カルダノ ¥68.22 0.86%
トンコイン ¥1,155.22 1.22%
ドージコイン ¥20.86 7.94%
XRP ¥93.58 5.35%
USDコイン ¥157.50 -0.0012%
ソラナ ¥26,656.65 0.70%
BNB ¥93,385.56 2.01%
テザー ¥157.55 0.03%
イーサリアム ¥551,234.14 1.16%
ビットコイン ¥10,502,153.67 1.52%
カルダノ ¥68.22 0.86%
トンコイン ¥1,155.22 1.22%
ドージコイン ¥20.86 7.94%
XRP ¥93.58 5.35%
USDコイン ¥157.50 -0.0012%
ソラナ ¥26,656.65 0.70%
BNB ¥93,385.56 2.01%
テザー ¥157.55 0.03%
イーサリアム ¥551,234.14 1.16%
ビットコイン ¥10,502,153.67 1.52%
カルダノ ¥68.22 0.86%
トンコイン ¥1,155.22 1.22%
ドージコイン ¥20.86 7.94%
XRP ¥93.58 5.35%
USDコイン ¥157.50 -0.0012%
ソラナ ¥26,656.65 0.70%
BNB ¥93,385.56 2.01%
テザー ¥157.55 0.03%
イーサリアム ¥551,234.14 1.16%
ビットコイン ¥10,502,153.67 1.52%
カルダノ ¥68.22 0.86%
トンコイン ¥1,155.22 1.22%
ドージコイン ¥20.86 7.94%
XRP ¥93.58 5.35%
USDコイン ¥157.50 -0.0012%
ソラナ ¥26,656.65 0.70%
BNB ¥93,385.56 2.01%
テザー ¥157.55 0.03%
イーサリアム ¥551,234.14 1.16%
ビットコイン ¥10,502,153.67 1.52%

仮想通貨の始め方は?初心者でも始めやすい手順や稼ぎ方を徹底解説!

仮想通貨

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

仮想通貨の始め方を知っていますか?
本記事では、今話題の仮想通貨について分かりやすく以下の点を中心にご紹介します!

  • そもそも仮想通貨とは?
  • 仮想通貨のやり方、はじめ方
  • 仮想通貨を始める際の注意点

仮想通貨について理解するためにもご参考いただけると幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

仮想通貨とは?

仮想通貨(Cryptocurrency)は、デジタル形式で存在し、分散型のデジタル台帳技術であるブロックチェーンを基盤として取引が行われるデジタル通貨です。

スポンサーリンク

仮想通貨のやり方・始め方

仮想通貨のやり方・始め方を解説していきます。

仮想通貨取引所を選ぶ

まず、信頼性のある仮想通貨取引所を選びます。取引所はインターネット上で仮想通貨の売買を行うプラットフォームであり、取引所ごとに取り扱う仮想通貨や手数料、セキュリティ対策が異なります。口座開設には身分証明書の提出が必要な場合が多いため、注意深く取引所を選びましょう。

仮想通貨取引所にて、仮想通貨の口座を開設する

選んだ取引所で口座を開設します。この際、本人確認が必要な場合が多く、身分証明書のアップロードや本人情報の登録が必要です。手続きが完了すると、取引所の口座番号が発行されます。

開設した口座に、日本円を入金する

取引所で口座を開設したら、次に資金を口座に入金します。入金方法には銀行振込やコンビニ入金などがあり、取引所によって異なる場合があります。振込手数料も異なり、注意が必要です。入金が完了したら、取引を開始できます。詳細な手順についてはビットコインの購入ガイドを参照してください。

仮想通貨を購入

入金が完了したら、取引所の取引ツールを使用して仮想通貨を購入できます。取引所には市場価格での購入や指値注文(特定の価格での購入指示)などさまざまな取引方法があります。

スポンサーリンク

仮想通貨を始める際の注意点

仮想通貨の取引を始める際には注意すべき点が複数あります。以下の注意点に留意して、仮想通貨の取引を始めましょう。

仮想通貨FXは慣れてからにする

レバレッジ取引(証拠金取引)は元手の数倍の金額を投資できる取引方法で、暗号資産CFDの他にも株やFXで行われます。

この方法のメリットは、少ない元手で大きな利益を狙えることですが、同時に損失が大きくなる可能性も高いため、初心者は少額から始め、取引に慣れていくことが重要です。

国が認可した取引会社を利用する

暗号資産取引を安全に行うためには、暗号資産現物取引(取引所または販売所)は日本暗号資産取引業協会に認証済みの暗号通貨取引所、暗号資産CFD(レバレッジ取引)は金融商品取引業者を利用するべきです。

日本国内の取引会社は金融庁の厳格な基準をクリアし、セキュリティ体制も整っているので信頼できます。

国内の取引会社は資産の保証制度も整備されており、ハッキングなどの不測の事態に備えて安全性を確保しています。

リスクについて理解する

暗号資産は価格変動が大きく、潜在的な利益と同時に損失リスクも高い傾向があります。暗号資産取引を検討する際、この価格変動の大きさを認識しましょう。

少額の取引から始める

暗号資産は価格変動が大きいため、初めから高額な取引を行うと大きな損失リスクがあります。リスクを最小限に抑えるために、暗号資産取引に慣れるまでは余剰資金を使い、少額から投資することが賢明です。

ハッキングリスクに備える

暗号資産を始める際には、セキュリティリスクに注意する必要があります。不正ログインやフィッシング詐欺などが潜在的な脅威です。

フィッシング詐欺は、偽の取引所から「口座が停止された」といったメッセージを送り、偽装したウェブサイトに誘導し、個人情報を不正に取得するという手口です。

この被害を防ぐためには、怪しいSMSメッセージのURLにアクセスしないこと、正規のログインページのURLをブックマークし、そこからのみアクセスすることが重要です。

また、セキュリティ対策として、二段階認証の設定や、推測されにくい強力なパスワードの使用が推奨されています。セキュリティ意識を高めて行動し、リスクを最小限に抑えることが大切です。

余裕資金で行う

仮想通貨(暗号資産)に投資する際は、必ず余裕資金を使用し、一攫千金を狙わないよう注意しましょう。

過去の仮想通貨バブルや高騰による「億り人」現象から、誤った期待を抱く場合があるかもしれません。

しかし、仮想通貨は高騰と同様に急落することもあるため、損失を覚悟して投資する必要があります。リスクを理解し、生活に支障のない資金を使うことが大切です。

仮想通貨取引所のアプリを活用

仮想通貨アプリは一般的にユーザーフレンドリーで、直感的に操作できるように設計されています。初めて仮想通貨を取引する場合でも、アプリを使うことで取引が容易になります。

また、多くの仮想通貨アプリはセキュリティ機能を強化しており、2段階認証や生体認証などのセキュリティオプションを提供しています。これにより、アカウントの保護が強化されます。

総じて、仮想通貨アプリは初心者にとって使いやすく、情報にアクセスしやすいツールであり、仮想通貨取引を始めるのに適しています。ただし、安全性にも気を付け、信頼性の高いアプリを選ぶことが重要です。

仮想通貨の取引の違いを理解する

仮想通貨取引には現物取引とレバレッジ取引の2つの種類があります。現物取引は仮想通貨を実際に購入または保有して売却する取引であり、一方、レバレッジ取引は仮想通貨の受け渡しせずに、購入価格と売却価格の差額を損益として扱う取引です。

レバレッジ取引では、証拠金を担保にして取引し、預けた資金よりも大きな規模の取引が可能です。取引の形式としては主に「販売所」と「取引所」があり、取引所の方が一般的に低コストで取引できることが多いです。

仮想通貨取引を始める際には、これらの取引種類と形式の違いを理解し、自身の投資スタイルに合った方法を選ぶことが大切です。初めて投資する方は、調査だけでなく実際の取引経験を通じてメリットやデメリットを把握することをおすすめします。

スポンサーリンク

仮想通貨の取引所の選び方

ここからは、仮想通貨の取引所の選び方を解説します。

取り扱い通貨数で選ぶ

取引所の取り扱い通貨数が豊富かどうかは重要なポイントです。多くの通貨が揃っていると、取引の幅が広がり、仮想通貨を楽しむ機会が増えます。

また、多くの銘柄を取り扱う取引所は将来的にも新しい通貨を追加する可能性が高いため、将来の投資にも適しています。

初めはメジャーなコインだけを購入するかもしれませんが、経験を積むにつれて他の通貨にも興味を持つ可能性もあるでしょう。

そのため、取引所が多くの銘柄を提供していることは利用者にとってメリットがあると言えます。

手数料の安い取引所を選ぶ

仮想通貨取引所の手数料は重要な要素で、取引手数料、入金手数料、出金手数料、送金手数料などが含まれます。しかし、どの取引所がどの手数料を安く提供しているかは一概に言えません。

取引所ごとに手数料の設定が異なり、利用者の取引頻度やスタイルに応じて選択する必要があります。例えば、頻繁な取引を行う予定の場合は、販売所形式の取引手数料が無料のCoincheckがおすすめです。

一方、入出金や送金を頻繁に行う予定の場合はGMOコインやDMMビットコインが適しているでしょう。

自身の取引スタイルや用途に合わせて、適切な仮想通貨取引所を選ぶべきです。手数料の詳細を確認し、最適な選択をすることが大切です。

トラブルがあった際のサポートの充実で選ぶ

国内の仮想通貨取引所選びにおいて、電話サポートの有無が重要な要素です。トラブルが生じた際、電話でのサポートがあると安心できます。

また、口コミや評判を確認して各取引所の対応力を評価することもおすすめです。

国内の取引所の中で、電話窓口を提供しているのはDMM BitcoinとbitFlyerの2つの取引所だけです。

電話サポートは貴重な資源となっており、コインチェックはこれらのポイントを満たす国内仮想通貨取引所で、特に初心者向けに使いやすいプラットフォームとしておすすめされています。

使いやすい取引所を選ぶ

仮想通貨(暗号資産)取引所を選ぶ際には、スマホアプリの使いやすさが重要なポイントとなります。特に、仮想通貨に興味を持つ投資家の中には、スマホでの取引を主に行う方が多いため、アプリの操作性は非常に重要です。直感的に操作できず、取引方法がわかりにくいアプリはストレスを感じる原因となり、また、操作に慣れていないと買いたいタイミングで買えないというミスを招く可能性もあります。そのため、自分が理解しやすいアプリデザインを採用した取引所を選ぶことがおすすめです。

ただし、最終的な選択は自身の投資スタイルや目的に合わせて行うことが重要です。

セキュリティの高い取引所を選ぶ

金融庁・財務局の登録を受けた国内大手の仮想通貨取引所は信頼性が高く、初心者にとっても安心して利用できる選択肢です。迷った際には、以下の取引所から選ぶことで大きな失敗を防げるでしょう。

スポンサーリンク

仮想通貨のおすすめの取引所

仮想通貨の取引所はそれぞれに特徴があります。以下で紹介するので、自身に合っている取引所を見つけてみてください。

Coincheck(コインチェック)

Coincheck(コインチェック)は国内の仮想通貨アプリで最もダウンロード数が多く、その理由はデザインと使いやすさにあります。

初心者でも直感的に取引ができ、特にビットコインを取引する際の手数料が無料である点が魅力です。少額から仮想通貨を始めたい初心者にも向いています。

さらに、CoincheckはNFTマーケットプレイス「Coincheck NFT(β版)」も運営しており、アイテムやキャラクターの売買ができます。取引に慣れた後は、保有している仮想通貨を使ってNFTに参加することも楽しいでしょう。

GMOコイン

GMOコインは2023年10月現在、オリコン顧客満足度で1位を獲得しており、以下の特徴を持っています。

  • 入出金手数料が無料: GMOコインは入出金にかかる手数料が一切なく、一般的にかかる1,000円ほどのコストを省けます。
  • 取り扱い通貨数が豊富: 23種類の通貨を取り扱っており、ビットコイン以外の多くの銘柄を選べます。
  • 口座開設スピードが迅速: 登録から最短10分で口座を開設でき、手軽にビットコインを購入したい人に適しています。

GMOコインは初心者にも配慮された取引所で、口座開設の手続きが簡便で手数料がかからないため、仮想通貨を始める初心者におすすめのプラットフォームと言えます。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは2023年10月現在、国内で最も多くの通貨でレバレッジ取引を提供する取引所で、そのおすすめポイントは以下の通りです。

  • 入出金手数料が無料: DMM Bitcoinでは入出金にかかる手数料が無料で、利用者にとってコスト面で優れています。
  • クイック入金が無料: クイック入金は自宅から簡単に行え、銀行入金やコンビニ入金の手間やタイムラグがないため、便利です。さらに、クイック入金が無料で提供されている点も魅力的です。

DMM Bitcoinは中~上級者のトレーダーにとって、多くの通貨でレバレッジ取引に挑戦する良い選択肢と言えます。

bitbank(ビットバンク)

bitbank(ビットバンク)は、以下の特徴を持つ仮想通貨(暗号資産)取引所です。

取引量が多く、ビットコインや他の仮想通貨(暗号資産)の注文がスムーズに行え、スプレッドも比較的安定しています。

また、サイトやスマートフォンアプリの操作が直感的でシンプルであり、使いやすさに優れています。

そして創業以来、ハッキング被害がなく、セキュリティに力を入れているため、セキュリティを重視するユーザーに適しています。

ただし、入金方法は銀行振込のみ対応しており、銀行以外の入金方法を主に考えている場合は注意が必要です。

bitFlyer(ビットフライヤー)

bitFlyer(ビットフライヤー)はセキュリティと信頼性に優れ、2014年創業以来ハッキング被害がない実績を持つ国内の仮想通貨取引所です。

その信頼性からビットコイン取引量も6年連続でNo.1であり、取引までの時間が最短10分と迅速です。

また、ビットコインは1円から取引可能であり、初心者や慎重派の方にも適しています。18種類の通貨を取り扱っており、将来のニーズに柔軟に対応できます。

さらに、トラブル時の電話窓口を設けており、ユーザーの安心を優先したサービスを提供しています。

LINE BITMAX(ラインビットマックス)

LINE BITMAX(ラインビットマックス)は、以下の特徴を持つ仮想通貨(暗号資産)取引所です。

  • LINEを日常的に使用しているユーザーにとって、親しみやすいUIデザインで、初心者にも理解しやすいです。
  • LINE Payを利用しているユーザーにとって便利な点は、入金が簡単に行えることです。
  • 大手企業であるLINEの運営という信頼性があり、セキュリティにも力を入れています。

これらの点から、仮想通貨(暗号資産)初心者におすすめの取引所と言えます。

SBI VCトレード

SBIグループはさまざまな金融事業で高い実績を持つ企業であり、以下の特徴があります。その信頼性からも利用者が増えています。

  • 豊富なサービス: 取引方法や運用方法に関する多くのサービスが提供されており、個人の取引スタイルに合わせて資産運用が可能です。
  • 初心者から上級者まで: 初心者向けのアプリが提供されている一方で、上級者向けのツールも揃っており、幅広い層のユーザーに対応しています。
スポンサーリンク

仮想通貨の稼ぎ方

仮想通貨の稼ぎ方も解説します。

仮想通貨の「値上がり益」で稼ぐ

暗号資産の価格は日々変動し、過去のビットコインの例を挙げると、10年前にはピザ2枚分(約25ドル)だった価格が2021年3月には1ビットコインが6万ドル近くになるなど、著しい価格上昇をする場合があります。したがって、価格が上昇した際に暗号資産を売却することで利益を得られます。また、暗号資産は小額から投資が可能であるため、少ない資金から始められます。

仮想通貨の「現物取引」で稼ぐ

現物取引は、暗号資産を実際に購入または売却する取引方法であり、取引に際しては事前に暗号資産を保有している必要があります。

したがって、取引をするには事前に法定通貨(円やドルなど)で暗号資産を購入しておく必要があり、現物取引では保有している暗号資産以上の取引はできません。

仮想通貨の「先物取引」で稼ぐ

先物取引は、将来の特定の日付に暗号資産を売買する約束をする取引で、取引時点では実際の決済は行われません。例えば、1ビットコイン(BTC)の価格が500万円の時に、1ヶ月後に1BTCを売却する約束をすると、1ヶ月後にBTCの価格が520万円に上昇すれば、20万円の利益が得られます。先物取引にはレバレッジを活用して、手元の資金以上の取引をするメリットがありますが、同時に損失も拡大する可能性があるため、注意が必要です。また、取引所によっては先物取引に対応していない場合もあることに留意してください。

マイニング作業をこなす

​​マイニングは、ビットコイン取引において、取引データを承認する作業を指します。この作業に対する報酬として、新しいビットコインが支払われるため、マイニングをすることで収益を得られます。

レンディング(貸暗号資産)

レンディングは、暗号資産(仮想通貨)を貸し出し、それに対する賃借料を受け取るサービスです。このサービスを利用することで、売買をせずに資産を増やせます。ただし、貸し出し中の暗号資産は売買できないため、価格の変動に注意が必要です。途中で解約する場合、解約手数料がかかる場合がある事も理解しておきましょう。

レバレッジ取引

レバレッジ取引は、口座に預け入れたお金を担保にして、そのお金の最大2倍の金額で取引する方法です。

この方法は「差金取引」として知られ、暗号資産の受け渡しではなく価格差を利用して取引をします。

差金取引により、買い注文や空売りなどが可能ですが、暗号資産そのものを保有するわけではないため、他のウォレットに移動させられません。

イールドファーミング

イールドファーミングは、分散型金融サービスであるDeFiを通じて、暗号資産を貸し借りし、その際に収益を得る手法を指します。

この仕組みでは、借り手が支払う手数料や金利が貸し手に還元される形で機能します。

イールドファーミングにおける重要な要素の一つが「流動性マイニング」で、ユーザーが暗号資産をプラットフォームに提供することで報酬を受け取れます。これにより、プラットフォームには流動性が高まり、利用者が増加する好循環が生まれます。

報酬率は通常の投資商品よりも高く、数十%から数千%にも達する可能性があります。

アービトラージ

アービトラージは、異なる取引所での暗号資産価格差を利用して利益を得る取引方法です。暗号資産は法定通貨とは異なり、取引所ごとに価格が異なることがよくあります。

アービトラージを成功させるためには、複数の取引所に登録し、通常3~4つの取引所でビットコインを保持しておく必要があります。ただし、暗号資産を取引所間で送金する際、価格が下落して損失を被る場合があるため、注意が必要です。

NFT取引(非代替性トークン)

NFT(ノン ファンジブル トークン)は、デジタルデータにおける非代替性を示すトークンで、複製できない唯一性を持つデジタルアセットです。NFTはブロックチェーン技術を使用しており、デジタルデータのオフィシャルな制作者や所有権を確認できるため、デジタルデータに価値を持たせます。

NFTの取引はブロックチェーン上で行われ、情報は改ざんが難しく信頼性が高いです。デジタルアート、音楽、ゲームデータなどのNFTは希少性が高ければ高いほど価値が上昇し、投資対象となります。NBAとのコラボで生まれたNFTトレーディングカードの一部は高額で取引されています。

積み立て投資

暗号資産への投資を検討しているが、リスクを心配しているという人には、積み立て投資がおすすめです。ビットコインなどの暗号資産は、小額から投資を始められるため、リスクを分散しやすく、買い時を逃す心配も軽減されます。また、積み立て投資は基本的に放置できるので、時間を取られることもありません。

長期的な視野で積み立て投資し、暗号資産の価値が上昇した時点で売却することで、利益を得ることも可能です。ただし、価格の急落などのリスクも存在するため、積み立て投資をする際には自身が負担できる金額を設定し、慎重に進めることが重要です。

ポイントサイトの利用

暗号資産(仮想通貨)投資は、Tポイントや楽天ポイントなどのポイントを使用して行うことも可能です。取引所やウォレットの選択肢は制限されますが、ポイントを暗号資産に交換するだけなので、ほぼリスクがないと言えます。

楽天ポイントやTポイントは、100ポイントから交換できるため、少額からの投資も容易です。普段の生活で獲得したポイントを活用して、積み立て投資をすることが可能です。

アカウントを作成するときにポイントサイトを利用すると、ポイントが付与される仕組みを利用すれば、普段あまりポイントを活用しない人でも、実質無料で暗号資産を保有できます。

スポンサーリンク

仮想通貨の始め方に関するよくある質問

最初にどの仮想通貨を購入するのがおすすめですか?

初心者の方にはビットコインがおすすめです。高リスクな低価格の仮想通貨(草コイン)を購入して大きな利益を追求することは魅力的に思えますが、自身の資金を守るために、まずはビットコイン取引から始めることが賢明です。

仮想通貨はクレジットカードで購入できますか?

国内の暗号資産取引所ではクレジットカードを使用して仮想通貨を購入することはできませんが、海外の暗号資産取引所では利用可能です。

仮想通貨を購入するには、どのくらいの資金が必要ですか?

暗号資産(仮想通貨)は元手を数十倍から数百倍に増やす可能性がある投資ですが、同時に大きな損失を被るリスクも伴います。そのため、暗号資産に投資する場合は、生活に支障が出ない余剰資金を使用することが重要です。

また、暗号資産以外の投資方法と組み合わせ、あまりにも暗号資産への依存を避けることも賢明です。複数の異なる投資商品に分散投資することで、リスクを分散させる効果を享受できます。

暗号資産への投資は高いリスクを伴うことを理解し、慎重に余剰資金を投資することが重要です。

スポンサーリンク

仮想通貨の始め方についてのまとめ

ここまで仮想通貨の始め方についてお伝えしてきました。
仮想通貨の始め方の要点をまとめると以下の通りです。

  • 仮想通貨とはブロックチェーンを基盤として取引が行われるデジタル通貨
  • 仮想通貨を始める場合信頼性のある仮想通貨取引所を選ぶ
  • 仮想通貨を始めるときは少額の取引から始める

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

仮想通貨
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア