カルダノ ¥69.24 1.05%
ドージコイン ¥19.43 8.76%
トンコイン ¥1,197.32 3.06%
XRP ¥84.57 0.84%
USDコイン ¥158.14 0.01%
ソラナ ¥24,792.91 7.25%
BNB ¥91,431.12 7.26%
テザー ¥158.25 0.04%
イーサリアム ¥543,801.53 7.31%
ビットコイン ¥10,084,307.17 5.97%
カルダノ ¥69.24 1.05%
ドージコイン ¥19.43 8.76%
トンコイン ¥1,197.32 3.06%
XRP ¥84.57 0.84%
USDコイン ¥158.14 0.01%
ソラナ ¥24,792.91 7.25%
BNB ¥91,431.12 7.26%
テザー ¥158.25 0.04%
イーサリアム ¥543,801.53 7.31%
ビットコイン ¥10,084,307.17 5.97%
カルダノ ¥69.24 1.05%
ドージコイン ¥19.43 8.76%
トンコイン ¥1,197.32 3.06%
XRP ¥84.57 0.84%
USDコイン ¥158.14 0.01%
ソラナ ¥24,792.91 7.25%
BNB ¥91,431.12 7.26%
テザー ¥158.25 0.04%
イーサリアム ¥543,801.53 7.31%
ビットコイン ¥10,084,307.17 5.97%
カルダノ ¥69.24 1.05%
ドージコイン ¥19.43 8.76%
トンコイン ¥1,197.32 3.06%
XRP ¥84.57 0.84%
USDコイン ¥158.14 0.01%
ソラナ ¥24,792.91 7.25%
BNB ¥91,431.12 7.26%
テザー ¥158.25 0.04%
イーサリアム ¥543,801.53 7.31%
ビットコイン ¥10,084,307.17 5.97%

ブロックチェーンエンジニアへ転職するには?年収・将来性・求人サイトなど!

ブロックチェーンエンジニア 転職 ゲーム業界への転職・就職

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

今や知らない人はほとんどいないといっても過言ではない仮想通貨という存在を支えているのが、ブロックチェーンという技術です。

実は最近、少しずつ求人が増えてきているということはご存じでしょうか?
ブロックチェーンエンジニアはまだまだ供給が足りていないので、今からでもブロックチェーンエンジニアになることができるんです。

そこで今回Pacific Metaマガジンでは、ブロックチェーンエンジニアへの転職について以下の内容を解説していきます。

  • ブロックチェーンエンジニアとは
  • なぜ今ブロックチェーンエンジニアがおすすめなのか
  • 未経験者の転職におすすめのエージェント
  • ブロックチェーンエンジニアとして必要になるプログラミングスキル

ブロックチェーンエンジニアを目指している人にとって役に立つはずなので、ぜひ最後までご覧ください?‍

そら
そら
最後まで見てね~
スポンサーリンク

そもそもブロックチェーンエンジニアとは?

ブロックチェーンエンジニアとはブロックチェーンと呼ばれるデータベース技術を専門的に取り扱うエンジニアのことを指します。

電子取引サービスやブロックチェーン技術を使用したアプリ開発、顧客の要求に応えるブロックチェーンパッケージの作成など多岐にわたります。

現在も様々な研究が行われているので今以上にこの技術を使用する場面が増えてくると予想されているんですよ

「ブロックチェーンエンジニアとは」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ブロックチェーンエンジニアとは?仕事内容・将来性など解説!
スポンサーリンク

未経験者にブロックチェーンエンジニアへの転職がおすすめな3つの理由

実はブロックチェーンエンジニアはまだまだ人手不足のため、未経験者歓迎の求人案件も少なくないという特徴があります。

そのため知識の少ない新卒の学生や別の業界にいた人でも就職できるんです

お金をもらいながら最新技術を勉強できる

ブロックチェーンエンジニアの経験がなくても基本給が月25万円ほどで求人があるんです。

そういった会社であれば、そもそも未経験者を採用してから自社で育てようという考えなので、お金をもらいながらしっかりと学ぶことができます。

もしもブロックチェーンエンジニアとしての経験があれば、年収1,000万円を超えることも夢ではありませんよ

年収アップ

先ほどお伝えしたようにお金をもらいながら勉強できるうえに、今の仕事よりもさらに年収をあげられる可能性もあるんです。

そこまで知識がないという方であっても年収が400万円を超えているということもざらではないんです。

平均年収はなんと500万円以上で、経験者であれば1,000万円以上のオファーもあるんですよ

将来性も高い

暗号通貨以外にもメタバースやNFT(非代替性トークン)という技術を利用した作品なども登場しています。

Windows 95開発の第一人者である有名エンジニアである中島聡さんが、NFT技術に言及したことも話題となりました。

こういった最新技術を活用したアプリケーションをWeb3.0と呼び、今後の発展が予想されています。

こういった技術は今後さらに必要とされてくるので、ブロックチェーンエンジニアの将来性は非常に高いといえますよ。

そら
そら
挑戦してみるのが大事なんだね~
スポンサーリンク

独学でブロックチェーンエンジニアになるデメリット3つ

ブロックチェーンエンジニアになりたい場合、理系の専門学校やプログラミングスクールなどを卒業していなくてはいけないということはありません。

独学でエンジニアとなった人は少なくありませんし、独学で勉強するためには十分な教材が販売されています。

ですが、ブロックチェーンエンジニアになるための勉強を独学で進めていくのは難易度が高く、デメリットもあるのでまずは確認していきましょう。

間違った内容を学習してしまうリスクも

人間は勘違いや思い込みから間違っているということに気づかずに進めてしまう生き物です。

独学で進めているとミスの指摘を受けることができないので、間違いを正すことができないまま学習を進め後で苦労するということがあります。

また、情報の移り変わりが早く、最新の情報を常に仕入れなくてはいけないのも辛いポイントです。
最新情報は海外からのものがほとんどかつ英語であることが多いので、英語のスキルが重要になってきます。

会社には新しい情報がかなり早いタイミングで入ってくるので、知識のアップデートがしやすい環境といえますね。

個人での勉強はチームでやるより効率が悪い

ミスを仲間と見つけあったり、知識の確認を行ったりすると学習の効率がよくなります。
こういった効率を考えると一人で学習する独学はあまり効率が良いとは言いにくいのは確かです。

未経験OKの会社で働きながら実力をつけようとすれば、先輩などに聞くタイミングがあるので独学よりも効率よく学習を進められますよ

勉強しても実践で使わなければ意味がない

独学で進めていくと勉強したことをアウトプットする機会が多くなく、実際の作業を行うタイミングがほとんどありません。

いきなり案件を獲得して実践するというのはなかなか難しいと思いませんか?

独学で進めるのと比べ働きながらであれば上司が進み具合をしっかりと確認し、それに応じた仕事を任せてくれるので一気にレベルアップできます

スポンサーリンク

未経験でもブロックチェーンエンジニアに転職できる求人サイト3つ

先ほどご説明したようにまだまだブロックチェーン技術は新しいものなので、新規事業として新しい部署を立てているような会社もあります。

そのため求人サイトで応募をかけている会社も存在しているんです。
ここではそんな求人サイトを一部ご紹介します。

レバテッククリエイター

もし今IT関係の会社で働いていて新たな選択肢を取りたいと考えているのであれば、こちらのレバテッククリエイターはぜひ登録しておきましょう。

求めるスキルを明文化して表記してくれているので自分が条件に合うのかどうかの判断がしやすく、担当コーディネーターからも求める人材像がコメントされているというのも注目ポイントです。

少なくとも業務を行うことができるだけの知識を持っていれば応募できる求人もあるので、ぜひ一度ご自分でも検索してみてくださいね。

「レバテッククリエイター」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

レバテッククリエイターは未経験でも可能?口コミを紹介!副業・在宅も!

レバテックキャリア

上記レバテッククリエイターと同じレバテックが運営するエンジニアのための転職エージェントです。

数多くの求人から選ぶことができるだけでなく、レバテックキャリアに登録すると非公開求人も紹介してもらえることがあるので、登録しておいてもらいたい転職エージェントの一つです。

Midworks

すでにスキルのあるエンジニアとして活躍しているのであれば、Midworksというサービスに登録するのがおすすめです。

フリーランスエンジニアの強い味方で、案件の相談などもできますよ

取り扱っている求人案件数が公開案件は2,000件以上、非公開案件はさらに多く、あなたの希望をかなえてくれる求人に応募できるはずです。

「クリエイター エージェント」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

クリエイター向け転職エージェントを紹介!未経験者向けも!
スポンサーリンク

ブロックチェーンエンジニアに必要なスキル

ブロックチェーン技術を扱うためにはプログラミング言語を学ぶ必要があるんです。
ここでは業務で使用されている代表的なプログラミング言語を一部ご紹介します。

パソコンやiPad、最近ではスマホでも簡単な開発環境を整えることもできるので、まずは触ってみるのをおすすめします。

ご紹介しているプログラミング言語が一般的に必要とされていますが、求人ごとに必要なものは変わってしまうので求人サイトも併せてご確認くださいね。

Go言語

Go言語は、私たちが普段お世話になっているGoogleが開発したプログラミング言語です。

YouTubeやメルカリなどはこちらのGo言語が利用されています。

歴史の深さでいえば他のプログラミング言語に負けてしまうかもしれませんが、米国の調査会社によると、2020年のエンジニアが学びたいプログラミング言語ランキングでは1位を取るほどの将来性を誇ります?

また、シンプルかつ分かりやすいプログラミング言語なので新卒から中途採用者まで教育しやすいという点も高く評価されています。

今後はわかりませんがプログラミングスクールで取り扱っていることは少ないので、学びたい方は一度公式サイトをご覧くださいね

Go言語オフィシャルサイト(英語)

JavaScript

今やwebサイト開発になくてはならない存在ともいえるのがJavaScriptです。

例えば、Pacific Metaマガジンのカテゴリーの上にマウスを置くと色が変化したり、記事の上に置くと記事が動いたりといった働きをさせています。

単体で使うものというよりは他のプログラミング言語と併用して使われていることが多いのが特徴です。

Solidity

これからNFTにかかわっていきたいと思っているのであれば、こちらのSolidityというプログラミング言語は欠かせません。

というのもこの言語はブロックチェーンシステムの主な用途といえるスマートコントラクトの構築のために生み出されたという背景があるんです。

新技術ではありますがとても見やすい記述方式で利用でき、ある程度プログラミングの知識があれば構造の理解もしやすく、これから始めるのにおすすめのプログラミング言語ですよ

C++

すでに学んでいるエンジニアが多く、様々なアプリ開発などでも頻繁に利用されているC言語(C++)ですが、初心者には難解なプログラミング言語です。

その難しさから他の言語を選ぼうとしてしまいますが、最低でも仕組みの理解やどのような構造で動かすのかは知っていたほうが良いでしょう。

処理速度が速く様々な場面で活用でき、先ほどお伝えしたようにたくさんのエンジニアが利用していることから、C言語をある程度使えないと仕事の幅を狭めてしまうかもしれません。

そら
そら
いっぱいあって大変そうだけどどれも楽しそう!
スポンサーリンク

ブロックチェーンエンジニアに転職することのまとめ

今回Pacific Metaマガジンでは、ブロックチェーンエンジニアに転職するために必要なことについて以下の内容をご紹介してきました。

  • ブロックチェーンというデータベース技術を取り扱うのがブロックチェーンエンジニア
  • まだまだ最新技術なので知識が浅くても求人に応募しやすい
  • 独学で進めていくより会社で教えてもらうほうが確実
  • これからNFTに携わっていきたいならSolidityを学ぶといい

これからの最新技術の核となってくるかもしれないブロックチェーンに携わっていくブロックチェーンエンジニアという存在。
まだまだ情報が少なく踏み出すのは勇気がいりますよね。

そんな中で少しでも情報を知っている・動いていると思っているよりも周りと差をつけられるものです。

ここでご紹介したことが何か一つでもあなたのお役に立てば幸いです。

そら
そら
最後まで見てくれてありがと~

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

ゲーム業界への転職・就職
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア