カルダノ ¥69.26 2.91%
ドージコイン ¥20.02 5.03%
トンコイン ¥1,156.37 0.63%
XRP ¥93.30 6.26%
USDコイン ¥157.47 -0.01%
ソラナ ¥26,829.74 3.22%
BNB ¥93,073.65 2.91%
テザー ¥157.56 0.07%
イーサリアム ¥551,997.37 1.75%
ビットコイン ¥10,488,505.82 3.41%
カルダノ ¥69.26 2.91%
ドージコイン ¥20.02 5.03%
トンコイン ¥1,156.37 0.63%
XRP ¥93.30 6.26%
USDコイン ¥157.47 -0.01%
ソラナ ¥26,829.74 3.22%
BNB ¥93,073.65 2.91%
テザー ¥157.56 0.07%
イーサリアム ¥551,997.37 1.75%
ビットコイン ¥10,488,505.82 3.41%
カルダノ ¥69.26 2.91%
ドージコイン ¥20.02 5.03%
トンコイン ¥1,156.37 0.63%
XRP ¥93.30 6.26%
USDコイン ¥157.47 -0.01%
ソラナ ¥26,829.74 3.22%
BNB ¥93,073.65 2.91%
テザー ¥157.56 0.07%
イーサリアム ¥551,997.37 1.75%
ビットコイン ¥10,488,505.82 3.41%
カルダノ ¥69.26 2.91%
ドージコイン ¥20.02 5.03%
トンコイン ¥1,156.37 0.63%
XRP ¥93.30 6.26%
USDコイン ¥157.47 -0.01%
ソラナ ¥26,829.74 3.22%
BNB ¥93,073.65 2.91%
テザー ¥157.56 0.07%
イーサリアム ¥551,997.37 1.75%
ビットコイン ¥10,488,505.82 3.41%

ブロックチェーン技術の将来性:市場規模、活用例、エンジニアの役割について徹底解説!

事業者向け

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

ブロックチェーン技術は、今後さらにさまざまな市場での実用化が期待されていることを知っていますか?
本記事では、ブロックチェーンの将来性について以下の点を中心にご紹介します!

  • ブロックチェーンの市場規模はどうなっている?
  • ブロックチェーンはどのように活用されている?
  • ブロックチェーンエンジニアとは?

ブロックチェーン技術の将来性ついて理解するためにもご参考いただけると幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

そもそもブロックチェーンとは?

ブロックチェーンは分散型台帳技術の一つで、取引の履歴を鎖のように連結して正確に記録する革新的な技術です。従来の方法では、多岐にわたる取引履歴の管理や一貫性を保つのが難しかったが、ブロックチェーンではこれらの情報を複数のコンピュータネットワーク上で共有・検証することで、改ざんのリスクを極めて低く抑えます。この「改ざん困難」な特性は、さまざまな産業でのトレーサビリティ向上や情報の信頼性を高める要因となっています。

スポンサーリンク

ブロックチェーンの基本

ブロックチェーンは高度な利用可能性とデータの一貫性を実現する技術と定義されています。ブロックチェーンの基本について以下で解説していきます。

ブロックチェーンの定義

一般社団法人日本ブロックチェーン協会によれば、ブロックチェーンは「電子署名とハッシュポインタを活用し、改ざんの検出を容易にするデータ構造を持ち、そのデータをネットワーク上の多数のノードに分散して保存することで、高度な利用可能性とデータの一貫性を実現する技術」として定義されています。

ブロックチェーンの種類

パブリックチェーン

パブリックチェーンは、誰もが自由に参加できる開放型のネットワークです。管理者は存在せず、全ての取引内容はネットワーク内で公然と共有され、合意形成プロセスを通じて確認されます。この公開ネットワークにおける取引の承認には、ネットワーク参加者間の合意が不可欠です。

代表的な暗号資産、ビットコインやイーサリアムはこのパブリックブロックチェーンを基盤としています。P2P方式を採用することで、参加者間の直接取引が可能となり、その取引履歴の改ざんは極めて難しく、不正が発生した場合でも迅速に検出するできるのが特徴です。

プライベートチェーン

プライベートチェーンは、参加が制限され、特定の組織や企業がネットワークを中心的に管理するブロックチェーンです。

プライベートチェーンの主な利点として、高速なデータ処理、取引承認、低い手数料、そしてルール変更の容易さが挙げられます。特に、ルール変更に関しては、パブリックチェーンのように多くの参加者の合意を必要とせず、一部の権限者の意向で変更が可能となっています。

しかしながら、その中央集権的性質はデメリットとしても捉えられることがあります。具体的には、データ改ざんのリスクや、公共性の低さなどが考えられます。限定された管理者が存在するため、悪意のある行動が容易になる可能性があるのです。

総じて、プライベートチェーンは組織内でのデータ管理や取引を効率化するための有効なツールであり、その特性を理解し、適切に運用することが求められます。

コンソーシアムチェーン

コンソーシアムチェーンはブロックチェーンの新しい形態として注目を浴びています。これは、パブリックチェーンとプライベートチェーンの間に位置するブロックチェーンの形態で、特定の参加者のみがアクセスできる点でプライベートチェーンに似ていますが、複数の組織や企業が共同で運営するという特性があります。

コンソーシアムチェーンの最大の特徴は、複数の管理者が存在することです。これにより、システムの運営やコスト、責任を複数の参加者で分散し、効率的な運用が可能となります。特に、複数の組織や企業が情報共有や取引を行う際に適しています。

このチェーンの採用により、企業は個人情報を含むデータを安全に取り扱えます。全ての取引データを公開するパブリックチェーンのようなリスクなしに、秘匿性の高い情報の取り扱いが可能となります。しかし、その一方でコンソーシアムチェーンはブロックチェーンの原点である完全な改ざん耐性や透明性を持つわけではありません。

ブロックチェーンの主な特徴と利点

データの改ざんを防ぐ

ブロックチェーンの最も顕著な特性は、その「改ざん耐性」です。この技術は、全ての参加者がデータを共有する分散型のシステムを採用しており、書き込まれた情報が後から変更されることはほぼ不可能となっています。

まず、ブロックチェーンは、中央のサーバーに依存することなく、多くのコンピュータ(ノード)でデータを保持・確認できます。これにより、あるノードが改ざんを試みても、他の多くのノードによってその変更は確認されず、結果として改ざんが拒否されます。

そして、 各取引はハッシュ関数を用いて暗号化され、それぞれのブロックに保存されます。もし何らかの方法でブロックの中の情報を変更しようとすると、ハッシュ値が変わってしまうため、連鎖してすべてのブロックのハッシュ値を変更する必要が出てきます。この作業の困難さが、ブロックチェーンの改ざん耐性の背景にあるのです。

従って、ブロックチェーンは、データの真正性と透明性を保証する確固とした技術として、多くの産業や組織に採用されています。

持続可能性の高いシステム

ブロックチェーン技術は、持続可能性と高い耐障害性を持つと広く認識されています。その背後には、特定の中心集権的なサーバーやシステムに依存せず、複数のコンピュータが連携して動作するP2Pネットワークの採用があります。

一部のコンピュータやノードが突如としてダウンしたとしても、残るノードが正常に動作し続けることで、ブロックチェーン全体の運用に影響は及びません。これは、従来の中央集権型のシステムにおいては考えられない特性で、サービスの中断なく業務を継続できる大きな強みと言えます。

万が一、あるノードのデータが失われてしまったとしても、他のノードが同じデータを持っているため、情報の紛失のリスクは最小限に抑えられます。これにより、情報の透明性や完全性が維持され、システムの信頼性が一層高まります。

このように、ブロックチェーンはシステムとしての持続可能性を保証する強固な構造を有しており、これにより多様なビジネスや産業での利用が進められています。

ランニングコストが抑えられる

ブロックチェーン技術の登場は、データ管理のコスト面にも革命をもたらしています。多くの伝統的なシステムは中央サーバーに依存し、その結果として高価なサーバーの導入や維持費が必要でした。これには、高性能ハードウェアの購入、継続的な保守、そして定期的なアップデートや点検などの隠れたコストが含まれます。

しかし、ブロックチェーンの採用によって、これらのランニングコストは大幅に削減される可能性があります。なぜなら、ブロックチェーンは中央集権的なサーバーを必要とせず、複数のノード(参加者のコンピュータ)がデータの保存と検証を分担するためです。この分散型のアプローチにより、特定の高コストなサーバーへの依存がなくなり、全体の運用コストが低減します。

さらに、ブロックチェーンのP2Pネットワーク構造は、参加者全体でデータの取引と検証を行うため、中央管理者の介入や維持の必要が低くなります。これにより、一般的なサーバークライアント方式よりも運営の効率性が高まり、それを利用する各参加者にも経済的なメリットが生まれるのです。

このようなコスト削減のメリットを背景に、ブロックチェーンは多くの業界や組織での採用が進んでいます。データの管理と検証をより効率的かつ経済的に行う方法として、ブロックチェーンはその価値を証明しているのです。

スポンサーリンク

ブロックチェーンの市場規模と将来性

ブロックチェーンには将来性が期待できます。ブロックチェーンの市場規模と将来性について解説していきます。

市場規模の現状と予測

ブロックチェーン業界は、絶えず変化し成長を続ける分野として注目を集めています。

近年の調査によれば、国内のブロックチェーン市場は現在約1,427億円と推定されており、これからの5年間で9.03%の成長を見込んでいます。このペースでの成長が続くと、2028年には市場規模が1,556億円に達すると予測されています。

ブロックチェーンの将来性とその理由

近い将来の市場環境の変化を考慮すると、技術の進歩が市場の拡大や減少に大きな影響を与えることが予想されます。具体的には、暗号資産の需要や暗号資産を用いた決済の需要、さらにはDeFiの利用の拡大がプラス要因として挙げられます。一方で、イールドファーミングの利用拡大がマイナス要因として考えられています。

さらに、関連する業界として、金融、FinTech、AIを活用したサービス、生成AI活用サービス、IoT、インシュアテック、そしてWeb3.0などの市場規模も注目されています。これらの業界も、ブロックチェーンとともに、今後のテクノロジー市場での動向や成長を左右する鍵を握っていると言えるでしょう。

国内外での需要と市場の拡大

2022年のデータによると、ブロックチェーン技術の世界市場規模は111億4,000万ドルと評価されました。そして、わずか1年後の2023年には175億7,000万ドルへと急成長を遂げると予測されています。さらに、この伸びは2030年まで続くと見られ、その時点での市場規模は驚異的な4,694億9,000万ドルに達するとされています。

このような驚異的な成長率は、ブロックチェーンの技術が持つポテンシャルと、それを取り巻くビジネス環境の変化を如実に示しています。多くの企業や組織がブロックチェーン技術を導入することで、取引の効率化やコスト削減を実現しており、その結果として市場規模の拡大が続いているのです。

日本国内においても、ブロックチェーンは多くの産業で注目されています。特に、金融、物流、製造業などの分野での導入事例が増加しており、国内市場も大きな伸びを見せています。

今後もブロックチェーン技術は、新しいビジネスモデルの創出や既存業界の変革を牽引するキー技術として、その存在感を増していくでしょう。国内外の市場が期待するポテンシャルを最大限に活かすためには、技術の更なる研究や開発、そして教育が欠かせません。

スポンサーリンク

ブロックチェーンの活用が期待される分野

ここからは、ブロックチェーンの活用が期待される分野について解説していきます。

国際送金の効率化

国際間の資金移動や情報伝達の主要プレイヤーであるSWIFT(国際銀行間通信協会)は、ブロックチェーン技術を活用することで国際送金の効率化を目指している。現在のシステムでは、資産運用会社、ブローカー、保管銀行など多数の中間業者を経由するため、データの矛盾や誤りが生じることがある。この結果、エンドユーザーがデータの整理や照合に手間と時間を費やす状況が続いている。

ブロックチェーンの導入は、この問題を根本から解決する可能性がある。不変性を持つこの台帳技術は、データの安全性と透明性を保障し、その登録や更新に関する作業を効率化する。ブロックチェーン上での取引や情報の伝達は、参加者間での合意を基に行われるため、データの矛盾や二重取引のリスクを大幅に削減できると期待されている。

この新しい取り組みの実証テストには、シティグループやバンガード、ノーザントラストといった大手金融機関が参加している。そして、エンタープライズテクノロジー企業Symbiontが提供する「Assembly」プラットフォームを通じて、ブロックチェーン上でのデータの取り扱いが行われる予定だ。この取り組みにより、スマートコントラクト技術を用いてデータを正規化し、ユーザーが照合作業なしに一元的な記録を取得できるという。

SWIFTの取り組みは、国際送金の新しい未来を示唆している。ブロックチェーン技術の進化に伴い、国境を越える取引の効率化とセキュリティ強化が期待されており、金融業界に革命をもたらす可能性がある。

トレーサビリティの向上

ブロックチェーン技術は、情報の改ざんが難しく、データの分散管理が可能な特性を持つことから、さまざまな産業でのトレーサビリティの向上が期待されています。特に自動車産業など、複雑なサプライチェーンを有する産業では、ブロックチェーンを活用することで部品の在庫状況や流通経路の情報、リコール時の部品追跡などが一元的かつ透明に管理される可能性が広がっています。

しかしながら、サプライチェーンの複数の企業間では、情報管理の方法や価値観の不一致などの課題が存在します。この点を克服するために、バーコードや2次元コードが注目されています。これらのコードを用いることで、正確なデータの収集が容易になり、ブロックチェーン上での情報の整合性と正確性が向上します。バーコードや2次元コードは、各企業の異なる情報管理システム間でも情報の受け渡しをスムーズに行えるため、エラーのリスクを大幅に低減できるのです。

加えて、ブロックチェーンのトークナイゼーション技術を活用することで、製品や情報の価値を明確にし、関与する企業間でのインセンティブの分配もスムーズになるとされています。

トレーサビリティの強化は、製品やサービスの品質保証、信頼性の向上だけでなく、新しいビジネスモデルの発展や新たなビジネスチャンスの創出にも繋がると言えます。ブロックチェーン技術の活用により、今後の産業の進化とともに、更なるトレーサビリティの向上が期待されています。

医療技術との組み合わせ

日本の医療業界は、高齢化の進行と医療従事者の人材不足の影響を直に受けている。この問題に対処するための一つの革命的な解決策として、ブロックチェーン技術の導入が期待されている。

患者データの透明性と追跡性: ブロックチェーンに保存されるデータは、削除や改ざんが難しいため、患者の病歴や施術内容が時系列に蓄積される。これにより、医師は過去の情報に基づいて正確な診断を下すことが容易になり、医療サービスの質が向上する。

個人データの管理と利活用: 患者は自身の医療データを直接管理し、適切な医療機関に対して情報を共有できる。これは他の医療機関での診察や施術においても、正確な医療情報を迅速に提供することが可能となる。

転記業務の効率化: 現在、多くの医療機関で重複して行われている転記業務やデータ入力業務は、ブロックチェーンの導入によって大幅に効率化される見込みである。

保険請求の最適化: 保険の請求や払い戻しは複雑なプロセスを伴うが、ブロックチェーンを活用することで、これらの手続きがスムーズになり、不適切な請求を最小化できる。

国際的な事例: エストニアなどの国々はすでにブロックチェーン技術を医療業界に導入し、高度な医療サービスを提供している。その成功例を参考に、日本でもブロックチェーンを活用した新しい医療体制の構築が求められている。

少子高齢化と医師不足の双方の課題に直面する日本の医療業界において、ブロックチェーン技術は、業務効率化、データの正確性確保、そして新しい医療サービスの提供という点で、多大なる可能性を秘めている。

スポンサーリンク

ブロックチェーンエンジニアの役割とキャリア

ブロックチェーンエンジニアは、最近注目を集めています。ブロックチェーンエンジニアの役割とキャリアについて解説していきます。

ブロックチェーンエンジニアとは

ブロックチェーンエンジニアとは、最近注目を集めている仮想通貨の背後にある技術、ブロックチェーンの専門家です。彼らはブロックチェーン技術の設計、実装、および適用に関する知識を持ち、その技術を使用して新しいアプリケーションやソリューションを開発します。近年、仮想通貨の普及とともに、この領域のエンジニアは非常に重要な役割を果たしており、多くのエンジニアがこの新しい分野に魅了されています。しかし、ブロックチェーンはまだ歴史が浅いため、具体的な仕事内容や彼らの役割について十分に理解している人は少ないかもしれません。この技術が今後のデジタルトランスフォーメーションにおいてどれほどの影響を与えるかは予測が難しいですが、ブロックチェーンエンジニアは今後もその中心的な存在として期待されるでしょう。

エンジニアの将来性と平均年収

ブロックチェーンエンジニアは、技術革新の最前線で活躍するエンジニアとして注目されています。ペイメントサービスの増加に伴い、特に電子マネーの使用が一般化してきた現代において、ブロックチェーン技術はますますその価値を増しています。そして、これに対応する専門的な技術者の需要も増大しています。

この技術は常に進化し続けており、それに追従するための新しいスキルや知識のアップデートが継続的に求められています。しかし、新しい技術の波に乗れるブロックチェーンエンジニアは、まだ十分には育成されていないのが現状です。このため、企業はブロックチェーン技術を活用した新しいサービスや製品の開発を進めるにあたり、専門的知識を持ったエンジニアを熱望しています。

日本におけるブロックチェーンエンジニアの平均年収は、600万から700万円とされ、特定のプロジェクトによっては1,200万円を超えることも。全職種を通じての平均年収である508万円と比較すると、ブロックチェーンエンジニアの収入は明らかに高い傾向にあります。さらに、海外の市場を見ると、例えば米国カリフォルニア州サンフランシスコでは、ブロックチェーンエンジニアの平均年収が175,314ドル(約2,550万円)というデータがあり、国際的にもその価値は認められています。

これらのデータからも、ブロックチェーンエンジニアとしてのキャリアは高い報酬と共に、今後さらにその需要が増していくと予測される、非常に有望なものといえるでしょう

ブロックチェーンエンジニアになる方法

ブロックチェーンエンジニアとしてのキャリアを目指す方々にとって、以下の知識とスキルの習得は欠かせません。

ブロックチェーンの専門知識:ブロックチェーンの基本的な概念、仕組みや動作原理についての深い理解が必要です。トランザクションの記録方法、暗号化手法、設計、実装、管理の技術を学びましょう。ブロックチェーン関連のプロトコル、アルゴリズム、安全性、スケーラビリティについての知識も求められます。

プログラミングスキル:主要なプログラミング言語、特にC++、JavaScript、Go、Solidity、Rust、Dartなどの習得は必須となります。特定のブロックチェーンプラットフォームに依存した言語スキルも重要です。例えば、イーサリアムのスマートコントラクト開発ではSolidityが主に用いられます。

暗号技術の知識:ブロックチェーンのセキュリティと一貫性を維持するためには、暗号技術の知識が不可欠です。暗号化アルゴリズム、ハッシュ関数、公開鍵暗号などの基本的な概念を把握することが求められます。

英語力の獲得:ブロックチェーン技術の先進国である米国などからの情報を迅速にキャッチアップするためには、英語で文献や論文を読む能力が必要です。また、国際的なカンファレンスやコミュニティに参加する際にも、英語は通用するコミュニケーションスキルとして不可欠です。

最後に、ブロックチェーン技術は日々進化しているため、常に最新の知識を追求する姿勢が求められます。専門的なスキルと知識を身につけることで、ブロックチェーンエンジニアとしての高い年収や多様なキャリアオプションを手に入れられるでしょう。

スポンサーリンク

ブロックチェーンの将来性に関してよくある質問

ブロックチェーンの将来性に関する質問について解説していきます。是非参考にしてみてください。

ブロックチェーンは従来のデータベースと何が異なりますか?

ブロックチェーンと従来のデータベースは、データ管理やアーキテクチャー、透明性、処理速度など、多くの点で異なります。

中央集権型 vs. 自律分散型:従来のデータベースは中央集権的に管理されています。一方、ブロックチェーンは自律分散型のアーキテクチャーを採用しています。

アーキテクチャー:データベースはクライアント・サーバモデルに基づき、サーバを中心としたネットワークを形成します。ブロックチェーンはP2Pの分散型台帳ネットワークを構築します。

データの不変性:ブロックチェーン上のデータは、一度書き込まれると消去や置換ができない不変性を持ちます。これにより、データの改ざん耐性が高まります。

透明性と検証可能性:従来のデータベースはデータの透明性が低く、一般ユーザーがデータの完全性を検証するのは難しいです。対照的に、ブロックチェーンはデータの透明性と検証可能性が高いです。

速度とパフォーマンス:データベースの処理能力は高速であり、大量のデータを素早く取り扱えます。一方、ブロックチェーンはその特性上、処理能力においてデータベースよりも劣るケースが多いです。

用途:ブロックチェーンは、データの透明性や信頼性が必要な場面、または多数の利害関係者が involved する場面での使用が向いています。従来のデータベースは高速処理が求められる場面や機密情報の保存が必要な場面での使用が適しています。

最後に、ブロックチェーンとデータベースは必ずしも排他的ではなく、サービスやアプリケーションに応じて両方を組み合わせて利用することも可能です。適切なデータ管理の方法を選択することが、サービスの成功にとって非常に重要です。

ブロックチェーンのセキュリティはどれほどのものですか?

ブロックチェーン技術は、その構造と仕組みにより、高度なセキュリティ性を持っています。これは暗号化、分散化、およびコンセンサスの原則に基づき、取引の信頼性と透明性を確保しています。データはブロックとしてチェーン上に追加され、前のブロックと暗号技術を使用して連鎖されるため、不正な変更を防ぎます。しかし、この技術も完全に無敵ではありません。

ブロックチェーンネットワークは、パブリック型とプライベート型に大別され、そのアクセスの許可によっても違いがあります。パブリック型ブロックチェーンは誰でも参加可能で、ビットコインなどがこれに該当します。これに対し、プライベート型ブロックチェーンは特定のメンバーや組織のみが参加でき、IDやアクセス管理が厳格に行われる特徴があります。

しかし、ブロックチェーンもサイバー攻撃や詐欺から完全に免れるわけではありません。過去にはブロックチェーンをターゲットとしたハッキングや詐欺事件が発生しており、技術の脆弱性を突かれるリスクが常に存在します。特に、エンタープライズ向けのブロックチェーンアプリケーションを開発する際には、従来のセキュリティ管理とブロックチェーン独自のセキュリティ対策を組み合わせて、網羅的なセキュリティ戦略を考慮することが不可欠です。

総じて、ブロックチェーン技術はそのデザイン上、高いセキュリティ性を有していますが、完全にリスクフリーであるわけではないため、適切なセキュリティ対策と管理が求められます。

ブロックチェーン技術の普及にはどれくらいの時間がかかると予想されますか?

ブロックチェーン技術の普及は急速に進展しています。過去のデータから見ても、2019年度には市場規模が171億8000万円であったものが、2025年度には7000億円を超えると矢野経済研究所が予測しています。初期の「お試し」段階から、現在ではトレーサビリティやNFTなどの具体的な応用分野での活用が増えており、ブロックチェーンの普及と成熟は今後も急ピッチで進むと見られます。

現在および将来の傾向により、ブロックチェーンは今後数十年の間に大きな革命を起こすと予測されています。

スポンサーリンク

ブロックチェーンの将来性についてまとめ

ここまでブロックチェーンの市場規模や活用が期待されている分野、ブロックチェーンエンジニアについてお伝えしてきました。
ブロックチェーンの将来性をまとめると以下の通りです。

  • ブロックチェーン技術の世界市場規模は、2028年には市場規模が1,556億円に達すると予測されている。
  • ブロックチェーンは商流管理、デジタルIDに関する認証、トレーサビリティで活用され、多様な業界での実用化が進んでいる。
  • ブロックチェーンエンジニアは、ブロックチェーン技術を利用してシステムやアプリケーションを開発・構築する専門家。

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

事業者向け
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア