NFTゲームのガバナンストークンの意味とは?わかりやすく解説

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています

NFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)で遊ぶにあたって、複数の仮想通貨が登場するケースがありますね。
ゲーム内でNFTの購買に利用されるトークンだけでなく、ガバナンストークンというものが存在するゲームも多いです。

今回Pacific Meta マガジンではガバナンストークンの意味など以下の内容を初心者向けにわかりやすく解説していきます!

  • ガバナンストークンとは?
  • ガバナンストークンを作る理由
  • ガバナンストークンができることの例
  • ガバナンストークンはステーキング可能
  • ガバナンストークンはエアドロップで獲得も
  • ガバナンストークンの具体例

ガバナンストークンとは?

ガバナンストークンとは、トークンにまつわるプロジェクト(DAO)の運営に関わる議決権をもったトークンです。
DAOとは自律分散型組織です。詳しく知りたい方は以下の記事を参考にしてください。

DAO
DAOの意味とは?初心者向け解説!ブロックチェーンゲームにも応用?DAOとは? DAOは「Decentralized Autonomous Organzation」の頭文字を取ったものです。 日本語...

ブロックチェーンゲームもDAOの一種で、ガバナンストークンが採用されています。

ガバナンストークンの保有量に応じて、プロジェクトの意思決定の権利が付与されます。
意思決定はガバナンストークン保有量に応じた多数決で行われます。
株式会社でいうと、株式の保有数によって議決権が変わる仕組みに近いです。
NFTゲームの中の法律の役割をになっているといっても過言ではありません。

もちろん投票を行わなくても、仮想通貨として資産の価値があります。
NFTゲームが注目されれば、価格が100倍に高騰するケースもあります。
日本の税制では収益にあたるので、ガバナンストークンの高騰による利益も課税されますので確定申告をする必要があります。

ゲーム内トークンが全てガバナンストークンであるわけではありません。
NFT購買用トークンとガバナンストークンは別に設定されているケースも多いです。
NFT購買用トークンは主にゲーム内のNFTの購買に使用され、ガバナンストークンは主にゲームのガバナンスの権利の執行に使われます。

NFTゲーム以外でも様々なDAOでガバナンストークンが採用されています。
様々な種類のガバナンストークンがあるのでいずれ一覧で公開しますね。

ガバナンストークンの獲得・受け取り方

ガバナンストークンの獲得方法はNFTゲームによって様々です。

NFTゲームをプレイして成績に応じて獲得することもできるので、無課金でも手に入れることができます。

そしてもちろん、仮想通貨取引所で購入することもできます。
そのためNFTゲームのプレイ歴が浅くても、仮想通貨取引所でNFTゲームのガバナンストークンを大量に購入すれば、NFTゲームの意思決定に大きく関わることができます。

ガバナンストークンを作る理由

ガバナンストークンは、組織の運営(ガバナンス)を分散化する目的で採用されております。

NFTゲームの運営者だけでなくユーザーもガバナンス(運営)に参加できるので、多くの声を反映することができます。
ソシャゲーの運営がなかなかユーザーの気持ちを理解できず、すぐに廃れてしまうケースもありますよね。

また、ガバナンストークンは運営者の癒着を防ぎます。
全てのお金の流れがブロックチェーンによって公平にだれでも閲覧できるようになるので、適切なお金の使われ方をしているかを確認できます。
さらにはブロックチェーン上でNFTゲームを行うことで、組織運営の透明性を証明できます。

ガバナンストークンができることの例

ガバナンストークンはNFTゲームで様々な意思決定に関わることができます。
主に以下のようなことが可能です。

  • ゲームの方向性の提案
  • 新しい機能の追加
  • 報酬の配布割合の変更
  • ゲーム内のキャラクター・カードの強さの変更

ガバナンストークンはステーキング可能

ステーキングとは、一定期間ガバナンストークンを預け入れて(ロック)、ステーキング報酬を受け取る仕組みです。ロック期間中はガバナンストークンを引き出せません。

ロック期間やステーキング報酬はNFTゲームによって様々です。
カードやアイテムがもらえたり、ガバナンストークンが保有率に応じて獲得できます。

ステーキングされていないガバナンストークンはリキッドと呼びます。

Splinterlandsを例にとると、以下のようにAPR29.02%(年利29.02%)で仮想通貨でSPS(Splinterlandsのガバナンストークン)を獲得できます。
29%はとんでもなく膨大な利率ですね!

ステーキングの意味や、メリット・デメリットは以下の記事で解説しています。

NFTゲームのステーキングの意味とは?最大のリスクは?NFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)をプレイしているとステーキングという言葉を目にすると思います。 今回Pacific Meta マ...

ガバナンストークンはエアドロップで獲得も

エアドロップ(Airdrop)とは、マーケティングの一環でユーザーにトークンを配布する仕組みです。
エアドロップの意味は以下の記事で解説しています。

NFTゲームのエアドロップの意味とは?なぜ無料でもらえるの?NFTゲームで遊んだり調べたりしていると、エアドロップという単語をよく見かけると思います。 今回Pacific Meta マガジンはエ...

無償で配布することもあれば、条件付きで配布されることもあります。
ガバナンストークンが無料でもらえるとなると、そのゲームをやってみたくなりますよね!

ガバナンストークンもエアドロップで獲得することができます。
エアドロップでの獲得量や条件はゲームごとに設定されております。

例えばSplinterlandsですと、カードの強さの合計値とゲーム内通貨のDECの保有量の合計でエアドロップポイントが決まります。
以下は私のSplinterlandsのエアドロップポイントです。

これでだいたい毎日43SPS(約450円)が毎日配布されます。

ガバナンストークンの具体例

このように、ステーキングやエアドロップを通して、ガバナンストークンを増やすことができるとわかったと思います。

実際にガバナンストークンが採用されているNFTゲームの事例を紹介します。

Splinterlands

世界一のユーザー数を誇るNFTゲームのSplinterlandsを例にとります。
ゲーム内通貨がDECで、ガバナンストークンがSPSになります。

SPSはエアドロップやステーキングによって獲得できます。

https://pacific-meta.co.jp/magazine/blockchain-game/93090/

Splinterlandsの公式サイト

クリプトスペルズ

日本1のNFTカードゲーム、クリプトスペルズはSPLがガバナンストークンです。
SPLの保有量によって、カードの強さを投票して決めることができます。
これにより圧倒的に強いカードが生まれることを阻止しております。

クリプトスペルズ
クリプトスペルズの始め方・攻略・稼ぎ方・システム・評判など解説!お金を稼ぎながら遊べると話題のブロックチェーンゲーム。 プレイしてみたいけど、なにから準備すればいいのか分からないという方も多いのでは...

クリプトスペルズの公式サイト

AXIE Infinity

世界で一番有名なNFTゲーム、AXIEは、AXSというガバナンストークンを採用しています。
他にも通常のゲーム内トークン、SLPがあります。

AXIEはステーキングすることによって年利100%以上の時期もありました!
今でも80%以上の高水準をキープしています。

その分AXIEの入手難易度は非常に高くなっております。

【Axie infinity】ゲームの始め方・遊び方・稼ぎ方を徹底解説!Play to Earnをコンセプトにするブロックチェーンゲームは無数に存在しています。 数多くのタイトルが出たり消えたりを繰り返...

NFTゲームにおすすめな仮想通貨取引所は?

NFTゲームで遊ぶには日本と海外の仮想通貨取引所が必須です。
それぞれ以下の記事でランキング形式で紹介しているので是非参考にしてください!

NFTゲームにおすすめ仮想通貨取引所ランキング!日本・海外それぞれNFTゲーム(ブロックチェーンゲーム)を始めるためには、仮想通貨取引所のアカウントを作成する必要があります。 日本の仮想通貨取引所...

ガバナンストークンまとめ

以上がガバナンストークンの解説になります。
ガバナンストークンはNFTゲームで遊ぶと獲得できて、ゲームの方針などの投票に参加することもできます。

NFTゲームで遊ぶと他にもわからない単語があるかと思います。
その度にPacific Meta マガジンの記事を読んで確認してくださいね!

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら