Web3は何ができるの?活用されているビジネスモデルを徹底解説!

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています

Web3では何が出来るかご存じの方はそれほどいないのではないでしょうか。
本記事では、Web3で何ができるかについて以下の点を中心にご紹介します!

  • Web3の基礎知識
  • Web3を活用して出来ること
  • Web3の注意点

Web3で出来ることについて理解するためにもご参考いただけると幸いです。ぜひ最後までお読みください。

そもそもWeb3ってなに?

Web3は、ブロックチェーン技術を基盤にした分散型のウェブ環境を指します。この新しいウェブのアプローチは、Facebook、Google、Twitterなどの大手プラットフォームを排除し、情報へのアクセスとデータの利用を民主化するためのさまざまなアイデアの総称と言えます。
Web3の特徴は、ユーザー自身がデータを保持し、ネットワーク上のデータの正確性がシステムによって検証され、ネットワークやデータの一部を所有することで収益を得ることができることです。ユーザーは個人情報を大手テクノロジー企業に提供せずに、検索、ソーシャルネットワーキング、データストレージ、金融などのさまざまなサービスを利用できます。また、Web3に関する議論には理念的な側面と経済的な側面が絡み合っており、議論の文脈によってどちらが強調されているかが異なります。この新しい概念について議論する際に、議論の文脈に注意を払うことが重要です。

なぜWeb3が注目されているのか

Web3が注目を浴びる背景には、過去のWeb2時代において個人情報の集中管理に対する不信感や、ブロックチェーン技術の成熟が影響しています。仮想通貨の普及やNFTの登場もWeb3の注目を高めています。
以前のWeb2時代では、巨大企業がユーザー情報を独占し、個人の好みに基づいた広告を行い、その影響力を増していました。この中央集権的な情報統制からの脱却と、個人が自身の情報を管理できるような分散型の環境を実現するため、Web3に対する注目が高まっています。

Web3の特徴

Web3には、どのような特徴があるのでしょうか?以下、その特徴を述べていきます。

セキュリティがより強固に

従来のWeb2.0では、ユーザーの個人情報などのデータはプラットフォームに集中的に管理されていました。このため、プラットフォームがサイバー攻撃の標的となると、大規模な情報漏洩が発生する危険性が存在しました。実際、Facebookから5億人以上の個人情報が流出した事例もあります。

対照的に、Web3.0ではブロックチェーン技術により情報が分散して管理されているため、情報漏洩のリスクが軽減されます。さらに、Web3.0ではパスワードやメールアドレスの登録なしでも安全にサービスを利用できる仕組みが採用されており、セキュリティ面でも大幅な向上が期待されます。

ユーザーが個人でデータを所有

Web2.0では、実質的にデータの所有者はプラットフォーム企業であり、プラットフォーム上でデータが削除されると、ユーザーが購入したデータも失われてしまう可能性がありました。例えば、Amazonで購入した音楽や本は、Amazonがデータを削除すればユーザーにとってもアクセス不能となってしまいます。しかし、Web3.0ではデータが分散管理され、ユーザーが自身のデータを所有することが可能となります。これにより、データの改ざんや消失のリスクを大幅に軽減できます。

個人間で自由にやり取りが可能

Web3.0の世界では、誰もが自由にインターネットに参加し、制約なく自己表現できます。特定の組織の承認やSNSでの内容制限、情報の検閲などが不要で、個人の自由な発信ができます。データの管理に仲介組織を必要としないため、個人同士で自由にデータをやり取りできる環境が整い、この自由な参加と表現が実現されています。さらに、仲介組織にかかる手数料などの費用が不要となるため、販売者と購入者の間で発生するコストが削減され、購入者にとっても負担が軽減される利点があります。

Web3でできること

Web3では、具体的にどのようなことができるのでしょうか?以下、解説していきます。

Crypto asset(暗号資産)

仮想通貨、または暗号資産は、デジタルデータとして存在し、インターネット上で取引ができる通貨形態です。代表的なものには「ビットコイン(BTC)」や「イーサリアム(ETH)」などがあります。仮想通貨はブロックチェーン技術を利用しており、このため取引や残高の記録に中央のホストコンピューターが不要です。これは従来の電子マネーや銀行と異なり、仲介機関を介さずに個人同士で直接送金や取引が行える特徴を持っています。

将来的には決済手段としての普及が期待されていますが、急激な価格変動や法律の整備が追いついていないなど、課題も存在しています。今後の展開に注目が寄せられています。

DeFi

DeFi(分散型金融)は、金融サービスを個人が銀行や証券会社などの仲介機関を介さずに利用できる革新的な概念です。この分野はブロックチェーン技術を活用し、ユーザー同士が取引記録を管理するため、迅速な入出金と低コストの取引が可能となる利点があります。
DeFiは、レンディングやステーキングなどの金融サービスを通じて利回りを追求することもでき、そのためにも注目を浴びています。これにより、伝統的な金融システムに頼る必要なく、よりオープンでアクセス可能な金融サービスが提供されています。

メタバース

メタバースとは、仮想空間をインターネット上に構築した環境を指します。この仮想世界では、ユーザーは自身を「アバター」と呼ばれる仮想キャラクターに変身させ、他のユーザーとコミュニケーションを取ったり、さまざまな活動に参加したり、ビジネスを展開したりすることが可能です。
近年、メタバースの概念は急速に広まり、Facebook社が社名を「Meta」に変更するなど、注目を集めています。また、ブロックチェーン技術を活用したメタバース空間では、データの不正コピーといった問題が防げるため、透明性が向上する利点もあります。このような新たな仮想世界についての詳細情報や始め方については、関連記事を参照いただければと思います。

NFT

NFTは、「Non-Fungible Token」の略語で、主に仮想通貨イーサリアム(ETH)のブロックチェーン上に存在する「不可代替トークン」を指します。この「不可代替性」は、要するに「代替できない」という意味であり、NFTの基盤であるブロックチェーン技術によってデータの改ざんが不可能であるため、それが「唯一無二の価値」を確立するのです。
この特性を利用して、NFTはアートや動画などに固有の価値を与える手段として広く受け入れられています。将来的には、NFTが多岐にわたる分野で活用され、一般的に普及すると予測されています。NFTの仕組みやスタート方法についての詳細情報は、関連記事を参照いただくと分かりやすいでしょう。

DAO

DAO(自律分散型組織)は、中央の管理者が不在で、事業やプロジェクトを推進する組織形態を指します。これらの組織はブロックチェーン技術を基盤とし、各メンバーが自己決定的に活動し、運営されます。
DAOの代表的な例として、ビットコインが挙げられます。ビットコインは中央管理者を持たず、世界中のコンピューターがマイニング活動を通じてネットワークを運営・維持しています。DAOによって形成されたコミュニティは、広範囲で成長しつつあり、今後ますます拡大が期待されています。

Web3.0を利用する際の注意点

さまざまなメリットがあるWeb3ですが、利用する際に理解しておくべき注意点があります。以下、詳しく解説していきます。

法整備が追いついていない

Web3は新たな概念であり、実現に必要な法整備は未だ進行中です。2022年現在、NFTなど一部の要素に焦点が当てられ、法的な枠組みが整備されつつありますが、DeFiやトークン関連の法律については未だ整備が追いついていない状況です。

トラブルが発生した場合は自己責任

Web3では、個人情報は完全に自己管理が求められます。そのため、トラブルが発生した場合、全ての問題について自己責任で対処する必要があります。
例えば、ビットコインなどの送金時に誤って宛先を間違えてしまった場合(一般的には「セルフGOX」と呼ばれます)、従来の銀行取引では取り消しや修正が可能なこともありますが、Web3ではそのような手続きが難しくなるでしょう。
さらに、スマートコントラクトの脆弱性が悪用されて資産が流出した場合も、復旧が非常に困難となる可能性があります。このようなリスクに対処するためには、慎重かつセキュアな取引プラクティスが求められます。

Web3に関するよくある質問

最後に、Web3に関するよくある質問に回答していきます。

Web2とWeb3の違いは何ですか?

Web3.0とWeb2.0の主要な違いは、データ管理と取引の方法にあります。
Web2.0では、大企業(例:Google、Facebook、Amazon)がユーザーデータを収集・管理し、そのデータを基盤にビジネスを展開しています。一方、Web3.0では、分散型アプリケーション(DApps)を通じて、ユーザーは自身のデータを所有し、管理し、共有できるようになります。これは、ブロックチェーン技術の採用により、中央集権型のデータ管理から分散型のデータ管理への移行を実現します。

さらに、Web3.0ではスマートコントラクトと呼ばれる自己実行可能なコードを活用し、契約やトランザクションを自動化できます。これにより、取引の透明性と信頼性が向上し、従来の金融取引やビジネスプロセスの改善が可能になります。 Web3.0は、中央集権的なデータ管理から分散型のデータ所有と自動化された取引への移行を特徴とし、新しいインターネットの進化を象徴しています。

Web3は誰が作ったのですか?

Web3の概念を提唱し、造語として用いたのは、イーサリアムの共同設立者であるギャビン・ウッドです。彼は2014年に「ブロックチェーンに基づく分散型オンライン・エコシステム」というアイデアをWeb3と命名しました。この概念は2021年に急速に注目を浴び、暗号通貨愛好家や著名な技術者、企業の投資を受けるなど、急速に発展しました。

Web3スマホとは何ですか?

WEB3スマホは、最新のテクノロジーを活用して開発された、主にデスクトップPCやブラウザベースのWeb3サービスをスマートフォン上で便利に利用できるように設計されたデバイスです。一般的に、Web3サービスの多くはブラウザ上で提供されていますが、スマートフォンを用いることでより便利なユーザー体験を提供します。

Web3で何ができるのかについてまとめ

ここまでWeb3で何が出来るのかについてお伝えしてきました。Web3で何が出来るのかについての要点をまとめると以下の通りです。

  • Web3はWeb3は、ブロックチェーン技術を基盤にした分散型のウェブ環境である
  • Web3を活用して暗号資産やDeFi、メタバースやNFTを活用できる
  • Web3の注意点には法整備が整っていない点やトラブルがあっても自己責任になってしまう点などが挙げられる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら