Web3時代、マーケティング成功の鍵とは?マーケティングの基本概念から課題についても解説

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

Web3マーケティングを成功させる方法について知っていますか?
本記事では、Web3マーケティングの基本概念から課題について以下の点を中心にご紹介します!

  • Web3とは何か
  • Web3のマーケティング成功のカギ
  • Web3のマーケティングにおける課題

Web3マーケティングを成功させる方法について理解するためにもご参考いただけると幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

▼Web3マーケティングにお困りの際はPacificMetaにご相談ください!

Pacific Metaは、NFTやブロックチェーンゲームを始めとするWeb3サービスの専門家集団です。新規Web3サービスのマーケティング戦略作成から、施策実行まで幅広くご支援させていただきます。詳細は下記リンクからサービス内容をご確認ください!
Web3マーケティングソリューションついての詳細はこちら

Web3とは何か

Web3は、ブロックチェーンを基盤に持つ次世代のインターネットで、ユーザーのデータ所有権を中心に構築されています。

Web3の台頭がマーケティングに与える影響とは

Web3とは、ブロックチェーンを基盤にした新しいインターネットの形態で、ユーザーセントリックなエコシステムを提案しています。
現代のSNSやプラットフォームでは「いいね」や「シェア」といったユーザーの行動が、広告収益のトリガーとなっているが、具体的な見返りはユーザーにはありません。
しかし、Web3では、ユーザーのアクションや参加によって得られるトークン報酬など、具体的な利益を享受できると期待されています。

この変革は、マーケティングのアプローチをも変えるでしょう。従来の広告中心のビジネスモデルが中核を担ってきましたが、Web3の時代には、ユーザー主導の収益モデルが浮上すると考えられます。もちろん、広告に一定の役割が残ることも想像されますが、その形は従来とは大きく異なるでしょう。

さらに、ダークパターンのような誤解を招く手法が横行する現状に対し、Web3では透明性とユーザーコントロールが強化されることが期待されます。

結局のところ、時代がどう進展しても、クオリティの高い製品やサービスを提供する企業と、それを求める消費者の関係は変わりません。その橋渡しとなるのは、変わらず質の高いコンテンツであり、それを生み出すプロフェッショナルな技術や知識が求められるでしょう。

なぜWeb3マーケティングに関心を持つべきなのか

Web3の登場は、マーケティングの領域にも革命的な影響を与えることが予想されます。
従来の広告やプロモーションの方法に縛られない、新しい顧客エンゲージメントの形が生まれるでしょう。
これは、ブランドやサービスがユーザーとの関係をさらに強化し、長期的な信頼を築くための絶好のチャンスです。

また、Web3はトークンエコノミーやNFTなど、新しい収益モデルの創出を促進します。これにより、企業やブランドは消費者に対して新しい価値を提供し、よりパーソナルで意味のある経験を共有できるでしょう。

これらの点から、マーケターはWeb3の動向をしっかりとキャッチし、それに対応する戦略を練る必要があります。
未来のマーケティングは、技術だけでなくユーザーの心に寄り添った、真の共創が鍵となるでしょう。

Web3マーケティングの基本

Web3マーケティングは、ブロックチェーン技術を活用し、ユーザーセントリックなアプローチを中心に据えた次世代のマーケティング手法です。

DAO(分散型自治組織)

Web3の世界では、新たな組織構造として「DAO(分散型自治組織)」が注目されています。DAOは、従来の中央集権的な企業や組織とは異なり、参加者全員が意思決定に関与する新しい組織形態を示しています。

DAOは、ブロックチェーン技術を活用し、透明性の高い運営が可能とされています。これにより、組織内の意思決定やプロジェクトの進行状況が公開され、信頼性が期待できます。
また、参加者は特定のトークンを保持することで、投票権を得られ、これにより組織の方向性や意思決定に直接関与できます。

マーケティングの観点から見ると、DAOはユーザーやコミュニティとの関係性をより深化させるツールとして機能します。従来のトップダウン型のマーケティングとは異なり、DAOを採用することで、ユーザーやコミュニティの声を直接取り入れ、サービスや製品の改善、ブランド戦略の策定などに役立てることが可能となります。

ただし、DAOの運営には独自の課題も存在します。
全員が意思決定に参加するため、決定が遅れる、または意見が分かれることが多いのは一例です。しかし、その透明性と共同体性は、新しい時代のマーケティングにおいて、非常に価値ある要素として位置づけられています。

スマートコントラクト

Web3のエコシステムにおいて、中心的な役割を果たすのが「スマートコントラクト」です。スマートコントラクトは、取引や契約を自動実行するプログラムであり、ブロックチェーン上で動作します。

スマートコントラクトは、その名前が示す通り、デジタルな契約を表現します。
従来の契約が紙ベースであり、人の介入が必要であったのに対し、スマートコントラクトは自動で契約内容を実行し、不正操作を防ぎます。これは、ブロックチェーン技術の特性によるもので、データの改ざんが困難であるため、契約の透明性と信頼性が高まります。

マーケティングの領域において、スマートコントラクトは様々な応用が考えられます。
例えば、広告の配信やアフィリエイト報酬の支払い、特定の条件下での商品販売など、自動化された取引を実現できます。
また、スマートコントラクトを活用したプロモーションも、ユーザーやパートナーとの信頼関係を築く上でおすすめです。

しかし、スマートコントラクトの適用には注意が必要です。一度ブロックチェーン上にデプロイされると、内容の変更は難しく、不備やバグが含まれると大きなトラブルに繋がる可能性があります。そのため、十分なテストや検証が不可欠です。

これからのWeb3マーケティングにおいて、スマートコントラクトの正確な理解と適切な利用が、成功への鍵となるでしょう。

DeFi(分散型ファイナンス)

Web3の進化とともに、金融業界にも新たな風が吹き始めています。その最前線に位置するのが「DeFi」、すなわち分散型ファイナンスです。

DeFiは、従来の中央集権的な金融システムとは異なり、ブロックチェーン技術を活用して、様々な金融取引やサービスを分散型ネットワーク上で実現するものです。これにより、銀行や金融機関を介さずに、直接的かつ透明性の高い取引が可能となります。

マーケティングの視点からみると、DeFiは新しい顧客体験を提供します。
例えば、伝統的な銀行では難しい高利回りの貯蓄や、柔軟な融資サービス、独自の金融商品の開発などが、DeFiのプラットフォーム上で実現されています。

しかし、DeFiの世界にはリスクも存在します。技術的なバグやセキュリティの脆弱性、さらには市場の急激な変動など、ユーザーにとって理解しづらい部分も多いのが現状です。
そのため、Web3マーケティングにおいては、DeFiサービスの利点とリスクを正確に伝えることが重要です。

DeFiは、金融の未来を再定義する可能性を秘めています。
マーケティングのプロフェッショナルとして、この新たな領域に目を向け、変化する顧客ニーズに応える戦略を考えることが求められています。

NFT(非代替可能トークン)

Web3の領域で注目を浴び続けるキーワード「NFT」。
NFTは「非代替可能トークン」とも呼ばれ、デジタルアセットの一つとして認識されています。

NFTの特徴は、それぞれが独自の情報を持つため、二つとして同じものは存在しない点です。これにより、デジタルアートやゲームのアイテム、音楽など、様々なコンテンツが「限定品」として販売され、その価値が形成されています。

マーケティングの視点から見れば、NFTは新しいブランディングのチャンスとも言えます。
伝統的な商品やサービスのプロモーションに加え、限定的なデジタルコンテンツを通じてファンや顧客との繋がりを強固にします。
特にエンターテイメントやクリエイティブ産業での活用が拡大しています。

ただし、NFT市場はまだ新しいため、価格の変動が激しく、投資のリスクも伴います。
そのため、マーケティング活動にNFTを取り入れる際は、消費者に十分な情報提供を行い、透明性を確保することが必要です。

まとめると、NFTはWeb3マーケティングの新しいフロンティアとして、無限の可能性を秘めていますが、同時に適切な情報提供と誠実なコミュニケーションが求められる領域でもあります。

Web3のマーケティング成功のカギ

Web3のマーケティングは、技術の革新と消費者のパーソナライゼーションが交差します。
成功のカギは、個々のニーズに対応し、価値ある体験を提供する革新的な戦略にあります。

時間のマーケティング

Web3のマーケティングにおいて、時間の効率化は成功のカギとなります。
時間のマーケティングは、コンテンツのタイミングとその配信を効率化することで、ターゲットオーディエンスとの接点を増やすアプローチを指します。

これまでのマーケティング手法では、広告やプロモーションをランダムに展開することが一般的でしたが、Web3のエコシステムは透明性が高く、ユーザーの行動や傾向をリアルタイムで把握できます。
この情報を活用して、ユーザーが最もアクティブで関心を持っている時間帯や日にコンテンツを配信することで、エンゲージメントを高められます。

また、Web3のテクノロジーを利用すれば、特定のイベントや行動に応じて自動的にマーケティングメッセージをトリガーすることも実現可能です。
例えば、NFTの取引が行われた瞬間に、関連する新しいNFTのプロモーションを行うなどの施策が考えられます。

結論として、時間のマーケティングはWeb3のマーケティング戦略において中心的な役割を果たします。
ユーザーの関心と活動を引き出すためのタイミングを把握し、その瞬間に適切なコンテンツを提供することで、成功への道を切り開きます。

ミームの活用

Web3のマーケティングの中で、ミームはその魅力的な力を増しています。

かつては単なるインターネット上のジョークや風刺としての存在だったミームは、今やデジタルマーケティングの強力なツールとしての地位を固めています。
特にWeb3の世界では、ミームはブランドやプロジェクトのエンゲージメントを向上させるための手段として、またオンラインコミュニティの形成や、NFTとしての価値を持つデジタルアセットとしての役割も担っています。

このような背景から、ミームはWeb3のマーケティングにおける中心的な存在として認識されています。

今後、私たちがさらに分散型デジタル世界へと足を踏み入れていく中で、ミームはその影響力を増していくことでしょう。
ミームを適切に利用し、適切に反応し、それに合わせてブランドやプロジェクトのストラテジーを展開することで、Web3マーケティングは次のレベルへと進化する可能性があります。

ミームの持つ回復力と適応力が、Web3の時代の成功のカギとなるでしょう。

コミュニティの構築

Web3の世界において、マーケティングの成功を収めるための最も決定的な要素の一つは「コミュニティの構築」です。
Web3は分散型の性質を持つため、これまでの中央集権的なマーケティング戦略とは異なり、コミュニティの力が非常に大きな影響を持っています。

成功するWeb3プロジェクトやブランドの背後には、熱心なファンやサポーターからなる強固なコミュニティが存在します。彼らはブランドの使命や価値に共感し、プロジェクトの成功を共に祝福し、困難な時期にはサポートを提供します。

このコミュニティの形成は、ただ単にフォロワーや利用者の数を増やすだけでなく、実際にプロジェクトやブランドの価値創出に貢献するメンバーを増やすことに焦点を当てる必要があります。
このようなコミュニティは、新しいアイディアやフィードバックの提供、そして新たなメンバーの獲得を促進する力となります。

Web3マーケティングにおけるコミュニティの構築は、ブランドやプロジェクトの長期的な成功と持続性を確保するための不可欠な要素となります。
積極的なコミュニケーションと共感をもとに、真のコミュニティを築き上げることが、Web3のマーケティング成功のカギと言えるでしょう。

Web3のマーケティングにおける課題

Web3のマーケティングの展開には、トークンベースのプロモーションが一般的ですが、このアプローチには多くの課題が存在します。

まず、BOTを利用した自動的な参加を完全に排除するのは難しいとされています。実際のエンドユーザーよりも、BOTが施策の恩恵を受ける可能性が高まります。
また、応募条件の確認には非常に多くの時間と労力が必要です。
例えば、ユーザーが特定のアクション(リツイートや「いいね」)を実行したか、あるいは特定のNFTを保有しているかどうかを確認するための手続きが求められます。

さらに、応募者が正確なウォレットアドレスを提供しないと、トークンが間違ったアドレスに送られるリスクがあります。
この種のミスは、トークンの損失を招くだけでなく、プロジェクトの信頼性を損なう可能性もあります。

一方、一人のユーザーが複数のアカウントを持って施策に参加すると、トークンが限定的なグループに偏って配布されるリスクが高まります。
さらに、トランザクションの確認やダイレクトメッセージによるコミュニケーションにも課題があり、これがトークンの正確な配布を妨げる要因となっています。

総じて、Web3のマーケティングでは、適切なプロモーションとトークンの適切な配布の間でバランスを取ることが不可欠です。

Web3マーケティングにおけるよくある質問

Web3マーケティングにおけるよくある質問について、以下で解説していきます。

Web3マーケティングは従来のマーケティングとどのように異なりますか?

Web3マーケティングと従来のマーケティングは、その根底にある技術とコンセプトの違いから、多くの点で異なっています。

まず、Web3マーケティングはブロックチェーン技術を活用した分散型の環境で行われます。これにより、ユーザーが自らのデータをコントロールし、直接取引やコミュニケーションが可能となります。
一方、従来のマーケティングは中央集権型のプラットフォームやサービスを通じて行われることが多く、企業や広告主が主導するケースが多いです。

次に、Web3では、トークンエコノミーやスマートコントラクトを活用した新しいマーケティング戦略が考えられます。これにより、ユーザーの行動や貢献を直接報酬する仕組みを導入することが可能になります。
一方、従来のマーケティングは、主に広告やプロモーションを通じて商品やサービスを推進する方法が中心です。

また、Web3の世界では、コミュニティの力が非常に重要となります。
プロジェクトの成功は、コミュニティの参加と協力に大きく依存するため、真のエンゲージメントを促す戦略が求められます。
従来のマーケティングでは、一方的なメッセージ配信が中心でしたが、Web3では双方向のコミュニケーションがキーとなります。

これらの違いを理解し、適切に取り入れることで、Web3マーケティングの真のポテンシャルを引き出せます。

Web3マーケティングを始めるために必要なスキルや知識は何ですか?

Web3マーケティングを始めるためには、従来のマーケティングとは異なる独特のスキルや知識が必要となります。

  • ブロックチェーンの基本知識
    Web3マーケティングはブロックチェーン技術に根ざしています。
    そのため、ブロックチェーンの仕組みや特徴、それに関連する技術的な要点を理解することが基本です。
  • トークンエコノミーの理解
    多くのWeb3プロジェクトでは、トークンが中心的な役割を果たします。
    トークンの配布、流通、価値の形成など、トークンエコノミーを理解することは不可欠です。
  • スマートコントラクトの知識
    自動的な取引を可能にするスマートコントラクトは、Web3の中心的な概念の一つです。
    その基本的な動作原理や利用シーンを把握することが求められます。
  • コミュニティマネジメント
    Web3のプロジェクト成功は、コミュニティとの深いエンゲージメントに依存します。
    コミュニケーション能力や、コミュニティのニーズを理解し、それに対応するスキルが重要です。
  • セキュリティ意識
    Web3の環境は新しいため、様々なセキュリティリスクが存在します。
    セキュリティのベストプラクティスを学び、それをマーケティング活動に取り入れる必要があります。

Web3の世界は日々進化しています。
そのため、常に最新の情報やトレンドを追い、柔軟に対応する能力も必要とされます。

NFTを活用したWeb3マーケティングの成功事例はありますか?

Web3の世界におけるマーケティングは、従来のマーケティング手法とは一線を画しています。その中でNFT(非代替性トークン)を活用した成功事例が注目を集めています。

アメリカの洗車チェーン「Soapy Joe’s」は、NFTの無料配布により顧客エンゲージメントを強化しました。
この独自のデジタルアートとしてのNFTは、顧客にとって所有権を持つ価値のあるアイテムとなり、さらにそれを保有することでの特別な特典や割引へのアクセスが可能となるなど、実利をもたらすツールとしての側面も持ち合わせています。

一方、スポーツブランドの大手「NIKE」もNFTの活用に成功しています。
NIKEは限定デザインのスニーカーをNFTとして発行し、それを所有することでリアルな製品の購入権や特別なイベントへの招待など、独自の体験を提供しています。
これにより、NIKEはデジタルとリアルの世界をシームレスにつなぐ新しいカスタマーエクスペリエンスを提供し、ブランドの革新性をアピールしています。

これらの事例を通じて、NFTを活用したマーケティングは、ブランドと顧客との関係をより深化させ、新しい価値を生み出す強力な手法として確立していることが伺えます。

Web3マーケティング まとめ

ここまでWeb3マーケティングを成功させる方法についてお伝えしてきました。
Web3マーケティングを成功させる方法の要点をまとめると以下の通りです。

  • Web3は、ブロックチェーンを基盤に持つ次世代のインターネットで、ユーザーのデータ所有権を中心に構築されている。
  • Web3のマーケティング成功のカギは、「時間のマーケティング」「ミームの活用」「コミュニティの構築」などが大切。
  • Web3のマーケティングでは、効率的なプロモーションとトークンの適切な配布の間でバランスを取ることが不可欠。

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

 

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら