カルダノ ¥68.69 3.11%
ドージコイン ¥19.57 4.78%
トンコイン ¥1,143.62 0.11%
XRP ¥91.03 2.10%
USDコイン ¥157.50 -0.01%
ソラナ ¥26,772.25 8.63%
BNB ¥93,195.67 4.33%
テザー ¥157.55 0.02%
イーサリアム ¥552,587.57 2.99%
ビットコイン ¥10,536,514.13 5.14%
カルダノ ¥68.69 3.11%
ドージコイン ¥19.57 4.78%
トンコイン ¥1,143.62 0.11%
XRP ¥91.03 2.10%
USDコイン ¥157.50 -0.01%
ソラナ ¥26,772.25 8.63%
BNB ¥93,195.67 4.33%
テザー ¥157.55 0.02%
イーサリアム ¥552,587.57 2.99%
ビットコイン ¥10,536,514.13 5.14%
カルダノ ¥68.69 3.11%
ドージコイン ¥19.57 4.78%
トンコイン ¥1,143.62 0.11%
XRP ¥91.03 2.10%
USDコイン ¥157.50 -0.01%
ソラナ ¥26,772.25 8.63%
BNB ¥93,195.67 4.33%
テザー ¥157.55 0.02%
イーサリアム ¥552,587.57 2.99%
ビットコイン ¥10,536,514.13 5.14%
カルダノ ¥68.69 3.11%
ドージコイン ¥19.57 4.78%
トンコイン ¥1,143.62 0.11%
XRP ¥91.03 2.10%
USDコイン ¥157.50 -0.01%
ソラナ ¥26,772.25 8.63%
BNB ¥93,195.67 4.33%
テザー ¥157.55 0.02%
イーサリアム ¥552,587.57 2.99%
ビットコイン ¥10,536,514.13 5.14%

仮想通貨のステーキングとは?始め方とメリット・デメリットを解説!

仮想通貨

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

仮想通貨でステーキングという言葉を聞いたことはあっても、どのような仕組みかわからない人も多いでしょう。

ステーキングは仮想通貨を保有しているだけで報酬を得ることができる仕組みのことです。
銀行に現金を預けるより利回りが高いため、資産運用の方法として期待されています。

今回Pacific Meta マガジンでは、仮想通貨のステーキングについて以下の内容を紹介します。

  • ステーキングとは何か
  • ステーキングの始め方
  • ステーキングを行うメリット・デメリット

ステーキングできる仮想通貨も紹介します。

スポンサーリンク

仮想通貨のステーキングとは

仮想通貨のステーキングとは

ステーキングとは仮想通貨をより多く、長期間保有することでコンセンサスアルゴリズムに基づいたブロックチェーンの維持に貢献して、
そのリターンとして報酬を得る仕組みのことです。

コンセンサスアルゴリズムは数種類あり、仮想通貨ごとで採用されているものは異なっています。

ステーキングはPoS(Proof of Stake)やそこから派生したDPoS(Delegated Proof of Stake)などのコンセンサスアルゴリズムを採用した仮想通貨のみで可能です。

仮想通貨のコンセンサスアルゴリズム(オリジナル)

コンセンサスアルゴリズムとはブロックチェーンにおいてブロックを追加する際のルールです。

ステーキングが可能である仮想通貨はその通貨が採用しているコンセンサスアルゴリズムが大きく関わっています。
そのため、ステーキングの仕組みを理解するためにコンセンサスアルゴリズムとは何かを知る必要があります。

このパートでは、コンセンサスアルゴリズムとは何かを説明して、ステーキングが可能な仮想通貨を紹介します。
どの仮想通貨でステーキングを始めるかを選ぶ際に参考にしてみてください。

コンセンサスアルゴリズムとは

仮想通貨は取引データを特定の中央機関が管理するのではなく、ブロックチェーン技術を活用して非中央集権的に取引データを管理しています。

ブロックチェーン技術では世界中の通貨利用者が同じデータを持っているため、取引データの破損や改ざん、捏造にすぐに対応出来るようになっています。
そこで、どのデータが正しいかどうかを検証して合意する必要があります。

その検証・合意を行うルールのことをコンセンサスアルゴリズムといいます。

コンセンサスアルゴリズムが必要な理由

ブロックチェーンではどのデータが正しいかどうか意思決定する中央管理者が存在しません。

そのため、データの破損や改ざんなどによって分散的に管理しているデータが異なるときに、”どのデータが正しいかどうか”を決定してネットワーク参加者同士で合意する必要があります。

つまり、この合意を行うルールであるコンセンサスアルゴリズムは非中央集権的に取引データを管理するために必要です。

コンセンサスアルゴリズムの種類

コンセンサスアルゴリズムは”合意する上で何が重要か”という考えによって開発されてきました。
それぞれに特徴や課題点があり、仮想通貨の特徴や利用目的によって採用されます。

ここでは、代表的な6つのコンセンサスアルゴリズムを紹介します。

PoW(Proof of Work)

PoWはマイナーと呼ばれる参加者が膨大な計算によって取引データの正当性を証明するアルゴリズムであり、データの改ざんが難しいという利点があります。
しかし、デメリットとして膨大な計算を行うため消費電力量が大きいことが挙げられます。

マイナーが膨大な計算作業によってブロックチェーンにブロックをセットするための値(ナンス値)を導き出します。
導き出したナンス値を公開し、最も早く他のマイナーに合意されることでブロックを追加する権利を得ます。

代表通貨として世界で初めての仮想通貨であるビットコインが挙げられます。
そのため、ライトコイン、ビットコインキャッシュなど他の多くの仮想通貨でも採用されています。

PoS(Proof of Stake)

PoSは仮想通貨の保有量の多さで取引データの正当性を証明するアルゴリズムであり、PoWに比べて消費電力量を大きく削減することができます。
そのため、承認スピードが速く、環境に優しいというメリットがあります。

しかし、仮想通貨をより多く保有する必要があるため、通貨の流動性が低下することが課題です。

PoSではブロックを生成する権利がランダムに与えられますが、通貨の保有量が多いほどブロックの生成権を手に入れる確率が高まります。

代表通貨はイーサリアムとエイダコインです。
イーサリアムは元からPoSが採用されていたわけではなく、2022年9月にPoWからPoSに移行しました。

PoI(Proof of Importance)

PoIは先ほど紹介したPoSの発展型で仮想通貨に対する重要度で取引データの正当性を証明するアルゴリズムです。

PoIでは保有量の他に、取引回数や取引量などの指標を儲けることで仮想通貨に対する重要度を決定します。
その重要度をもとにブロックの生成する権利が与えられます。

取引回数や取引量も加味されるためPoSの課題点である流動性の低下を防ぐことができます。

代表通貨はゼムが唯一の採用例といわれています。

PoC(Proof of Consensus)

PoCは他のコンセンサスアルゴリズムと違いバリデーターと呼ばれる取引の承認を行う管理者が存在しており、バリデーター同士で合意することでブロックが追加されます。

管理者が決まっていて中央集権的であるため、管理者の不正に対して第三者が介入できず、不正を見抜くことができないという問題があります。

しかし、バリデーターは信頼性の高い企業や組織が選出されており、改ざんなどの可能性は低いと言われています。
また、限定されたバリデーターのみで承認作業を行うため、処理速度が速く、消費電力も少ないという利点があります。

代表通貨はリップルで処理速度の速さから国際送金システムとして利用されています。

DPoS(Delegate Proof of Stake)

DPoSはPoSの発展型でブロックの生成権ではなく、ブロックの生成者を選出するための投票権保有量に応じて与えられます。
投票により選出するため、より民主的なアルゴリズムと言われています。

また、ブロック生成の承認者の数がPoSに比べて少なく、処理スピードが速いというメリットがあります。

代表通貨はリスク、トロンなどが挙げられます。

PoH(Proof of History)

PoHは取引データに順序付けを行って、その順序の検証を行うアルゴリズムです。

PoWでは順序づけされていない取引データがまとめてブロックに入れられます。
そのため、取引の起こった日付と時刻をデータに追加する必要があります。

PoHでは取引データに順序づけを行うことで、日付と時刻のデータを追加する手間を省き承認時間を大幅に短縮できます。

代表通貨はソラナであり、処理速度が他の仮想通貨に比べて高速であることが期待されています。

ステーキングできる通貨

ステーキングとは保有することでブロックチェーンの維持に貢献して、そのリターンとして報酬を得るという仕組みです。

そのため、これまで紹介したコンセンサスアルゴリズムの中でも、
長期間保有することでブロックの追加に貢献することができるPoSとDPoSを採用している仮想通貨でステーキングが可能です。

スポンサーリンク

仮想通貨のステーキングの仕方

仮想通貨取引所を通してステーキングを行う

仮想通貨取引所では対象の仮想通貨を購入して一定量保有するだけで良いため、初心者でも気軽に始めることができます。

仮想通貨取引所でステーキングを始める流れは

  1. 仮想通貨取引所で口座を開設する。
  2. 口座に日本円を入金する。
  3. ステーキング対象の銘柄を一定量以上購入する。

仮想通貨取引所で口座を開設

まず、ステーキングサービスを展開している仮想通貨取引所の口座を開設します。
おすすめの仮想通貨取引所は以下の3つです。

  • GMOコイン
  • BITPOINT
  • SBI VCトレード

口座に日本円を入金する

開設した口座によって銀行振り込みや即時入金など様々な入金方法が用意されています。

ステーキングを始めるためには、当然ですが仮想通貨を購入する必要があります。

そのため、日本円を入金して仮想通貨を購入する準備を整えましょう。

対象銘柄を購入する

入金が完了したら、好きな仮想通貨を購入しましょう。

おすすめの取引所に対応している仮想通貨を以下にまとめます。

GMOコイン コスモス(ATOM)、ポルカドット(DOT)、
シンボル(XYM)、カルダノ(ADA)など
BITPOINT エイダ(ADA)
SBI VCトレード イーサリアム(ETH)、ポルカドット(DOT)、
カルダノ(ADA)、ソラナ(SOL)など

 

仮想通貨の公式サイトから直接行うステーキング

ステーキングは取引所を通さなくても自分自身で公式サイトにアクセスすることで行うことができます。

ここではカルダノ(ADA)のステーキングを例に説明します。

  1. ADA専用であるダイダロスウォレットをダウンロードする
  2. Shelleyウォレットの新規作成を行う。
  3. Binanceなどの取引所でADAを購入してウォレットに入金する。
  4. ステークプールに委任する

上記のようにステーキングを行うことができますが、通貨によっては英語が必須であるなど難易度が高くなっています。

スポンサーリンク

仮想通貨のステーキングのメリット&デメリット

仮想通貨のステーキングのメリット

ステーキングのメリットとして主に以下の3つが挙げられます。

  • 申し込みや契約の手間が必要がない
  • 銀行に比べて高い利回り
  • 仮想通貨を安定させることに貢献できる

申し込みや契約の手間が必要がない

仮想通貨取引所を利用すれば申し込みや契約をする必要がなく、一定量保有しているだけで自動的に分配されて報酬を得ることができます。

そのため、長期間保有することで何もしなくても儲けることができます。

銀行に比べて利回りが良い

銀行に現金を預けるよりもステーキングを行う方が利回りが良いため、より早く資産形成ができます。

ステーキングの利回りは仮想通貨取引所によっても異なっています。
以下の表にそれぞれの利回りをまとめます。

銀行 0.001%前後
GMOコイン 1.3~7.2%
BITPOINT ~5.3%
SBI VCトレード 2~18%

仮想通貨によっては10%を超える利回りであるため圧倒的に利回りが高いといえます。
全ての仮想通貨取引所に対応しているADAで比較しても

GMOコイン 2.5~3.5%
BITPOINT ~5.3%
SBI VCトレード 2.9%

と大きく異なるため仮想通貨取引所の選択も重要になります。

仮想通貨を安定させることに貢献できる

ステーキングに参加するとブロックチェーンの維持に貢献することができます。
ブロックチェーンを維持することで仮想通貨が安定するため、自身の資産を守ることにもつながります。

仮想通貨のステーキングのデメリット

ステーキングのデメリットとして主に以下の3つが挙げられます。

  • 価格が暴落する可能性がある
  • 短期間に一気に稼ぐことが難しい
  • ロックが必要な場合がある

価格が暴落する可能性がある

仮想通貨は価格変動が激しいため、暴落する恐れがあります。
そのため、利回りでカバーできない程の価格の下落によって元本割れを起こす可能性があります。

短期間に一気に稼ぐことが難しい

ステーキングは長期保有によって報酬を得るため、デイトレードなどの短期的な投資ほどの大きな利益は期待できません。

ロックが必要な場合がある

仮想通貨によってはステーキングするために、仮想通貨をロックして仮想通貨を動かせない状態にする必要があるものもあります。

ロックすると価格の下落に対応出来なくなるため、大きな損失を生む可能性があります。

スポンサーリンク

仮想通貨のステーキングについてのまとめ

今回Pacific Meta マガジンでは、仮想通貨のステーキングについて以下の3点について詳しく説明しました。

  • ステーキングとは仮想通貨を保有することで報酬をもらえる仕組み
  • 仮想通貨取引所で手続きなしでステーキングを行うことができる
  • メリットは利回りの良さ・手軽さ

ステーキングは比較的ローリスク・ローリターンな資産運用方法です。
まずは、仮想通貨取引所で口座開設をして仮想通貨に触れてみてください。

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

仮想通貨
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア