カルダノ ¥68.41 -0.51%
トンコイン ¥1,154.87 0.69%
ドージコイン ¥21.03 7.15%
XRP ¥92.93 2.02%
USDコイン ¥157.53 0.0044%
ソラナ ¥26,690.46 -0.35%
BNB ¥93,706.58 -0.27%
テザー ¥157.62 0.03%
イーサリアム ¥551,006.63 0.28%
ビットコイン ¥10,512,577.11 0.76%
カルダノ ¥68.41 -0.51%
トンコイン ¥1,154.87 0.69%
ドージコイン ¥21.03 7.15%
XRP ¥92.93 2.02%
USDコイン ¥157.53 0.0044%
ソラナ ¥26,690.46 -0.35%
BNB ¥93,706.58 -0.27%
テザー ¥157.62 0.03%
イーサリアム ¥551,006.63 0.28%
ビットコイン ¥10,512,577.11 0.76%
カルダノ ¥68.41 -0.51%
トンコイン ¥1,154.87 0.69%
ドージコイン ¥21.03 7.15%
XRP ¥92.93 2.02%
USDコイン ¥157.53 0.0044%
ソラナ ¥26,690.46 -0.35%
BNB ¥93,706.58 -0.27%
テザー ¥157.62 0.03%
イーサリアム ¥551,006.63 0.28%
ビットコイン ¥10,512,577.11 0.76%
カルダノ ¥68.41 -0.51%
トンコイン ¥1,154.87 0.69%
ドージコイン ¥21.03 7.15%
XRP ¥92.93 2.02%
USDコイン ¥157.53 0.0044%
ソラナ ¥26,690.46 -0.35%
BNB ¥93,706.58 -0.27%
テザー ¥157.62 0.03%
イーサリアム ¥551,006.63 0.28%
ビットコイン ¥10,512,577.11 0.76%

【2023年4月28日】Web3ピックアップニュース

ニュース/最新情報

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

Animoca Brandsの子会社であるTinyTapが850万ドルの資金調達

TinyTap(タイニータップ)とは
2012年イスラエルで設立された教育コンテンツを個人に提供するプラットフォーム。
100,000人以上のクリエーターによって作成されたコンテンツがあり、920万人が会員となっている。

Animoca Brandsの子会社であるTinyTapが、850万ドルの資金調達を行いました。

資金調達は、世界最大規模のVC「Sequoia China」が主導し以下のVCやファンドが投資を行っています。

  • Liberty City Ventures
  • Kingsway Capital
  • Shima Capital
  • Polygon
  • GameFi Ventures

調達した資金の使い道は、Web3領域への更なる進出のため、プロダクト開発とスタッフの拡大に使用するとのことです。

また、TinyTapのCEOであるYogev Shelly(ヨゲフ・シェリー)によると、今回の資金調達によって評価額が1億ドルに達したと述べています。

ソース

Animoca Brandsの子会社「Notre Game」2024年にNFTゲームをローンチ

Notre Game(ノートルゲーム)とは
2016年に設立されたチェコ共和国に拠点を構えるゲームプラットフォーム企業。
後にAnimoca Brandsが買収し、100%株式を取得している。

Animoca Brandsの子会社である「Notre Game」が、シンガポールを拠点とする総合格闘技団体の「One Championship」と提携し、2024年第一四半期を目標にNFTゲームをローンチします。
ゲームタイトルは、「ONE Fight Arena」と名付けられており、公式ウェブサイトとディスコードがオープンしています。

ONE Fight Arenaは、無料でプレイできる総合格闘技のNFTゲームとして、AppStore &GooglePlayでリリースされます。
また、正式リリースは、2024年第一四半期ですが、2023年第四四半期にテストローンチを行う予定となっています。

ソース

イーサリアム、次回のアップグレード「Cancun-Deneb」を計画

2023年4月28日、海外メディアBlockworksによると、仮想通貨イーサリアムの開発者コミュニティは、次回のアップグレード「Cancun-Deneb(カンクン-デネブ)の計画に入っていると発表しました。

イーサリアム改善案(EIP-4844)であるProto-Danksharding(プロト・ダンクシャーディング)機能の実装によって、イーサリアムレイヤー2の取引手数料を大幅に削減できるとのことです。

イーサリアムレイヤー2プロジェクト

  • Polygon(ポリゴン)
  • dYdX(ディーワイディーエックス)
  • Stark Net(スタークネット)
  • ImmutableX(イミュテイブルX)
  • zkSync(ジーケーシンク)
  • Arbitrum(アービトラム)
  • Optimism(オプティミズム)

etc

期待されるアップグレードCancun-Denebは、今年後半に実施が予定されており、遅くても2023年末までに実装されるとのことです。

ソース

https://blockworks.co/news/ethereum-cancun-upgrade-blobs

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

ニュース/最新情報
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア