Web3コミュニティ構築プラットフォームGalxeとは?概要や実績を解説!

ブロックチェーン技術を用いてデジタルクレデンシャルの発行・管理を行えるプラットフォームGalxeは、Web3プロジェクトがクレデンシャルデータを活用して質の高いプロダクト提供や、魅力的なWeb3コミュニティを構築できる様にプロジェクトを支援しています。

今回、Pacific Meta マガジンではGalxeの概要や、2月24日に公開されたAstronaut Ranking Systemについて紹介していきます。

Galxeとは

Galxeは、Web3クレデンシャルネットワークであり、Web3コミュニティを構築できるプラットフォームです。2021年に「Charles Wayn氏」「Harry Zhang氏」「Xinlu氏」によって立ち上げられました。

Galxeが提供するソリューション「ロイヤリティプログラム」には「Binance」「Polygon」「Solana」「Avalanch」など5,000を超えるプロジェクトが参加しています。

各プロジェクトは、Galxeを使用しユーザーのオンチェーンや、オフチェーンアクティビティに応じて、リワード(暗号資産・NFT)が付与されるプログラムキャンペーンを開催しており、Galxeを利用するユニークユーザーは、1,400万人以上にのぼります。

また、保有者のアイデンティティや、権利を証明する役割をもつSBT (ソウルバウンドトークン)を発行することができるため、Galxeを使用するWeb3コミュニティは、プログラムキャンペーン参加者のエンゲージメントを向上させることができ、コミュニティのグロースや、プロジェクトブランドを高めることができます。

公式リンク集

Website https://twitter.com/Galxe
Docs https://docs.galxe.com/
X(旧Twitter) https://twitter.com/Galxe
X (旧Twitter)JP https://twitter.com/GalxeJP
Medium  https://blog.galxe.com/
Discord https://discord.com/invite/galxe
Telegram https://t.me/Galxe

プロダクトと特徴

Galxeは「Glaxe Web3 Score」「Galxe Smart Balance」「Galxe Passport」など、様々なプロダクトをサービス提供しています。

Glaxe Web3 Score

Glaxe Web3 Scoreは、Web3におけるスキルや能力を証明できます。
スコアを上げることで特典を得ることができます。

Galxe Smart Balance

Galxeエコシステムでのユーザー体験を向上させることができます。
Galxeエコシステム内での支払いや取引において手数料を抑えながら使用できます。

Galxe Passport

Galxe Passportは、ユーザーアイデンティティを証明できるSBTです。
秘匿性が高くプライバシー保護されたSBTを使用し、様々なWeb3アプリケーションに使用することができます。

Galxeの実績

Galxeの実績では

  • 資金調達
  • Galxeを使用するWeb3プロジェクトの成功事例

をご紹介します。

資金調達

出典:Galxe Secures $10M Led by Multicoin Capital And Dragonfly Capital To Build The Largest Open Credential Network In The World

Galxeは、2022年1月25日に、クレデンシャルデータネットワークの拡大や、堅牢なアプリケーションモジュールの構築を目的に、Web3業界で著名なVC「Coinbase Ventures」「Solana Ventures」などから$10Mを調達しました。

また、これまでプライベートセールや、ICOプラットフォームCoinlistでのトークン販売、Arbitrum FoundationからのGrantを受け、多くの資金調達を実施しています。

Galxeを使用したWeb3プロジェクトの成功事例

Galxeを使用し、コミュニティグロースや資金流入に成功したプロジェクト「Arbitrum」「Optimism」2つの成功事例をご紹介します。

Arbitrum

出典:Website

Arbitrumは、Ethereumレイヤー2ブロックチェーンネットワークです。
ブロックチェーンネットワークは「Arbitrum One」「Arbitrum Nova」の2種類があります。

Arbitrum Oneは、Optimistic Rollupを用いたL2ソリューションの一つで、主にDeFiやNFTでの利用に適しています。
一方のArbitrum Novaは、Web3ゲームやWeb3ソーシャルアプリに特化しており、高速トランザクションと低いガス代を実現します。

ArbitriumとGalxeが共同で立ち上げたArbitrium Odysseyは、Arbitrium上のDAppsを探索することを目的としたエコシステムキャンペーンです。

Arbitrium Odysseyに参加したユーザーは、2週間で300,000ユーザー、キャンペーンを通してミントされたNFTは1週間で423,309個、資産は4,000万ドル相当がArbitriumに流入しました。

Optimism

出典:Website

Optimismは、Ethereumレイヤー2ブロックチェーンネットワークです。
Arbitrumと同じくOptimistic Rollup技術を採用しており、高速且つ手数料を低減したトランザクションを作成します。

イーサリアム仮想マシン(EVM)と互換性があることから、スマートコントラクト開発者はDAppsのコードを大きく変更することなく、Optimismに移行できます。

OptimismとGalxeが共同で立ち上げたOP Quest Season 1は、Optimismエコシステムを探索できるクエストキャンペーンです。

OP Quest Season 1に参加したユーザーは456,723ユーザー、キャンペーンを通してミントされたNFTは3,419,656個、作成されたトランザクション量は、デイリー100,000〜600,000件を記録しました。

Galxeのトークン「$GAL」

Galxeのトークン「$GAL」は、Galxeのインフラに必要不可欠なトークンです。

主なユーティリティは下記になります。

  • ガバナンス
  • アプリケーションモジュールの支払い
  • オラクルエンジンとクレデンシャルAPIの支払い
  • デジタルクレデンシャルのキュレーション

発行枚数は2億枚で、2024年2月29日時点の循環供給枚数は1億531万枚です。

各アロケーションスケジュールは下記をご覧ください。

出典:Introducing Galxe Token (GAL), and its Public Sale on CoinList

価格・ホルダー推移

出典:CoinMarketCap

昨今、Bitcoin ETFがもたらす波及効果により、暗号資産全体の市場が上向きの動向をみせています。
$GALの価格推移は、2024年2月1日「1$GAL」$1.776でしたが、2月29日現在、$3.2と上昇傾向が続いています。

また、1ヶ月あたりの$GALホルダーも増加しており、保有額別ホルダー数の推移も右肩上がりです。

取引が可能な暗号資産取引所

出典:CoinMarketCap

$GALは、数十以上の暗号資産取引所に上場しており、各国における主要な暗号資産取引所で取り扱いされています。

  • Binance
  • OKX
  • Coinbase Exchange
  • Bithumb

2月29日時点、日本国内の暗号資産取引所に上場はしていません。

Astronaut Ranking System

Astronaut Ranking Systemは、2月24日にXの公式アカウントで公開された新システムです。

ユーザーは、Galxe Discordでの貢献度に応じてランキングスコアを獲得することができ、ランクに応じて報酬を獲得することができます。

ランクの種類と割合は、以下の通りです。

  • ゴールド:5%
  • シルバー:45%
  • ブロンズ:50%

ランキングシステムの要素や、各要素におけるスコア配分は下記の通りです。

  • Galxeスペースキャンペーンへの参加:30%
  • Galxe機能の利用:スマートバランス、パスポート、Web3スコア:25%
  • ロイヤリティポイント(Galxeコミュニティスペース):25%
  • Web3スコア(トータルスコア):20%
  • OGキャンペーン(Galxe Boy、Galxe Girl、Shadowy Super Coder):5%

また、Astronaut Ranking Systemにおける貢献度の指標は、これまでのGalxeイベントの参加やGalxeにおけるウォレットアクティビティも含まれており、上位ランクであればあるほど特別な特典や、より多くの報酬が与えられます。

まとめ

今回Pacific Meta マガジンでは、Galxeについて解説しました。

  • Galxeは、Web3クレデンシャルネットワークであり、Web3コミュニティを構築できるプラットフォーム。
  • Galxeが提供するソリューション「ロイヤリティプログラム」には「Binance」「Polygon」「Solana」「Avalanch」など5,000を超えるプロジェクトが参加している。
  • Galxeを利用するユニークユーザーは、1,400万人以上いる。
  • Galxeは「Glaxe Web3 Score」「Galxe Smart Balance」「Galxe Passport」など様々なプロダクトをサービス提供している。
  • Web3業界で著名なVC「Coinbase Ventures」「Solana Ventures」などから資金調達済み。
  • Galxeを利用し、コミュニティグロースや資金流入に成功したプロジェクトは「Arbitrum 」「Optimism」など多数存在する。
  • トークン、$GALは「ガバナンス」「アプリケーションモジュールの支払い」「オラクルエンジンとクレデンシャルAPIの支払い」「デジタルクレデンシャルのキュレーション」のユーティリティがある。
  • $GALは「Binance」「OKX」「Coinbase Exchange」「Bithumb」など、各国における主要な暗号資産取引所に上場している。
  • 新システム「Astronaut Ranking System」は、Galxe Discordでの貢献度に応じてランキングスコアを獲得することができ、ランクに応じて報酬を獲得することができる。

Web3プロジェクトがユーザーを誘致するために必要不可欠なプラットフォームとして、今後も多くのプロジェクトやユーザーが参加する事が予想されます。

今後の動向も注目していきましょう。

最後まで読んでくださりありがとうございました。

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら