カルダノ ¥68.47 1.86%
ドージコイン ¥19.60 4.91%
トンコイン ¥1,142.94 1.44%
XRP ¥89.47 0.49%
USDコイン ¥157.39 0.0078%
ソラナ ¥26,897.99 8.80%
BNB ¥93,501.15 4.91%
テザー ¥157.39 0.0055%
イーサリアム ¥548,623.84 2.58%
ビットコイン ¥10,431,992.37 4.18%
カルダノ ¥68.47 1.86%
ドージコイン ¥19.60 4.91%
トンコイン ¥1,142.94 1.44%
XRP ¥89.47 0.49%
USDコイン ¥157.39 0.0078%
ソラナ ¥26,897.99 8.80%
BNB ¥93,501.15 4.91%
テザー ¥157.39 0.0055%
イーサリアム ¥548,623.84 2.58%
ビットコイン ¥10,431,992.37 4.18%
カルダノ ¥68.47 1.86%
ドージコイン ¥19.60 4.91%
トンコイン ¥1,142.94 1.44%
XRP ¥89.47 0.49%
USDコイン ¥157.39 0.0078%
ソラナ ¥26,897.99 8.80%
BNB ¥93,501.15 4.91%
テザー ¥157.39 0.0055%
イーサリアム ¥548,623.84 2.58%
ビットコイン ¥10,431,992.37 4.18%
カルダノ ¥68.47 1.86%
ドージコイン ¥19.60 4.91%
トンコイン ¥1,142.94 1.44%
XRP ¥89.47 0.49%
USDコイン ¥157.39 0.0078%
ソラナ ¥26,897.99 8.80%
BNB ¥93,501.15 4.91%
テザー ¥157.39 0.0055%
イーサリアム ¥548,623.84 2.58%
ビットコイン ¥10,431,992.37 4.18%

ステーブルコインとは?ステーブルコインの種類について分かりやすく解説

事業者向け

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

ステーブルコインとはどのようなものなのでしょうか?
本記事では、ステーブルコインについて以下の点を中心にご紹介します!

  • ステーブルコインとは
  • ステーブルコインが重要な理由
  • ステーブルコインの種類

ステーブルコインについて理解するためにもご参考いただけると幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

ステーブルコインとは?

仮想通貨の世界は、その革命的な技術とポテンシャルにより、多くの注目を集めてきました。しかし、ビットコインやイーサリアムのような主要な仮想通貨には、価格の急激な変動が伴うことが多いという特徴があります。このような価格の変動性は、投機的な取引を促進する一方で、日常的な決済手段や資産としての信頼性を低下させる要因となっています。

この課題の解決を目指して生まれたのが「ステーブルコイン」です。その名の通り、価値の安定性を主な特徴とするこの仮想通貨は、特定の資産、例えば米ドルや金といった実物資産に価格を連動させることで、その安定性を実現しています。このペッグと呼ばれる仕組みにより、ステーブルコインは市場の大きな変動から影響を受けにくくなり、投機的な要素を抑えた安定した取引を可能としています。

スポンサーリンク

ステーブルコインが重要な理由

ここでは、ステーブルコインが重要とされる主な理由を2つ紹介します。

価格の安定性がある

近年、暗号資産の市場は急速な拡大を見せています。ビットコインやイーサリアムなどの主要な暗号資産は、多くの投資家や技術者の関心を引きつける一方で、一つの大きな課題に直面しています。それは、価格の大きな変動性です。このボラティリティの高さは、一般の人々にとってはリスクと感じられ、日常的な取引や資産保有の手段としての採用を阻害していました。しかし、この問題に対する答えとして、ステーブルコインが登場しました。この新たな暗号資産は、法定通貨やコモディティなどの資産価格との連動を特徴としています。この特性により、ステーブルコインは暗号通貨の便益性を保ちつつも、価格の安定性を持つことが可能になりました。

ブロックチェーンの強みを兼ね備えている

ステーブルコインは、暗号資産の新たな進化を象徴する存在です。その魅力の中心には、暗号資産の価格変動リスクを排除しつつ、ブロックチェーンの強みを最大限に活かす点が挙げられます。従来の暗号資産は、価格の急激な変動が特徴であり、市場の不確実性に対するリスクが高いとされてきました。このため、投資家や取引参加者は価格変動から逃れるために、法定通貨への換金を希望することがありました。しかし、ステーブルコインの登場により、ステーブルコインは、暗号資産を保有しながらも価値を安定化できる画期的な手段を提供しています。従来の取引所を経由せずに、AMMなどを利用して、ステーブルコインへの交換が可能です。これにより、即時かつ低コストでの資産の安全な移動が実現されました。

また、ステーブルコインはブロックチェーンの特性を受け継ぎ、P2P取引を支援します。この手法により、手数料の低減や即時送金など、取引の効率性が向上します。

総括すると、ステーブルコインはブロックチェーンの強みと暗号資産の安定性を融合させ、新たな金融体験を提供しています。その役割は今後も拡大し、暗号資産市場において重要な存在となるでしょう。

スポンサーリンク

ステーブルコインの種類

ステーブルコインには、以下の4種類があります。
分かりやすく解説していきます。

法定通貨担保型

法定通貨を裏付けとして持つステーブルコインは、伝統的な仮想通貨とは異なり、特定の法定通貨の価値に連動しています。この方式は、かつての金本位制を彷彿とさせるものの、今回は金ではなく法定通貨がその役割を果たしています。このようなステーブルコインの背後には、対応する法定通貨の一定量が保管されており、これが価値の安定の要因となっています。ただし、一部の発行元が担保としての法定通貨の量を公開していないため、透明性の問題が指摘されることもあります。それにもかかわらず、法定通貨担保型ステーブルコインは、その価値が1:1で法定通貨と連動しているため、暗号通貨の市場での価格変動のリスクを軽減し、多くのユーザーに信頼されています。

仮想通貨担保型

仮想通貨担保型ステーブルコインは、仮想通貨市場における価格変動の激しさから生まれた、革新的なデジタル資産です。これらのステーブルコインは、さまざまな仮想通貨を担保とし、その価値を保証しています。

主要な仮想通貨担保型ステーブルコインの中には、「ダイ(DAI)」や「sUSD(SUSD)」などがあります。これらのステーブルコインは、価格変動の激しい仮想通貨市場において、価値の安定性を提供します。その秘密は、過剰担保という仕組みにあります。

過剰担保とは、ステーブルコインを発行する際に、一定比率以上の仮想通貨を担保として預け入れる必要がある仕組みです。例えば、ダイでは、発行するためには130%以上のイーサリアムを担保として預け入れなければなりません。この担保比率を維持することで、価格の変動に対する耐性を確保します。

もし価値を裏付ける仮想通貨の価格が下落し、担保比率が下回る場合、追加の担保を預け入れられるほか、預け入れをしない場合は自動的に担保が没収(強制清算)されます。この仕組みにより、仮想通貨担保型ステーブルコインは、価格変動リスクを適切に管理し、ユーザーに価格の安定性と安心感を提供します。

商品担保型

商品担保型ステーブルコインは、価格の安定と信頼性を実現するために金(ゴールド)などの貴重な商品価格に連動した仮想通貨の一種です。特に金連動ステーブルコインは、金の価値を担保として、仮想通貨の価格を一定水準で維持することを目指しています。

このタイプのステーブルコインは、金と同等の価値を保有することで、価格の急激な変動から保護されます。つまり、1つの金連動ステーブルコインは、1つの特定の金の数量と同等の価値を持つように設計されており、この価値ペッグが安定性を提供します。

商品担保型ステーブルコインは、価格の安定を追求する投資家や取引参加者にとって、頼りになる選択肢となっています。これらのステーブルコインは、仮想通貨市場における不確実性を軽減し、デジタル経済の発展に貢献しています。

無担保型

無担保型ステーブルコインは、担保資産を用意する必要なく発行される仮想通貨の一種です。主要な無担保型ステーブルコインには、フラックス(FRAX)、ニュートリノUSD(USDN)、マジック・インターネット・マネー(MIM)などがあります。これらのステーブルコインは、あらかじめ設定されたアルゴリズムによって、市場の需給に応じて供給量を自動的に調整することで価格の安定性を保ちます。例えば、1:1の価値を持つステーブルコインは、価格が1ドルを上回る場合、供給量を増やすことで価格を下げようとし、逆に価格が1ドルを下回る場合は供給量を減らすことで価格を引き上げようとします。この仕組みにより、担保が不要ながらも価格のペッグを維持します。しかしながら、無担保型ステーブルコインは価格のコントロールが難しく、プロジェクトによってはシステムの維持が難しい場合もあります。過去にはテラUSD(UST)といったステーブルコインが米ドルとの価値ペッグを維持できず、大きな価格の変動を経験する事例もありました。

無担保型ステーブルコインは、デジタル経済における新たな価値を提供する一方で、その運用と信頼性には一定の課題が存在し、慎重な取り扱いが求められます。

スポンサーリンク

ステーブルコインを買える日本の取引所

以下では、ステーブルコインを買える日本の取引所について分かりやすく紹介します。

コインチェック(DAI)

コインチェックは、マネックスグループ傘下の仮想通貨取引所として知られています。2018年に発生した不正流出事件をきっかけに、マネックスグループに買収され、再び安心して仮想通貨取引が行えるプラットフォームとして蘇りました。マネックスグループの傘下となった後、コインチェックはグループの高度な技術を活用して、強固なセキュリティ体制を築き上げ、ユーザーに安全な取引環境を提供しています。この取引所では、23種類の仮想通貨を取り扱っており、これらの通貨はワンコイン(約500円)から購入可能です。

コインチェックは、仮想通貨市場での安心した取引を追求し、マネックスグループのバックアップを受けながら、ユーザーに対して高品質なサービスを提供し続けています。

GMOコイン(DAI)

GMOコインは、仮想通貨市場で幅広いサービスを提供する注目の仮想通貨取引所の一つです。特に、仮想通貨担保型のステーブルコイン「DAI」を取り扱っており、ユーザーに安定性を求める取引の機会を提供しています。GMOコインでは、現物取引の取引形式として、「販売所」と「取引所」の2つのオプションがあり、これらのプラットフォームでDAIの売買が可能です。ユーザー同士での取引もサポートしており、柔軟な取引環境を提供しています。また、仮想通貨取引以外のサービスも充実しています。レンディングサービスでは、保有しているDAIを貸し付けて利息を受け取れるため、資産運用にも適したプラットフォームと言えます。さらに、GMOコインはユーザーにとって大変ありがたい手数料体系を採用しています。すべての仮想通貨を出金する際に手数料がかからないため、ユーザーはスムーズに取引できます。

DMMBitcoin(ZPG)

DMMBitcoin(ZPG)は、国産のステーブルコインであるジパングコイン(ZPG)の取引を提供するプラットフォームです。ジパングコインは、三井物産デジタルコモディティーズによって発行され、その価格は現物の金(ゴールド)1gの価格に連動する独自の特性を持っています。ジパングコインは、他の主要なステーブルコインとは異なり、「商品担保型」のステーブルコインであり、価値を裏付ける担保資産も現物の金となっています。現在、ジパングコインはインフレヘッジのための投資先として主に利用されており、実用的な用途はまだ限定的です。しかし、将来的には現物の金にはないデジタルな特性を活かした機能や用途が開発される見込みです。DMM Bitcoinでは、現物取引だけでなくレバレッジ取引でもジパングコインを取り扱っており、資金効率を高めてジパングコインに投資できます。

DMMBitcoin(ZPG)は、ジパングコインの取引を通じて、ユーザーに多彩な取引オプションと投資の機会を提供しています。ジパングコインの発展と新たな用途の実現を見守るプラットフォームとして注目されています。

CoinBest(DAI)

CoinBestは、仮想通貨取引所の中でも仮想通貨担保型のステーブルコインDAIを取り扱うプラットフォームの一つです。ダイは価格の安定性を求めるユーザーにとって重要なステーブルコインの一つであり、CoinBestではその取引をサポートしています。
ただし、CoinBestの特徴として、出金手数料が出金1回あたり10DAIかかることが挙げられます。この手数料は、投資家にとってはそれほど影響がないかもしれませんが、実際の用途でDAIを購入したいユーザーにとっては、コストがかさむことが考えられます。
ステーブルコインを含む仮想通貨投資を始める際には、取引所ごとの手数料や特徴を比較し、自身の投資目的に合ったプラットフォームを選ぶことが大切です。 

スポンサーリンク

代表的なステーブルコインを分かりやすく紹介

ここでは、代表的なステーブルコインを8つ分かりやすく紹介します。

Tether(USDT)

Tether(USDT)は、米ドルと連動したステーブルコインで、仮想通貨市場においてビットコインやイーサリアムに次ぐ時価総額を持つ重要な仮想通貨の一つです。価格が非常に安定していることで知られており、一般的な仮想通貨とは異なり、ボラティリティが低いため、投機対象としては向いていません。また、スイスのルガーノ市がビットコインなどと同様にテザーを法定通貨として認めると発表したことから、一部で注目を浴びました。しかし、国内ではテザーを取り扱う暗号資産取引所は存在しない点に留意する必要があります。

Tether(USDT)は、安定性を求めるトレーダーや仮想通貨保有者にとって、価格の急激な変動から保護された安全な選択肢となっています。その連動性と安定性により、多くのユーザーに信頼されています。

TrueUSD(TUSD)

TrueUSD (TUSD)は、TrustToken社によって2018年に限定的に導入された米ドル連動のステーブルコインです。このステーブルコインは、急激な市場変動が続く仮想通貨市場において、トレーダーや投資家にとって安全な避難所を提供することを目的として設立されました。TrueUSDは、その名の通り、1トゥルーダラー(TUSD)が1米ドルにペッグされており、このペッグが維持されることで価格の安定性を提供しています。特に巨大な市場変動の際に、トレーダーにとっては資産の保全とリスク回避の手段として利用されています。

TrueUSDはその信頼性から急成長し、仮想通貨市場においてステーブルコインの重要な存在となりました。

ダイ(DAI)

ダイ(DAI)は、MakerDAOが発行するステーブルコインで、米ドルとの連動を目指して設計されました。このステーブルコインは、イーサリアムブロックチェーンを活用し、ERC20規格に従っています。そのため、イーサリアムに関連するサービスやプラットフォームとの統合がスムーズに行えるのが特長です。

国内でDAIを取り扱っている取引所としては、GMOコインなどが挙げられます。DAIは価格の安定性を持つことから、トレーダーやユーザーにとって重要なツールとして利用されています。イーサリアムのスマートコントラクトプラットフォームとの親和性が高く、DeFi(分散型ファイナンス)プロジェクトなどで広く活用されています。

TetherGold(XAUT)

Tether Gold(XAUT)は、仮想通貨市場において金との連動を提供する商品担保型のステーブルコインです。このステーブルコインは、価値を現物の金に担保されており、1XAUTの価格は現物の金の価格に連動しています。スイスの銀行で保管されている実際の金と交換が可能なデジタル資産として、投資家やトレーダーから注目を集めています。Tether Goldの特徴は、その価値が担保となる金に依存している点です。このステーブルコインは金を担保にして発行されており、保管されている金に対して1:1のペッグレートを維持しています。この仕組みにより、金価格の変動に連動してXAUTの価格も変動します。

Tether Goldは、金へのアクセスを簡単にし、仮想通貨市場内で金との取引を可能にするデジタル資産として、金利やヘッジ、資産の分散などの投資戦略を持つ人々にとって有用なツールとなっています。ただし、担保としている金が保持されない場合、Tether Goldの価値も低下するため、信頼性と透明性が重要なポイントとなります。

USDコイン(USDC)

USDコイン(USDC)は、Centre Consortiumによって発行されたステーブルコインで、米ドルと連動する設計がなされています。このステーブルコインも、イーサリアムのブロックチェーンを活用し、ERC20規格に準拠しています。USDCは、価格の安定性を保つために1ドル=1USDCの比率を維持し、その信頼性から時価総額ランキングでも上位に位置しています。ステーブルコインは、仮想通貨市場において価格変動が小さいため、取引の安定性や資産保全に利用されています。DMM Bitcoinでは、豊富な通貨のレバレッジ取引が可能で、トレーダーや投資家にとって魅力的なプラットフォームとなっています。USDCは、テザーやDAIと共にステーブルコイン市場の主要なプレイヤーの一つであり、安定性と信頼性を求めるユーザーにとって有用なツールです。

BinanceUSD(BUSD)

Binance USD(BUSD)は、中国を拠点とする仮想通貨取引所であるBinanceが2019年に導入したステーブルコインです。このステーブルコインは、米ドルと価格が連動する仕組みを持ち、安定性が求められる仮想通貨市場において重要な役割を果たしています。

BUSDは、パクソス・スタンダード(PAX)およびジェミニドル(GUSD)のステーブルコインと連動し、これらのプラットフォームでも購入および取引が可能です。また、BUSDはERC-20とBEP-2の両方でサポートされており、ユーザーにとっては迅速で低コストな取引を実現しています。さらに、BUSDはニューヨーク州金融サービス局(NYDFS)に認可されており、規制当局からの承認を受けているため、信頼性と安全性が高く評価されています。

JPYC(JPYCoin)

JPYC(JPYCoin)は、日本円と1対1にペッグされたステーブルコインで、日本の仮想通貨市場において注目を集めています。このステーブルコインは、イーサリアムのメインネット上で動作し、日本円建てのデジタル通貨としての利用が可能です。JPYCの価値が1JPYC=1円という明快なペッグレートを持つため、日本のユーザーにとって非常に使いやすく、取引や支払い、送金など、さまざまな目的で利用されています。特に、法定通貨の代替手段として期待されており、仮想通貨市場において日本円の代用として機能しています。

このステーブルコインの導入により、価格のボラティリティから保護されつつ、仮想通貨を利用した日常の取引や決済がスムーズに行えるようになり、日本の仮想通貨市場に新たな便益をもたらしています。

AMPL

AMPLは、アルゴリズムを活用して価格を決定し、供給量を調整する無担保型のステーブルコインです。その最も注目すべき特徴は、ステーブルコインの供給量を調整するシステムである「リベース」です。需要と供給のバランスをアルゴリズムによって柔軟に管理するため、他の仮想通貨の価格の影響を受けにくいとされています。

AMPLのリベースメカニズムは、市場の需要や供給に応じて発行および消滅が行われ、トークンの供給量が調整されます。需要が高まると供給が増加し、価格が下がることで供給量が調整され、逆に需要が低下すると供給が減少し、価格が上昇します。この自動調整システムにより、AMPLは価格を一定に保つことを目指しています。AMPLのアルゴリズム型の特性は、通常のステーブルコインと異なり、担保資産を必要としない点が大きな魅力です。また、市場の変動に対して弾力的に対応できるため、仮想通貨市場において価格の安定性を持ちながら、新しい価値の取引手段を提供しています。

スポンサーリンク

ステーブルコインのこれからについてを分かりやすく解説

ここでは、ステーブルコインの将来性について分かりやすく解説します。

利便性の向上

仮想通貨およびブロックチェーンの分野では、従来の独立したブロックチェーン同士が互いに連携し、相互運用性を高める取り組みが盛んに行われています。これは、ステーブルコイン市場においても例外ではありません。具体的な例として、法定通貨担保型ステーブルコインの代表格である「USDコイン(USDC)」が挙げられます。2022年9月末、USDCの発行元であるCircle社は、イーサリアムチェーンに限らず、5つの他のブロックチェーンでも利用可能な移送用プロダクトのリリース計画を発表しました。このマルチチェーンへの対応により、利用者にとっては大きな利便性が提供されることが期待されます。異なるブロックチェーン間でスムーズにステーブルコインを移送できることから、トランザクションの速度や手数料の削減などが実現し、ユーザー体験が向上するでしょう。このような進化により、ステーブルコインの需要が今後一層拡大していくことが予想されます。

需要がないものは自然淘汰されていく

一部のステーブルコインは淘汰される可能性が高まっています。2023年4月下旬現在、ステーブルコインの数は140種類以上にも及び、その多様性が市場に存在します。通常の仮想通貨では、将来の価格上昇を期待して投資が行われることがありますが、ステーブルコインは価格の安定を主要な目的として設計されています。特に、2022年5月に発生したテラUSDの暴落騒動は、無担保型ステーブルコインの価格の不安定性を浮き彫りにし、価格の安定メカニズムの重要性を再確認させました。ステーブルコインの信頼性は、その価格が安定していることにかかっており、この信頼性が揺らぐことは市場にとって大きなリスクです。

また、各国で仮想通貨に関する法規制が進展していることも考慮すべき要因です。規制に対応できないステーブルコインは、市場から淘汰される可能性が高まります。

このような要因から、ステーブルコイン市場ではシステムの脆弱性や市場の変化に適応できないステーブルコイン、需要を獲得できないステーブルコインが、将来的に自然淘汰されていく可能性が高いと考えられています。市場にとって信頼性と安定性が求められる中、競争が激しくなり、優れたプロジェクトが存続していくでしょう。

スポンサーリンク

ステーブルコインに関するよくある質問

ここでは、ステーブルコインに関するよくある質問にお答えします。

ステーブルコインとビットコインの違いはなんですか?

ビットコインとの最大の違いは、価格変動の度合いです。仮想通貨市場ではビットコインなどの通常の仮想通貨は価格変動が激しく、しばしば急激な高騰や暴落を経験します。投資家にとってはリターンを追求するために購入されることが一般的です。それに対して、ステーブルコインは資産との価格をペッグ(連動)しており、その価格は比較的安定しています。ステーブルコインは米ドルなどと価値がリンクしているため、大幅な価格変動が起こりにくく、価格が一定の範囲内で推移することが特徴です。したがって、ステーブルコインは価格の安定性を求める投資家やユーザーによって保有や利用されることが一般的です。

ビットコインはその価格変動の激しさから、一部の投資家には高いリスクと高いリターンを提供する資産として視されています。一方、ステーブルコインは価値の変動が少ないため、資産の保有や取引の際の安定性を重視するユーザーによって利用され、特に価格変動リスクをヘッジするために活用されています。

ステーブルコインの主な目的は何ですか?

ステーブルコインの主な目的は、暗号資産の市場内での安定的な価値の保有や、資産の移転、決済手段としての利用を促進することです。特に大きな価格変動が起こりやすい暗号資産市場において、ステーブルコインはボラティリティのリスクを低減し、ユーザーに安定した価値を提供することが可能となります。そのため、仮想通貨取引の中で、ヘッジ手段や安定した価値の移転手段として活用されています。

ステーブルコインのどのようなメリットがユーザーにありますか?

ステーブルコインは近年注目を集める暗号資産の一つで、そのメリットは多岐にわたります。まず、他の仮想通貨に比べて価格の安定性が挙げられます。従来の仮想通貨の価格変動リスクを軽減しつつ、法定通貨や金などの安定した資産と連動する形で設計されているため、その価値は比較的保たれやすいのです。

また、送金コストの低さも大きなメリットです。特に国際送金の際、従来の銀行システムを利用すると高額な手数料が発生しますが、ステーブルコインを利用することでそのコストを大幅に抑えることが可能です。ただし、手数料の差異は取引所によるため、詳しい情報は利用する取引所での確認が必要となります。さらに、ステーブルコインは法定通貨の代替手段としても利用されることが多いです。特定の国の紙幣の価値が不安定な場合、ステーブルコインを用いることで資産の価値を保護し、逃避先として活用できます。

スポンサーリンク

ステーブルコインについてのまとめ

ここまでステーブルコインについてお伝えしてきました。
ステーブルコインの要点をまとめると以下の通りです。

  • ステーブルコインの主な目的は、暗号資産の市場内での安定的な価値の保有や、資産の移転、決済手段としての利用を促進すること
  • ステーブルコインは価値の変動が少ないため、資産の保有や取引の際の安定性を重視するユーザーにおすすめ
  • ステーブルコインには、法定通貨担保型・仮想通貨担保型・商品担保型・無担保型がある

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

事業者向け
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア