当日は150人以上の社員が参加し好評でした。

その他メタバースのイベント事例

その他に分類されるイベントの事例をご紹介します。

バーチャル沖縄

バーチャル沖縄は、メタバース上の沖縄で実際に旅行しているような気分に慣れるイベントです。
2022年10月28日から11月7日まで開催されました。

参加者はバーチャル上に再現された首里城を巡ったり、世界のウチナーンチュ大会をライブビューイングで楽しめたりと、自由に楽しめました。

メタバース愛(アイ)ランド

メタバース愛(アイ)ランドは、2022年7月22日と7月29日に開催されたメタバース上で開催された婚活イベントです。

参加者は顔出しすることなく、好きなアバターで婚活ができます。
その結果、見た目や職業などに左右されず、相手の内面から人となりを知ることが可能です。

参加方法も気軽であり、新しい出会い方として注目を集めました。

スポンサーリンク

イベントが開催できるメタバースプラットフォーム

ここでは、イベントが開催できる主なメタバースプラットフォームについて紹介します。

cluster

clusterは、メタバース上で他のユーザーとコミュニケーションが取れたり誰でも簡単にバーチャル空間が作れたりするメタバースプラットフォームです。

利用者の多くは10代で、多くのユーザーがゲームをしながら友人とおしゃべりを楽しむ際に利用しています。

開催された主なイベントは、55万人が参加したバーチャル渋谷や株式会社ポケモンとコラボしたポケモンバーチャルフェストなどです。

VRChat

VRChatは、アイテムの売買をしたり、ユーザー同士でコミュニケーションを取ったりできるメタバースプラットフォームです。
日本語に対応していませんが、日本向けのサーバーも導入されています。

旧摩耶観光ホテルをバーチャル空間で再現したオンラインツアーや舞台「テアトロ・ガットネーロ」の公演などが行われてきました。

V-expo

V-expoは、バーチャルイベントやレンタルスペースサービスを提供しています。
アプリのインストールが不要のため、手軽に利用できる点が魅力的です。

福岡大学メタバース入学式や明治大学のメタバース父母会等の実績があります。

Fortnite

Fortniteは、2017年に公開された世界で4億人が利用するメタバースゲームです。

オリジナルメタバースを作ることが可能であり、自由にゲームを楽しめる点が魅力的といえるでしょう。
過去には、米津玄師や星野源などのメタバースライブが開催されました。

スポンサーリンク

メタバースのイベントについてのまとめ

今回Pacific Meta マガジンでは、メタバースのイベントについて紹介してきました。

  • メタバースイベントは参加者の自由度が高い
  • 離脱率が高いというデメリットがある
  • メタバースのイベント開催事例も増えてきている
  • イベントが開催できる魅力的なメタバースプラットフォームがある

今回の記事を参考にして、メタバースのイベントを始める企画を立ててみてはいかがでしょうか。

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. OKCoinJapan【学生は取引手数料無料!】
    公式サイト: https://www.okcoin.jp/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

メタバース
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア