なぜBybitが日本の金融庁から警告を受けたか解説!違法?

bybit 金融庁

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

Bybitとは、世界で人気のある仮想通貨取引所です。

海外取引所であるにも関わらず日本語でサービスを受けられたりと日本人の間でも評判はかなり良いようです❗️

しかしその一方で、金融庁から警告を受けていたりと不安要素もあるのも事実です。

今回LudusではBybitの金融庁からの警告について以下の内容を中心に紹介したいと思います。

  • Bybitとは
  • Bybitはなぜ金融庁から警告を受けたのか
  • Bybitは違法なのか
  • 金融庁から警告を受けたことによる影響
さくら
さくら
最後まで読んでいってくれると嬉しいです!

Bybitとは?

冒頭でも軽く触れましたが、Bybitとはシンガポールを拠点とする仮想通貨取引所です。

主な取扱通貨はBTC、ETH、EOS、XRP、USDT、LINK、XTZなどです。

日本語対応であるほか、スマホアプリでサイト同様の取引ができる点、サーバーの負担が軽く遅延が少ない点、豪華なキャンペーンなどから人気を集めています

また、入金手数料がかからないほか、最大レバレッジが高く、少ない所持金でも大きな利益を見込める点も魅力です❗️

おすすめ仮想通貨取引所

Bybit
これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

Bybitは日本の金融庁から警告を受けた

金融庁は2021年5月に、Bybitに対し無登録で暗号資産交換業を行ったとして警告を発しました。

日本居住者向けに暗号資産取引サービスを行うには「暗号資産交換業者」として登録する必要があります。

しかしBybitは暗号資産交換業者としての登録を行っていないのにもかかわらず、日本円でのサポートなど日本居住者向けとみなされるサービスを行ってしまったために警告を受けてしまったようです。

Bybitへの警告のきっかけになったのは日本の投資家に向けたキャンペーンだったようですが、ほかにも警告を受ける企業の特徴としてICOを目的にした勧誘が多い点やセミナー活動で目立っている点などがあげられるようです。

さくら
さくら
警告を受けたってことはBybitは違法なのかな?なんだか不安になってきてしまいました…

金融庁に警告された=Bybitは違法?

結論から申し上げますと、違法ではありません

実際に今でも多くの日本人がBybitを利用していますし、金融庁も違法ではないと明示しています❗️

そもそも今回警告を受けたのは取引所に対してであり、ユーザーに対する警告は発せられていないのでユーザーが何らかの罰則を受けるとは考えにくいでしょう。

実例を挙げると大手海外取引所であるBinanceも警告を受けていますが、日本人ユーザーが罰則を受けるということもなく今でも使われ続けています。

ただ認可が下りていない以上何があっても自己責任であるという点は注意が必要でしょう?

Bybitが金融庁に警告されたことによる影響は?

先程も例として挙げたBinanceでは、警告を受けた後一度日本人向けサービスを停止しています。

なのでBybitでも日本人向けのサービスが停止されてしまうのではという声も上がっていましたが、今のところその心配はないようです

しかし日本円決済に対応することを発表したことにより、海外取引所における日本人向けサービスとみなされるポイントである「公式サイト、スマホアプリの日本語表示」「サポートの日本語対応」「日本円決済の対応」の3つすべてを抑えることになってしまい、再度警告を受けるのではないかと懸念されています?

複数回警告を受けてしまうと日本人利用禁止の可能性も出てくるので、念のためほかの取引所もチェックしておくといいでしょう。

「金融庁に警告された=違法」ではないから安心!仮想通貨取引ならBybit

Bybitは日本人向けサービスが充実していることが裏目に出て警告を受けてしまいましたが、日本人向けのサービスが充実しているということは日本人にとって利用しやすく安心できる取引所だということです

トラブルに対しての保証がない点は気になるかもしれませんが、これまで大きなトラブルは起こっていませんし、そこまで心配する必要はないでしょう。

スマホアプリは非常に操作性がよく、初心者にも扱いやすくなっているので仮想通貨を始めようと検討している方はぜひBybitを利用してみてください。

おすすめ仮想通貨取引所

Bybit
これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

暗号資産で得た利益の申告には注意

Bybit(バイビット・bybit)は金融庁から警告を受けてはいますが、Bybitの利用自体がルール違反に該当するわけではありません。

セキュリティ面もしっかりとしており、アプリの操作も直感的で分かりやすいことから、投資のやり方を難しいと感じることなく安心して使えるサービスだと言えます。

積立NISA(つみたてnisa)など投資を促進するような制度も開始され、暗号資産への投資にメリットがあると考えている方も多いのではないでしょうか。

Bybitの利用は違法ではなくても、そこで得た利益から納税をしなければ税務署からペナルティを課されてしまいますので、暗号資産取引を税金の抜け道とすることなく、年収を申告する際にはきちんとルールを守りましょう。

Bybitの金融庁についてのまとめ

今回Ludusでは金融庁からBybitへの警告について以下の内容を中心に紹介しました。

  • Bybitは無登録で日本居住者向けに暗号資産交換業を行ったとして警告を受けた。
  • 金融庁から警告を受けたからといって違法であるというわけではない。
  • Bybitは日本人にも利用しやすくおすすめの取引所である。

皆さんも是非Bybitに登録してみてください❗️

さくら
さくら
最後まで読んでくれてありがとうございました!
おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら