ChainZ Arenaは稼げる?攻略法や始め方を紹介!

ChainZ Arena

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています

ブロックチェーンゲームをやってみたいけど忙しくてそこまで時間はかけられない、という方も多いでしょう。

そこで今回Ludusでは、基本放置でキャラ育成やアイテム収集ができるChainZ Arenaについて特集していきます。

記事のポイントは以下の通りです。

  • ブロックチェーンゲーム『ChainZ Arena』の概要
  • ChainZ Arenaのゲームプレイにおける流れ
  • ChainZ Arenaを遊び方について
  • ChainZ Arenaでのお金の稼ぎ方、換金方法について
  • ChainZ Arenaの口コミを紹介
  • ChainZ Arenaは無課金でも稼げる?

これから始める方に向けて、簡単な攻略ポイントもお届けします。

まつたろー
まつたろー
最後まで見ていただけると幸いです。

ブロックチェーンゲーム『ChainZ Arena』とは?

ChainZArena
運営会社 MOBOX
リリース 2020年4月24日
デバイス スマホ(iOS、Android)、PCブラウザ

『ChainZ Arena』は、キャラクターや装備を強くしてバトルを勝ち進んでいく形式のブロックチェーンゲームです。

普通のソシャゲに引けを取らないほど完成度が高く、リリース後から大きな人気を集めています。

ゲーム内通貨としてはSOULが使われており、プレイの仕方によってはETH・EOS・TRXなどの仮想通貨を得ることが可能です。

ChainZ Arenaの仕組み

続いては『ChainZ Arena』のシステムやプレイの流れについて説明します。

ここを見れば、ゲームのイメージが全体的に掴めると思います。

基本コンセプト

ゲームを進行させるためには入手したキャラクターを育成することが必須ですが、レベルアップやアイテム入手については放置しておけばOKというのが基本コンセプトです。

普段は放置しつつ、集まったアイテムや装備を使ってキャラを強化したりパーティを編成したりするのがプレイヤーの仕事となります。

ステージをクリアしていく以外にもモードがいくつかあるので、そのあたりについても順に見ていきましょう。

ゲームプレイの流れ

次のステージに進むためには「チャレンジ」モードをクリアする必要があり、キャラ育成をするためには先のステージを目指したほうが効率的です。

放置で稼ぐ → 入手した経験値でレベルアップ、入手したアイテムや装備を使ってヒーロー(キャラクター)を強化する → チャレンジモードを突破して先のステージへ進むという流れの繰り返しが基本となります。

ヒーローや装備品の強化はバトルの結果に直結するので、ひたすら時間をかけて育てるか、課金をして近道をするかのどちらかを選ぶことになるでしょう。

キャラクター育成や装備の強化

キャラクター育成を放置でおこなえるというのは上でも記載した通りです。

また、下位レベルのヒーローや装備品を複数集めると上位レベルにランクアップできるようになるシステムもあるので、手に入れたものは無駄になりません。

課金をしないかぎり、いきなり強いヒーローや装備を入手することは難しいですが、時間をかければより高ランクのキャラや装備を手に入れることは可能です。

パーティの強さを数値化したバトルパワーという指標もあるので、参考にしながらプレイしていくと良いでしょう。

育成の流れ的には『パズドラ』などのソシャゲにイメージが近いので、馴染みがある方も多いのではないでしょうか。

課金者向けコンテンツ

『ChainZ Arena』には「PvPアリーナ」「レイドボス」といったモードもありますが、どちらかと言えば課金者向けの高レベルモードとなっています。

PvPアリーナはプレイヤー同士の対戦で、賞金額がかなり大きく数万円稼げる可能性もありますが、初心者では全く勝てないでしょう。
『ChainZ Arena』の戦闘は運が絡むシステムではないので、上位プレイヤーに勝つのは課金必須レベルであり楽して儲けることはできません。

レイドボスに挑戦するためには仮想通貨の支払いが必要で、勝利できた場合は難易度に応じた報酬がゲーム内通貨で手に入ります。
こちらも難易度が高いので、始めてしばらくはスルーした方が良いでしょう。

ChainZ Arenaの遊び方

『ChainZ Arena』にはPCブラウザ版とモバイル版が用意されていますが、モバイル版は重いという声も多いので、可能ならPC版をメインにプレイした方が良いでしょう。

公式サイトはこちら
ブラウザ版はここから開始できます。
chainzarena.com

モバイル版を試してみたいという方は、APP Store(iOS)かGoogle Play(Android)よりダウンロードしてください。

メールアドレスやパスワードなどを入力して、メールから認証をおこなえば準備完了です。
ゲームを始めると最初にチュートリアルが始まりますので、終了次第プレイが開始できます。

課金をする場合はETH(イーサリアム)等の仮想通貨で支払うことになりますので、別途MetaMask等のウォレットを準備する必要があります。

ChainZ Arenaの稼ぎ方

『ChainZ Arena』のゲーム内通貨であるSOULをゲットすれば、そのSOULを凍結させることでETHなどの仮想通貨の配当がもらえる仕組みになっています。

まずはSOULを手に入れることが大事になってくるので、ここではSOULの取得方法について紹介していきます。

アリーナで好成績を収める

「課金者向けコンテンツ」の見出しでも紹介した通り、PvPアリーナにおいて好成績を収めることでSOULをもらうことができます。

初心者でSOULがもらえるレベルに到達するのは難しいですが、新しく始めた方が2ヶ月程度でSOULをもらえるランクに入れるようになったという声もありました。

目安として、20,000程度のバトルタワーに到達したらアリーナにチャレンジしてみると良いでしょう。

課金アイテムのツルハシを購入する

課金アイテムのツルハシを使うと、育成の放置中にもSOULが手に入るようになります

アリーナでの景品に比べれば手に入る量は微々たるものですが、確実にある程度の量を狙える安心感はあります。

手に入れたSOULで最終的には黒字が狙える上、ツルハシを使えばヒーロー育成の効率も上がるので、課金に抵抗がなければ一度感触を試してみた方が良いでしょう。

ヒーロー(キャラクター)を売却する

育てたヒーローたちを売却して稼ぐことも可能となっています。
こちらはSOULではなく、直接ETHなどの仮想通貨に変換できます。

ヒーローを売却してしまうとゲーム内では不利になるため、基本的には最後の手段として考えましょう。

ChainZ Arenaの評判・口コミ

この見出しでは、Twitterより『ChainZ Arena』をプレイしている方のつぶやきを集めてみました。

ポジティブな意見とネガティブな意見をどちらも載せているので、バランス良く参考にしてみてください。

ChainZ Arenaについてポジティブな意見

Chainzarenaは、ゲーム内にEth預けた後はガス代がいらんの感動しました。
ただ、時間とられるので基本放置でいきます
イーサモンやchainguardiansもこんな感じにサクサク動いたらいいな。

引用:Twitter

仮想通貨のガス代が必要になるゲームも多い中、『ChainZ Arena』への安心感をつぶやいているツイートがありました。

ChainZARENAというのも無課金で スタートできます。
Arenaで200位以内に入れるようになれば ゲーム内トークンがもらえて、それをステークすることで $ETHが貰えます。
私もやっと1ヶ月半で200位以内入れるようになってきたんで どのくらいもらえるかは未知ですが 放置系なので1日に1、2回やる感じ

引用:Twitter

この方は無課金で始めて1ヶ月半で、SOULが入手できるレベルに到達できたようです。
落ち着いてきた後は基本放置でプレイしているとのこと。

ChainZ Arenaについてネガティブな意見

chainz arenaはじめてみました。
Soul という暗号資産が手に入るゲーム
200位以内を維持すんのきついなこれ

引用:Twitter

SOULを入手するためにアリーナで200位を維持するのがしんどいという声がありました。
安定して稼ぐためには、それなりの労力がかかるようです。

ChainZArenaの記事をようやく見つけた・・・
アクシーみたいに稼げないけど放置ゲーだからコツコツやるかー

引用:Twitter

『ChainZ Arena』は、日本語の情報記事があまり多くありません。
本気で稼ぎたい方は、英語の記事を翻訳しながらプレイした方が良いでしょう。

ChainZ Arenaは無課金でプレイしても稼げる?

ツイートの見出しでも紹介した通り、無課金でプレイして稼ぐことは可能です。

ただし、実力勝負となるアリーナの賞金で大きく稼ぐのは非常に難しいでしょう。
完全な無課金であれば、月数百円程度が稼げる目安となるようです。

トータルの収支を考えるのであれば、経験値やお金のドロップ率を上げるツルハシや、ヒーローを課金で買ってしまった方が稼げるチャンスは増えるでしょう。

もちろん課金することによるリスクはありますが、『ChainZ Arena』は比較的ローリスク・ローリターンの位置付けとなっています。

ChainZ Arenaのプチ攻略情報をお届け

記事の最後に、少し内容に踏み込んだ攻略情報をお届けします。

これからプレイしようと考えている方は、参考にしてみてください。

パーティ編成は位置にも気を配ろう

戦闘ではヒーロー6人を1パーティとして編成しますが、実はヒーローの位置にもきちんと意味があります。

例えば、前列の左は攻撃を受けやすい場所なので、防御に優れたヒーローを配置すると役割を果たしやすくなります。

また、前列右は攻撃を受けにくいといった特徴があるので、攻撃力の高いキャラクターや回復ができるヒーラーなどを配置すると有効です。

クリスタルオーブアリーナはチャンスが大きい

ヒーロー18体で3パーティを組み、3戦して勝敗を決めるのがクリスタルオーブアリーナですが、ヒーローを揃えるまでが大変なのでチャレンジするのをためらう人も多いです。

ただし、このクリスタルオーブアリーナは、バトルパワーでほぼ全てが決まる通常のアリーナよりはチャンスがあります。

相手の合計バトルパワーと1パーティ目は対戦前に表示されるので、バトルパワーに対して1パーティ目が強い(戦力を1パーティ目に集中させている)と感じたら、こちらは1パーティ目をわざと弱くして2,3戦目で取るといった戦略が有効です。

逆に、見えているパーティが弱ければ1戦目確実に勝つように編成し、あとは2,3戦目どちらかに戦力を集中させるのがおすすめとなります。

プレイヤーの戦略次第で大きく勝率が変わってくるので、上手く活用していきましょう。
https://pacific-meta.co.jp/magazine/blockchain-game/104387/

ブロックチェーンゲーム『ChainZ Arena』についてのまとめ

今回Ludusでは、ChainZ Arenaについて以下の内容をご紹介しました。

  • ChainZ Arenaはブラウザ版とモバイル版があるが、動作は重めなのでブラウザ版がおすすめ
  • ゲーム内通貨にはSOULが使われており、入手できる仮想通貨としてはETH・EOS・TRXがある
  • 基本の育成スタイルは放置なので、時間が無い方にもおすすめしやすい
  • お金を稼ぐにはPvPのアリーナが有効だが、上位に入るためには課金必須のバランス
  • 小銭を稼ぐ程度なら無課金プレイでも十分狙える
  • 課金に抵抗が無いなら、ツルハシを購入することで効率良く育成が可能になり、SOULも手に入る
  • 口コミでは「放置系なので気長にプレイしたい」という声が多く、あまり稼げはしないがリスクも少ないという印象を持っている人が多かった

日本語の情報サイトはかなり少ないですが、英語の分かる方であればfandomのWikiがかなり丁寧に作られているのでチェックしてみると良いでしょう。
ChainzArena Wiki | Fandom

英語のサイトを調べる際は「tips and tricks(ヒントやコツ)」「how to earn money(お金の稼ぎ方)」などのワードを入れるのがおすすめです。

まつたろー
まつたろー
最後までお付き合いいただき、感謝いたします。
おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら