草コインの意味とは?名前の由来は?アルトコインとの違いは?

草コイン

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています

草コインの意味とは?

草コインとは、時価総額や知名度が低いものの、今後急成長する可能性がある仮想通貨の総称です。
イーサリアム(ETH)やリップル(XRP)など、仮想通貨取引所に上場していたり、有名な仮想通貨は草コインとは呼びません。

この草コインに公式の定義などはありません。

草コインへの投資はギャンブル性が

草コインはICOからまもない仮想通貨が多く、1コインの価格が低いので、多くのコインを購入することができます。
中には1円で1コインを購入できるものもあります。

そのため価格が急上昇した際に普通の株式投資ではありえないレベルの大きなリターンが見込めます。
数年で1000倍の価格になるものも中にはあります。

だが、その大きな魅力の一方で、価格が限りなくゼロになる危険性もあります。
草コインは種類が様々で、価値を投資家たちがうまく図ることができないからです。

草コインに投資するならあくまで余剰資金の範囲内で行うことをお勧めします。

草コインの名前の由来は?

草コインは英語では、「shitcoin」と呼ばれます。
これを日本語訳すると「糞(クソ)コイン」です。

そのクソが転じて、クサ⇨草、なったのが草コインの名前の由来とされています。

アルトコインとの違いは?

アルトコインとはビットコインの以外の仮想通貨の総称です。

アルトコインの中でも、とくに知名度や時価総額が低いものを草コインと呼びます。
アルトコインの意味は以下の記事で解説しています。

アルトコイン
アルトコインの意味とは?草コインとの違いは?アルトコインの意味とは? アルトコインとは、Alternative Coinの略です。 日本語訳すると代わりのコインという意味です。...
おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら