カルダノ ¥61.23 -2.92%
トンコイン ¥1,132.55 -1.99%
ドージコイン ¥19.77 -2.93%
XRP ¥78.10 -1.74%
USDコイン ¥158.98 -0.0056%
ソラナ ¥21,046.84 -5.93%
BNB ¥93,184.42 -3.46%
テザー ¥158.89 -0.03%
イーサリアム ¥556,433.61 -3.21%
ビットコイン ¥10,164,379.94 -3.72%
カルダノ ¥61.23 -2.92%
トンコイン ¥1,132.55 -1.99%
ドージコイン ¥19.77 -2.93%
XRP ¥78.10 -1.74%
USDコイン ¥158.98 -0.0056%
ソラナ ¥21,046.84 -5.93%
BNB ¥93,184.42 -3.46%
テザー ¥158.89 -0.03%
イーサリアム ¥556,433.61 -3.21%
ビットコイン ¥10,164,379.94 -3.72%
カルダノ ¥61.23 -2.92%
トンコイン ¥1,132.55 -1.99%
ドージコイン ¥19.77 -2.93%
XRP ¥78.10 -1.74%
USDコイン ¥158.98 -0.0056%
ソラナ ¥21,046.84 -5.93%
BNB ¥93,184.42 -3.46%
テザー ¥158.89 -0.03%
イーサリアム ¥556,433.61 -3.21%
ビットコイン ¥10,164,379.94 -3.72%
カルダノ ¥61.23 -2.92%
トンコイン ¥1,132.55 -1.99%
ドージコイン ¥19.77 -2.93%
XRP ¥78.10 -1.74%
USDコイン ¥158.98 -0.0056%
ソラナ ¥21,046.84 -5.93%
BNB ¥93,184.42 -3.46%
テザー ¥158.89 -0.03%
イーサリアム ¥556,433.61 -3.21%
ビットコイン ¥10,164,379.94 -3.72%

ゲームプログラマーがイラストを描く必要は?依頼費用も紹介!

ゲームプログラマーってイラスト書くの? ゲームプログラマーの就職・転職

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

アクション、パズルゲーム、RPGなど、好きなゲームは人それぞれですが、近年人気のゲームはどれもグラフィックがきれいな作品が圧倒的に多いですよね

事実、イラストがきれいかどうかはゲームの人気を大きく左右する要素といえます。

今回Pacific Metaマガジンではゲームプログラマーはイラストを描くのかについて以下の内容を中心に紹介していきます。

  • ゲームプログラマーはイラストも描くのか
  • イラストが描けなくてもゲームプログラマーになれるのか
  • ゲームプログラマーに必要なこと

そら
そら
ぜひ最後まで読んでね~

スポンサーリンク

ゲームプログラマーはイラストも描くの?

ゲームプログラマーはイラストを描くのでしょうか?

結論から言うと、ほとんどの場合自分で絵を描く必要はありません。

ただ、イラストを描くスキルはゲーム制作ととても相性のいいスキルだといえます

ゲーム会社でゲームを作るのであれば不要

そもそもゲームプログラマーとはゲーム制作の現場でC言語をはじめとしたプログラミング言語を使い、実際にゲームが動くようにプログラミングを行う技術者のことを指します。

ゲーム会社に就職してゲームを制作する場合、ほとんどの会社ではゲームプログラマーのほかにゲームプランナー、シナリオライター、サウンドクリエイターなどの各分野の専門家がおり、共同で制作します。

その中にはもちろんキャラクターや世界観を作るデザイナーもいるのでプログラマー自身がデザインも担当するということは少ないでしょう。

後ほど詳しく紹介しますが、ゲームプログラマーとして働くのであればゲームをプログラミングするにあたって必要となるほかの要素のほうが重要視されます。

自分でゲームを作るときは描けた方がよい

個人でゲーム制作をする場合には自分でイラストも描けるほうがいいといえます。

個人制作ゲームで重要視されるのはオリジナリティです。

考案者である自分がイラストも担当することでよりオリジナリティの高い作品を作れるでしょう。

個性のある作品をいくつも出し、作者自身にファンがつくことで、より多くの人に遊んでもらえるかもしれません

スポンサーリンク

イラストが描けなくてもゲームプログラマーになれる!

いくらイラストが描けたほうがいいといっても、作品として世に出せるまでイラスト制作の腕を上げるのには時間がかかってしまいますよね。

しかし、個人でゲームを制作する場合でもイラストを描かずに作る方法はあります。

具体的にはイラストレーターやゲームイラスト制作会社に依頼する、フリー素材を利用する、3DCGを使うなどの方法があります。

イラストの依頼となると高くついてしまうイメージがあるかもしれませんが、ゲームに使うイラストをキャラクターの立ち絵や顔グラフィックだけに抑え、イラストの数を減らすことで費用を抑えることができます。

安いとゲームイラスト1枚2000円ほどで依頼できるところもあるので、トータル1万円以下に抑えることも可能です。

またフリーのイラストを使えばさらに制作費用を抑えることができます

多少難易度は高いですが写真などの画像を使うのも一つの手です。

しかしフリー素材はそれだけ使っている人が多いので個性がなくなってしまう点が難点です?

3DCGは一見難しそうに見えますが、3DCG制作に必要な技術とイラストを描く技術は全くの別物ですので、絵を描くのが苦手という人も一度3DCG制作を試してみるといいでしょう。

スポンサーリンク

ゲームプログラマーに必要なスキルは?

ゲームプログラマーは、イラストを描ける能力は必要ありませんが、一体どのような能力が必要なのでしょうか?

ここでは、それについて軽く紹介していきます!

幅広い知識

先ほどゲームプログラマーになるにはイラストが描けることよりもほかの要素が必要となる、と説明しましたが、その一つに幅広い専門的知識があります。

企業に就職する場合、プログラミング知識がまったくない人が採用されることはほとんどありません。

個人で制作する場合にもプログラミングの知識がなければゲームを作ることができません。

また、プログラミングができる以外にもゲーム機の仕組みや開発環境についての知識があるといいでしょう。

論理的思考力

また、プログラマーに必要な資質として論理的思考力があげられます。

たとえどんなに優秀なプログラマーでも、システムにエラーが発生してしまうことはあります。

そんな時、何が原因でエラーが発生したのか、どうすれば修正できるのかを論理的に考える力が必要となります。

論理的思考力は企業採用の際にプログラマーとしての実績の有無よりも論理的思考力の有無を問う企業もあるほど重要視されている能力だといえます❗️

スポンサーリンク

ゲームプログラマーに転職するならマイナビクリエイター

マイナビクリエイター

この記事を読んでくださっている方の中にはゲーム業界への転職を考えている方もいらっしゃるでしょう。

そんな方におすすめなのがマイナビクリエイターです?

マイナビクリエイターとはWeb、ゲーム、IT業界に特化した転職支援サービスです。

マイナビクリエイターには大企業の求人も多数掲載されており、その中にはもちろんプログラマーの求人もあります。

また、ポートフォリオ制作のサポートを行っていたり、その道に精通しているキャリアアドバイザーが親身になって相談に乗ってくれたりと、Web、ゲーム、IT業界に特化しているからこそできるサポートが充実しています

マイナビクリエイターについて気になった方は、下記の記事でマイナビクリエイターについて詳しく紹介しておりますので、ぜひご覧ください❗️

【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!
スポンサーリンク

ゲームプログラマーはイラストも描くのかについてのまとめ

今回Pacific Metaマガジンではゲームプログラマーはイラストを描くのかについて以下の内容を中心に紹介しました。

  • ゲームのイラストはイラストの専門家が描くことが多く、プログラマー自身がイラストを描ける必要はない
  • ゲームプログラマーとイラスト制作の技術は相性がよく、個人制作の場合は特にイラストが描けると有利になる場合が多い。
  • 個人制作の場合は、イラストレーターに依頼するほかにフリー素材や3DCGを利用する方法がある。
  • ゲームプログラマーには幅広い知識と論理的思考力が必要。

世の中にはさまざまな魅力的なゲームをつくるプログラマーがいますが、中にはプログラミンからデザインまですべて一人でこなす方もいるようです。

しかし、プログラマーになるのにイラストを描く技術はかならずしも必要というわけではありません。

自分にはイラストを描いたりデザインをする能力がないから…といって肩を落とさず、自分に合った方法で唯一無二のゲームを作りましょう❗️

そら
そら
最後まで読んでくれてありがとう~

また、ゲームプログラマーへの転職に興味がある方は下記の記事もあわせてご覧ください!

ゲームプログラマーに転職するには?年収や仕事内容も解説!

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

ゲームプログラマーの就職・転職
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア