仮想通貨のICOの意味とは?初心者にもわかりやすく解説!I

仮想通貨のICOの意味

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています

ICOとは?

近年、仮想通貨のICOという言葉を聞くようになったと思います。

ICOとは「Initial Coin Offering」の略です。
日本語訳すると新規仮想通貨公開です。

株式会社が資金調達をする際は、企業の株式を発行し、その株式を購入してもらう形で資金調達を行います。
そしてその株式をだれでも取引できるようにするのが株式会社のIPOです。

ICOとは、企業が仮想通貨を発行して、その発行した仮想通貨を投資家に購入してもらうことで資金調達を行う方法です。

ICOはIPOと異なり、国による認証を必要としません。

株式会社の資金調達の違いは?ICOのメリットは?

ICOは株式会社の資金調達に比べて、主に以下の2点が優れています。

  • スマートコントラクトにより契約が楽
  • 不特定多数に調達をお願いできる。

スマートコントラクトにより契約が楽

株式会社が資金調達する際は仲介者が必要です。
この仲介者が、東証などの証券取引所になります。

一方、ICOによる資金調達はブロックチェーンに実装されたプログラムが行います。
この技術にはスマートコントラクトが利用されているため、高速かつ大量の処理を行うことができます。
スマートコントラクトとは簡単にいうと、自動・高速・正確な契約技術です

スマートコントラクトとは
スマートコントラクトとは?初心者向けに短く解説!全貌は知る必要なしスマートコントラクトとは? スマートコントラクトとは、ブロックチェーンの技術によって可能となった概念です。 端的に表すと 自動...

従来の株式市場ではIPOのため、満たすべき要件や管理コストが膨大でした。
監査を入れるにも膨大な費用がかかりました。

一方、ICOはスマートコントラクトにより、誰でも簡単に低コストでトークンを発行して資金調達をできるようになりました。

不特定多数に調達をお願いできる

未上場の株式会社が資金調達を行うときは、知り合いのエンジェル投資家やベンチャーキャピタルなどにピッチして投資してもらうように説得する必要がありました。

また株式会社の構造上、株主を増やすことはあまり得策ではなく、また非上場の株式会社はネット上などで不特定多数に資金調達のお願いを拡散することはできません。

一方、ICOは通貨の購入者が多くてもICOはインターネット上で不特定多数の人に仮想通貨の販売をお願いすることができます。
国内だけでなく海外の投資家に対してアピールできるので多くの資金が集まりやすいです。

また、株式会社の投資が大口であるのに対して、ICOは最初は1口数百円で仮想通貨を購入できたりもします。

株式会社の株主が増えると面倒であったり、経営に口出しされるのに対して、ICOは多くのステークホルダーがいても、経営に口出しされにくいです(仮想通貨ごとのルールはあります)。

ICOは詐欺が横行?

一方で、ICOには最大のデメリット・問題点があります。

それはICO詐欺が横行したことです。

調達した資金が実際は何にも使われていなかったり、連絡が途絶えるケースもありました。
ICO詐欺が横行した理由は以下です。

  • 海外のプロジェクトが多く、言語が異なり怪しいか怪しくないか判断しづらい。
  • 法律の整備が追いついておらず、詐欺を立証できない。
  • プロジェクトの途中経過を投資家に報告する義務がないケースが多い。

このまま仮想通貨のICO詐欺が横行すると、投資家がICOに興味を示さなくなってしまいます。
それが最大のICOの問題点で、これを解決するために。
STOやIEOなどの投資家が安心できる新しい資金調達方法が注目を集めています。

IEOの意味とは?
仮想通貨のIEOの意味とは?ICOとの違いは?IEOとは? IEOとは、Initial Exvhange Offeringの略です。 仮想通貨取引所がトークンの発行・販売から...
仮想通貨のSTOの意味
仮想通貨のSTOの意味とは?初心者向け解説!ICOとの違いは?STOの意味とは? STOとは、Security Token Offeringの略です。 似た言葉でICOがあります。 ICO...

仮想通貨の上場とは違う?

よくICOと似た言葉でつかわれるのが仮想通貨の上場です。
仮想通貨の上場の言葉の意味は以下の記事で解説しています。

仮想通貨の上場
仮想通貨の上場とはどういう意味?ICOとの違いは?仮想通貨の上場とは 仮想通貨のニュースを見てたりすると、よく仮想通貨の上場という言葉を聞きませんか? 株式会社が証券会社で上場す...

ICOはあくまで、仮想通貨を用いた資金調達の方法で、仮想通貨の上場とは、ある仮想通貨取引所で、その仮想通貨を取引できるようになるということです。

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら