カルダノ ¥69.26 2.91%
ドージコイン ¥20.02 5.03%
トンコイン ¥1,156.37 0.63%
XRP ¥93.30 6.26%
USDコイン ¥157.47 -0.01%
ソラナ ¥26,829.74 3.22%
BNB ¥93,073.65 2.91%
テザー ¥157.56 0.07%
イーサリアム ¥551,997.37 1.75%
ビットコイン ¥10,488,505.82 3.41%
カルダノ ¥69.26 2.91%
ドージコイン ¥20.02 5.03%
トンコイン ¥1,156.37 0.63%
XRP ¥93.30 6.26%
USDコイン ¥157.47 -0.01%
ソラナ ¥26,829.74 3.22%
BNB ¥93,073.65 2.91%
テザー ¥157.56 0.07%
イーサリアム ¥551,997.37 1.75%
ビットコイン ¥10,488,505.82 3.41%
カルダノ ¥69.26 2.91%
ドージコイン ¥20.02 5.03%
トンコイン ¥1,156.37 0.63%
XRP ¥93.30 6.26%
USDコイン ¥157.47 -0.01%
ソラナ ¥26,829.74 3.22%
BNB ¥93,073.65 2.91%
テザー ¥157.56 0.07%
イーサリアム ¥551,997.37 1.75%
ビットコイン ¥10,488,505.82 3.41%
カルダノ ¥69.26 2.91%
ドージコイン ¥20.02 5.03%
トンコイン ¥1,156.37 0.63%
XRP ¥93.30 6.26%
USDコイン ¥157.47 -0.01%
ソラナ ¥26,829.74 3.22%
BNB ¥93,073.65 2.91%
テザー ¥157.56 0.07%
イーサリアム ¥551,997.37 1.75%
ビットコイン ¥10,488,505.82 3.41%

スマートコントラクトとは?気になるメリットや活用事例について解説します!

事業者向け

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

スマートコントラクトの活用事例について知っていますか?
本記事では、スマートコントラクトの気になるメリットや活用事例について以下の点を中心にご紹介します!

  • スマートコントラクトとは
  • スマートコントラクトを活用するメリット
  • スマートコントラクトを活用する際の注意事項

スマートコントラクトの活用事例について理解するためにもご参考いただけると幸いです。ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

スマートコントラクトとは?

スマートコントラクトは、ブロックチェーン技術上で実行される、条件付きの自動実行契約のことを指します。簡単に言えば、事前に定義された条件が満たされたときに自動的に契約が実行される仕組みです。

伝統的に「契約の自動化」を意味するこの言葉は、現在ではブロックチェーン技術との結びつきが強まり、取引や投票、契約実行などの透明性と効率性を向上させるツールとしての役割を果たしています。

トランザクションとは、ブロックチェーン上での取引の記録を指し、この情報には送信元や送信先、取引量などのデータが含まれます。

スマートコントラクトの動作は、自動販売機のシステムに例えられます。事前に設定された商品の価格と一致する金額を入れることで、商品が出てくるのと同様、スマートコントラクトも事前に設定された条件を満たすことで、契約が自動的に実行されます。

スマートコントラクトは、取引と透明性を保証するブロックチェーンの特性を活用しており、これからのデジタル社会において、さらなる発展と応用が期待されています。

スマートコントラクトは、中間業者を排除し、取引をより迅速に行う新しい手段として注目されています。この技術が持つ無限の可能性を理解することで、新しいビジネスのチャンスや社会的な課題の解決への道を開くでしょう。

スポンサーリンク

スマートコントラクトの特徴

スマートコントラクトは、ブロックチェーン技術上で自動実行する契約の仕組みです。以下で解説していきます。

透明性が高い

スマートコントラクトは、ブロックチェーン技術を基盤として動作するため、その最も顕著な特徴の一つは「透明性」です。ブロックチェーンは分散型の台帳であり、取引や契約のデータはネットワーク上の多数のノードに記録されます。この構造により、一度スマートコントラクトがブロックチェーンに登録されると、内容の変更や削除が非常に困難になります。

この透明性の高さは、契約の内容が公開され、どのような条件で契約が実行されるのかを第三者も確認できるため、不正や改ざんのリスクが低下します。特に、ビジネスや金融の取引において、この透明性は大きな信頼性の向上をもたらしています。

また、スマートコントラクトに書かれたコードはオープンソースとして公開されることが多いため、専門家やコミュニティのメンバーによってコードの正確性やセキュリティが検証されることもあります。このような公開・検証のプロセスを経ることで、スマートコントラクトの透明性はさらに強化されるのです。

要するに、スマートコントラクトの「透明性が高い」という特徴は、ブロックチェーンの基本的な性質から生まれており、取引や契約の信頼性を飛躍的に向上させる要因となっています。

本人も第三者も変更できない

スマートコントラクトは、一度ブロックチェーンに記録されると、その内容は変更が困難であるという特徴を持っています。この特性は、「本人も第三者も変更できない」という独特の堅牢性をスマートコントラクトに提供しています。以下で詳しく解説していきます。

ブロックチェーン技術の基本的な性質として、データは分散されたノード間で共有され、各ノードがそれぞれのコピーを持っています。したがって、スマートコントラクトの内容や条件を後から変更したい場合、ネットワーク上の全ノードでの同時変更が必要となるため、現実的には不可能となります。この堅牢性が、不正や改ざんのリスクを大幅に低減させる要因となっています。

特に、ビジネスや金融取引における契約の不変性は、当事者間の信頼を築く上で非常に価値があります。契約の内容や条件が一方的に変更されることなく、事前に定義されたルールに従って自動的に実行されることを保証されるため、トラブルのリスクが低下します。

総じて、スマートコントラクトの「本人も第三者も変更できない」という特徴は、契約の公平性と透明性を保つ上での重要な要素であり、ブロックチェーン技術の持つ本質的な特性を活かした結果と言えるでしょう。

スポンサーリンク

スマートコントラクトを活用するメリット

スマートコントラクトは、取引の透明性、効率性、セキュリティを革命的に向上させる技術です。

データの改ざんや不正行為の防止

スマートコントラクトは、ブロックチェーン技術を基盤として動作します。この技術の特徴は、一度取引が確定されれば、その取引データを後から変更や削除できない点です。この性質により、スマートコントラクトを使用することでデータの改ざんや不正行為を防止することが可能となります。

具体的には、伝統的な契約や取引では第三者の仲介が必要で、紙の書類による管理が主流です。これらの情報の流通や保管にはリスクが伴います。しかし、スマートコントラクトを用いると、全ての取引情報がブロックチェーン上に記録されるため、データの透明性が確保されるとともに、不正な変更やアクセスを防ぎます。

さらに、ブロックチェーン上で実行されるスマートコントラクトは、ネットワーク上の多数のノードで検証されるため、一部の不正なノードの操作を受けることなく、確実に正当な取引が行われます。このように、スマートコントラクトを採用することで、従来の取引や契約よりも高いセキュリティと信頼性を持った環境を実現できるのです。

契約や取引がよりスムーズに

スマートコントラクトは、契約や取引を自動化しデジタルにすることで、プロセスを大幅に効率化します。従来、多くの契約や取引は人の手による確認や手続きが必要であり、時間がかかることが一般的でした。しかし、スマートコントラクトを活用することで、あらかじめ定義された条件が満たされると自動的に契約が履行されるため、大量の取引でも迅速に処理することが可能となります。

また、人的なミスや誤解を生じるリスクを大幅に削減できます。手作業や口頭での確認を必要とする従来の方法より、コンピュータがプログラムに従って正確に操作を行うため、ミスの発生率が大幅に低下します。

さらに、中間業者の必要性が軽減されるため、コストや時間を節約できる点も大きなメリットとして挙げられます。直接的な取引により、余分な手数料や遅延のリスクを避け、よりシンプルでスムーズな取引環境を実現できます。

このように、スマートコントラクトは従来の契約や取引の手法を革新し、ビジネスの新たな潮流を築く力となっています。

人為的ミスを防ぐ

スマートコントラクトの活用は、取引や業務処理における人為的ミスを大幅に減少させる革命的な方法として注目を集めています。事前に定められたプログラムに基づいて動作するこのシステムは、人の介入を最小限に抑え、自動的に契約や取引を実行します。

従来の手動での取引や業務処理には、手続きの複雑さから入力ミスや誤った手順の実行といった人為的な誤りがつきものでした。特に、取引金額が大きな場合、ほんの小さなミスが大きな損失を生むリスクを抱えていました。

しかし、スマートコントラクトの導入により、これらのミスを事前に排除することが可能となります。すべてのプロセスが自動化されているため、一度プログラムが設定されれば、そのルールに従って正確に作業が進行します。

大規模な取引や業務でのミスは、企業の信頼を損なうだけでなく、巨額の損失を招くことも少なくありません。そのため、スマートコントラクトのような確実な技術を活用することで、効率的なビジネス運営が期待できると言えるでしょう。

コストの削減

スマートコントラクトの導入と活用は、ビジネスプロセスにおけるコスト削減の大きなカギとなります。以下で、そのメリットを詳しく解説していきます。

従来の契約や取引の過程には、書類の作成、確認、署名などの手続きが伴い、多くの時間と労力がかかっていました。さらに、これらの作業を担当するスタッフの人件費や、紙の資材費、郵送コストなど、様々なコストが発生していました。

しかし、スマートコントラクトを活用することで、これらの過程が自動化されるため、従来のような時間的、物的リソースが大幅に削減されます。契約の内容や条件がデジタルでプログラムされ、条件が満たされた時点で自動的に取引が完結するのです。この結果、中間業者が不要となり、その分のコストも削減されるのです。

総じて、スマートコントラクトの採用は、企業のオペレーションコストを大幅に削減するとともに、迅速かつ確実な取引を実現します。これは、今後のビジネスの競争力を向上させる要素となるでしょう。

スポンサーリンク

スマートコントラクトの活用事例

スマートコントラクトの活用は各業界で進行中で、実例が増加しています。以下で解説していきます。

Uniswap

スマートコントラクトの発展は、金融サービスの分野において特に顕著で、その中でもDeFi(分散型金融)が注目されています。DeFiは、ブロックチェーン技術を基盤に、中央管理者や仲介者を介さず、公正に取引が行えるという特徴があります。

中心として活躍するDeFiプラットフォームの一つが「Uniswap」です。これは、イーサリアムブロックチェーン上に構築されたDEX(分散型取引所)として存在しています。伝統的な取引所とは異なり、Uniswapは中央管理者を持たず、全ての取引はブロックチェーン上で実行されるスマートコントラクトを通じて自動化されます。

Uniswapは、ERC-20規格を採用した1,500種類を超える仮想通貨やトークンを取引の対象としています。このプラットフォームを使用すると、ユーザーは特別なソフトウェアや仲介者なしで、いつでも直接取引を行えます。さらに、Uniswapのスマートコントラクトは、市場の需要と供給の動向に応じて、取引価格を自動的に調整します。これにより、高速かつ透明性の高い取引を実現しています。

総じて、UniswapのようなDEXは、スマートコントラクト技術の進化を具体的に示す例として、金融の未来を形作っています。

Axie Infinity

ブロックチェーン技術とゲームが結合した新しい分野「GameFi」が、近年のクリプト業界で急速に注目を集めています。中でも「Axie Infinity」は、このGameFiの先駆けとして名を馳せています。プレイヤーは、Axieという独自のモンスターを所有し、それを育て、対戦させ、取引でき、さらにその全ての活動を通じて暗号資産を獲得することが可能です。

特筆すべきは、Axie Infinityがスマートコントラクトを活用し、独自の分散型取引所「Katana」を導入している点です。Katanaは、プレイヤー間の仮想通貨やトークンの取引を、第三者を介さず、スムーズかつ実施できるプラットフォームを提供しています。この革新的な取引環境は、ゲーム内での資産の流動性を飛躍的に高め、新たな取引体験をもたらしています。Axie Infinityの成功は、スマートコントラクト技術の可能性と、それを適切に活用したゲーム設計の重要性を示しています。

IBM® Food Trust

「IBM® Food Trust」は、食品供給チェーンの透明性と効率を大幅に向上させるための革新的なブロックチェーンベースのプラットフォームです。このプラットフォームは、食品の生産から消費者のテーブルまでの過程を通じて、生産者、加工業者、卸業者、流通業者といったさまざまな関係者を一つのネットワークに結びつけています。

その主要な機能として、スマートコントラクトを使用して食品の原産地、取引履歴、加工情報などの詳細データをリアルタイムで記録・共有することが可能です。これにより、サプライチェーン内の情報の真正性や追跡の簡便性が大きく向上し、消費者に信頼性の高い食品情報を提供できます。

さらに、このシステムの信頼性と実用性は、世界的な大企業「Walmart」や「Nestlé」をはじめとする多数の業者が「IBM® Food Trust」を採用していることで証明されています。彼らの参加により、食品供給チェーンの効率化と向上の新時代が幕を開けています。

Propy

国際的な不動産市場は、拡大の一途をたどっていますが、国ごとに異なる取引のルールや手続きの煩雑さが、その市場の流動性を阻害しているという現実が存在します。そんな中、この困難に直面する市場のニーズに応える形で誕生したのが「Propy」というスマートコントラクトベースのプラットフォームです。

「Propy」は、国境を越えた不動産取引を円滑に行えるよう設計されています。物件の出品から検索、そして取引の成立まで、一連の流れをこのプラットフォーム上で完結できます。取引の際、双方の合意文書は電子契約としてオンラインで行われ、また、支払いもビットコインやイーサリアムなどの暗号資産を使用して実行されます。

このシステムの核心には、不動産の所有権移転や取引の信頼性を保証するスマートコントラクトが組み込まれています。これにより、従来の不動産取引の課題やリスクを大幅に低減し、グローバルな不動産市場の新しいスタンダードを築くことを目指しています。

TradeWaltz

貿易取引は、多くの関係者間での煩雑な手続きが伴います。しかし驚くことに、これらのやり取りはまだ紙ベースやPDFで行われており、十分なデジタル化が求められているのが現状です。特に日本では、少子化問題による貿易実務者の人手不足も懸念されており、OECD諸国内での貿易手続きの効率性は低いと評価されています。

この課題を解決するための注目のプラットフォームが「TradeWaltz」です。TradeWaltzは、ブロックチェーン技術を駆使して、貿易情報の連携を迅速に実現しています。セキュリティを犠牲にすることなく、貿易の手続きをデジタルに変革しています。具体的な効果として、TradeWaltzを導入した企業では、業務処理の時間やコストを44〜60%も削減したとのデータが示されています。このように、ブロックチェーン技術の力を活用したTradeWaltzは、アナログな貿易取引環境の革命をもたらしているのです。

MakerDAO

分散型技術を活用して新たな組織運営の形を模索する「DAO」。これは、中央の管理者や所有者を必要とせず、自動化されたスマートコントラクトを通じて運営が行われる革命的な仕組みを指します。このDAOの実践例として挙げられるのが「MakerDAO」です。

MakerDAOはイーサリアムブロックチェーンを基盤とするDeFiプロジェクトの一つ。その特色は、価値が安定したステーブルコイン「DAI」の発行と管理機能です。従来の変動が大きい暗号資産とは異なり、DAIは安定した価値を維持することを目指しています。さらに、MakerDAOはレンディングプラットフォーム「DSR」も提供しており、ユーザーは資金を預けることで収益を得られます。

重要なのは、MakerDAOの全ての決定事項が、ガバナンストークン「MKR」の保有者による投票で決まる点。これにより、真の意味での分散型での運営が実現されており、スマートコントラクトの可能性を引き出しています。

スポンサーリンク

スマートコントラクトを活用する際の注意事項

スマートコントラクトは革命的な技術ですが、活用する際には様々な注意点が伴います。以下で解説していきます。

セキュリティー強化

スマートコントラクトは、ブロックチェーン上での自動化された取引を可能にする技術として注目されていますが、それ自体もセキュリティの観点から見れば脆弱性を持つことがあります。スマートコントラクトのコードは公開されるため、一度ブロックチェーンにデプロイされれば、内容を後から変更することは基本的にできません。そのため、デプロイ前にしっかりとセキュリティ対策を行い、脆弱性を持たないようにすることが非常に重要です。

過去には、スマートコントラクトのセキュリティ上の欠陥を悪用した攻撃が報告され、大きな損失を招く事件も発生しています。これらの事例を踏まえ、コントラクトの設計や実装段階で、コードのオーディットを徹底的に行うことが求められます。

また、スマートコントラクトを扱う開発者は、最新のセキュリティトレンドや技術を常にキャッチアップし、その知識をもとにコントラクトの安全性を高める必要があります。スマートコントラクトの導入を検討する際は、そのセキュリティ面の強化を怠らないように十分な注意が必要です。

エラーやバグに注意

スマートコントラクトは、自動で取引を実行する能力を持ちますが、それはダブルエッジの剣となることがあります。この自動化の性質が、エラーやバグがある場合、大きな問題を引き起こす可能性があるからです。スマートコントラクトは、一度ブロックチェーン上にデプロイされると、中身の修正や変更が難しいのが特徴です。したがって、事前のチェックや検証が非常に重要となります。

過去にも、スマートコントラクトのバグが悪用される事件が発生し、多額の資金が不正に移動される事態が生じたことがあります。これは、万全を期しても100%の完璧さは保証されないという現実を示しています。

そのため、スマートコントラクトの開発や導入を検討する際には、多角的なテストや専門家によるコードのオーディットを行うことが欠かせません。また、新たに発見される脆弱性に対応するための継続的な監視とアップデートの体制も必要とされます。スマートコントラクトを利用するためには、エラーやバグへの細心の注意とともに、適切な対策とリスク管理が不可欠です。

スポンサーリンク

スマートコントラクトに関するよくある質問

スマートコントラクトの技術には、多くの疑問も持たれています。以下は、一般的な質問とその回答を紹介します。

スマートコントラクトはどのような仕組みですか?

スマートコントラクトは、デジタル上での契約の一形態として、ブロックチェーン技術を基盤として動作します。具体的には、予め定められた条件やルールに基づき、自動的に取引や契約の履行を行うプログラムです。伝統的な契約とは異なり、中間業者を必要とせず、直接的な取引を保証するのが大きな特徴です。

この技術の背後には、ブロックチェーンという分散型のデータベースがあります。ブロックチェーンはデータの改ざんが極めて難しく、高い透明性と安全性を持つため、スマートコントラクトの実行における信頼性が確保されます。取引が開始されると、スマートコントラクトは自動的に条件を確認し、条件が満たされれば取引が実行されます。

スマートコントラクトは何種類ありますか?

スマートコントラクトは、その実装方法や用途に応じてさまざまなタイプに分類されます。主要なスマートコントラクトの種類としては以下のものが挙げられます。

シンプルな取引コントラクト: 基本的な条件を設定し、条件が満たされた際にトランザクションを自動実行するタイプです。例えば、AがBに特定の仮想通貨を送金すれば、自動的にBから商品が送られるというシンプルな取引を行います。

マルチシグネチャコントラクト: このタイプのコントラクトは、特定のアクションをトリガーするために複数の承認が必要となります。これは、大きな取引や組織内の意思決定など、複数の関係者の合意が必要な場合に使用されます。

DAO(分散型自律組織): スマートコントラクト技術を用いて構築される組織型のもので、組織の運営や投票、資金の管理などをコードで自動化します。

デクストラルコントラクト: 複雑なビジネスロジックや外部データの取得を必要とするアプリケーション向けのスマートコントラクトです。外部の情報を利用する場合はオラクルという中間サービスが必要となります。

これらはスマートコントラクトの基本的な分類であり、実際にはこれらの要素を組み合わせ、特定のニーズに合わせてカスタマイズされることが多いです。

スマートコントラクトプラットフォームとは何ですか?

スマートコントラクトプラットフォームは、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを構築・運用するためのフレームワークや環境を提供する基盤技術です。このプラットフォームを使用することで、開発者はトランザクションの条件をプログラムとして記述し、それが自動的に実行される仕組みを作成できます。

分散型アプリ(Dapp)は中央の管理者や仲介者が存在せず、スマートコントラクト技術を核として動作します。Dappの例としては、分散型取引所や資産管理ツール、ゲームなど多岐にわたるアプリケーションが存在します。

スマートコントラクトプラットフォームの導入により、事業者や開発者は、透明性の高い、セキュリティ、そして誤りの少ないシステムを構築できるようになります。これは、ブロックチェーン技術の特性を活用し、様々なビジネスやサービスのイノベーションを促進する鍵となる要素です。

スポンサーリンク

スマートコントラクトについてのまとめ

ここまでスマートコントラクトの活用事例についてお伝えしてきました。
スマートコントラクトの活用事例の要点をまとめると以下の通りです。

  • スマートコントラクトは、ブロックチェーン技術上で実行される、条件付きの自動実行契約のこと。
  • スマートコントラクトのメリットは、「データの改ざんや不正行為の防止」「契約や取引がよりスムーズに」「人為的ミスを防ぐ」「コストの削減」などがある。
  • スマートコントラクトを活用する際には、「セキュリティー強化」「エラーやバグに注意」しよう。

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

事業者向け
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア