Everdomeの基本情報、特徴を解説!購入方法やステーキングも。

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています

ネット上でさまざまな体験ができる仮想空間として、注目を集めているメタバースプロジェクト。

その中でも超リアル志向のメタバースとして期待されているのが、火星への入植をテーマにしたEverdome(エバードーム)です。

今回Pacific Meta マガジンでは、Everdomeについて以下の内容を紹介します。

  • Everdomeの基本情報
  • Everdomeの特徴・システム
  • Everdomeの仮想通貨・NFT
  • Everdomeの始め方・遊び方
  • Everdomeの稼ぎ方
  • Everdomeの最新情報
  • Everdomeの口コミ・評判

Everdomeの先行アクセスの条件や最新のコンセプトアートも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください❗️

*本記事の内容は2023年2月時点での情報であり、今後変更される可能性があります。

YATARO
YATARO
ぜひ最後まで読んでいってやー!

Everdomeの基本情報

ゲーム名 Everdome
ゲームのジャンル メタバース
開発チェーン バイナンススマートチェーン
ゲーム内トークン $DOME(Everdome)
対応言語(Discord) 英語
ドイツ語
スペイン語
ポルトガル語
日本語(2023年予定)
運営会社 Everdome.io
対応プラットフォーム Windows / MacOS(2023年1月時点)
開発段階 開発中
ウェブサイト Everdome.IO
Twitter Everdome(@Everdome_io)
Discord Everdome.io
Telegram Everdome Official Group
WhitePaper Everdome White Paper
Medium The most insightful stories about Everdome – Medium

Everdome(エバードーム)とは、火星にあるドーム型の大都市を舞台にしたメタバースプロジェクトの名称です。

メタバースを一言で説明すると、ネット上に作成された仮想空間のこと。

Everdomeのプレイヤーは、火星に植民しメタバース上で様々な疑似体験を楽しめます

火星都市のメタバースであるEverdomeは、まるでSF映画の世界に入り込んだような圧巻のグラフィックが特徴です。

同じブロックチェーンゲーム(BCG)メタバースのTHE SANDBOX(サンドボックス)やDecentraland(ディセントラランド)と比較しても、その違いは一目瞭然といえるでしょう。

2023年1月現在、Everdomeはまだ開発段階のプロジェクトで、ローンチの時期も明らかになっていません。

現時点では、EverdomeのGenesis NFT(Tier 2)所持者のみがアルファアクセスが可能で、ごく一部の公開エリアを歩き回って探索することができる状態になっています。

2022年11月には、UAE(アラブ首長国連邦)政府がEverdomeとのパートナーシップを発表。

また有名なF1チームや格闘技イベント団体、大手企業も参加していることや、青汁王子と呼ばれる三崎優太さんも一晩で1億儲かったとツィートしたことで話題になりました。

翌月の12月にはホワイトペーパーも公開され、プロジェクトの進展に注目が集まっています❗️

Everdomeの特徴・システム

この項目では、現時点で判明しているEverdomeの特徴とシステムについて紹介します。

Everdomeの特徴

まずはEverdomeのプロジェクトにおいて特徴的な部分を見ていきましょう。

Unreal Engineを使用したハイクオリティなグラフィック

Everdomeのグラフィックは、コンシューマーゲームの開発にも使用されるUnreal Engine(アンリアルエンジン)で製作されています。

細部まで作り込まれたリアルなグラフィックは、現時点におけるメタバースプロジェクトの中では間違いなくトップクラスのクオリティです。

公開されているプロモーション映像でもグラフィックの美しさを確認することができるので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

自分の顔そっくりのアバターが作れる

Everdomeでは、モノや人を3Dスキャナーで撮影してデータ化・NFT化することで、メタバース内に現実世界のアイテムを持ち込むことができるのが特徴です。

Everdomeの創設者兼CEOのRobert Gryn(ロバート・グリン)氏は、3Dスキャン技術を用いて現実世界のアイテムをメタバースに再現するプロジェクト Metahero(メタヒーロー)の元CEO。

Metaheroで培った技術が使われることを考えると、そのクオリティは保証されているといえますね。

またWDW(Wolf Digital World)社も協力して開発をすすめています。

将来的にこのプロジェクトが普及すれば、3Dスキャンによって作成した自分そっくりのアバターで火星都市を探索する、夢のようなメタバース体験が実現するかもしれませんね。

ゲーム開発やブロックチェーン技術のエキスパートが集結

Everdomeのプロジェクトチームには、ゲーム開発やブロックチェーン技術、トレーディングなど、さまざまな分野のエキスパートが集結しています。

チームのメンバーは、Everdomeの公式HPで顔写真付きで紹介されており簡単な経歴を確認することが可能です。

メンバーが匿名のプロジェクトも多い中でこれだけ情報を公開しているのは、プロジェクトの信頼性にも繋がりますね。

Everdomeのゲームシステム

Everdomeは開発途中のプロジェクトであり、詳細なゲームシステムについてはまだ判明していません

ただし、Play-to-Earn(P2E)がゲームモデルとして採用されており、ゲーム内で活動することでトークンやNFTなどの報酬を獲得できるシステムになることが予想されます。

Everdomeのメタバースでは

  • スポーツやエンターテイメント
  • 金融サービス
  • ファッション
  • ビジネス
  • 教育

といった現実世界と同じような活動ができるようになるとされており、火星の都市でリアルな経済活動が体験できる予定です。

YATARO
YATARO
どんなメタバースになるのか、今から楽しみやなー!

Everdomeの仮想通貨・NFT

この項目では、Everdomeで使用する仮想通貨・NFTについて紹介します。

Everdomeの仮想通貨

EverdomeではDOME(ドーム)というトークンが使用されます。

$DOMEのチャート推移はこちら。

引用:Everdome(DOME)価格・チャート・時価総額 | CoinMarketCap

2023年2月4日時点では1DOME=0.3963円、時価総額は8,117,238,038円でした。

$DOMEは2022年2月8日に上場しており、上場直後は100倍近い高値(12.74円)を記録。その後は仮想通貨市場の冷え込みを受けて価格が下落し、2022年9月ごろからは0.3円から0.4円の間で推移しています。

ほぼ底値状態ではありますが、プロジェクトへの期待感から長期的な運用を視野に入れている投資家も多い注目の銘柄です。

今なら参入のハードルは低いといえるので、気になるという方はぜひチェックしてみてください❗️

YATARO
YATARO
青汁王子こと三崎優太さん注目の銘柄としても話題になったんやで!

EverdomeのNFT

2023年2月現在、Everdomeでは以下の3種類のNFTコレクションが発行されています。

それぞれについて簡単に解説するので、さっそく見ていきましょう?

Genesis NFT

発行数 9,999
最安値(2023年2月4日時点) 0.195 ETH(約42,000円)
OpenSea コレクションページ Everdome Genesis Collection

Genesis NFT(ジェネシス NFT)は、9,999個限定で発行された特別なNFTです。

Genesis NFTを所持していることで、ゲーム内のさまざまな特典を受けることができます

EverdomeのGenesis NFTには3つのTier(Access class)があり、各Tierごとに発行数と受けられる特典が異なるのが特徴です。

詳しい特典については、Everdomeの公式HPで確認してください。

Genesis NFT – Everdome

ASTRO NFT

発行数 9,999
最安値(2023年2月4日時点) 0.0913 ETH(約20,000円)
OpenSea コレクションページ Everdome Astro NFT

ASTRO NFT(アストロ NFT)は、Genesis NFTの保有者に配布された宇宙服のNFTです。
そのため、発行数はGenesis NFTと同じ9,999個となっています。

Everdomeは火星を舞台にしたメタバースのため、都市や施設外での活動には宇宙服であるASTRO NFTが必要になることが予想できますね。

配布から時間が経ち、かなり安値で取引されるようになっているため、気になるという方はぜひチェックしてみてください❗️

LAND NFT

発行数 12,000(2023年2月時点)
最安値(2023年2月4日時点) 0.3299 ETH(約72,000円)
OpenSea コレクションページ Everdome Lands

LAND NFT(ランド NFT)は、メタバース上の土地に値するNFTです。
2022年5月から8週にわたりオークション形式で販売され、合計で12,000個のLAND NFTが発行されました。

オークションで落札されたLAND NFTは、EverdomeのHPでミントすることで自分の土地として扱うことが可能

ミントしたLAND(土地)はプロット変更が可能なので、好きな画像を登録してアピールすることもできますよ。

将来的にEverdomeが成功した場合、大きく値段が上がる可能性もあるため、今のうちから注目しておきたいコレクションとなっています❗️

Everdomeの始め方

まだゲームをプレイすることはできないEverdomeですが、ステーキングやNFTの取引など、今から始められることも少なくありません。

この項目では、Everdomeで使用するDOME購入からウォレット登録までの流れを簡単に解説します。

大まかな流れは以下の通りです。

少し複雑な手順になりますが、ひとつずつこなしていけば問題はありません。

Everdomeをプレイすることを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください❗️

YATARO
YATARO
今のところアーリーアクセスにも$DOMEは必要ないので、ステーキングをしないなら$DOMEの購入はしなくてもOKやで!

国内の仮想通貨取引所で口座を開設する

$DOMEは日本国内の取引所では取り扱いがないため、海外の取引所で購入する必要があります

ただし、海外の取引所は日本円に対応していないところが多く、「国内の取引所で$DOMEと換金するための仮想通貨を購入して海外の取引所に送金する」という方法が確実です。

手間はかかりますが、クレジットカード決済を利用するよりコスト面で優れていることが多いので、まずは国内の取引所の口座を用意しましょう。

日本国内の取引所でおすすめなのは、シンプルで初心者にも利用しやすいCoincheck(コインチェック)です。

Coincheckの開設方法は、Pacific Meta マガジンの以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

Coincheckの登録方法や使い方を解説!入出金・購入・送金もCoincheckとは国内最大級の仮想通貨取引所です。 日本円を仮想通貨に変えることができます。 証券会社の口座の仮想通貨版だと思っ...

海外の仮想通貨取引所で口座を開設する

続いて、海外の仮想通貨取引所で口座を開設します。

DOMEの取り扱いがあればどの取引所でも問題ありませんが、おすすめは初心者でも利用しやすいBybit(バイビット)です。
Bybitは、すべてのサービスが日本語に対応しているので英語が苦手な方でも安心ですよ。

Bybitの開設方法は、Pacific Meta マガジンの以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

【期間限定】3/31までのキャンペーン!
Bybit はじめての入金まつりキャンペーン

今、Bybitに新規登録して100ドル(15,000円相当)の入金をすると6,000円相当の特典がもらえるキャンペーンを開催中です!

最短10分!たったの2ステップで、6,000円相当のクーポンが獲得できるお得なキャンペーンです!

キャンペーンは3月31日までの期間限定!
入金特典は先着順なので、Bybitの新規登録をするなら今が一番オススメです!

公式サイト:https://www.bybit.com/ja-JP/register

BIBITとは?
【2022】BYBITとは?登録・口座開設や使い方を初心者向け解説!日本の仮想通貨取引所は上場している仮想通貨が非常に限られています。 国内最大規模のCoincheckでも17種類です。 かつレバレッ...

海外仮想通貨取引所に通貨を送金

海外の仮想通貨取引所に口座を作成したら、DOMEを購入するための仮想通貨を送金しましょう
日本の取引所で仮想通貨を購入し、海外取引所の口座に送金する形になります。

送金する通貨は、$BTC(ビットコイン)などのどこでも取り扱いがあり相場が安定している銘柄がおすすめです。

海外仮想通貨取引所で$DOMEを購入

次に、国内の取引所から送金した仮想通貨を使って$DOMEを購入しましょう。

注意点として、Bybitなどでは$BTCでDOMEを購入することはできず、一度$BTCを$USDT(テザー)に換金する必要があります。

$USDTは$DOMEやその他の仮想通貨の購入に使えるので、入手したUSDTを使って$DOMEを購入してください。

仮想通貨ウォレットの作成

続いて、$DOMEの管理に利用する仮想通貨ウォレットを作成しましょう。

仮想通貨ウォレットは、ネット上にある電子財布のことです。
高いセキュリティで保護されており、各種プロジェクトやNFTマーケットプレイスに登録することで、課金やNFTの購入ができるようになります。

仮想通貨ウォレットでおすすめなのは、使い勝手の良さで人気の高いMetaMask(メタマスク)です。
MetaMaskはOpenSeaでも推奨されており「NFTの取引も積極的に行いたい」という方にぴったりなウォレットといえます。

詳しい登録の方法は、Pacific Meta マガジンの以下の記事で詳しく紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

MetaMaskとは
MetaMaskとは?登録方法や入金・送金など使い方解説!MetaMask(メタマスク)とは、主にETH(イーサリアム)関連のコイン用の仮想通貨ウォレット(wallet)です。 現在は、イーサ...

ウォレットに$DOMEを送金

ウォレットが作成できたら、海外仮想通貨取引所の口座から$DOMEをウォレットに送金しましょう。

送金には手数料がかかるので、事前の確認が必要。
また、送金リクエストの際は、くれぐれもウォレットのアドレスを間違えないように注意しましょう。

YATARO
YATARO
アドレスのコピペが簡単やけど、アドレスポイズニングには要注意やで!

Everdomeにウォレットを登録

最後にEverdomeのアカウントにウォレットを紐づければ準備は完了です。

Everdomeのゲームクライアントを起動すると、最初にウォレットの接続を求められるので指示に従って手続きしてください。

また、ウォレットを登録することで、ステーキングへの参加や所持しているLAND NFTのプロット変更が可能になります。

公式HPの各ページのナビに従ってウォレットを登録してください。

Everdomeのダウンロードはこちら

Everdome ステーキングページはこちら

Everdomeの遊び方

Everdomeは現在開発中のプロジェクトであり、まだゲームをプレイすることはできません

ただし、Everdomeの「Genesis NFT(Tier 2以上)」を所持している方は、Spaceport(宇宙港)への早期アクセスが可能。

Spaceport内を歩き回って探索することができます。

今後はTier 3までアクセス権が拡大される予定なので、いち早くEverdomeの世界を体験したいという方は、Genesis NFTを購入することを検討してみてください。

Everdomeのダウンロードはこちら

YATARO
YATARO
ファイルサイズがかなり大きいので注意してなー!

Everdomeの稼ぎ方

Everdomeの主な稼ぎ方には、以下の3つの方法があります。

各項目について順番に解説していくので、ぜひ参考にしてみてください❗️

NFTを売買して利益を得る

EverdomeのNFTは、NFTマーケットプレイスでの売買が可能です。

2023年1月時点では

  • Genesis NFT
  • Astro NFT
  • LAND NFT

の3種類のコレクションを取引することができます。

将来的にEverdomeが成功すれば、これらのNFTが大きく値上がりすることも

特にメタバース上の土地である「LAND NFT」は、需要次第で現実の不動産同様に高騰することが予想されます。

Everdomeで稼ぎたいのであれば、今のうちからこれらのNFTコレクションにも注目しておきたいですね❗️

$DOMEのステーキングで利回りを得る

Everdomeで使用される仮想通貨$DOMEは、ステーキングで増やすことができます。

ステーキングとは、所有している$DOMEを一定期間預けることで利回りを受け取れるシステムです。

銀行にお金を預けて、利子が配当されることをイメージするとわかりやすいと思います。

2023年1月現在、EverdomeのステーキングAPYは最大11.3%。

Everdomeで儲けたいのであれば積極的に活用していきたいシステムなので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

Everdomeのステーキングページはこちら

ゲーム内の経済活動で資産を増やす

将来的には、Everdomeのメタバース内で経済活動が可能になるとされています。

一例としては

  • 自分の土地(LAND)に広告を設置して広告料を得る
  • 建物を貸し出して賃貸料を得る
  • 商業施設を建築して利用料を得る

といった方法が考えられますね。

この他にもさまざまな方法でゲーム内資産を増やすことができ、現実世界と同じような経済活動ができるという点に注目が集まっています。

YATARO
YATARO
自作NFTを販売する店舗の経営など、メタバースの可能性は無限大やな!

Everdomeは無課金でプレイできる?

Everdomeはまだ開発途中のプロジェクトであり、完全無課金でプレイできるかは不明です。

ただし、早期アクセス権などは「Genesis NFT」保有者への特典となっており、現時点でEverdomeの世界を体験するには課金(NFTの購入)が必須。

また、火星への最初のロケットに搭乗するための「ゴールデンチケット」も「Genesis NFT」の特典とされているため、先行してプレイするには「Genesis NFT」を所持している必要があると思われます。

YATARO
YATARO
あくまで予想やけどFree-to-Play(F2P)を謳っているプロジェクトではないので、課金は必要かもなー

Everdomeの最新情報(2023年2月時点)

この項目では、Everdomeに関する直近の最新情報をいくつか紹介します。

サウジアラビアのLEAP Tech Conferenceに参加

サウジアラビアで開催されるLEAP Tech Conference(2023年2月6日〜9日)に、Everdomeのjeremy COOとArtur CGOが参加します。

LEAP Tech Conferenceは、多数の企業や業界のリーダーが参加する注目のテックイベント

Everdomeからも今後のスケジュールに関して何らかの発表があると見られており、注目が集まっています。

Jezero Crater宇宙港のコンセプトアート公開

2023年1月17日に、火星の宇宙港であるSpaceport at Jezero Craterのコンセプトアートが公開されました。

プレイヤーは、地球側のHatta宇宙港からPhenixロケットに搭乗。
火星のJezero Crater宇宙港に向けて宇宙を旅をすることになります。

まだコンセプトアートの段階ではありますが、その壮大なビジュアルには圧倒されるものがあり、今から施設の完成が楽しみですね❗️

YATARO
YATARO
まだまだ先が見えないプロジェクトではあるけど、情報が出てくる度にわくわくしてしまうな!

Everdomeの口コミ・評判

この項目では、Everdomeに対するSNS上での口コミや評判を集めました。

良い口コミと悪い口コミのどちらについても紹介しているので、Everdomeに興味のある方はぜひ参考にしてみてください❗️

Everdomeの良い口コミ・評判

メタバース Everdome すげ~~~!!
何がすごいってめちゃくちゃ綺麗
そしてスムーズに動く

んでから・・・
月に行けるにゃ~

ジャンプするとふわって浮かぶこの感じ・・・
すごいリアルに再現されてる

このエリアにみんなの土地があるのかな~

引用:Twitter

やはり、ゲームのクオリティの高さには驚きと期待の声が多く見られました❗️

エバードームのステーキング、かけておいて損はなし

ワンチャンこれだけで億るな

引用:Twitter

ガチホで運用するならステーキングは欠かせないですね❗️

少額ですがDOME買い増し完了!! 妻におねだりしましたw

引用:Twitter

現在は$DOMEの価格も最低水準なので、将来性に期待して買い増しをする方も多く見られました。

Everdomeの悪い口コミ・評判

Everdome land価格どんどん下がってる〜
どうしても欲しくて買ったHQ沿いの土地も時価で3分の1くらいになってる
待てばHQ沿いにミッキー作れたなあ
投資って難しい

引用:Twitter

2022年は仮想通貨市場全体の冷え込みによる影響が大きく、損失を出してしまった方も多かったようですね。

あ、昨日何となく入札したEverdomeの土地が落札されていました!
ありがたや~
でもほんと安くなっちゃったな~
私はメタバース関連は次のバブル目線で動いているので、短期的にどうしようとかありません
次のバブルはメタバース銘柄が本領発揮すると見てますよ!

引用:Twitter

滑り出しが良かっただけに、急落に対する落胆の声も多かったです。

YATARO
YATARO
全体的にプロジェクトに関する期待度はまだまだ高く、数年単位の長期運用を見据えた意見が多いようやな!

Everdomeについてのまとめ

今回Pacific Meta マガジンでは、期待のメタバースプロジェクト Everdome(エバードーム)について以下の内容を紹介しました。

  • Everdomeは火星のドーム型都市を舞台にしたメタバースプロジェクト
  • 2023年2月現在は開発途中の段階
  • 使用されるトークンは$DOMEでステーキング運用が可能
  • グラフィックのクオリティはメタバースプロジェクトの中でもトップクラス
  • 先行アクセスでゲームを体験するにはGenesis NFTが必要
  • テックイベントへの参加や新情報の公開など、プロジェクトへの期待が集まっている

2023年2月現在、鋭意開発中のEverdome。
クオリティの高さから開発にも時間がかかると見られており、正式なサービス開始がいつになるかは不明です。

しかし、定期的に公開される新情報ではゲームのクオリティの高さを十分に確認することができ、各方面から高い注目と期待を集めています

今ならNFTコレクションや$DOMEの価格も手が出しやすい水準に落ち着いているため、比較的参入しやすいタイミングともいえますね。

今後もさまざまな情報が解禁されていくと思われるので、気になるという方はぜひ公式Twitterをフォローしてみてはいかがでしょうか❗️

YATARO
YATARO
最後まで読んでくれておおきに!
おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら