カルダノ ¥68.87 3.19%
ドージコイン ¥19.77 4.77%
トンコイン ¥1,155.99 0.87%
XRP ¥91.23 4.74%
USDコイン ¥157.51 0.02%
ソラナ ¥26,889.15 6.62%
BNB ¥93,128.90 3.58%
テザー ¥157.59 0.08%
イーサリアム ¥551,607.63 2.55%
ビットコイン ¥10,504,052.11 4.09%
カルダノ ¥68.87 3.19%
ドージコイン ¥19.77 4.77%
トンコイン ¥1,155.99 0.87%
XRP ¥91.23 4.74%
USDコイン ¥157.51 0.02%
ソラナ ¥26,889.15 6.62%
BNB ¥93,128.90 3.58%
テザー ¥157.59 0.08%
イーサリアム ¥551,607.63 2.55%
ビットコイン ¥10,504,052.11 4.09%
カルダノ ¥68.87 3.19%
ドージコイン ¥19.77 4.77%
トンコイン ¥1,155.99 0.87%
XRP ¥91.23 4.74%
USDコイン ¥157.51 0.02%
ソラナ ¥26,889.15 6.62%
BNB ¥93,128.90 3.58%
テザー ¥157.59 0.08%
イーサリアム ¥551,607.63 2.55%
ビットコイン ¥10,504,052.11 4.09%
カルダノ ¥68.87 3.19%
ドージコイン ¥19.77 4.77%
トンコイン ¥1,155.99 0.87%
XRP ¥91.23 4.74%
USDコイン ¥157.51 0.02%
ソラナ ¥26,889.15 6.62%
BNB ¥93,128.90 3.58%
テザー ¥157.59 0.08%
イーサリアム ¥551,607.63 2.55%
ビットコイン ¥10,504,052.11 4.09%

金融業界でもスマートコントラクトは注目されているの?スマートコントラクトのメリットや取り組みを解説

事業者向け

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

金融業界でもスマートコントラクトは注目されているのかを知っていますか?
本記事では、金融業界でのスマートコントラクトについて以下の点を中心にご紹介します!

  • そもそもスマートコントラクトとは
  • スマートコントラクトのメリット
  • スマートコントラクトの金融分野での見通し

金融業界でもスマートコントラクトは注目されているのかについて理解するためにもご参考いただけると幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

▼Web3サービスにお困りの際はPacificMetaにご相談ください!

Pacific Metaは、仮想通貨を始めとするWeb3サービスの専門家集団です。Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、下記URLからぜひお問い合わせください。
お問い合わせページはこちら

スポンサーリンク

そもそもスマートコントラクトとは?

スマートコントラクトは「賢い契約」という意味を持ち、ブロックチェーン技術を基盤とする契約の自動化手段として位置づけられます。この概念は1994年に法学者・暗号学者のニック・スザボにより提唱されましたが、一般的な認知を受けたのは、ブロックチェーン技術を活用してスマートコントラクトの仕組みを実装したイーサリアムが登場した時です。ヴィタリック・ブテリンが考案したイーサリアムのブロックチェーンは、ビットコインのそれと同様に取引の記録を保存する機能を持ちますが、スマートコントラクトの実行能力が付加されているのが大きな特徴です。

スマートコントラクトは、契約の条件とその実行ルールをプログラムとして記述します。そして、定められた条件が満たされたときに自動的に契約が実行されるため、中間者を介さず直接取引や契約の履行が可能となります。これにより、効率的かつ透明性の高い取引が可能となるため、多岐にわたるプロジェクトやビジネスモデルの基盤として注目されています。

スポンサーリンク

スマートコントラクトのメリット

スマートコントラクトは中間者不要で透明かつ自動的な取引を実現し、革命的なビジネスの可能性を秘めています。以下で詳しく解説していきます。

透明性が高い

スマートコントラクトは、事前に定義されたルールに基づいて動作するプログラムであり、その適用はブロックチェーン上で行われます。このブロックチェーンの性質上、スマートコントラクトによって実行された取引や活動は、ネットワークの参加者全員に公開されるため、その透明性が非常に高いと言えます。すなわち、何らかの不正や誤動作が生じた場合、その内容は明確になり、容易に検知・確認することが可能です。

また、ブロックチェーンの非中央集権的な性質を考慮すると、スマートコントラクトの存在価値はさらに大きくなります。この非中央集権性は、集中権力の無い環境での公正な取引やアクションの確保に寄与します。スマートコントラクトは、この公平な土壌上で事前に民主的に合意されたルールを正確に実装・実行するための適切なツールとして位置づけられます。結果的に、参加者間の信頼を高め、透明な取引や活動を支える重要な役割を果たします。

契約内容が改ざんされない

スマートコントラクトは、ブロックチェーン技術を活用した契約の形態であり、その特性上、中央管理者や第三者の介入が必要ないため、契約内容が容易に改ざんされることがないという強力なメリットがあります。ブロックチェーンは、情報をネットワーク上の複数のノードで分散して保持するため、一つのデータや契約内容を不正に変更するには、ネットワーク上の大多数のノードで同時に改ざんを行う必要があります。この特性により、スマートコントラクトの内容が一度ブロックチェーンに記録されると、その後の改ざんや不正操作が極めて難しくなります。

このように、ブロックチェーンの分散的な性質と組み合わさったスマートコントラクトは、契約の透明性と信頼性を大きく高める要因となります。契約当事者は、スマートコントラクトが正確にプログラムされた条件に従って動作し、その内容が不変であることを信頼できるのです。これにより、取引が向上し、様々なビジネスモデルやサービスにおいて革命的な変化をもたらす可能性が広がっています。

コストを削減可能

スマートコントラクトは、ブロックチェーン技術を活用して契約の実行を自動化することで、伝統的な取引の中で必要とされる仲介業者や管理者を大きく削減、もしくは完全に排除できます。この自動化と仲介業者の排除により、関連する手数料や管理費用が削減されるため、取引全体のコストを大幅に下げることが可能です。

さらに、スマートコントラクトを基盤としたDapps(分散型アプリケーション)を通じて提供されるサービスも、伝統的なサービスよりコストの面でのメリットが期待されます。なぜなら、Dappsは中央のサーバーや管理者が不要で、スマートコントラクトのプログラムが取引やサービスの履行を担当するため、ユーザーは仲介業者に関連する追加コストを支払う必要がありません。

このように、スマートコントラクトは経済的な効率性を高めるポテンシャルを持ち、多くのビジネスや産業での適用が進むことで、ユーザーや事業者にとっての負担軽減とサービスの革新が促進されることが期待されます。

スポンサーリンク

スマートコントラクトのデメリット

スマートコントラクトは多くのメリットを持つ一方、誤ったプログラムや不変性が招く問題点も無視できません。以下で解説していきます。

所要時間が長くなることが考えられる

スマートコントラクトが革命的な技術として注目される一方、実際の適用においてはブロックチェーンの課題が影響させる場合があります。特に現在のブロックチェーン技術におけるスケーラビリティの問題は、利用者が増加するとともに取引処理時間の増加を招きやすくなっています。

簡単なボールペン1本の購入でさえ、この技術的制約により予想外に時間がかかるケースも考えられるのです。理想的には瞬時に処理が完了することが期待されるスマートコントラクトも、実際には現行のブロックチェーン技術の制約で利便性が損なわれるリスクが存在します。このような課題は、ブロックチェーン技術の進化とともに解消を待つ部分も多く、その発展に伴い、スマートコントラクトの真価がより一層発揮されることを期待しています。

契約後の変更が難しい

スマートコントラクトは、あらかじめ定義された条件とともにブロックチェーン上に実装されます。この固定された性質が、一度契約が締結されると後からの変更が難しくなる主要な要因となっています。従来の契約では、双方の合意により内容を変更することが可能ですが、スマートコントラクトの場合はその変更プロセスが複雑になります。

具体的には、契約内容を変更するためには、新たなスマートコントラクトを実装し直す必要が出てきます。これは、特定の状況や緊急性を要する変更に対して柔軟に対応するのが難しく、契約の機動性に制約が生じるというデメリットとなります。この特性を理解し、スマートコントラクトを利用する際には、事前の慎重な契約内容の確認と、将来の変更の可能性を十分に考慮することが求められます。

ブロックチェーンの特性が引き起こす問題点

ブロックチェーン技術は、その分散性と不変性の特性から多くの革新的な利用シーンを生み出していますが、同時に独自の問題点も持っています。従来の中央集権的な金融システムでは、問題が発生した際、対象となる一つのサーバを一時的に停止して問題を修正することが可能です。

しかしながら、ブロックチェーンの場合、データはネットワーク全体に分散して保存されており、このネットワークを構成する各ノードが共通の情報を持っています。このため、サービスに問題が発生した際に、全ノードを一斉に停止することは現実的に難しいのです。更に、ブロックチェーン上の情報は原則として不変であるため、既に記録されたデータの変更も困難です。このような特性から、スマートコントラクトやブロックチェーンベースのサービスを提供する際には、実装前の事前検証の重要性が高まり、十分な注意が必要とされます。

スポンサーリンク

金融業界におけるスマートコントラクト

金融業界において、スマートコントラクトは取引の透明性と効率を革命的に高める要因となっています。以下で詳しく解説していきます。

レンディング

金融業界における「レンディング」は、貸し出しを指す用語として広く認知されています。この概念は、スマートコントラクト技術を基盤とした暗号資産の世界でも新たな形で具現化されています。その一例として、Compound(コンパウンド)というサービスが挙げられます。利用者は暗号資産をCompoundへと担保として預け入れることで、その対価として「cToken」を受け取れます。

そして、ユーザーが望む時点でこの「cToken」を利用して、預けた暗号資産を取り戻すことが可能です。さらに、取り戻す際には、初めに預けた額に加えて利息が上乗せされる形で返却されるのです。このように、スマートコントラクトは金融業界における従来のレンディング概念を技術的に革新し、更なる可能性をもたらしています。

DEX(分散型取引所)

分散型取引所(DEX)は、従来の中央集権的な取引所とは異なり、スマートコントラクトを活用して取引プロセスを自動化し、ユーザー間の直接の取引をサポートします。この技術的アプローチにより、セキュリティや透明性の向上が期待されています。その中で注目を集めているのが「Uniswap(ユニスワップ)」であり、多くのユーザーからの支持を受けています。Uniswapでは、スマートコントラクトを活用して取引価格の決定や市場の流動性の維持が行われています。ユーザーは中央機関を介さずに、スマートコントラクトを通じて効率的かつ透明に取引を実行することが可能となっており、金融業界における取引の新しいスタンダードとして、DEXが急速に浸透しているのです。

その他の取り組み

金融業界は、常に技術革新を求められる分野の一つであり、スマートコントラクトはその最新の取り組みとして急速に注目を浴びています。スマートコントラクトは、取引の自動化や効率化を可能にする技術として、金融取引の透明性と信頼性を向上させるポテンシャルを持っています。

多くの銀行や金融機関は、この新技術を活用し、より迅速かつ低コストなサービス提供を目指しています。例えば、国際送金の手続きを簡略化するための取り組みや、複雑な金融商品の取引を効率化するためのプラットフォーム開発などが進行中です。また、スマートコントラクトは、取引を高めるための重要な手段ともなっており、フラウドや不正取引のリスクを大幅に軽減することが期待されています。

総じて、金融業界におけるスマートコントラクトの取り組みは、業界全体のサービス品質と効率性を向上させるための鍵となっているのです。

スポンサーリンク

スマートコントラクトの金融分野での見通し

スマートコントラクトは金融業界に革命をもたらし、次世代の金融サービスの核となるでしょう。以下で詳しく解説していきます。

仲介なしでサービスを使用できる可能性

スマートコントラクトの力を借りれば、従来必要だった中間業者の介在を大きく削減し、より効率的な金融取引の実現が期待されます。ブロックチェーンに基づくこの技術は、情報を自動的に、そして確実に処理する能力を持ち、これにより多くの金融トランザクションがよりシンプルかつ迅速に行われる可能性が広がっています。

具体的な応用例としては、自動販売機がスマートコントラクトを利用し、金融機関とのブロックチェーン連携を通じて、ユーザーの支払いや集金を自動で行うシステムが考えられます。このように、スマートコントラクトは、金融仲介業者を減少させることでコストを削減し、取引の効率を上げる未来を切り開く可能性を持っています。

新しいサービスの開発

近年、金融業界はDeFi(分散型金融)の台頭とともに、急速な変革を遂げています。特に証券業界では、決済手段、債権発行、デリバティブ契約、さらには配当などの各セグメントでスマートコントラクトの活用が進行中です。多くの分散型金融サービスがEthereumプラットフォーム上で展開されていることから、既存のサービス同士を連携させ、新しい価値を生み出すサービスの開発が容易となっています。

このような背景の下、スマートコントラクトの持つ自動実行と確固たるルールセットは、金融業界における取引や契約の標準化に大きく貢献しています。この技術的進化により、より透明で効率的な金融サービスの展開が加速しているのです。

スポンサーリンク

金融業界でのスマートコントラクトについてのまとめ

ここまで金融業界でのスマートコントラクトについてお伝えしてきました。
金融業界でのスマートコントラクトの要点をまとめると以下の通りです。

  • スマートコントラクトは、「賢い契約」という意味を持ち、ブロックチェーン技術を基盤とする契約の自動化手段として位置づけられている。
  • スマートコントラクトのメリットは、「透明性が高い」「契約内容が改ざんされない」「コストを削減可能」などが挙げられる。
  • スマートコントラクトの力を借りれば、従来必要だった中間業者の介在を大きく削減し、より効率的な金融取引の実現が期待されている。

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

事業者向け
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア