カルダノ ¥68.25 1.12%
トンコイン ¥1,156.34 1.62%
ドージコイン ¥20.91 8.70%
XRP ¥93.43 5.90%
USDコイン ¥157.48 -0.02%
ソラナ ¥26,710.52 1.17%
BNB ¥93,565.26 2.60%
テザー ¥157.54 0.02%
イーサリアム ¥552,459.97 1.82%
ビットコイン ¥10,525,737.09 2.28%
カルダノ ¥68.25 1.12%
トンコイン ¥1,156.34 1.62%
ドージコイン ¥20.91 8.70%
XRP ¥93.43 5.90%
USDコイン ¥157.48 -0.02%
ソラナ ¥26,710.52 1.17%
BNB ¥93,565.26 2.60%
テザー ¥157.54 0.02%
イーサリアム ¥552,459.97 1.82%
ビットコイン ¥10,525,737.09 2.28%
カルダノ ¥68.25 1.12%
トンコイン ¥1,156.34 1.62%
ドージコイン ¥20.91 8.70%
XRP ¥93.43 5.90%
USDコイン ¥157.48 -0.02%
ソラナ ¥26,710.52 1.17%
BNB ¥93,565.26 2.60%
テザー ¥157.54 0.02%
イーサリアム ¥552,459.97 1.82%
ビットコイン ¥10,525,737.09 2.28%
カルダノ ¥68.25 1.12%
トンコイン ¥1,156.34 1.62%
ドージコイン ¥20.91 8.70%
XRP ¥93.43 5.90%
USDコイン ¥157.48 -0.02%
ソラナ ¥26,710.52 1.17%
BNB ¥93,565.26 2.60%
テザー ¥157.54 0.02%
イーサリアム ¥552,459.97 1.82%
ビットコイン ¥10,525,737.09 2.28%

Web3におけるトークンとは?トークンの種類やトークン投資の利点を分かりやすく解説します

事業者向け

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

トークンについて知っていますか?
本記事では、トークンの種類やトークン投資の利点について以下の点を中心に分かりやすくご紹介します!

  • トークンとは?
  • 仮想通貨とトークンの違い
  • トークン投資の利点

トークンについて理解するためにもご参考いただけると幸いです。ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

トークンとは?

「トークン」という言葉は、仮想通貨やブロックチェーン技術において重要な役割を果たす概念です。以下に、トークンについて詳しく解説します。

トークンは、仮想通貨の一形態です。従来の通貨とは異なり、紙幣や硬貨のような物理的な存在ではなく、デジタルフォーマットで存在します。トークンは、ブロックチェーン技術を基盤として作成され、そのプロトコルに従って運用されます。
主な特徴として次の点が挙げられます。

ブロックチェーン上のデジタル資産: トークンは、ブロックチェーンネットワーク内で生成され、トランザクションの形で移動します。このため、トークンは分散型台帳に透明に記録されます。

異なる用途とプラットフォーム: トークンはさまざまな用途やプラットフォームで利用できます。一部のトークンはデジタル資産としての価値を持ち、支払い手段として使用されます。他のトークンは、特定のプロジェクトやアプリケーション内で利用され、アクセス権や特典の提供に用いられます。

カスタマイズ可能性: トークンは、発行者によってカスタマイズできます。発行者は、トークンの供給量、転送規則、権利などを設定できます。これにより、さまざまなビジネスケースに合わせてトークンを調整できます。

スマートコントラクトとの統合: トークンはスマートコントラクトと統合されることが一般的で、トークン保有者間の自動化された契約や取引を実現します。これにより、トークンのプログラム可能性が向上し、新たなビジネスモデルが生まれます。

ICOやSTO: 一部のプロジェクトは、トークンを発行して資金調達をします。ICO(Initial Coin Offering)やSTO(Security Token Offering)は、トークンを売却する方法の一例で、これによりプロジェクト資金を調達し、トークン保有者に対して将来の利益を提供します。

要するに、トークンはブロックチェーン技術の中でデジタル資産として機能し、異なる用途や目的に合わせてカスタマイズできるものです。トークンは、新たなビジネスモデルや資金調達手法を実現し、デジタル経済の発展に寄与しています。

スポンサーリンク

仮想通貨とトークンの違いについて分かりやすく解説

仮想通貨とトークンは、デジタル通貨の形態として共通の要素を持ちつつ、重要な違いが存在します。以下に、それぞれの違いについて詳しく説明します。

仮想通貨(Cryptocurrency):仮想通貨は、独自のブロックチェーン上で開発・運用されているデジタル通貨です。代表的な仮想通貨としては、ビットコイン(Bitcoin)、イーサリアム(Ethereum)、リップル(Ripple)などがあります。

これらの仮想通貨は、それぞれのブロックチェーン上でトランザクションを処理し、独自のネットワークとセキュリティプロトコルを持っています。
通常、仮想通貨は支払い手段や価値の保管手段として使用され、取引所で取引が行われています。

トークン(Token):トークンは、既存のブロックチェーンをベースにして作成されるデジタル資産です。ブロックチェーンのプラットフォーム上で発行され、そのプロトコルに従って運用されます。

代表的なトークンとしては、Ethereum上で発行されるERC-20トークンやBinance Smart Chain上のBEP-20トークンがあります。

トークンは、独自のブロックチェーンを持たず、既存のブロックチェーン上で動作します。これにより、トークン発行者はブロックチェーンのインフラストラクチャに依存します。トークンは、アプリケーション内で特定の機能や利益を提供するために使用され、時には資金調達の手段としても利用されます。

重要なポイントは、仮想通貨は独自のブロックチェーンを持ち、独自のルールで運用されるのに対し、トークンは既存のブロックチェーンを利用し、そのブロックチェーンのエコシステムに組み込まれることです。トークンは、アプリケーションやプロジェクトにおいて、特定の目的や機能を果たすために設計され、ブロックチェーンの便益を享受できます。

スポンサーリンク

トークンの特徴

トークンの特徴は、デジタルアセットのプログラム可能性とブロックチェーン上の分散性です。詳しく解説していきます。

価値を加えられる

トークンは、その特性により付加価値を加えることが可能です。トークンが発行される際には、プロジェクトやプラットフォームの特定の目的や課題解決のために利用されることが一般的です。これにより、トークンは通貨としての役割だけでなく、プロジェクトにおける権利や特典の付与、議決権の行使など、さまざまな価値を持ちます。

例えば、トークンの保有量に応じて議決権を与えることで、コミュニティの意思決定を民主的に行うことが可能です。また、トークンを活用した報酬プログラムや特典プログラムを導入することで、ユーザーの参加を促進し、プロジェクトの成長に貢献できます。

さらに、トークンエコノミーの中では、トークンを用いた新たな経済圏を構築することも考えられます。トークンを持つことで、コミュニティ内での商品やサービスの取引、投資、協力関係の形成などが可能となり、トークン保有者とプロジェクト運営者との継続的な関係性が築かれます。

トークンエコノミーの成功には、これらの付加価値を適切に活用し、トークン保有者や利用者の拡大に繋げる戦略が不可欠です。トークンの特性を活かすことで、新たなビジネスモデルやコミュニティの形成が可能となり、将来性のあるトークンプロジェクトが台頭していくでしょう。

発行や管理を行う者がいる

仮想通貨とは異なり、トークンには発行者や管理者が存在します。一般的に、トークンは既存のブロックチェーンを利用して発行され、発行者は通常、プロジェクトの開発チームや関連する企業、個人となります。これにより、トークンの発行や管理に対する責任と権限が特定の主体に帰属します。

発行者はトークンの設計や分配方法を決定し、トークンの特性や機能をカスタマイズできます。また、トークンの供給量や発行枚数も発行者によって設定されます。一部のトークンでは、発行者がトークン供給を調整するために焼却(バーン)と呼ばれる方法を使用することがあります。これにより、トークンの供給量を減少させ、需要と供給のバランスを保つことが可能です。

トークンの発行者や管理者は、トークンの健全な運営と価値保全に責任を負います。ユーザーや投資家は、発行者の信頼性やプロジェクトの背後にある組織を評価し、トークンの取引や保有に関する判断をする際にこれらの要因を考慮することが重要です。トークンエコノミーにおいては、発行者や管理者の役割が大きく、トークンの成否に影響を与えることもあるため、慎重な選択と情報収集が必要です。

発行が容易

トークンのもう一つの特徴は、「みんなが発行できる」という点です。

通常、株式や債券などの伝統的な金融資産を発行するためには、証券取引所などの厳格な規制や審査を通過する必要があります。これらのプロセスは複雑で時間がかかり、資産の発行が難しくなります。

一方、トークンはブロックチェーン技術を活用することで、容易に発行できます。企業、団体、個人など、多くの人がトークンを発行し、自身のプロジェクトやアイデアを資金調達する手段として利用しています。

トークンを発行するためには、専門的な知識や技術が必要ですが、これに関する情報やツールはオープンソースで提供されており、みんながアクセスできる状態にあります。そのため、従来の金融資産よりトークンの発行が手軽で、新たな資金調達の手段として多くの企業やプロジェクトがトークンを活用しています。

ただし、トークンの発行は容易ではあるものの、成功するためには適切な戦略やコミュニケーションが必要です。また、発行者はトークンの信頼性や価値を確保するために努力しなければならない点にも留意する必要があります。

スポンサーリンク

トークンの種類を分かりやすく解説

トークンの種類は多様で、それぞれ異なる特性を持っています。ここではトークンの種類について分かりやすく紹介していきます。

ユーティリティトークン

ユーティリティトークンは、特定のサービスやコミュニティ内で利用され、様々な目的に活用されます。ゲーム内アイテムの取引やコミュニティインセンティブの提供、投票権の付与など、多岐にわたります。一部のユーティリティトークンは保有期間や数量に応じて報酬を受け取る仕組みを備えています。

カレンシートークン

カレンシートークン、通称「通貨タイプ」は、ビットコイン(BTC)など、幅広い用途で通貨として利用されることを想定して発行されるトークンの一種です。ビットコインは、法定通貨とは異なり、中央管理者を必要とせず、アルゴリズムによって発行上限やマイニング報酬などがコントロールされています。この記事では、カレンシートークンの特徴や利用事例について掘り下げていきます。

セキュリティトークン

セキュリティトークンは、従来の有価証券をデジタルフォーマットで表現したもので、株式や債券、不動産などの資産をトークンとして発行します。このトークンは、ブロックチェーン技術によって管理され、取引が透明かつ効率的に行われます。セキュリティトークンは、法的な要件を遵守する必要があり、発行や取引において規制が課されることが一般的です。

セキュリティトークンは、金融業界や資産運用に革命をもたらす可能性を秘めた技術として、ますます注目されています。この記事では、その重要性と利点について詳しく探究していきます。

アセットトークン

アセットトークンは、実物資産の価値に連動したトークンです。これにはコモディティや不動産、ステーブルコインなどが含まれます。セキュリティトークンもアセットトークンの一種で、有価証券に連動したトークンです。例えば、ベネズエラのPetro(ペトロ)は原油の価値を裏付けに発行されたアセットトークンの一例です。同様に、ポイントカードもアセットトークンの一形態であり、実物資産をトークン化したものはアセットトークンに分類されます。アセットトークンは、実物資産のデジタル表現として、資産の効率的な取引と移転を可能にする新たな金融インフラストラクチャーを提供しています。

NFT

NFT(Non-Fungible Token)は、暗号資産や現実世界の資産の所有権を表すデジタルトークンです。これらのトークンは、デジタル作品の模倣や共有を困難にし、知的財産権の保護に役立ちます。また、部数限定のデジタルアートやビデオゲーム内の希少アイテムなど、バーチャル資産の販売にも利用されています。これにより、クリエイターやアーティストはデジタル作品を価値ある資産として販売し、コレクターやファンは独自のコレクションを構築できます。NFTはブロックチェーン技術を活用してトークンの一意性を保証し、デジタルコンテンツの新たな経済生態系を構築する可能性を秘めています。

ガバナンストークン

ガバナンストークンは、特定のコミュニティや組織内で権利を行使するためのトークンです。例えば、中央集権の管理者がいないDAO(分散型自治組織)では、ガバナンストークンを所有するメンバーが議決権を行使し、プロトコルのアップデートや意思決定に参加します。さらに、ガバナンストークンは取引手数料の一部還元や報酬付与など、さまざまな機能を持たせられ、コミュニティやプロジェクトの運営において重要な役割を果たしています。このように、ガバナンストークンは分散型決定構造の一部として、透明性と民主性を促進し、参加者の意見を尊重する仕組みを提供しています。

スポンサーリンク

トークン投資の利点について紹介

トークン投資の利点は多岐にわたりますが、最も顕著なのは高い流動性と多様な資産クラスへのアクセスです。以下で詳しく解説していきます。

サービスで使用できる可能性

ICOやSTOを通じて取得したトークンは、発行元の企業やプロジェクトが提供するサービスで活用できる可能性があります。これらのトークンは、ゲーム内通貨やコンテンツサービスへの支払い手段として利用されることがあり、トークン保有者に特典やアクセス権を提供することも一般的です。さらに、トークン取引は通常、仲介者を必要とせず、直接発行元と投資家との間で行われるため、低い取引手数料が魅力です。ただし、取引所でトークンを購入する場合は、取引所の手数料が発生することに留意する必要があります。

売却する際に収益を上げるチャンスが存在する

トークンの投資は、発行企業の成功に連動して収益を上げる機会を提供します。トークンの価値が購入時から上昇した場合、その差額を売却によって利益として得られます。これは株式市場のキャピタルゲインと同様のメカニズムです。

さらに、一部のトークンは事業の成功に応じて特典や報酬を提供することがあります。これは、配当や株主優待のようなインカムゲインと見なせるため、保有するだけで収益を享受できる魅力があります。

過去には、トークンの価値が数百倍以上に増加した例も存在し、トークン投資が大きな利益をもたらす可能性を秘めていることが示されています。したがって、トークン投資は成長産業への投資として、多くの投資家にとって魅力的な選択肢となっています。

少額からの投資が可能

トークン投資は少額から始めることが可能で、これはその魅力の一つです。取引所によって最低購入額が異なりますが、一般的には他の資産クラスより低額での投資が可能です。この点は、投資初心者にとっても敷居が低く、リスクを分散させるために少額から始められる大きな利点です。

ただし、注意が必要なのは、多くのトークンが直接日本円で購入できないことです。通常、取引所でビットコインなどの仮想通貨を購入し、それを使ってトークンを購入する必要があります。仮想通貨を取引所で購入するためには、取引所での口座開設が必要です。投資を始める前に、取引所の手続きやセキュリティについてよく理解し、安全な投資を心掛けることが大切です。

スポンサーリンク

トークン投資のステップ

トークン投資を始めるためのステップを知っていますか?以下で詳しく紹介します。

トークンの情報を集める

トークン投資を始める前に、トークンの情報を集めることが不可欠です。信頼性を確認するために、発行元のサイトや公開情報を詳細に調査しましょう。トークンの背後にあるプロジェクトやチーム、技術、ビジョンについて十分な理解を深めることが、リスクを最小限に抑える鍵です。詐欺や不正なプロジェクトから守るために、情報収集の時間と労力を惜しまないことが重要です。

トークン投資のためのデジタル通貨を取得する

トークン投資を始めるには、まず仮想通貨を入手する必要があります。通常、トークンは仮想通貨で購入されます。このため、最初にビットコインやイーサリアムなどの主要な仮想通貨を取得する必要があります。日本円などの法定通貨から直接仮想通貨を購入するのは難しい場合が多いため、仮想通貨取引所で取引をし、所持している仮想通貨をトークンに交換することが一般的です。事前に仮想通貨を入手し、取引所の口座を開設しておくことで、スムーズにトークン投資を始められます。確実な情報源から手順を学び、慎重に進めましょう。

ウォレットを作成する

トークン投資を始めるステップの一つは、トークンを受け取るためのウォレットを作成することです。このウォレットは、取引所のウォレットではなく、自分専用のウォレットであるべきです。各トークンには対応するウォレットが存在し、異なるトークンに対応するウォレットが異なることがあります。したがって、トークンを保管するウォレットを選ぶ際には、対応関係を確認することが非常に重要です。適切なウォレットを選んでセキュアに保管し、トークンの受け取りに備えましょう。ウォレットのセットアップ手順やセキュリティについても検討し、資産を守るために注意深く取り組みましょう。

ICOに加わる(デジタル通貨を転送する)

ICOに参加するためのステップの一つは、売り出されるトークンを取得することです。これをするために、指定のアドレスにイーサリアムなどの仮想通貨を送金する必要があります。ウォレットから正確なアドレスに送金することが非常に重要で、アドレスの誤送信を防ぐために慎重に取引を進めましょう。また、希望のトークンの数量に応じて、適切な仮想通貨を送金しましょう。ICOへの参加は、正確な情報と慎重な操作が必要な重要なステップです。

トークンを受け取る

仮想通貨を指定のアドレスに送金すると、トークンは自動的に受け取り側のウォレットに送信されます。受け取ったトークンは、ウォレット内で保管できるだけでなく、特定のサービスやプロジェクトで使用することもできます。送金が完了したら、ウォレット内でトークンを確認し、必要に応じて保管または利用する準備が整います。トークン投資において、トークンの受け取りプロセスは重要なステップの一つです。

スポンサーリンク

トークン投資の際の注意点

トークン投資において注意すべきポイントは多岐にわたります。ここでは注意すべき点について分かりやすく解説します。

詐欺行為に警戒する

トークン投資において、詐欺行為から身を守るためには慎重さが求められます。ICO(Initial Coin Offering)などのトークンセールは、資金調達の手段として急速に普及していますが、その中には詐欺的なプロジェクトも存在します。ここでは、詐欺行為に警戒し、安全な投資をするための注意点を紹介します。

まず、トークン投資を考える際には、プロジェクトや発行元について詳しく調査しましょう。信頼性のあるプロジェクトは、公式ウェブサイトや白書を提供し、そのビジョンや実績を明確に示しています。逆に、情報が不透明で、不審な点が多いプロジェクトは避けるべきです。

また、高配当や高利益を保証するといった誇大な約束には注意が必要です。投資にはリスクが伴うものであり、過度な期待に基づく投資は詐欺の兆候と考えるべきです。合理的な投資判断をしましょう。

最後に、トークン投資においては、公式な取引所やプラットフォームを利用することが重要です。信頼性のある取引所を選び、セキュリティ対策をしっかりと施しておくことで、詐欺からのリスクを軽減できます。

法の整備が整っていない

仮想通貨やトークンに関する法整備は、現在でも未熟であると言わざるを得ません。この点について、投資家は注意が必要です。まず、仮想通貨やトークンの市場は急速に成長しており、新たなプロジェクトやICOが頻繁に登場します。しかし、これらのプロジェクトに関する法的規制や監督体制は未だ整備が不十分です。

このため、投資家は慎重になり、信頼性のあるプロジェクトを選択する際には十分な情報収集とリサーチをする必要があります。また、法的な問題や規制の変化にも敏感に対応する姿勢が求められます。

さらに、法整備の不足により、トークン投資が法的な曖昧さを抱えることも珍しくありません。投資家は自身の国や地域の法律に基づいて行動することが必要であり、法的なリスクを理解しておくべきです。

損失を被るリスクも存在する

トークン投資には、他の金融商品と同様に損失を被るリスクが存在します。価格の変動が激しい仮想通貨市場では、投資家は価格が下落する可能性も考慮に入れなければなりません。

特に、トークンの価格は市場心理や情報の影響を受けやすく、短期間で大きな変動が発生することがあります。したがって、過度な期待や短期的な利益追求に固執せず、冷静な判断が必要です。

投資を検討する際には、発行元となる会社やプロジェクトの信頼性や将来性を評価することが重要です。十分なリサーチと情報収集をし、事業の実現可能性や競合状況を考慮に入れて投資判断をすることで、損失を最小限に抑えられます。

短期の価格変動に惑わされず、長期的な視野でトークン投資をすることが、リスクを管理し、持続的な収益を得るための鍵となります。

スポンサーリンク

トークンに関するよくある質問

トークンに関する疑問を以下で解決しましょう。是非参考にしてください。

トークンとはどういう意味でしょうか?

トークンは一般的には「象徴、証拠(品)、記念品、代用貨幣」といった意味を持ちます。特に、代用貨幣としての用法が広く知られており、仮想通貨やデジタルアセットとしてのトークンが注目されています。トークンはブロックチェーン技術を用いて発行され、ある種の権利や価値を代表し、取引や契約の基盤として活用されます。その具体的な用途は多岐にわたり、ゲームアイテム、証券、資産のトークン化などさまざまです。トークンはデジタルな性質を持ち、分割や転送が容易で、新たな経済生態系を形成する重要な要素とされています。

ビットコインとトークンの違いは何でしょうか?

ビットコインとトークンの主な違いは、ビットコインがカレンシータイプの暗号資産(仮想通貨)であるのに対し、トークンはアセットタイプの暗号資産(仮想通貨)であることです。ビットコインは主にデジタル通貨としての役割を果たし、価値の保管や取引手段として使われます。一方、トークンは特定の資産や権利を表現するために発行され、例えば不動産、コモディティ、株式、ゲームアイテムなど、さまざまなアセットをトークン化することが可能です。トークンは特定のプロジェクトやサービスにおいて、権利の証明や取引手段として使用され、より多様な用途に適した性質を持っています。

仮想通貨トークンはどこで買えるのでしょうか?

トークンを購入するためには、以下の手順を通る必要があります。

国内取引所で口座を開設: 国内の仮想通貨取引所で口座を開設します。これには身分証明書の提出が必要なことが一般的です。

海外取引所の口座を開設: 国内取引所で購入できないトークンを求めて、海外の取引所で口座を開設します。海外取引所は日本語対応のものもあります。

国内取引所でビットコインを購入: 国内の取引所でビットコインを購入し、それを海外取引所に送金します。この際、送金手数料がかかる場合があります。

海外取引所でトークンを購入: 海外取引所に送金されたビットコインを使って、希望のトークンを購入します。

特にバイナンスは国際的な取引所で、多くの仮想通貨トークンが取引できることから、利用しやすいとされています。しかし、トークンの性質やリスクを理解し、慎重に取引をすることが重要です。また、法規制や取引所の規定にも十分注意が必要です。

スポンサーリンク

トークンについてのまとめ

ここまでトークンとはについてお伝えしてきました。トークンとはの要点をまとめると以下の通りです。

  • トークンは、従来の通貨とは異なり、紙幣や硬貨のような物理的な存在ではなく、デジタルフォーマットで存在する。
  • 仮想通貨は独自のブロックチェーンを持ち、独自のルールで運用されるのに対し、トークンは既存のブロックチェーンを利用し、そのブロックチェーンのエコシステムに組み込まれる。
  • トークン投資の利点は、「サービスで使用できる可能性」「売却する際に収益を上げるチャンスが存在する」「少額からの投資が可能」などがあげられる。

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

事業者向け
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア