トークンエコノミーとは?メリットや仮想通貨との関係を分かりやすく解説!

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

「トークンエコノミー」とは、「トークン」というデジタル通貨を活用した、新しい経済の形を指します。銀行に頼らない資金調達の可能性や、新たな価値を生む手段としての期待から、さまざまなサービスやビジネスが生まれています。

本記事ではトークンエコノミーについて以下の点を中心に分かりやすくご紹介します。

  • トークンエコノミーの特徴
  • トークンエコノミーのメリット
  • トークンエコノミーと仮想通貨の関係

トークンエコノミーについて理解するためにもご参考いただけますと幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

▼プロダクトに組み込むトークンエコノミクスにお困りの際はPacificMetaにご相談ください!

Pacific Metaは、ブロックチェーンゲームを始めとするWeb3サービスの専門家集団です。持続可能で成長するトークン環境の構築をサポートし、トークンプロジェクトを成功へと導きます!サービスの詳細、お問い合わせに関しては下記URLをご確認ください。
トークンエコノミクス設計の詳細はこちら

トークンエコノミーとは?

トークンエコノミーとは、具体的には「デジタル通貨による新しい経済圏」を指します。
伝統的な法定通貨、例えば日本円や米ドルではなく、「トークン」というデジタル通貨を中心に経済が回ります。

トークンは、ブロックチェーン技術を利用して発行される仮想通貨です。
海外との取引において、円を他の通貨に両替せずに、トークンをそのまま使用できる経済圏がトークンエコノミーです。

トークンエコノミーの特長は、ユーザー間でのトークン交換が容易になり、国境を越えた取引も円滑に行えることです。
そして、ブロックチェーンの特性上、取引情報の改ざんが難しく、信頼性が高いという利点があります。

この新しい経済形態は、伝統的な市場を超え、新しいビジネス展開や投資の機会が期待されています。

トークンエコノミーの特徴について分かりやすく解説

トークンエコノミーの特徴を以下にわかりやすく解説します。

「トークン」運営側が独自の経済活動を行える

トークンエコノミーの中で、事業者や運営側は独自の「トークン」を発行し、そのトークンを中心とした経済圏を形成します。ショッピングポイントや地域商品券をイメージすると分かりやすいかも知れません。

この独自の経済圏では、自社のサービス利用を促進するためのトークンを発行し、新たなビジネスモデルや価値の提供を追求できます。

この方式により、従来のビジネスモデルになかった柔軟性や独自性を持つ経済活動が期待されます。

ライフ・タイム・バリュー(顧客生涯価値)を高める

トークンエコノミーの中心にある「トークン」は、代替通貨としての役割を果たします。
日常的な買い物で得られるショッピングサイトのポイントや、オンラインゲームの内部通貨なども、このトークンの一例と考えられます。
このようなトークンの提供を通じて、ユーザーはその経済圏内でさまざまな経済行動を行います。結果として、ユーザーのライフ・タイム・バリューを高める、すなわちそのサービスやプラットフォームに対する長期的な関与や価値認識が高まるというマーケティング効果が期待されます。
トークンエコノミーの採用により、消費者の行動が単なる購入から、より積極的な関与へとシフトする可能性が広がっています。

トークンエコノミーのメリット

デジタル技術の進展に伴い、経済のあり方も大きな変革を迎えています。

「トークンエコノミー」はその中心に位置する概念で、ブロックチェーン技術を活用した新たな価値交換の方法を提供しています。
「トークンエコノミー」には多くのメリットがありますが、その主要な特徴を4点に絞り、詳しく紹介します。

コンテンツに付加価値を見出せる

トークンエコノミーのもたらすメリットの1つは、従来価値を見出しにくかったコンテンツや技術に、新たな価値をもたらす可能性が生まれたことです。
特にNFT(非代替性トークン)は、デジタルアートや音楽、ゲームのアイテムといったコンテンツに「唯一無二」の価値を付与します。

ブロックチェーン技術によって、そのコンテンツの所有権や鑑定書の改ざんが困難となり、新たな価値が生まれるのです。

資金調達がしやすくなる

従来の資金調達方法には多くのハードルがありましたが、トークンエコノミーによってその障壁が低くなる可能性があります。

企業やクリエイターはブロックチェーン上にトークンを発行することで、直接出資を募れるようになります。
これにより、新興企業や個人も、自らの夢やプロジェクトに必要な資金を既存の金融機関を介さずに集められるようになります。

契約や決済を自動で行うシステムを構築できる

スマートコントラクトというブロックチェーン上のプログラムを活用することで、トークンエコノミーでは契約や決済の自動化が実現します。このシステムを利用すれば、書面や仲介者を必要とせず、スピーディーに取引できるようになります。

また、取引のコストを削減し、さまざまなサービスや商品の取引をより手軽にする変化が期待できます。

NFT(非代替性トークン)を活用した経済圏

近年、NFTという概念がデジタルコンテンツの世界で一大ブームを巻き起こしています。
これは、デジタルなアートや音楽、ゲーム内アイテムなど、従来は複製が容易であったものに「唯一無二」の価値をつける技術です。

NFTによって作られた新しい市場は、コンテンツ制作者やファン、投資家など、さまざまなステークホルダーにとって新しい価値や機会を生み出しており、トークンエコノミーの拡大を加速しています。

トークンエコノミーによって変化することについて分かりやすく解説

トークンエコノミーは経済の新しいルールや可能性を提示しており、未来のビジネスモデルや経済活動の標準となる可能性を秘めています。
ブロックチェーン技術との組み合わせにより、その革新性はどのように変化していくのでしょうか。

マイクロペイメントの実現

トークンエコノミーにより、1円以下の少額取引、いわゆるマイクロペイメントが実現できる可能性があります。これによって、経済的価値が認められなかった行動や情報にも価値が付与されるようになります。

例として、オンライン上でのレシピの共有や、SNSにおける情報の拡散などが挙げられます。これらの活動に対しての報酬をトークンとして提供することで、トークンが循環していきます。

また、少額での支払いに手数料が課される場合、支払価格よりも手数料の方が高くなるケースも起こり得ます。
そこで、1円以下の支払いを可能とするマイクロペイメントを導入することで、ユーザーに対する少額課金はもちろん、募金やチップなどに応用可能となるのです。

経済の流れが速くなる

トークンエコノミーは、取引をスピーディーにする効果が期待できます。
トークンベースの取引は、従来必要だった銀行などの仲介者を必要とせず、サービスや商品の提供と報酬の受け取りをほぼ同時に行います。このスピーディな取引の流れは、顧客のモチベーションを高め、経済の循環を活発にします。

また、ブロックチェーンの特性により、海外送金も数秒から数分というスピードで行われ、グローバルなビジネスチャンスを増やす効果も期待されています。

このように、トークンエコノミーは現代の経済に変化をもたらし、新しいビジネスモデルや価値観の形成を促進しています。

トークンエコノミーの活用事例について分かりやすく解説

以下では、トークンエコノミーの活用事例について分かりやすく紹介します。

LINE Token economy

LINEが提案する「LINE Token Economy」は、LINEのブロックチェーン技術を活用して、ユーザーとサービス間の新しい「お互いに得する」関係を築く試みです。

従来、私たちがSNSやレビューサイトで行うアクティビティ(レビューの投稿やコンテンツのシェア)は、金銭的な報酬が与えられることはほとんどありませんでした。
しかし、LINEの新しいシステムでは、これらのアクティビティを行うことで、LINEが独自に発行する仮想通貨「LINK(リンク)」という報酬(トークン)を受け取れます。

獲得したトークンは、LINEのサービス内や参加する他のサービスで使用可能で、日本のユーザーの場合、これを「LINEポイント」に変換して実際にショッピングなどで使うこともできます。
サービス提供者は、このシステムを導入することで、ユーザーのアクティブな参加やコンテンツの生成を奨励できます。

さらに、LINEが提供するブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」を利用することで、自社でゼロからシステムを作る手間やコストを削減できます。

GMOオープンソースブロックチェーン

GMOインターネット株式会社は、ブロックチェーンを活用した「地域トークン」のオープンソースを公開しました。
このプログラムは地域の経済活性化を支援するために設計され、地域固有のトークンを発行し、そのトークンを参加する店舗で使用できます。

オープンソース「地域トークン」の目的は、自治体や企業が独自のトークンやポイントを簡単に発行・運用できるようにすることです。これにより、地域の商店街やコミュニティが、特定の加盟店で使える地域ポイントを発行して、地域の経済を活性化することが期待されます。

「地域トークン」は、イーサリアムブロックチェーン上で動作し、ポイントの処理ルールをブロックチェーンに記録して、独自のポイントシステムを低コストで構築・運営できるとされています。

特筆すべきは、従来のブロックチェーンのトランザクションで必要だった仮想通貨の支払いを、サービス提供者が日本円等で代わりに支払えるという点です。
これにより、ユーザーや加盟店、自治体は簡単にポイントシステムを利用でき、仮想通貨を保有する必要がありません。

ALIS

「ALIS」はブロックチェーン技術を基盤とした新たなソーシャルメディアプラットフォームであり、質の高い情報発信を奨励するシステムを特色としています。
ALISでは、優れたコンテンツを作成した投稿者や、評価が高いコンテンツを早期に評価した閲覧者に、ALISトークンという報酬が与えられます。

ALISトークンは、他のユーザーへの感謝の意を表す「投げ銭」や、プレミアムなコンテンツの購入などに利用できます。
更に、トークンを使用して「ALIS Market」でのグッズ購入や、楽曲の購入、さらには記事執筆のアドバイスを求めるメンターシステムへの参加など、トークンの使用方法は多岐にわたります。

このようなシステムの導入により、ALISは情報発信者とそのコンテンツを消費するユーザーの間に新しい価値の循環を生み出しています。
質の高いコンテンツと、それを評価するコミュニティが共に成長し、報酬を受け取ることで、より健全で信頼性のある情報共有システムを目指しています。

Yay!

「Yay!」は、同世代の方や趣味を共有する方々と繋がる、音声コミュニティサービスです。
2022年2月時点での登録者数は500万人を突破しており、これまではアプリを中心にコミュニティを拡大してきました。
しかし、その拡大と共に更なる革新を目指し、2022年4月にNFTを発行し、トークンエコノミーを構築する方針を発表しました。

Yay!が考えるトークンエコノミーは、NFTをコミュニティ内での会員証のように利用する形となる模様です。このNFTは、コミュニティの一員であることの証や特権を示すものとして機能すると予想され、それを支える新しいトークンの発行も予定されているようです。

現時点での公開情報は限られていますが、すでに大きな注目を集めている「Yay!」の今後の展開に、多くのユーザーや業界関係者が興味を持っています。
トークンエコノミーの導入によって、Yay!のコミュニティはどのように進化していくのでしょうか。

PoliPoli

「PoliPoli」は、政治に関する議論やコミュニケーションを円滑にするための革新的なアプリケーションです。
ユーザーは特定の政治トピックに関するトークルームに参加し、発言が高い評価を受けることで、独自の通貨「Polin」を獲得できました。
しかし、2020年9月をもってこのPolin制度は廃止され、サービスの運営スタイルも変化しています。

PoliPoliの運営元である「株式会社PoliPoli」は、「新しい政治・行政の仕組みをつくりつづけることで、世界中の人々の幸せな暮らしに貢献する。」というミッションを掲げています。
サービスは、与野党を問わず、多くの政治家や政党から利用料を受け取りながら運営されており、これによって持続的なビジネスモデルを確立しています。

また、PoliPoliは公職選挙法上の政治活動、特に政策立案のサポートツールとしても利用されています。
このような新しい形の政治コミュニケーションツールは、政治と国民の間の橋渡し役としての可能性を秘めており、今後の展開が注目されます。

STARトークンエコノミー

2021年7月8日、慶應義塾大学FinTEKセンターは、新たなトークンエコノミーの実証実験を個人情報管理プラットフォーム「STAR」にて開始することを発表しました。
この新しいエコノミーのコアは「STARコイン」というトークンで、主に就職活動のシーンでの活用が予定されています。

企業は、学生からの情報開示を要請する際、提供される情報の量や質に応じてSTARコインを発行します。
これにより、従来の就職活動で評価されていた成績や履歴書だけでなく、学習履歴やゼミ・サークル活動といった学生の成長を示す情報にも独自の価値が創出されます。

このSTARコインは、ただの仮想通貨としての価値だけでなく、学生にとっても魅力的な利点があります。
例えば、アート思考養成講座、編集スキル育成講座、全国の大学間交流ツアーなど、STARの独自コンテンツにアクセスするためのキーとして利用できます。

この新しいシステムは、学生の成長と企業のニーズをより強く繋げるための新たな試みとして、今後の就職活動の新たなスタンダードとなるかも知れません。

トークンエコノミーと仮想通貨の関係を分かりやすく解説

トークンエコノミーは、ブロックチェーン技術を活用した新たな経済モデルであり、その中心には「トークン」というデジタルアセット(資産価値のあるデジタルデータ)が存在します。
仮想通貨、例えばビットコインは、このトークンエコノミーの一部として誕生しました。

特に、法定通貨の不安定さや信頼性の低さを懸念する国や地域では、仮想通貨を法定通貨にする動きがあります。例えば中南米の国エルサルバドルは、2021年9月に仮想通貨・ビットコインを自国の法定通貨としました。
このような背景から、仮想通貨は新しい経済圏を形成し、その中心としての役割を果たしているといえます。

また、新しい仮想通貨を取引所で公開する際の手法として「IEO(イニシャル・エクスチェンジ・オファリング)」が登場しました。IEOでは取引所が厳格な審査をし、その後に販売が開始されるため、投資家にとって信頼できる投資先となり得ます。

このように、トークンエコノミーと仮想通貨は密接に関連しており、今後も世界の経済活動の中での役割が拡大していくことが期待されます。

トークンエコノミーについてのまとめ

ここまでトークンエコノミーについてお伝えしてきました。
トークンエコノミーの要点をまとめると以下の通りです。

  • トークンエコノミーの経済圏では、自社のサービス利用を促進するためのトークンを発行し、新たなビジネスモデルや価値の提供を追求できる
  • トークンエコノミーのメリットとして、従来価値を見出しにくかったコンテンツや技術に、新たな価値をもたらす可能性が生まれたことや、資金調達のしやすさ、契約や決済を自動で行うシステムの構築、NFTの活用が挙げられる
  • 仮想通貨はトークンエコノミーの一部として誕生し、新しい経済圏を形成している

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら