仮想通貨のクジラとは?クジラがもたらす市場への影響について分かりやすく解説!

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています

仮想通貨のクジラとは一体何なんでしょうか?
本記事では、仮想通貨のクジラについて以下の点を中心にご紹介します。

  • 仮想通貨のクジラとは
  • クジラがもたらす市場への影響
  • クジラの動きを調べるアラートツール

仮想通貨のクジラについて理解するためにもご参考いただけると幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

仮想通貨のクジラとは?

仮想通貨のクジラとは、ビットコイン市場などで大口投資家として知られ、多くのデジタル通貨を持ち、市場に大きな影響を及ぼすと言われている存在です。2021年には、ビットコイン市場でのクジラの存在が特に増えてきたことが確認され、市場の動向に注目が集まりました。

クジラの正体について

仮想通貨のクジラとは、金融市場における大口投資家を指します。特にビットコイン市場においては、1,000BTC、これは2022年6月27日のレートで約28億円に相当し、それ以上を保有する投資家がクジラとされています。2022年2月の終わりに、ビットコインの市場には2,259匹のクジラが存在していることが判明しています。クジラの正体はいくつか挙げられますが、まずはビットコインが登場した初期から大量に保有していた個人投資家です。彼らは早くからビットコインを信じ、保有を続けたことで大きな資産を築きました。また、ビットコインが注目を浴びるにつれ、金融機関や大手企業もビットコイン市場への参入を果たしました。これらの機関投資家や企業も、クジラの一部と見なされています。彼らは大規模な資本を投じ、市場に安定感をもたらしています。

ビットコイン価格が過去に比べて高騰している状況では、クジラの存在感が増しています。

クジラがもたらす市場への影響

クジラは市場にどのような影響をもたらすのでしょうか?
以下で詳しく解説します。

企業や金融機関を含む大手の投資家が増加している

ビットコインの市場では、企業や金融機関を含む主要な投資家の数が増えてきています。ビットコインはその高い投資価値と新たな資産クラスとしての地位を確立し、これらの機関投資家や企業が注目し、資金を投じています。

初期のビットコイン投資家の一部は、ビットコインが登場した当初から保有し続け、その結果、クジラと呼ばれる大口投資家に成長したケースもあります。しかし、現在では多くのクジラが金融機関や企業によって構成されています。これらの機関投資家は、ビットコインの将来性と資産の多様化を考慮して、大規模なビットコインを保有しています。

大口投資家の増加は、ビットコイン市場におけるさまざまな影響をもたらしています。まず、市場全体の流動性が高まり、ビットコインの価格変動性が抑制されることがあります。また、金融機関や企業の参入により、ビットコインの受け入れと合法性が向上し、一般の投資家にも信頼感をもたらしています。

仮想通貨市場の価格を動かせる

クジラが大規模なビットコインを保有している場合、市場価格に対して影響力を行使できることがあります。一つの例として、クジラが意図的にビットコインを売却することで価格を下落させ、低い価格で再び購入することが挙げられます。このような行動により価格の操作が可能となり、市場全体に影響を及ぼす場合があります。

クジラの価格操作は、仮想通貨市場において慎重に監視されており、その動向は市場参加者にとって大きな関心事となっています。クジラの売買行動が市場に与える影響は大きく、投資家やトレーダーはクジラの動向を追跡し、市場の変動に適切に対応する必要があります。

したがって、クジラは仮想通貨市場において価格を動かす可能性があり、その行動は市場全体に大きな影響を及ぼすことから、仮想通貨市場における価格の不安定性について議論されています。

クジラによる売却で急落

クジラたちの大量売買行動による急激な価格急落は、仮想通貨市場において頻繁に起こる現象です。一度に大量の仮想通貨を売却することで市場価格が急速に下落し、これを「クジラ移動」と表現します。このような急落は市場全体に大きな影響を及ぼすことがあり、個人投資家にとってはリスクが高まります。

さらに、クジラたちが価格を意図的に操作する「ポンプアンドダンプ」と呼ばれる手法も一般的です。これは、一時的に価格を不自然に高騰させ、その後急激に売却して価格を下落させる行為です。このような操作により、個人投資家は高値で購入し、その後の急落で大きな損失を被ることがあります。

したがって、クジラによる急激な価格急落は仮想通貨市場において慎重に監視され、市場参加者はクジラの動向を注意深く追跡し、適切なリスク管理をする必要があります。投資判断をする際には、市場の変動に対する警戒心が求められます。

クジラの動きの分析が重要な理由を分かりやすく解説

クジラの動きを分析することは、仮想通貨市場において極めて重要です。なぜなら、クジラは市場において大きな力を持ち、その取引によって市場全体に大きな影響を及ぼすことがあるからです。例えば、クジラたちの購入したビットコイン価格や売却タイミングは、市場の価格変動に大きな影響を与えます。彼らが大量に売却すれば価格は急落し、逆に大量に購入すれば価格は急騰します。そのため、クジラの動きを把握し、分析することは、将来の価格変動を予測する材料となります。

実際に、クジラたちがビットコインを保有する数量が減少すれば、価格は大きく下落する可能性があります。したがって、クジラの行動を事前に察知し、分析することは、仮想通貨市場での投資判断において極めて重要です。将来の価格変動を予測し、リスクを最小限に抑えるために、クジラに関する情報と分析は欠かせない要素と言えるでしょう。

クジラの動きを調べるアラートツール

ここではクジラの動きを調べるためのアラートツールを3つご紹介します。

Glassnode(グラスノード)

グラスノードは、仮想通貨市場におけるビットコインのオンチェーンデータを詳細に分析するプラットフォームです。クジラの数だけでなく、SOPR(Spent Output Profit Ratio)やS2F(Stock to Flow Ratio)など、テクニカル分析だけでは理解しきれない市場全体の動向に関するデータや情報を提供しています。

このプラットフォームは、トレーダーや投資家にとって、市場のトレンドや投資機会をより深く理解し、効果的な投資判断を支援する貴重なツールとなっています。ビットコインの価格変動だけでなく、ブロックチェーンネットワークの活動やクリプト市場の健全性に関する洞察を提供し、市場参加者に新たな洞察をもたらしています。

Whale Alert(ホエール・アラート)

ホエール・アラートは、仮想通貨市場においてデータ解析と洞察を提供するプラットフォームです。このプラットフォームは、ブロックチェーン上のトランザクションデータやウォレットの情報をリアルタイムで追跡し、仮想通貨市場の動向に関する価値ある情報を提供しています。また、ビットコインや他の主要な仮想通貨に関する多くの指標やメトリクスを提供し、トレーダーや投資家に市場の洞察を提供します。これにより、市場のトレンドやクジラの動向、供給と需要の変化などを把握し、より合理的な投資判断をするのに役立ちます。特に、クジラの取引に関する情報は市場全体に大きな影響を与える可能性があるため、ホエール・アラートのデータと洞察は仮想通貨市場でのトレードや投資を検討する際に貴重なツールとなっています。

WHALEMAP(ホエール・マップ)

ホエール・マップは、仮想通貨市場におけるクジラの売買動向を視覚的に表示するツールです。このマップでは、クジラが保有したまま取引をしているエリアを青い円で示しており、これを「クジラクラスター」と呼びます。

ホエール・アラートが個別のクジラの動向に焦点を当てているのに対し、ホエール・マップは複数のクジラの動きを一度に把握できるため、市場全体のクジラの活動をより総合的に理解するのに役立ちます。

クジラクラスターが形成される場所は、クジラたちが大量の仮想通貨を保有し、そこで取引をしていることを示唆しています。これは市場の重要なサポートや抵抗レベルとなることがあり、トレーダーや投資家にとって重要な情報源となっています。

仮想通貨のクジラについてのまとめ

ここまで仮想通貨のクジラについてお伝えしてきました。
仮想通貨のクジラの要点をまとめると以下の通りです。

  • 仮想通貨のクジラとは、ビットコイン市場などで大口投資家のこと
  • 大口投資家の増加は、ビットコイン市場におけるさまざまな影響をもたらす
  • クジラの動きを分析することは、仮想通貨市場において極めて重要

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら