カルダノ ¥68.41 -0.51%
トンコイン ¥1,154.87 0.69%
ドージコイン ¥21.03 7.15%
XRP ¥92.93 2.02%
USDコイン ¥157.53 0.0044%
ソラナ ¥26,690.46 -0.35%
BNB ¥93,706.58 -0.27%
テザー ¥157.62 0.03%
イーサリアム ¥551,006.63 0.28%
ビットコイン ¥10,512,577.11 0.76%
カルダノ ¥68.41 -0.51%
トンコイン ¥1,154.87 0.69%
ドージコイン ¥21.03 7.15%
XRP ¥92.93 2.02%
USDコイン ¥157.53 0.0044%
ソラナ ¥26,690.46 -0.35%
BNB ¥93,706.58 -0.27%
テザー ¥157.62 0.03%
イーサリアム ¥551,006.63 0.28%
ビットコイン ¥10,512,577.11 0.76%
カルダノ ¥68.41 -0.51%
トンコイン ¥1,154.87 0.69%
ドージコイン ¥21.03 7.15%
XRP ¥92.93 2.02%
USDコイン ¥157.53 0.0044%
ソラナ ¥26,690.46 -0.35%
BNB ¥93,706.58 -0.27%
テザー ¥157.62 0.03%
イーサリアム ¥551,006.63 0.28%
ビットコイン ¥10,512,577.11 0.76%
カルダノ ¥68.41 -0.51%
トンコイン ¥1,154.87 0.69%
ドージコイン ¥21.03 7.15%
XRP ¥92.93 2.02%
USDコイン ¥157.53 0.0044%
ソラナ ¥26,690.46 -0.35%
BNB ¥93,706.58 -0.27%
テザー ¥157.62 0.03%
イーサリアム ¥551,006.63 0.28%
ビットコイン ¥10,512,577.11 0.76%

メタバースは教育に活用できる?メリットや実践例を徹底解説!

事業者向け

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

メタバースとは何かご存知でしょうか?
本記事では、今話題のメタバースについて分かりやすく以下の点を中心にご紹介します!

  • そもそもメタバースとは?
  • メタバースが教育の分野で注目されている理由
  • メタバースを教育に活用するメリット

メタバースについて理解するためにもご参考いただけると幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

そもそもメタバースとは?

メタバースとは、仮想空間の一種で、インターネット上に構築される3次元の世界です。
このデジタル空間では、個々のユーザーがアバターと呼ばれる仮想の自己像を操作し、仮想世界内で活動します。

メタバースの特徴は、現実世界に極めて近い体験を提供することです。
時間が絶えず流れ、ユーザーはアバターを通じてコミュニケーションを取り、さまざまな活動を楽しめます。
この概念は「Meta(超越)」と「Universe(世界)」を組み合わせた言葉で、ニール・スティーブンソンのSF小説「スノウ・クラッシュ」に由来します。

メタバースは新しい概念として注目されていますが、そのルーツは2003年に登場した「Second Life」など、2000年代初頭から存在しており、仮想空間内でのコミュニケーションや経済活動はすでに実現されていました。

スポンサーリンク

メタバースが教育の分野で注目されている理由

メタバースが教育界で注目される理由は、没入型学習や国際交流の新たな可能性を提供するからです。以下で詳しく解説していきます。

学校教育のIT化

日本では教育のIT化が欧米より遅れていましたが、2020年度までに全国の小中学校で1人1台PCの整備を目指す方針を示し、徐々にIT化への動きが進んでいます。
さらに、新型コロナウイルスの感染拡大により、オンライン授業への抵抗感が低まりました。
このような背景から、ITを活用した教育環境が整備され、メタバースの活用が進む可能性が高まっています。

教育分野でのメタバースの導入は、新しい学習体験と国際交流を提供し、教育の未来に大きな影響を与えるでしょう。

元々教育や研修を目的に開発された技術

メタバースは現在、ゲームやSNSなどで注目を集めていますが、教育分野でも大きな期待が寄せられています。
その特長的な3D仮想空間を活かして、テキストベースでは理解が難しいコンテンツを3Dで視覚的に表現し、危険な環境を再現できます。

メタバースの基盤となるVR(仮想現実)は、もともとは戦時中のパイロット訓練のために開発された技術で、教育や研修分野で活用されてきました。
この歴史的な経緯から、メタバースは教育分野での展開において大きなポテンシャルを秘めていると言えるでしょう。

スポンサーリンク

メタバースを教育に活用するメリット

メタバースを教育に取り入れるメリットは、没入感ある学習体験で知識をより深く定着できる点です。以下で詳しく解説していきます。

距離に関係なくコミュニケーションを図れる

メタバースを活用することで、地理的な距離に関係なくコミュニケーションを図るメリットがあります。このテクノロジーを利用することで、遠隔地に住む生徒とも仮想空間内で対話や協力が可能となります。
インターネット接続があれば、どこからでもアバターを通じてコミュニケーションでき、物理的な距離を超えた交流が実現します。

このような環境を活かし、国際的な文化交流を授業に組み込むことも容易です。
生徒たちは異なる文化や価値観に触れ、国際的な視野を広げる機会を得られます。

さらに、通常では出会うことが難しい人々との交流も促進され、新たな友人やメンターを見つけるチャンスが広がります。

メタバースは、距離を克服し、多様な人々とつながるための革新的な教育ツールと言えるでしょう。

アバターを通した体験学習

メタバースはアバターを通じて体験学習を可能にする革新的な教育ツールです。
このアプローチのメリットは、アバターを通じて実際のアクションを体験できることにあります。

例えば、化学の実験を仮想空間で行うことができます。
これにより、受動的な学習ではなく、生徒たちは自分のアバターを操作して実験を行い、結果を自身で確認できます。

この体験学習のアプローチにより、知識だけでなく実践的なスキルや理解も深化します。
生徒たちはアバターを介して問題を解決し、実際の行動によって学びを得られ、学習内容がより実用的で身につきやすくなります。
メタバースを通じた体験学習は、教育の未来を切り拓く新たな方法の一つと言えるでしょう。

バーチャルならではの体験ができる

メタバースの魅力は、バーチャル空間でしか実現できない疑似体験ができることです。
この特性を活かして、教育分野でさまざまなメリットが生まれています。

例えば、歴史の勉強において、生徒たちは過去の戦場に足を踏み入れ、戦争の実情を自らのアバターを通じて体験できます。
これは現実世界では実現不可能なことですが、メタバースでは危険を冒すことなく臨場感ある体験ができます。

このような疑似体験を通じて、学生たちは学習内容をより深く理解し、記憶に残りやすくなります。
メタバースを活用することで、教育はより魅力的なものとなり、生徒たちに新たな学びの体験を提供します。

スポンサーリンク

メタバースを教育に活用するデメリット

メタバースを教育に活用する際には、注意すべきデメリットも存在します。デメリットを確認していきましょう。

初期費用がかかる

メタバースを教育に活用する際のデメリットの一つは、初期費用がかかることです。
独自のメタバース空間を構築する際には、制作費用や運用費用がかかり、数百万円以上の投資が必要となることが一般的です。

また、一部のメタバースではVRヘッドセットが必要であり、これらを全ての生徒に提供する場合、大規模な資金が必要です。
手軽に学習できるスマートフォンやパソコンを利用するメタバースも存在しますが、導入にはコストがかかるため、予算や用途に合わせて検討が必要です。

利用できるコンテンツが少ない

メタバースを教育に活用する際のデメリットの一つは、まだ利用できるコンテンツが限られていることです。
メタバースはまだ発展途上の技術であり、教育に特化した多くのコンテンツが提供されていないため、すべての教育領域をメタバース空間でカバーするのは難しいでしょう。
また、特定の教育テーマに合ったコンテンツが存在しない可能性も考えられます。

しかし、将来的にはメタバースが成長し、多くの教育コンテンツが提供されることが期待されています。
総務省の情報によれば、メタバースの世界市場は今後急成長すると予想されており、市場の拡大に伴い教育分野におけるコンテンツも増加する可能性があります。

現在は利用できるコンテンツが限られている点がデメリットとされますが、将来的な展望は明るいと言えるでしょう。

スポンサーリンク

メタバース教育の実践例

メタバースが教育にどのように活用されているか知っていますか?メタバース教育の実践例を以下で紹介します。

通信制高校のVR授業

ある通信制高校では、VR授業を行っています。生徒はVRゴーグルを装着し、教室を模した仮想空間で授業を受けます。
この高校は、すでに300本以上のVR授業コンテンツを制作し、生徒たちは好きな時間と場所で授業を受けられます。

この取り組みは、未来の教育スタイルを示唆しており、通学制度に革命をもたらす可能性があります。

英会話スクールのVRライブレッスン

日本人がネイティブレベルの英会話スキルを身につけるためには、ネイティブスピーカーとのコミュニケーションが不可欠です。
この課題に対処する英会話スクールは、メタバース内で実現可能なリアルな英会話の機会を提供しています。メタバース内での冒険を通じて英語に触れ、学べることです。
また、教室だけでなく、ファストフード店、空港、ホテルなど様々なシチュエーションが40以上用意され、そこで英会話の訓練が行えます。

生徒たちは、シーンごとに内容に合わせた英会話練習ができることを高く評価しています。これにより、英語学習がより実践的で楽しいものになっています。

企業の新入社員研修

TOPPANは、2022年度の新入社員研修において、従来の完全オンライン研修に加えて、新たなコミュニケーションプラットフォームとして自社開発のメタバースショッピングモールアプリ「メタパ」をカスタマイズし、新入社員同士の交流を促進するために導入しました。
これにより、新しい形の社員研修が実現し、新入社員同士のコミュニケーションと協力が強化されました。
メタバースを活用することで、よりインタラクティブな研修が可能になり、企業の成長と従業員のスキル向上に貢献しました。

スポンサーリンク

メタバースと教育についてのまとめ

ここまでメタバースと教育についてお伝えしてきました。
メタバースと教育についての要点をまとめると以下の通りです。

  • メタバースとは、仮想空間の一種で、インターネット上に構築される3次元の世界のこと
  • メタバースが教育の分野で注目されている理由は、「学校教育のIT化」「元々教育や研修を目的に開発された技術」などがある
  • メタバースを教育に活用するメリットは、「距離に関係なくコミュニケーションを図れる」「アバターを通した体験学習」「バーチャルならではの体験ができる」

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

事業者向け
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア