カルダノ ¥67.58 -0.51%
ドージコイン ¥19.36 2.85%
トンコイン ¥1,144.84 0.87%
XRP ¥89.12 -1.35%
USDコイン ¥157.34 0.0055%
ソラナ ¥26,560.53 6.86%
BNB ¥91,690.44 2.20%
テザー ¥157.35 -0.0022%
イーサリアム ¥546,009.21 1.32%
ビットコイン ¥10,357,828.12 2.93%
カルダノ ¥67.58 -0.51%
ドージコイン ¥19.36 2.85%
トンコイン ¥1,144.84 0.87%
XRP ¥89.12 -1.35%
USDコイン ¥157.34 0.0055%
ソラナ ¥26,560.53 6.86%
BNB ¥91,690.44 2.20%
テザー ¥157.35 -0.0022%
イーサリアム ¥546,009.21 1.32%
ビットコイン ¥10,357,828.12 2.93%
カルダノ ¥67.58 -0.51%
ドージコイン ¥19.36 2.85%
トンコイン ¥1,144.84 0.87%
XRP ¥89.12 -1.35%
USDコイン ¥157.34 0.0055%
ソラナ ¥26,560.53 6.86%
BNB ¥91,690.44 2.20%
テザー ¥157.35 -0.0022%
イーサリアム ¥546,009.21 1.32%
ビットコイン ¥10,357,828.12 2.93%
カルダノ ¥67.58 -0.51%
ドージコイン ¥19.36 2.85%
トンコイン ¥1,144.84 0.87%
XRP ¥89.12 -1.35%
USDコイン ¥157.34 0.0055%
ソラナ ¥26,560.53 6.86%
BNB ¥91,690.44 2.20%
テザー ¥157.35 -0.0022%
イーサリアム ¥546,009.21 1.32%
ビットコイン ¥10,357,828.12 2.93%

Bybitで手数料負けしない方法!計算方法や他取引所との比較!

bybit 手数料負け Bybit

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

Bybitに興味があるけれど、手数料負けが気になって口座開設を戸惑っているという方もいるかもしれません。
手数料負けをよく知らないままでいると、Bybitの理想的な使い方ができない可能性もあります。

そこで今回Pacific Metaマガジンでは、以下の内容についてご紹介していきます。

  • 手数料負けとはなにか?
  • なぜ手数料負けしてしまうのか
  • 手数料負けを防ぐにはどうすれば良いのか?
  • 他の取引所との料金比較
  • Bybitの取引手数料の計算方法

またBybitのおすすめポイントもまとめているので、ぜひ参考にしてみてください。

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. OKCoinJapan【学生は取引手数料無料!】
    公式サイト: https://www.okcoin.jp/
  4. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

花音
花音
別に最後まで読んでほしいなんて思ってないんだからね!
スポンサーリンク

手数料負けとは?

手数料負けとは、取引して得た利益が手数料よりも低い状態のことです。
わかりやすくいうと利益が10万円に対して、手数料が12万円も掛かると、2万円マイナスになっているといえます。

手数料負けの対策をしたい場合は、どのような手数料が掛かるのかをチェックしておくことが大切です。
Bybitの主な手数料についてみていきましょう。

メイカー手数料

メイカー手数料とは、流動性を生み出す取引のことをいいます。
Bybitのメイカー手数料は、0.01%です。

指値注文のみで、次に紹介するテイカー手数料より常に安く設定されます。

テイカー手数料

テイカー手数料とは、流動性を奪う取引をいいます。
Bybitのテイカー手数料は、0.06%です。

取引方法は、成行注文か指値注文です。

資金調達料

資金調達料とは無期限先物契約で、ポジションを所有していると掛かります
ファンディング手数料とよばれることもあります。

出金・送金手数料

出金・送金手数料は、通貨を出金や送金する際に支払わないといけない手数料です。
また通貨を送金する際には、料金が掛かることが一般的です。

両替手数料

両替手数料とは、仮想通貨を別の仮想通貨に変えるときに必要な料金です。
別の通貨でしか取引できない場面で、両替することもあるでしょう。

決済手数料

Bybitでは、ポジションを手放すときにも手数料が必要です。
決済注文する際はチャートをしっかり確認して、手数料負けしないように注意が必要です。

入金手数料

取引所に日本円の資金を入れる際に、入金手数料が掛かる場合も少なくありません。
Bybitでの入金手数料は、無料です。

ただしクレジットカードを使うと手数料が求められるので注意が必要です。
クレジットカードを使わず入金する方で入金手数料が不要な取引所を探している場合は、Bybitの利用を検討してみてもいいでしょう。

マイニング手数料

マイニング手数料は、マイナーに支払う手数料のことです。
Bybitでは、マイニング手数料に必要な料金は0円です。

マイニング手数料が問題にならない取引所を探している方にも、Bybitをおすすめします。

スポンサーリンク

Bybitで手数料負けする要因とは?

Bybitで手数料負けする理由について詳しく確認していきましょう。
なぜ手数料負けするのかという基準を知っていると、回避できる可能性があがります。

手数料分以上の利益を得られていない

手数料分以上の利益を得られていないのに、決済注文をしてしまうことで手数料負けします。
値幅を取ることを意識した売り方が必要です。

いつも手数料負けしてしまう方は、取引のやり方を見直すことをおすすめします。

取引回数が嵩んでいる

取引回数が多いと、手数料負けすることが少なくありません。
Bybitでは、決済手数料、資金調達料などが必要です。

取引回数が少なければ、必要以上に手数料を取られる心配もいりません。
不必要な取引をしていないか、取引スタイル飲み直しが必要でしょう。

手数料の高い成行注文を多用している

Bybitでは成行手数料について往復で0.12%、指値手数料は往復0.02%です。
成行注文が多いと、その分手数料が必要です。

取引を見直して、指値設定で注文することをおすすめします。

スポンサーリンク

Bybitで手数料負けを防ぐポイント

Bybitで手数料負けを防ぐポイントをみていきましょう。
今後の取引の目安にしてみてください。

取引回数を抑える

取引回数を抑えることは、手数料負けを防ぐ効果が期待できます。
ついチャートを見て取引をしてしまうという方は、テストのデモ口座を利用して自分の利益と取引回数の平均や推移を調べてみてください。

ここぞというときに取引できるように、チャートの見方を勉強しておくこともおすすめです。
利益が出るタイミングで取引できるようになれば、大きな利益を手にすることも夢ではありません。

発生する手数料を計算する

手数料の調べ方を知って計算しておくと、手数料負けを防ぐことができるでしょう。
一例として取引手数料の計算式をご紹介すると、以下のような計算式になります。

  • 取引手数料 = 注文価格 × 取引手数料率
  • 注文価格 = 数量 ÷ 執行価格

例えば成行注文で10,000BTC/USDを注文するとします。
10,000÷8,000×0.075% =0.0009375BTCです。

あらかじめ計算し、注文をキャンセルするか続行するか決めると良いでしょう。

手数料の安い指値注文を中心にする

成行注文は、指値注文よりも手数料が高く設定されています。
なるべく手数料の安い指値注文をメインで取引すれば、手数料負けする機会も減っていくものです。

またメイカー手数料に該当する指値注文は、手数料を受け取れる場合もあります。
人気の通貨ほど手数料が高くなるので、うまく指値注文を利用すると良いでしょう。

Post-Onlyオプションを設定する

Post-Onlyオプションとは、指値注文が確実に実行されること、少額の手数料の支払いで済むことを保障した制度です。
設定しておけば、予期せぬテイカー手数料の支払いを防ぐ効果が期待できます。

市場が不安定なときにもメリットが大きい反面、ストップ注文が無効になる、条件付き注文がうまくいかないというデメリットもあります。

メリットとデメリットをうまく見極めて、設定すると良いでしょう。

資金調達料を見極める

資金調達料は、相場によって異なります。
相場の流れを観察して、見極めることが大切です。

例えば上昇相場ではロングポジションを所有していると手数料を支払いますが、下落相場ではロングポジションを所有していると手数料がもらえます。

ポジションを立てる際には、資金調達料についても考慮すると良いでしょう。

Bybitの資金調達率についてはこちらで紹介しています!

BYBITの資金調達率は?手数料割合や計算式は?

デルタニュートラル戦略を活用する

デルタニュートラル戦略とは、資金調達率をうまく使って稼ぐ投資方法です。
具体的には、現物の仮想通貨の所有料と同じ仮想通貨をショートで購入するというものです。

価格が変動しても損が出にくく、仮想通貨が上昇相場であれば資金調達率がもらえます。
低リスクで初心者にも人気の手法です。

注意点としては下落相場に入ると、反対に資金調達料を支払う必要があります。
相場をうまく見極めて、対策してみてください。

CoinBackを利用する

CoinBackとは、仮想通貨取引所のアフィリエイト報酬をキャッシュバックしているサービスです。
取引量に応じてキャッシュバックがあるので、手数料負け分を補う効果が期待できます。

利用にはCoinBack経由でBybitの口座開設を行い、UIDを紐付けてみてください。
気軽に利用できるので、うまく活用してみましょう。

割引キャンペーンを利用する

Bybitでは、頻繁に割引キャンペーンが実施されています。
その際に手数料負けを補える可能性があるので、割引キャンペーンが実施されていないか確認してみてください。

キャッシュバッグや仮想通貨がもらえるキャンペーンを使い、利益を伸ばしてみてください。

スポンサーリンク

Bybitは手数料負けしやすい?他の取引所との料金比較

Bybitは手数料負けしやすいのか、他の取引場と料金を比較してみました。

国内取引所との比較

取引手数料 出金手数料 資金調達料
Bybit Maker:-0.025%
Taker:0.075%
無料 市場の相場に応じて変動
Coincheck 無料 407円 なし
bitFlyer 販売所:無料
取引所0.01~0.15%
220円~770円 なし
DMM Bitcoin 無料 無料 なし
GMOコイン 販売所:無料
取引所:Maker-0.03%~-0.01%
Taker0.05%~0.09%
無料 なし

Bybitは国内の取引場と比較しても、遜色のない手数料の安さです。
手数料だけで考えても、Bybitは魅力的といえるでしょう。

手数料負けを起こしやすい環境とはいえません。
海外の取引場に不安を感じている方も、うまく活用してみることをおすすめします。

海外取引所との比較

取引手数料 出金手数料 資金調達料
Bybit Maker:-0.025%
Taker:0.075%
無料 市場の相場に応じて変動
BitMEX Maker:-0.025%
Taker:0.075%
無料 市場の相場に応じて変動
Bitfinex Maker:-0〜0.1% (通常0.1%からの変動制で$7,500,000以上の取引実績で0%)
Taker手数料:- 0.055〜0.2%
仮想通貨により異なる 市場の相場に応じて変動
BINANCE 無料 無料 市場の相場に応じて変動
KuCoin Maker:0.1%
Taker:0.1%
無料 市場の相場に応じて変動

海外のと比較しても、とくにBybitだけが手数料負けする心配はありません
手数料負けしない工夫をすれば、Bybitで十分利益が出せるでしょう。

Bybitの利用を検討している方は、使い勝手の良さや最大限の利益が出せる使い方ができるかなどで判断するといいでしょう。
Bybitは日本語にも対応している海外取引場で、使い勝手の良さも抜群です。

口座開設は無料でできるので、興味があればまず使ってみて手数料負けするかどうか判断してみることをおすすめします。

Bybitの手数料についてさらに詳しく解説している記事はこちらです!

BYBITの手数料は?取引入金/出金/両替/決済/資金調達、全て解説!
スポンサーリンク

Bybitの取引手数料の計算方法

Bybitの取引手数料の計算方法をみていきましょう。

  • メイカー手数料の計算式:現物取引・注文ときの銘柄の価格×注文数量×手数料、デリバティブ取引・注文価格×注文数量×-0.025%
  • メイカー手数料の計算式:現物取引・注文ときの銘柄の価格×注文数量×0.1%、デリバティブ取引・注文価格×注文数量×0.075%
  • 決済手数料:注文数量÷平均インデックス価格×0.075%
  • 資金調達率の手数料:注文数量÷資金調達発生ときの価格×資金調達率

覚えておくと手数料負けを防げるので、参考にしてみてください。
概算を計算するだけでも、手数料負けについて考えるきっかけになるでしょう。

スポンサーリンク

仮想通貨取引なら手数料負けしにくいBybit

仮想通貨取引場を探しているなら、手数料負けしにくいBybitがおすすめです。
Bybitは他の取引場と比較して、手数料が低い水準にあります。

Post-Onlyオプションをはじめとする手数料負けしにくい工夫もされているので、手数料負けを気にしてBybitの利用をためらうことはありません。
さらにBybitは日本語に対応しているうえ、24時間の問い合わせが可能です。

手数料について不明点がある、取引が反映されていない、年末調整や納税の仕方がわからないときにも安心して利用できるでしょう。
日本人のユーザーも多いので、海外取引場デビューにもぴったりです。

スマホアプリもあるので、隙間時間に取引することも可能です。
本人確認をすれば、今すぐ取引が始められるスピード感も魅力的でしょう。

さらに最大100倍レバレッジで大きな利益が狙える反面、追証がないという国内取引場では考えられないメリットもあります。
注文も通りやすいと話題で、今使っている取引場に不満があるという方にもおすすめです。

またメイカー報酬をポジション損益に関わらず獲得することも可能なので、手数料負け分を補える効果も期待できるでしょう。
取引画面も見やすいので、取引も簡単にできます。

世界ランキングでも人気の高いBybitは、信頼性やセキュリティの高さでも知られています。
相互保険もあり、大きな変動があった場合にも安心して利用できるでしょう。

クレジットカードで簡単に入金できるところも魅力的といえるでしょう。
暗号通貨の両替も簡単で、必要なときに別の通貨に変えることも可能です。

初めて仮想通貨の取引をする方や中級者・上級者の方も満足できるでしょう。
口座登録は簡単にできるので、この機会に口座を開設してみてください。

スポンサーリンク

Bybitの手数料負けについてのまとめ

今回Pacific Metaマガジンでは、Bybitの手数料負について以下のことを紹介しました。

  • 手数料負けとは利益よりも手数料の方が高い状態のこと
  • Bybitには手数料が掛かる取引がある
  • 取引回数を減らしたり、注文方法を変えたりすると手数料負けを防ぐ効果がある
  • Bybitは手数料負けしやすい取引所とはいえない
  • Bybitの手数料の計算は簡単

仮想通貨の取引場を利用すると、手数料負けを意識した取引が必要です。
Bybitでは手数料負けする要因を知っておけば、手数料負けせずに利益を伸ばすこともできるでしょう。

さっそく取引してみたいという方は、今すぐBybitの口座を開設してみてください。
手数料負けを気にしながらも、自分が望む利益を追求してみましょう。

花音
花音
最後まで読んでくれてうれしいなんて思ってないんだから!

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

Bybit
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア