仮想通貨の「Moon」とは?意味やMoon後の動きなど解説!

moon

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています

Moonとは?

「Moon」とは仮想通貨の急激な上昇のことを指します。

仮想通貨が強い上昇を見せている際には、現在進行形で「Mooning」や月(=上)に行くという意味で「to the Moon」などと言われます。

過去には2017年5月にリップル(XRP)やモナコイン(MONA)がMoonと呼ばれる状態になりました。

このMoonが起こる理由は様々ありますが、何れにしても急激な上昇が続くケースは少なく、上昇と同じスピードで下降して行く傾向にあります。

ただ下降後は上昇前よりも高い価格で止まることが多く、冷静な判断ができれば利益を得ることができるのでポジティブな動きと言えます。

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。