step.appの始め方とは?特徴や稼ぎ方を解説!

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています

『STEPN』が2021年末にリリースされて以降、人気に火が付いたのがMove to Earnジャンルのブロックチェーンゲームです。。

今回Pacific Meta マガジンが紹介するのは、そんなMove to Earnジャンルの中でも以前から注目度が高かったタイトルの1つ、Step.Appです。

この記事の内容は以下の通りとなっています。

  • ブロックチェーンゲームStep.Appの基本情報
  • Step.Appの特徴・システム
  • Step.Appで使われている仮想通貨・NFT
  • Step.Appを始めるまでの流れ
  • Step.Appをプレイする方法・モード等
  • Step.Appの稼ぎ方・攻略方法
  • Step.Appの口コミを紹介
  • Step.Appは無課金でプレイできる?

2022年12月には無事に正式リリースされて、将来性にも期待できるタイトルです。

※この記事の情報は2023年1月23日時点のものであり、情報が更新されている可能性もありますのでご了承ください。

YATARO
YATARO
わかりやすく説明するから、最後までよろしゅうな!

Step.Appの基本情報

ゲーム名(読み方) Step.App(ステップアップ)
ゲームのジャンル フィットネス(Move to earn)
開発チェーン Stepネットワーク(専用チェーン)
ゲーム内トークン $KCAL、$FITFI
対応言語 英語、日本語など
運営会社 Step Labs
対応プラットフォーム Android / iOS
開発段階 正式版リリース済み(2022年12月1日)
ウェブサイト https://Step.App
Twitter https://twitter.com/StepApp_
Discord https://discord.com/invite/stepappdcnew
Telegram https://t.me/stepappchat
WhitePaper https://step.app/litepaper

『Step.App』は、運動することで仮想通貨を稼ぐことができる「Move to Earn」の考え方を組み込んだNFTゲームです。

ウサイン·ボルト氏を公式アンバサダーとするなどして大きな注目を集め、Move to Earnジャンルで準備段階から人気が出ていたタイトルです。

2022年7月にはクローズドβ版が、2022年12月には正式版がリリースされ、順調にプロジェクトが進行しています。

また、今後も機能・モード追加が予定されているため、将来性にも期待大です。

Step.Appの特徴・システム

『Step.App』では、NFTスニーカーを装備して歩く or 走ることでトークンを獲得できます。
手に入るスニーカーの種類は以下の4種類です。

  • Walker(ウォーカー):対応速度1~6km/h
  • Hiker(ハイカー):対応速度4~10km/h
  • Racer(レーサー):対応速度8~20km/h
  • Coach(コーチ):対応速度1~20km/h

Coachは対応速度の幅が広い万能スニーカーですが、最初はできる限り使わない方が良いでしょう。
なぜなら運用費用も高くなるからです。

スニーカーに設定されているパラメーターと内容は以下の通りとなっています。

  • Activity(アクティビティ):KCALトークンの獲得効率
  • Luck(ラック):宝箱の出現確率
  • Balance(バランス):バーンした際の獲得KCALトークン
  • Resistance(レジスタンス):スニーカーの耐久力(修理費用が下がる)

シンプルに強いパラメーターはActivityとResistanceの2つでしょう。

バーンは、スニーカーが削除される替わりにトークンが手に入る仕組みです。

レア度は以下の順番で5段階が設定されています。

以下のようにレアなスニーカーほど初期ステータスが高いです。

Common(コモン)< Uncommon(アンコモン)< Rare(レア)< Epic(エピック)< Legendary(レジェンダリー)

また、スニーカーは使い続けることでランクアップして、各パラメーターがランダムで上がりステータスが向上します。

さらに、ジェムというアイテムをスニーカーに装着することも可能です。

ジェムは宝箱から入手できて、スニーカーのパラメーターを強化できます。

YATARO
YATARO
運動したくなるで!

Step.Appの仮想通貨・NFT

『Step.App』で使われているトークン(仮想通貨)の銘柄は以下の2種類で、使い方などに違いがあります。

  • FITFI:ガバナンストークン
  • KCAL:ゲーム内トークン

ゲーム内で主に使われるのはKCALですが、FITFIをステーキングすることでNFTスニーカーをゲットできるので、プレイ時にはFITFIを入手する必要があります

FITFIの価格は、2023年1月時点で3.56円です。

引用:FITFI価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap

こちらは、KCALの価格です。

引用:KCAL価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap

2023年2月2日現在、112円です。

Step.Appの始め方

まずは、APP Store(iOS)かGoogle Play(Android)でアプリをダウンロードしましょう。

続いて、公式テレグラムまたはディスコードでアクティベーションコードを取得する必要があります。

また、ゲームを始めるのにはNFTスニーカーが必要です。

NFTスニーカーは、FITFIをステーキングして獲得できるルートボックスから確率で入手することができます。

もしくはマーケットプレイスで直接スニーカーを買っても大丈夫です。

YATARO
YATARO
これから始めるの楽しみやで!

仮想通貨ウォレットを準備する

NFTを購入したことが無い方は、仮想通貨やNFTを保管するためのウォレットを準備しましょう。

MetaMask(メタマスク)などを導入し、Step.App公式サイトと連携すれば準備完了です。

MetaMaskのインストール・登録・ログイン方法は?
MetaMaskのインストール・登録・ログインを画面解説!秘密鍵は?MetaMaskをインストール・登録したいけど、実際にどうやったらいいか分からないという方に向けてMetaMaskのインストール方法を解...
metamaskのネットワーク追加
MetaMaskにネットワークを追加する方法を解説!チェーン情報一覧もMetaMaskがメインとしているネットワークはイーサリアムネットワークです。 今回Ludusはこの記事で、MetaMaskにイー...

仮想通貨取引所を開設する

『Step.App』のために仮想通貨取引所を解説するのであれば、KCALとFITFIを取り扱っているBybitがおすすめです。

KCALとFITFIを買うためには国内の取引所を経由するので、Coincheckなども登録しておきましょう。

https://pacific-meta.co.jp/magazine/blockchain-game/bybit/

仮想通貨を入手~プレイ開始までの流れ

これまでの内容をまとめつつ、FITFIをステーキングしてゲームを始めるまでの流れを以下に記載します。

  1. Coincheckなどで任意の仮想通貨を購入する
  2. 国内から海外の取引所へ購入した仮想通貨を送金する
  3. Bybitなどで仮想通貨をUSDTへ交換する
  4. 続けてUSDTとFITFIを交換する
  5. (以降はステーキングの準備)MetaMaskでウォレットを作成する
  6. MetaMaskでFITFIのトークンアドレスを追加する
  7. FITFIをMetaMaskに送金する
  8. Step.App公式サイトからFITFIをステーキング
  9. アクティベーションコードを入手、ログインしてプレイ開始

Coincheckなどの国内取引所では、イーサリアムやリップルなどを購入するのがおすすめですが、仮想通貨のチャートなどを確認して購入しましょう。

FITFIのステーキング報酬ではドロップチケットを獲得でき、チケット所持者の中から抽選で「ルートボックス」が配布されるようになっています。
抽選ではチケットの所持枚数が反映され、枚数が多いほどルートボックスの当選確率が上がります。

また、ステーキングではガス代(手数料)としてFITFIが追加消費されるルールなので、少し余分に購入しておきましょう。

アクティベーションコードは、Discordの招待を受けてから「START HERE」の見出しにある「activation-codes」欄を確認すれば記載があります。

Step.Appをプレイする方法

スニーカーを手に入れたら、アプリを入れたスマートフォンで歩く習慣を付けましょう。

2023年1月時点では実装されていませんが、今後は友人や他人とマッチングして歩数を競い合ったり、トーナメント形式のモードで遊んだりできるようになる予定です。

現状ではシンプルなMove to earnアプリなので、お金のつぎ込み方やスニーカーの育て方が戦略要素となります。

Step.Appの稼ぎ方

スニーカーを装備して歩く(走る)ことでトークンを獲得するのが基本的なやり方です。

最初のスニーカーを入手した後は、使い込んでランクアップさせたりジェムを装着したりすることでトークンの獲得効率がアップします。

歩く(走る)以外の稼ぎ方としては以下のような方法があります。

  • スニーカーをマーケットプレイスで売る
  • スニーカーをバーンする

マーケットプレイスでの売却やバーンは、どちらもスニーカーが無くなるので数に余裕が出てきてからおこなうようにしましょう。

バーンした際の獲得トークンは、スニーカーのランクやBalanceのパラメーターに依存します。

また、FITFIのステーキングやミント機能でさらに増やすこともできます。

ミントはスニーカーのレベルが低くてもできますが、回数制限があるのでミントだけで無限に増やすことはできません。

Step.Appの口コミ・評判

続いて、Twitterから『Step.App』の評判を見ていきましょう。

全て正式リリース後(2022年12月以降)の口コミです。

Step.Appのポジティブな評判

#StepApp
みんなの歩きましたツイートみて、どんどん人が増えてるイメージがある
恐る恐る扉を開けたら、案外楽しいそれが『StepApp』
歩けば歩くほど、Rankがあがり、Burnしたら、1428Kcal=38万円
長期優良制度あります 長期目線で参加しませんか

引用:Twitter

 

#StepApp
最近また下振れ続いてたけどなんとか緑出た

そういえばStepAppは稼げないーって言ってる人多いけど、そこそこ稼げるし回収もまぁまぁ早い。

この状況で稼げない少額で大きく稼ぎたい言ってる人は先行者超有利の数日〜で終わるスーパーポンジゲーをやりたいだけなのでは

引用:Twitter

大きく稼ぐよりは、長期的なスパンで確実に稼ぐという目線でプレイしている方が多いようです。

Step.Appのネガティブな評判

#StepApp #STEPN に続く負け案件となりました。
ちなみにSTEP APPではルートボックスから靴が出なかったので歩くことはできず。
歩いてもエナジー多く持ってないと 一日数百円レベルしか
稼げないのでstepnとあまり変わらないかなぁ

引用:Twitter

 

#M2E 引退準備します。
今アプリを起動して歩いてきたのですが、私の住む地域で冬のM2Eは、
無理ゲーだと実感しました。
雪も降っており、冷たい北風がボーボー
そして、寒い
#fitmint #StepApp #tracer #stepn

引用:Twitter

最初のNFTスニーカーを入手するまでのハードルがやや高く、安定して稼げるところまでたどり着けなかったというつぶやきも見られました。

Step.Appは無課金でプレイできる?

『Step.App』は、NFTスニーカーが無いと始められないので無料でプレイすることはできません。

100FITFI以上ステーキングしないと、スニーカーを入手するためのドロップチケットがもらえないため、それ以上の金額を用意しましょう。

スニーカーがゲットできるかどうかは運も絡むので費用は計算しづらいですが、100FITFI単位+ガス代を見積もって入金していくのがおすすめです。

Step.Appの最新情報(2023年1月時点)

直近では、2022年12月1日に正式リリースされたのが何よりも大きな前進です。

元々メタバース構想があるタイトルですし、今後は敵味方に分かれての対戦機能も準備されているため、将来性にも期待できます。

新機能のリリースなどによってトークンの価格が変動することも予想されますので、リスクも考えつつ参入のタイミングを計りましょう。

Step.Appについてのまとめ

今回Pacific Meta マガジンでは、Step.Appについて紹介しました。

この記事のポイントを改めて整理します。

  • 『Step.App』は、リリース前から大きな注目を集めているMove to Earnジャンルのゲーム
  • 2022年12月には正式版がリリースされ、今後も継続的なアップデートが予定されている
  • ゲームをプレイするためにはNFTスニーカーの入手が必須
  • NFTスニーカーは、マーケットプレイスで購入するか、FITFIトークンをステーキングすることによる抽選で入手できる
  • 『Step.App』で稼ぐには毎日習慣的に歩く(走る)のが確実だが、スニーカーの売却やバーンを組み合わせることでも効率的に稼げる
  • 他のブロックチェーンゲームに比べるとスタートまでのハードルは若干高いが、着実に少しずつ稼ぎやすいという特徴がある

最新情報やキャンペーン情報などについては、TwitterやDiscordなどをチェックしましょう。

YATARO
YATARO
最後まで見てくれておおきに!
おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら