ブロックチェーンとは?特徴や仕組み、種類まで分かりやすく解説!

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

ブロックチェーンとは何かを知っていますか?
本記事では、ブロックチェーンの特徴や仕組みについて以下の点を中心にご紹介します!

  • ブロックチェーンとは?
  • ブロックチェーンの特徴・仕組みを分かりやすく解説
  • ブロックチェーンとスマートコントラクトの可能性

ブロックチェーンとはについて理解するためにもご参考いただけると幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

ブロックチェーンとは?

ブロックチェーンとは、取引の履歴を一連の鎖として暗号技術で連続的につなぐ革命的な技術です。このシステムは、データの改ざんや破壊を極めて困難にし、システムの停止リスクも低減させます。そのため、金融や各種業務プロセスにおいて革命的な変化をもたらす可能性があります。ブロックチェーンは、不正行為をする者や障害を起こす者がいても、確実な取引を保証し、多数の参加者が同一のデータを分散して保持する仕組みを持っています。

このような特性から、ブロックチェーンは「改ざん困難で、停止しない分散型のデータベース」と言えます。しかし、ブロックチェーンに対する定義や解釈は一定ではなく、時代や状況に応じて変わることも。実際、日本ブロックチェーン協会の定義も参考とされる中で、多様な意味合いでこの言葉が用いられています。この技術の進化とともに、ブロックチェーンの理解も深まりつつあります。

ブロックチェーンの特徴・仕組みを分かりやすく解説

ブロックチェーンは、改ざん困難な分散型台帳技術です。
データを鎖状に連結し、透明性と信頼性を実現します。

P2Pネットワーク

P2P(Peer to Peer)ネットワークは、各コンピュータが等価な立場で直接通信を行うシステムを指します。「Peer」という言葉は「同等」や「仲間」といった意味を持ち、P2Pネットワーク内の全てのコンピュータは同じ機能・役割を果たします。そのため、このネットワークは分散型であり、一部のコンピュータが機能しなくても全体のシステムが停止することはありません。この分散型の特性が、P2Pネットワークの最も魅力的な点です。ブロックチェーンもこのP2Pネットワークをベースにしており、それによって分散システムを活用し、システムのダウンタイムを防ぎます。

また、P2Pネットワークはそのものが新しい技術ではありません。ブロックチェーンの革命的な部分は、このP2Pネットワークを始めとする既存の技術、例えばハッシュ技術や電子署名などを組み合わせて、新しい形のデータ管理とセキュリティを提供していることにあります。

暗号化技術

ハッシュ技術は、データの特定と保護に欠かせない暗号化手法として知られています。この技術は、「ハッシュ関数」という特定の計算手法を使用して、入力された任意のデータを一意の「ハッシュ値」に変換します。このハッシュ値は、データの一種の指紋とも言えるもので、データに一切の変更が加えられた場合、ハッシュ値も変わるため、改ざんの検出が可能となります。

さらに、ハッシュ関数は、入力データが微細に変わるだけで、大きく異なるハッシュ値を出力します。そして、その出力されるハッシュ値は、元のデータを逆算して取り出すことはできません。同じデータがハッシュ関数に入力されれば、いつでも同じハッシュ値が得られるという特性も持っています。

具体的な応用例として、ビットコインなどのクリプトカレンシーでは「SHA256」というハッシュアルゴリズムを使用しています。特定の単語や情報をこのアルゴリズムに通すことで、一定の長さのハッシュ値が生成され、これが取引の信頼性を保証する重要な役割を果たしています。

電子署名

電子署名は、デジタルデータの真正性や信頼性を保証する技術として注目を集めています。具体的には、データが特定の発信者によって生成されたこと、そしてデータが途中で改ざんされていないことの2つを証明する手段として機能します。

この電子署名の仕組みの中心には「公開鍵」と「秘密鍵」という2つの鍵が存在します。これらは一組として関連しており、署名者は秘密鍵を用いてデータに署名を施します。この署名済みのデータは、受信者へと送信されます。受信者は、事前に共有されている公開鍵を使用して、送信されたデータが確かに本物の署名者からのものであり、かつ途中での改ざんがないことを検証します。

ブロックチェーン技術でも、この電子署名が重要な役割を果たしています。取引の信頼性を保つため、電子署名を活用してデータの正当性を検証し、偽造やなりすましを防ぐ仕組みが取り入れられています。

合意形成アルゴリズム

ブロックチェーン技術における「コンセンサスアルゴリズム」は、分散ネットワーク内の多数の参加者間で、一貫した合意を形成するための仕組みを指します。この合意形成は、ネットワーク内の取引やデータの真正性を確保する基盤となっています。

ブロックチェーンのネットワークは、不特定多数の参加者から成り立っているため、その中には不正を試みる者や誤動作を起こす者が存在する可能性があります。それにもかかわらず、全参加者が一致した情報の合意を形成するための強固なルールがコンセンサスアルゴリズムです。

特に注目されるアルゴリズムとして「Proof of Work (PoW)」があります。ビットコインではこのPoWが採用されており、膨大な計算を競争的に行う「マイニング」を通じて、正確な取引の検証を行います。このマイニングの勝者にはビットコインが報酬として与えられる。このような報酬制度により、参加者は正しい行動をし、ネットワークの信頼性が維持されています。

また、PoWだけでなく、「Proof of Sテーク (PoS)」や「Proof of Important(PoI)」など、さまざまなコンセンサスアルゴリズムが提案・開発されています。これらのアルゴリズムは、ブロックチェーン技術の進化とともに、それぞれの特性や目的に合わせて利用されています。

ブロックチェーンのメリット

ブロックチェーンのメリットは、その改ざん防止能力と持続性、そして経済性にあります。データは連鎖的に保存され、一部の改変は事実上不可能に近いため、セキュリティ面での信頼性が高まっています。また、中央集権的なサーバーに依存せず、分散されたネットワーク構造がシステムのダウンリスクを低減し、持続性を保障します。この分散構造は、高価な中央サーバーや頻繁なメンテナンス費用を削減し、企業とユーザー双方にコストメリットをもたらします。

ブロックチェーンのデメリット

ブロックチェーンのデメリットは、その構造と性質から生じるいくつかの問題点に集約されます。最初に、一度ブロックチェーンに保存されたデータは削除が難しく、情報の取り扱いには注意が必要です。次に、公開型のブロックチェーンでは、不正意図を持った参加者の排除が難しいため、セキュリティリスクが生じる場合がある。最後に、ブロックチェーンのデータ蓄積が増えると、トランザクションの処理速度が低下する可能性があり、これは大量のユーザーを持つプラットフォームでは深刻な課題となり得ます。

ブロックチェーンの種類

ブロックチェーン技術は多様で、用途や設計に応じたさまざまな種類が存在します。

プライベートチェーン

プライベートチェーンは、特定の管理者による承認を必要とするブロックチェーンの形式です。このシステム内では、特定の管理者が全体の監督役として機能し、参加を希望するユーザーは事前の承認が求められます。このような構造により、不正な行動を取る可能性のある参加者を事前に排除でき、信頼が向上します。また、参加者が限られているため、意思決定や取引は迅速に行われます。

ただし、プライベートチェーンはその透明性や普遍性に欠ける側面があります。特定の組織や企業の内部で主に活用されるこの形式は、中央集権的な要素が色濃く反映されています。特に、企業の内部取引や金融機関間の取引記録に用いられることが多いのが特徴です。

パブリックチェーン

パブリックチェーンは、オープンなブロックチェーンの形式で、特定の管理者の存在なく、どんなユーザーも自由に参加できる特徴を持っています。この開放的な性格から、全ての取引データは公然とアクセス可能であり、その透明性は高い評価を受けています。

しかし、この自由な構造が持つ課題も存在します。特に、システム上のルールを変更する際には、単独の判断ではなく、多数の参加者の合意が必要とされるため、そのプロセスは時間を要することが多いとされています。このような特性を持つパブリックチェーンは、ビットコインなどの仮想通貨の取引において主要な役割を果たしており、分散化と透明性の追求が評価されています。

コンソーシアムチェーン

コンソーシアムチェーンは、特定の組織や企業群によって管理され、その参加者に限られたブロックチェーンの形式を指します。この形式は、一般的な公開ブロックチェーンと、企業や団体専用のプライベートチェーンの中間点に位置しています。

このチェーンには複数の管理者が関与し、そのためシステム上のルール変更や決定を行う際には、参加企業間の一定数以上の合意が求められる構造になっています。これにより、意思決定プロセスにバランスと公平性がもたらされます。

加えて、参加する各組織がセキュリティの強化や障害復旧策に共同で取り組むことが可能となるため、パブリックチェーンやプライベートチェーンより、より堅牢でセキュアなシステムの構築が期待されます。これは、コンソーシアムチェーンが業界団体やビジネスコンソーシアムなどでの採用が進む大きな理由となっています。

ブロックチェーンとスマートコントラクトの可能性

スマートコントラクトは、狭義で考えれば「設定したルールに基づき、自動的に取引を行うプログラム」と定義できます。ブロックチェーン技術と組み合わせることで、契約内容がブロックチェーン上に記録され、特定の条件が満たされると自動的に実行される仕組みが構築できます。そして、その全てのプロセスは管理者なしに、改ざんのリスクなく実行されます。

将来的には、スマートフォンの操作だけで、自動運転のレンタカーがあなたの位置まで迎えに来るかもしれません。ブロックチェーンとスマートコントラクトの組み合わせは、こうした未来のサービスを現実にする可能性を秘めています。

ブロックチェーンに関するよくある質問

ブロックチェーン技術に関する疑問や誤解を解消するための、よくある質問をまとめました。

ブロックチェーンとNFTの違いはなんですか?

ブロックチェーンとNFTは、両者ともデジタル資産の領域で関連しているものの、それぞれ異なる概念を持っています。ブロックチェーンはデジタルな台帳技術で、取引の履歴や情報を連鎖的に格納し、そのデータは改ざんが非常に困難な特性を持ちます。一方、NFT(非代替性トークン)は、ブロックチェーン上に存在するユニークなデータや証明としてのアイテムを指します。

例えば、「AさんからBさんへ、デジタルアート作品が移動した」という情報がブロックチェーン上に記録されると、そのデジタルアートはNFTとして認識されます。要するに、NFTはブロックチェーン技術を基盤として、特定のアイテムや資産の一意性や所有権を証明する役割を果たしているのです。

ブロックチェーンは何がすごいんですか?

ブロックチェーンの革命的な側面は、中央管理が不要で、データの改ざんが難しく、かつ堅牢なネットワークを持っている点です。取引の詳細が連鎖的につながった「ブロック」として保存され、全参加者に分散して記録されるため、一部が攻撃を受けても情報は失われません。この独特の構造は「分散型台帳技術」と呼ばれ、中央機関の監督を必要としない取引の実現を可能にしています。

従来、金融トランザクションの際には、中央銀行や商業銀行が取引の監督や認証を担当していました。これには多額の費用がかかり、取引も時間を要していました。ブロックチェーン技術は、このプロセスを効率化し、迅速かつ安価に取引を行う新しい道を提供しています。これにより、金融業界だけでなく、様々な産業での契約や取引の方法が変わる可能性があります。ブロックチェーンは、信頼性の高いデジタル取引の新しいスタンダードを形成していると言えるでしょう。

ブロックチェーンはなぜ注目されているんですか?

ブロックチェーンは「信頼性の高い情報の共有技術」として、現代のテクノロジー革命の中心に位置しています。言われるほどの画期的な存在かと疑問に思う方もいるかもしれませんが、ブロックチェーンの真価は、さまざまな取引や情報の公明性と不変性を保証する点にあります。

この技術の魅力は、単なる金融トランザクションだけに留まりません。食品のトレース、著作権の管理、医療記録、そして公的な情報の管理など、あらゆる領域での利用が考えられます。ブロックチェーンが記録されることで、その情報は改ざん不可能となり、取引や情報共有が行えます。

特にパブリックチェーンは、中央の管理者が不要で、分散的に情報が管理されるため、データの集中化や情報漏洩のリスクを低減できます。ブロックチェーンの力を発揮すれば、日常の取引や情報共有は透明で、そしてスムーズに行われることでしょう。このテクノロジーは、今後の社会インフラの一部として、私たちの生活に深く根付く可能性を秘めています。

ブロックチェーンについてのまとめ

ここまでブロックチェーンについてお伝えしてきました。
ブロックチェーンの要点をまとめると以下の通りです。

  • ブロックチェーンとは、取引の履歴を一連の鎖として暗号技術で連続的につなぐ革命的な技術のこと。
  • ブロックチェーンは、PoWだけでなく、「Proof of Sテーク (PoS)」や「Proof of Important(PoI)」など、さまざまなコンセンサスアルゴリズムが提案・開発されている。
  • 将来的には、スマートフォンの操作だけで、自動運転のレンタカーがあなたの位置まで迎えに来るかもしれない。

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. OKCoinJapan【学生は取引手数料無料!】
    公式サイト: https://www.okcoin.jp/
  4. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

簡単なWeb3事業診断も行っております。(初回相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら