カルダノ ¥60.50 2.72%
トンコイン ¥1,088.68 -1.82%
ドージコイン ¥19.27 2.43%
XRP ¥77.68 1.55%
USDコイン ¥157.93 0.03%
ソラナ ¥21,540.27 1.01%
BNB ¥93,852.13 2.18%
テザー ¥157.83 0.00%
イーサリアム ¥556,037.84 3.18%
ビットコイン ¥10,251,770.78 0.63%
カルダノ ¥60.50 2.72%
トンコイン ¥1,088.68 -1.82%
ドージコイン ¥19.27 2.43%
XRP ¥77.68 1.55%
USDコイン ¥157.93 0.03%
ソラナ ¥21,540.27 1.01%
BNB ¥93,852.13 2.18%
テザー ¥157.83 0.00%
イーサリアム ¥556,037.84 3.18%
ビットコイン ¥10,251,770.78 0.63%
カルダノ ¥60.50 2.72%
トンコイン ¥1,088.68 -1.82%
ドージコイン ¥19.27 2.43%
XRP ¥77.68 1.55%
USDコイン ¥157.93 0.03%
ソラナ ¥21,540.27 1.01%
BNB ¥93,852.13 2.18%
テザー ¥157.83 0.00%
イーサリアム ¥556,037.84 3.18%
ビットコイン ¥10,251,770.78 0.63%
カルダノ ¥60.50 2.72%
トンコイン ¥1,088.68 -1.82%
ドージコイン ¥19.27 2.43%
XRP ¥77.68 1.55%
USDコイン ¥157.93 0.03%
ソラナ ¥21,540.27 1.01%
BNB ¥93,852.13 2.18%
テザー ¥157.83 0.00%
イーサリアム ¥556,037.84 3.18%
ビットコイン ¥10,251,770.78 0.63%

どのような企業がNFTビジネスに参入しているの?NFT関係で注目のスタートアップ企業も紹介

事業者向け

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

NFT関連の会社をご存じの方はそれほどいないのではないでしょうか。本記事では、NFT関連の会社について以下の点を中心にご紹介します!

  • NFT関連の会社とは?
  • スタートアップのNFT関連の会社は?
  • NFT関連の会社は今後どうなっていくの?

NFT関連の会社について理解するためにもご参考いただけると幸いです。ぜひ最後までお読みください。

▼Web3サービスにお困りの際はPacificMetaにご相談ください!

Pacific Metaは、NFTを始めとするWeb3サービスの専門家集団です。Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、下記URLからぜひお問い合わせください。
お問い合わせページはこちら

スポンサーリンク

NFTについて簡単に解説

NFT(Non-Fungible Token)は、非代替性トークンとも呼ばれ、デジタルコンテンツやアセットをブロックチェーン上で一意に識別するためのデジタルトークンです。このNFTは、ブロックチェーン技術を用いて、デジタルアート、音楽、映像、仮想ゲームアイテム、デジタル土地など、さまざまなデジタルコンテンツや資産に関連付けられます。
NFTの主要な特徴は、各NFTが一意であり、交換可能な代替品が存在しないことです。これは、NFTがデジタル世界における所有権を確立し、デジタルアセットに独自の価値を付与できる理由です。

スポンサーリンク

NFTビジネスに参加した既存の会社・企業

NFTビジネスに参加している企業があるのはご存知ですか?以下にNFTビジネスに参加している会社・企業を紹介します。

株式会社メルカリ

有名なフリマアプリ「メルカリ」の運営会社、株式会社メルカリは、2021年12月に、パシフィックリーグマーケティングとの共同出資により、「パ・リーグ Exciting Moments β」というNFT事業に参入することを発表しました。この事例は、プロ野球のパ・リーグ6球団が共同でNFT事業に参加する初めてのケースとなります。
この新しいサービスでは、パ・リーグの各球団が過去の名場面やメモリアルシーンをNFTとして収集・提供します。将来的には、メルカリのマーケットプレイスを活用し、メルカリ内でもNFTの取引が可能になる計画が発表されています。

楽天グループ株式会社

楽天グループ株式会社は、2022年春から「Rakuten NFT」というNFT事業を展開しています。
Rakuten NFTは、スポーツ、音楽、アニメなどエンターテインメント分野を含むさまざまな領域におけるNFTを提供し、ユーザーがこれらのNFTを購入したり、個人間で売買したりできるマーケットプレイスを提供しています。また、IP権利保持者に対して、NFTの発行や販売サイトの構築をワンストップで支援する役割も担っています。
さらに、Rakuten NFTでは楽天IDや楽天ポイントなどとの連携も可能であり、既存の楽天ユーザーにとっても利用のハードルを低くするための取り組みが行われています。

コインチェック株式会社

2021年3月24日にローンチされたCoincheck NFT(β版)は、仮想通貨とNFTを活用したゲーム内アイテムの売買を実現しています。
Coincheck NFT(β版)は、コインチェックのアカウントを持つユーザー同士が、NFTと仮想通貨を交換するためのマーケットプレイスです。このプラットフォームでは、従来のNFT取引に関連する課題である、ネットワーク手数料の高騰や複雑な取引手続きなどが解決されています。
Coincheckアカウントを持つユーザーは、NFTを出品・購入・保管でき、取引にかかるネットワーク手数料(Gas代)は無料です。また、2022年7月現在、このプラットフォームでは10の異なるNFTタイトルが取引可能であり、今後も新たなタイトルが追加される予定です。

吉本興業

吉本興業株式会社もNFT事業に参入しています。この事業は、芸人ファン向けにデジタルトレーディングカードを提供しており、2020年から展開されています。2022年3月19日には、新たな版である「FANYよしもとデジタルコレカ」がリリースされました。
このデジタルコレクションの特徴は、デジタルカードから音声が出ることで、お気に入りの芸人が動きやネタを披露してくれます。ユーザーはスマートフォンにこれらのデジタルカードを持ち歩き、いつでも好きな芸人のネタを楽しめます。
さらに、LINEの暗号資産およびブロックチェーン事業を展開するLVC株式会社は、2022年4月から提供を開始したNFT総合マーケットプレイス「LINE NFT」において、「よしもとNFTシアター」という限定NFT動画の販売も行っています。このNFTには、チョコレートプラネット、マヂカルラブリー、ニューヨークなど、28組54種の人気芸人のコントが視聴可能であり、これらの動画は特別にNFT用に撮影されたものです。

阪神タイガース

阪神タイガースもNFTを活用した取り組みを展開しています。この取り組みは、選手カードや名場面シーン、試合シーンをデジタルアイテムとして提供する「Tigers Gallery」というサービスで、2022年6月3日から2023年1月31日までの期間限定で提供されました。
このサービスでは、販売されるアイテムに異なるグレードが設定されており、グレードに応じて発行枚数と価値が変動します。また、5G技術や画像認識技術などを活用し、試合中に撮影されたハイライト写真が当日中にデジタルアイテムとして販売可能となり、迅速な展開が期待されています。
初期段階では、阪神タイガース公式サイトでの販売に限定されていましたが、将来的にはブロックチェーン技術を応用したサービス提供やユーザー間でのデジタルアイテムの二次流通も検討されています。

スクウェア・エニックス

スクウェア・エニックスは、有名なゲームタイトルである「ファイナルファンタジーシリーズ」を含む幅広いゲームコンテンツを提供しています。この会社は、2022年2月にブロックチェーン・エンターテインメント部門を設立し、NFT事業への本格的な参入を計画しています。
この新しい取り組みの一部として、2021年10月にはNFTコレクション「資産性ミリオンアーサー」が発売され、NFTデジタルシールとして楽しめました。ファーストシーズンは2022年3月に終了しましたが、セカンドシーズンの制作も予定されています。
また、2022年7月21日には、人気ゲームタイトル「ファイナルファンタジーVII」に関連するデジタル鑑賞やブロックチェーン上の資産証明を含む新しいホビー商品が発表され、デジタル体験を提供するためのマーチャンダイジング分野におけるデジタルトランスフォーメーション(DX)がスタートしました。

GMO

東証一部上場のGMOインターネットグループが運営するNFTマーケットプレイス、「Adam byGMO」が注目されています。特に、B版のリリース時に行われた記者会見が話題となり、多くの人がその存在を知ることとなりました。

Shinwa Wise Holdings

Shinwa Wise HoldingsNFT事業は、美術品の公開オークションの企画・運営で業界最大手です。この企業がNFTアート市場に進出した最も大きな理由は、アート作品の贋作対策、つまりニセモノ対策に関連しています。
アート作品の贋作が市場に流通している現状を克服するために、Shinwa WiseはNFTという非代替性を保証する技術を活用し、アート作品の贋作対策を実現するために新しいNFTサービスの開発に着手しました。

Shopify

Shopifyは、個人や小売業者向けにオンラインストアを構築し、支払い処理、マーケティング、出荷、顧客関係管理などのツールを提供している企業です。
この企業は、認証済みの売り手がNFTをプラットフォームを通じて販売できるサービスも提供しています。例えば、2021年7月26日に、アメリカのプロバスケットボールチームであるシカゴ・ブルズが、ShopifyのNFTプラットフォームを使用してNBAチャンピオンシップリングのデジタルアートワークを販売し、わずか90秒で売り切るという快挙を達成しました。

Shopifyのマーチャントサービス担当副社長であるKaz Nejatian氏は、Shopifyが今後NFTクリエイターと買い手の間の障壁を低減し、作品の収益化をサポートし、顧客との強化された関係構築を目指していると述べています。
Shopifyの月間ユーザー数は10億人以上に達しており、このプラットフォームでNFTの取引が盛んに行われるようになれば、NFT市場に大きな影響を与える可能性があります。

Meta

Metaは米国のソーシャルテクノロジー企業で、Facebook、Instagram、WhatsAppなどのソーシャルアプリを提供しています。2021年7月には社名をフェイスブックから「メタ」に変更し、メタバース事業に焦点を当てることを発表しました。このなかで、インスタグラムは20億人以上のユーザーに対してNFTを提供する方法を研究していました。
しかし、2023年3月にはMetaがNFT事業を中止することを決定しました。代わりに、他の事業に優先度を付ける方針を公表しています。そのため、MetaのNFT事業については現在期待ができない状況です。

スポンサーリンク

NTF関係の注目のスタートアップ企業

NFTを扱う注目のスタートアップ企業を以下に紹介します。

ANDART

株式会社ANDARTは、「技術を使い、アートと社会を繋ぎ、新しい扉を開く」という理念のもと、2019年に日本で始めてのNFTアートの共有所有プラットフォームを立ち上げました。

その事業戦略は明瞭で、NFTアートの所有権を小口で取り扱い、また取引の際の手数料を収益源としています。NFTアートを手に入れたオーナーは、デジタルでのコレクションや実際の作品の特別展示を楽しめ、アートの世界への入り口として気軽に体験できます。
以前は手の届かなかった名作や大きな作品も、わずか1万円からの投資で部分的に所有可能という特徴が多くの人々の関心を引きつけ、会員は既に2.5万人以上に拡大しています。さらに、購入者の大部分がANDARTを通じてアートの購入を初体験しており、新しいアート愛好者の層を形成しているのが注目点です。この先の展開が待ち遠しいプラットフォームとなっています。

HARTi 

株式会社HARTiは、NFT技術をアート業界に導入するための革新的なスタートアップとして名を馳せています。現行の事業モデルは、法人サービス、NFTの専用プラットフォーム構築、およびIPの生成の3つの柱から成り立っています。
法人向けのサービスとして、NFTを活かしたマーケティング戦略を提供し、企業のデジタル変革をサポートしています。初期の試験段階から具体的なトークンの発行まで、web3.0の環境下での新たなビジネスチャンスの創出をトータルで支援しています。
同社の主要な取り組みとして、自社名を冠したモバイル向けNFTマーケットプレイス「HARTi」を公開しています。このプラットフォームの魅力は、仮想通貨やデジタルウォレットのセットアップなしにNFTを購入できる利便性にあります。決済も一般的なクレジットカードや携帯キャリアを利用して簡単に完了でき、これまでNFTを取り扱った経験のないユーザーも気軽に利用できるようになっています。
また、近年では「ChatGPT」の技術をベースにした独自のユーザー対応体験を提供し始め、NFT関連のコミュニティマネジメントにおけるAIの利用も模索しているようです。NFT業界の今後の動向を先導する存在として、その動きから目を離せません。

SBINFT

SBINFT株式会社は、一度は日本で先駆けて総合的なNFT取引プラットフォームを手掛けていた「株式会社スマートアプリ」が、2021年に金融大手「SBIホールディングス株式会社」の一員として再スタートした革新的な企業です。
同社の主力プラットフォーム「SBINFT Market」は、NFTの取引に特化しており、ユーザーが安全に取引を行えるように、偽のNFTや不正な資金集めを目的としたプロジェクトから彼らを守るための厳しい選定基準を持っています。
2023年の夏、ゲーム業界に特化したブロックチェーン技術「Oasys」との戦略的提携を発表しました。この連携により、Oasysを利用したゲームで生成されるNFTを、その信頼性を確かめた上で取り扱えるようになり、同社の取り組みは更に多岐にわたるものとなっています。

Gaudiy 

株式会社Gaudiyは、『ファンとともに新しい時代を築く』というコンセプトを掲げ、ブロックチェーン技術、特にNFTを活用した革新的なファンエンゲージメントサービス「Gaudiy Fanlink」を提供している注目のスタートアップです。

この「Gaudiy Fanlink」は、IP所有者がオリジナルのファンコミュニティを立ち上げるためのプラットフォームとして機能しています。多くのIP事業で一般的に、データは主にプラットフォーム運営者に蓄積され、IP所有者とファンとの関係性が希薄になる問題が存在します。しかし、このサービスはファンの行動データを収集し、その貢献に基づいて報酬を提供することで、IP所有者の事業展開を後押しする仕組みを持っています。

ソニー・ミュージック、集英社、バンダイナムコエンターテインメント、そしてサンリオといったエンターテインメント業界の大手企業がすでに「Gaudiy Fanlink」を採用しているのが証拠です。ブロックチェーンを駆使したユーザーオリエンテッドなサービスで、未知のエンターテインメント体験を生み出すことが期待されています。

TRiCERA

株式会社TRiCERAは、アートに特化したECプラットフォーム「TRiCERA ART」を中心に、アーティストへの多岐にわたるサポートサービスを展開する先進的な企業です。
「TRiCERA ART」は、現代アートを中心としたECサイトで、多言語対応を実施しており、商品の出荷から配送、さらには返品の手配まで一手に担います。2021年には、NFT取引の機能が導入され、これによりデジタル通貨でのアート購入が現実のものとなりました。また、取引の透明性や信頼性を高めるための取り組みも進められています。
2023年春には、再販のオプションも追加され、その利便性とサービス範囲は拡大し続けています。NFTと現代アートの融合は非常に有望な領域であり、このプラットフォームは今後のアート業界において中心的な役割を果たす可能性が高いです。

Magic Ede

Magic Edenは、Solanaチェーンを主力に展開するNFTマーケットのトッププレイヤーとして知られており、デジタルアートやブロックチェーンゲームのNFTを豊富に取り扱っています。
Solanaを基にしたNFT取引所はいくつか存在しますが、Magic Edenはこれらの中でも最も大きな取引量を持つ場所として位置づけられており、特定のNFTの取引においてはOpenSeaを凌ぐ動きを見せています。
2022年には、増加し続ける人気のあるポリゴンブロックチェーンへの対応を始め、2023年にはビットコインブロックチェーン上の「Ordinals」やイーサリアムのNFT発行ツール「ETHローンチパッド」の取り扱いも導入しました。
Magic Edenのこのような多岐にわたるブロックチェーン対応は、クリエイターにクロスチェーンの可能性を提供し、NFT市場の更なる活気づけが期待されます。

 Anifie

Anifieは、法律の専門家としての経験を持つ岩崎洋平氏が筆頭に立つ、米国発のユニークなスタートアップ企業です。
同社のプラットフォームは、ユーザーが独自のコンサートスペースを仮想環境で設計し、参加者が選択したアバターを用いてそのイベントを体験する仮想の舞台を提供しています。
岩崎氏は、彼の法律背景を駆使して、デジタルアセット関連の法的課題に適切に応じるサービスを開発しています。NFTを単なるコレクタブルとしてではなく、その希少性を活かした資産として運用・収益化する方向性を追求しています。

さらに、グラミー賞を受賞した映像制作者のJohn Oetjen氏や、「セックス・アンド・ザ・シティ」の音楽を手掛けたPatrick Woodland氏といったハリウッドの大物たちも、Anifieのプロジェクトを支持していることが、この企業のポテンシャルを物語っています。

スポンサーリンク

NFTと企業のこれから

これから先企業はNFTと関わりを持つことになるのでしょうか?MFT市場は企業にどのような影響を与えるのでしょうか?

大手企業のNFT市場参入

最近、NFTの世界は大手ビジネスからの注目を集めており、多くの企業がこの市場に進出を果たしています。
特に注目すべきは、ITやゲーム産業だけでなく、異なる分野の企業も参入の動きを見せていることです。2021年12月には、スニーカーブランドの巨人、ナイキが、バーチャル商品の制作に特化したNFTスタジオ、RTFKTを取得。これにより、ナイキもNFTの領域へと足を踏み入れました。
同じ月に、アディダス オリジナルスもデビューNFTコレクション「Into the Metaverse」を発売し、その成果は約26億円という驚異的な数字に到達しました。
これらの大手ブランドの動きは、NFT市場の潜在力を示唆しており、今後さらに多くの企業がこの波に乗ってくることが予想されます。

著名人のNFT市場への参入

NFTの人気の背景には、著名人たちの参加が大きな役割を果たしています。
最新のトレンドとして、音楽の巨星たち、例えばスヌープ・ドッグやスティーブ・アオキ、そしてスポーツ界からのシャキール・オニールのような名選手が、NFTの世界へ足を踏み入れています。
さらに、アーティストの村上隆も、バーチャル商品を中心に扱うデザイングループ、「RTFKTスタジオ」が展開するNFTイニシアティブ「アバター・プロジェクト」に参画しています。
これらの有名なフィギュアの参入により、仮想通貨愛好者だけでなく、広い層の消費者にNFTの存在が浸透してきました。
将来的にも、他のセレブリティがNFT領域に関与することで、さらなる市場の拡大と活性化が期待されます。
NFT取得のためには、まずデジタル通貨を取得する必要があります。詳しい情報や手続きは、人気の高いLINE BITMAXの公式サイトで確認できます。

スポンサーリンク

NFTの会社に関するよくある質問

NFTと会社についてよくある質問を以下に紹介します。

NFTはどんな企業やビジネスと相性が良いですか?

NFTは独特の特性を持ち、特定のビジネスや産業との結びつきが強いことが確認できます。その中心には、限定性や希少性が高く評価される領域があります。こうした背景をもとに、以下のようにNFTとの相性が良いビジネスを述べられます。
エンターテインメント業界:特にアイドルやコメディアンのように、熱心なファンベースを持つエンターティナーは、NFTを介して限定的なコンテンツやメモリアルアイテムを提供するのに適しています。例として、一部の有名なアイドルグループはデジタルカードの形で限定的なアイテムを発売し、高い需要を見せています。

出版業界:大手出版社のように、多くの著名なIP(知的財産)を所有している企業は、NFTとしてデジタル版の特別なコンテンツを提供することで、新たな収益源を築けます。

スポーツ産業:スポーツの瞬間や選手の特別なモーメントをデジタルアイテムとしてキャッチし、ファンとしての独占的な体験を提供できます。

これらの例は、NFTの強力なポテンシャルを利用して、既存のビジネスモデルや価値提案を拡大・強化する方法を示しています。総じて、限定的かつ希少な価値を持つ領域、そして熱心なファンベースやコミュニティを持つビジネスは、NFTとの相性が特に良いと言えるでしょう。

NFTは仮想通貨の知識が必要ですか?

NFT(非代替性トークン)を取引や購入する際、基本的には仮想通貨の知識が役立ちます。なぜなら、NFTはブロックチェーン技術を基盤としており、取引時には特定の仮想通貨(例:イーサリウム)を使用するケースが多いからです。しかし、仮想通貨の専門知識がなくても、多くのNFTマーケットプレイスは直感的に操作できるよう設計されているため、初心者でも参入しやすい環境が整っています。ただ、安全に取引を行うためには、仮想通貨の保管方法や取引手数料、さらには税務面の知識など、基本的な情報についての理解が推奨されます。

NFTで稼ぐにはどうしたら良いですか?

NFTを利用して収益を上げるための方法はいくつか考えられますが、以下のポイントを考慮すると効果的です。

リサーチと分析: まず、NFT市場の動向や人気のあるジャンル、価格帯などを研究し、どのようなNFTが需要があるのかを把握することが大切です。

オリジナルコンテンツの制作: 自身のスキルや経験を活かして、オリジナルのアートやコンテンツを制作することで、独自性と価値を持ったNFTを作成できます。

マーケティングとプロモーション: NFTを販売する際は、適切なプラットフォームを選び、SNSやブログなどで積極的に宣伝活動を行うことで、より多くの見込み客にアピールできます。

コミュニティ参加: NFT関連のコミュニティやフォーラムに参加し、他のクリエイターや投資家とのネットワークを築くことで、最新の情報やトレンドをキャッチアップできます。

セキュリティの確保: 仮想通貨の取引やNFTの購入・販売に際しては、セキュリティ対策を徹底することで、不正アクセスや詐欺から自身を守れます。

最終的に、NFT市場は急激な変動やトレンドの変化があるため、定期的に市場の動向をチェックし、柔軟に戦略を見直していくことが成功の鍵となります。

スポンサーリンク

NFTの会社についてのまとめ

ここまでNFTの会社についてお伝えしてきました。NFTの会社の要点をまとめると以下の通りです。

  • NFT事業に参加した会社にはメルカリや楽天、吉本興業などがある
  • スタートアップのNFT関連の会社はANDARTやHARTi、Gaudiyなどがある
  • NFT関連の会社は今後は大手企業の参入や著名人の参入により盛り上がるとされている

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

事業者向け
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア