カルダノ ¥68.20 0.37%
トンコイン ¥1,153.99 1.25%
ドージコイン ¥20.95 8.07%
XRP ¥93.04 5.00%
USDコイン ¥157.49 0.0018%
ソラナ ¥26,629.51 0.32%
BNB ¥93,493.68 0.10%
テザー ¥157.56 0.03%
イーサリアム ¥551,661.34 1.19%
ビットコイン ¥10,509,406.87 1.58%
カルダノ ¥68.20 0.37%
トンコイン ¥1,153.99 1.25%
ドージコイン ¥20.95 8.07%
XRP ¥93.04 5.00%
USDコイン ¥157.49 0.0018%
ソラナ ¥26,629.51 0.32%
BNB ¥93,493.68 0.10%
テザー ¥157.56 0.03%
イーサリアム ¥551,661.34 1.19%
ビットコイン ¥10,509,406.87 1.58%
カルダノ ¥68.20 0.37%
トンコイン ¥1,153.99 1.25%
ドージコイン ¥20.95 8.07%
XRP ¥93.04 5.00%
USDコイン ¥157.49 0.0018%
ソラナ ¥26,629.51 0.32%
BNB ¥93,493.68 0.10%
テザー ¥157.56 0.03%
イーサリアム ¥551,661.34 1.19%
ビットコイン ¥10,509,406.87 1.58%
カルダノ ¥68.20 0.37%
トンコイン ¥1,153.99 1.25%
ドージコイン ¥20.95 8.07%
XRP ¥93.04 5.00%
USDコイン ¥157.49 0.0018%
ソラナ ¥26,629.51 0.32%
BNB ¥93,493.68 0.10%
テザー ¥157.56 0.03%
イーサリアム ¥551,661.34 1.19%
ビットコイン ¥10,509,406.87 1.58%

メタバースにはどのような活用事例があるの?メタバースの種類や導入するメリットも徹底解説!

事業者向け

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

メタバースはどのように活用されているのでしょうか?
本記事では、メタバースの活用事例について以下の点を中心にご紹介します!

  • メタバースをビジネスに導入するメリット
  • 企業によるメタバースの活用事例
  • メタバースを活用する企業が抱えるリスク

メタバースの活用事例について理解するためにもご参考いただけると幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

そもそもメタバースとは

メタバースは、最近のテクノロジートピックとして注目を集める仮想の三次元空間のことを指します。この言葉自体は、「超越」を意味する”メタ”と「世界」を意味する”ユニバース”を組み合わせた造語で、その起源は1992年のSF小説『スノウ・クラッシュ』に遡ります。

メタバースの魅力は、現実と同じような体験がインターネット上でできる点にあります。例えば、都市のような景観が広がり、ユーザーはアバターとしてこの空間を移動、探索できます。これはただのゲームではなく、現実と変わらない日常の生活が可能な空間となっています。コンサートやファッションショー、友人や知人とのボイスチャットなど、多岐にわたる活動が行われており、まるで別の宇宙に足を踏み入れたような体験ができるのです。

近年、多くの技術者や企業がメタバースの構築や発展に力を入れています。この新しいデジタルフロンティアは、私たちの生活やコミュニケーションの方法を再定義する可能性を秘めているのです。

スポンサーリンク

メタバースの種類

メタバースにはどのような種類があるのでしょうか?
以下で詳しく見ていきましょう。

ゲーム系メタバース

メタバースの中でも特に注目を浴びているのが、ゲーム系メタバースです。このジャンルは、ゲーム開発の大手企業が中心となって展開される、仮想三次元空間を活用した新しいゲームの形態として現れました。特に、FortniteやRobloxといった大手タイトルは、それぞれ数億のユーザーを持ち、彼らの日常の一部として浸透しています。

現代の通信環境の進展とスマホの普及が、このゲーム系メタバースの爆発的な人気の背景にあります。多くのユーザーにとって、仮想空間での活動やコミュニケーションは現実の延長として自然に受け入れられているのです。マインクラフトやあつまれ どうぶつの森など、さまざまなゲームがこのカテゴリに属しており、それぞれが独自の仮想世界を提供しています。ゲーム系メタバースは、現代のデジタルエンターテインメントの新たなフロンティアと言えるでしょう。

ソーシャル系メタバース

メタバースの中でも、特に人々のコミュニケーションを中心としたソーシャル系メタバースが存在します。このタイプのメタバースは、アバターを通じてユーザー同士が交流する点に焦点を当てています。そのため、テキストベースのチャットからボイスチャット、さらには表情のトラッキングまで、各プラットフォームによって豊富なコミュニケーション手段を取り入れているのが特徴です。

近年のSNSの普及に伴い、リアルタイムでの対話やコミュニティの形成がますます重要視されています。この動向は、メタバース市場の拡大にも影響を及ぼしており、特にソーシャル系メタバースの発展が加速しています。デバイスの進化や通信技術の向上、さらにはコロナ感染症の影響でのリモートコミュニケーションの増加が、このトレンドを後押ししています。

Web3系メタバース

Web3の時代を象徴する技術として注目されているのが、ブロックチェーン技術を基盤に持つメタバース、通称「Web3メタバース」です。このメタバースの最大の特徴は、NFTや暗号資産の組み込みにより、ユーザーが仮想空間内でデジタル資産としての「所有」を経験できる点にあります。例えば、土地やアイテム、さらにはアート作品まで、これら全てがデジタル資産として取引や保有が可能となります。

投機的な価値を追求するユーザーから、純粋にゲームやコミュニケーションを楽しみたいユーザーまで、幅広い層がこの新しいメタバースに引き寄せられています。ただ、NFTの価格変動や暗号資産の市場動向に強く影響される特性も持つため、2022年の価格下落の際には一部のメタバースがその影響を受ける現象も見られました。

MaaS系メタバース

MaaS、またはMetaverse-as-a-Service、はメタバースのアクセシビリティを一段階上げる革命的なサービスです。このサービスを通じて、個人や企業は専門知識を必要とせずにメタバースの空間を独自に利用・カスタマイズすることが可能になります。考え方としては、初期のインターネット時代に限られた技術者しか制作できなかったウェブサイトやECサイトが、現在はプラットフォームサービスのおかげで誰でも簡単に作成できるようになったのと似ています。

主な利用シーンとしては、仮想のオフィススペースの提供や、オンラインスクールの教室、イベント会場の設定、eコマースのショップスペースとしての利用などが挙げられます。MaaS系メタバースの台頭により、企業や個人は独自のメタバース体験を手軽に提供し、新たなビジネスチャンスを捉えられるようになっています。

スポンサーリンク

メタバースをビジネスに導入するメリット

ビジネスでメタバースを導入することには様々なメリットがあります。
以下で詳しく解説します。

採用活動の幅が広がる

近年、採用活動においてもデジタルの力が注目されています。特にメタバースがその先頭を切っており、企業と求職者の接点を革新しています。従来のリアルな採用フェアは、参加できる人数や地域、時間といった制約がつきものでした。しかし、メタバースを活用することで、これらの物理的な制約を大きく軽減できるようになりました。

メタバースを介した採用活動は、場所を問わず、全国どこからでも気軽に参加が可能です。そのため、企業はより広範なターゲットにアプローチが可能となり、求職者側も多様な企業との接触のチャンスが増えます。この新しいアプローチは、企業のブランディングや求人情報の伝達効果も向上させるとされ、今後の採用のスタンダードとなるかもしれません。デジタル技術の進化は、採用活動の方法や範囲を再定義し、それを通じて新しい働き手との繋がりを生み出しています。

販促活動やマーケティングに利用できる

従来のマーケティング方法とは異なり、メタバース上では非現実的な体験や特別なイベントの開催が可能です。これにより、消費者の心を捉える新たな話題提供や、記憶に残る体験を実現できるのです。さらに、商品やサービスをバーチャル空間で展示することで、リアルの店舗や展示会場とは異なる、新しい購入体験を提供することも可能です。これにより、消費者の購買意欲を刺激し、さらなるビジネスチャンスを掴む手助けとなります。メタバースの採用は、未来のマーケティングを形成する大きな要素となることでしょう。

コストの削減

メタバースの浸透は、ビジネスの運営に新たな機会をもたらしています。特に、会場のリースや設備投資、人件費など、物理的なイベントや展示会に伴う多大なコストを大幅に削減する可能性を秘めています。メタバース上でのイベント開催は、物理的な制約を感じさせない一方で、必要な資源や時間、労力の点で大きな利点を享受できます。

また、地理的な制約もなく、全国、あるいは全世界の人々が同時に参加可能な環境を提供します。これにより、イベントのリーチや効果を最大化しながら、運営コストは最小化されるのです。企業は、メタバースを活用することで、資源を効率的に使用し、より大きなROIを追求する方向性が見えてきます。

他社との差別化を図れる

メタバースの活用は、企業に新しいブランディングのチャンスと他社との明確な差別化をもたらします。この新時代のデジタル空間は、企業が革新的な姿勢をアピールし、顧客との接点を増やす大きな機会です。メタバース内での活動は、従来の手法とは一線を画す経験を消費者に提供し、企業の魅力を一層際立たせられます。

スポンサーリンク

メタバースの活用事例

ここでは、メタバースの活用事例を4つご紹介します。

バーチャル渋谷

渋谷の雰囲気をデジタル空間で再現したのが「バーチャル渋谷」です。このプラットフォームは渋谷区の公式認可を受けており、実際の渋谷で行われる様々なイベントやライブ、展示会を、どこにいてもデジタルで楽しむことが可能になっています。スマートフォンやPCを手に、特定のプラットフォーム「cluster」を利用するだけで、あの熱気と活気を感じられます。このようなバーチャル都市のコンセプトは、バーチャル渋谷に限らず拡大しており、バーチャル原宿やバーチャル大阪といった他の地域もデジタル空間上で再現されています。それぞれの地域の魅力や文化を体感できるこの新しいスタイルは、新たなエンターテインメントの形として注目を浴びています。

バーチャル伊勢丹新宿店

新宿三丁目のランドマーク、伊勢丹新宿本店がデジタルの世界に新たな風を吹き込みました。その名も「バーチャル伊勢丹新宿店」です。三越伊勢丹が提供するこの新しい体験は、「REV WORLDS」というアプリを通じて実現されています。利用者はアバターを用いて、このデジタル空間上の伊勢丹を訪れられます。

一歩店内に足を踏み入れると、熟悉の売り場や店員があなたを迎えてくれます。しかし、実際の店舗とは異なり、空には気球が舞い、屋上には緑が広がっているなど、夢のようなオリジナルのエッセンスも加えられています。このようなデジタルな空間でのショッピング体験は、現実の制約を超えた新しいエンターテインメントとして、多くの人々の心を捉えています。

Mesh for Microsoft Teams

現代のビジネスの中心であるリモートワーク。その中心ツールの一つである「Microsoft Teams」がさらに進化を遂げました。名前は「Mesh for Microsoft Teams」。この新サービスは、ビデオ会議中のリアリティを増強し、より人間らしいコミュニケーションを実現するためのアプローチとしてマイクロソフト社から導入されました。従来の静止画やシンプルなアイコンではなく、各参加者は自身が作成したアバターで会議に臨むことが可能になりました。これにより、会議の参加感が向上し、活発なディスカッションが促進されることが期待されます。この技術は、特にオンライン空間での人間関係の構築やチームの一体感を重視する組織にとって、新しい通信のスタンダードとなるかもしれません。

Soda!Soda!アイランド

ランドセルの代表的ブランド、セイバン社が新たな試みに挑戦しました。名付けて「Soda!Soda!アイランド」これはセイバン社が提供するメタバースの独自空間です。特に「SEIBANスマイルメンバーズ」の会員家族を対象に、親子が共に探索し、楽しみながらも刺激的な体験を得られることを目的としています。ブラウザベースのV-expoのため、手軽にアクセス可能で、子供たちにも安全に楽しめる環境が提供されています。メタバース空間としての「Soda!Soda!アイランド」は、学びの場としての機能も併せ持ちつつ、企業としてのセイバンの新たな一面を展開しているのです。その背景には、多くの企業が導入しているメタバースサービスとの連携や、専門的なサポート体制があることから、これからの展開が非常に楽しみなプロジェクトとなっています。

スポンサーリンク

メタバースを活用する企業が抱えるリスク

メタバースの活用にはどのようなリスクがあるのでしょうか?
以下で解説していきます。

デジタル資産の盗難やウォレットの不正アクセス

近年、メタバース内での取引においてデジタルアセットが中心的役割を果たしています。これに伴い、アバター、エクスクルーシブな装飾アイテム、メタバースの土地などがNFTとして取引されるケースが増加してきています。これらのデジタルアセットの価値が高まる一方で、それを保存するウォレットや取引を行うプラットフォームに不正アクセスのリスクが高まっています。特に、暗号資産の取引が盛んになる中、大規模なハッキング事件も発生しています。過去にはCoinCheckという取引所が狙われ、膨大な金額の仮想通貨が不正に流出する事件が発生したこともありました。このような背景から、デジタルアセットを取得や管理する際には、セキュリティ対策を徹底することが不可欠です。

メタバース空間のハッキングや改ざん

メタバース内でのビジネスや交流が盛んになればなるほど、その攻撃対象としての魅力も高まるのです。企業が提供する情報が改ざんされることで生じるブランドの信用失墜や、ユーザー間の交流が中断されることで生じる損失は計り知れません。このような背景から、メタバースのセキュリティ面での対策が急募となっています。

未来のデジタル社会を安全にするためには、技術の発展だけでなく、その安全性や信頼性の確保が必要不可欠となるでしょう。

匿名性を悪用した詐欺

メタバースの魅力は、現実から解放された空間で新しい自分を表現し、自由な交流を楽しめる点にあります。しかし、その自由度の高さが新たな問題を生んでいます。匿名性の背後に隠れて、悪意を持った者たちが詐欺などの犯罪行為を行うケースが増えてきたのです。

この匿名空間では、信頼されているアバターや組織も、実際には別の意図を秘めている可能性があります。不正な取引、データの窃取、詐欺など、さまざまな犯罪の温床となりうるこの空間は、ユーザー自身が十分な警戒を持って活動する必要があります。

スポンサーリンク

メタバースの活用事例についてのまとめ

ここまでメタバースの活用事例についてお伝えしてきました。
メタバースの活用事例の要点をまとめると以下の通りです。

  • メタバースとは、最近のテクノロジートピックとして注目を集める仮想の三次元空間のこと
  • メタバース上では非現実的な体験や特別なイベントの開催が可能
  • メタバースの活用は、企業に新しいブランディングのチャンスと他社との明確な差別化をもたらす

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

事業者向け
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア