Bybitでのイーサリアムの買い方!注意点は?入金方法も解説!

bybit イーサリアム

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

Bybitは海外の仮想通貨取引所で、日本語にも対応していることから日本でも人気で利用している方も多いのではないでしょうか。

2022年10月時点でBybitは期間限定の手数料無料キャンペーンを行うなど、注目を集めています。

今回LudusではそんなBybitとイーサリアムについて以下の内容でご紹介していきます。

  • イーサリアムの特徴について
  • Bybitでイーサリアムは購入する際のやり方
  • Bybitでイーサリアムを利用する際に注意すること
そのほか、仮想通貨のマイニングについても紹介していきます。
おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. OKCoinJapan【学生は取引手数料無料!】
    公式サイト: https://www.okcoin.jp/
  4. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

YATARO
YATARO
Bybitの始め方もわかりやすく解決するで!

イーサリアム(ETH)とは

そもそもイーサリアムとはなんなのでしょうか。

仮想通貨に触れたことがある方ならば聞いたことがあるかもしれません。

続いてはイーサリアムの特徴について見ていきます。

暗号資産イーサリアムの特徴

イーサリアムはスマートコントラクト機能が備わったプラットフォームの名称です。

ETHと略され、人気の高い仮想通貨の一つです。

送金速度が速い

暗号資産を送金した際、受け取る側にタイムラグが生じすぐに受け取ることができないというのが一般的です。

しかし、イーサリアムでは数十秒程度での送金が可能で送金側、受け取る側にストレスがかからないという特徴を持っています。

スマートコントラクト機能

スマートコントラクト機能とはブロックチェーン上で行う契約のことで実際に取引が可能です。

契約が自動化されることによってスムーズな契約や人の手によるミスを防ぐことができるようになりました。

NFTと相性が良い

NFTは非代替性のトークンであるのに対し、イーサリアムは代替性のトークンです。

そんなNFTとイーサリアムは相性が良く、実際にNFTの取引はイーサリアムが行われることが大半です。

NFTの台頭により、プラットフォームとしてイーサリアムの評価も高まっています。

Bybitで取引できるイーサリアムコインの種類

Bybitでは以下の3つのイーサリアムコインが取引できます。

  • イーサ
  • イーサリアムクラシック
  • イーサリアムPow

それぞれ見ていきましょう。

イーサ(ETH)

イーサリアムで使われる仮想通貨のことをイーサETH)と呼びます。

日本ではプラットフォームの意味があるイーサリアムと仮想通貨の意味があるイーサをどちらもイーサリアムと呼ぶのが一般的です。

イーサリアムクラシック(ETC)

イーサリアムクラシックはスマートコントラクト機能搭載の分散型プラットで、イーサリアムから分裂した仮想通貨です。

イーサリアムと比べて保守的に実行されるという特徴を持っています。

イーサリアムPow(ETHW)

イーサリアムPoWPowとはProof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)の頭文字を取ったもので、マイニング方式のことを指します。

PoWは暗号資産の取引時、最も早くその処理を行なった人に対して報酬が発生する仕組みです。

イーサリアムのハードフォークとは

ハードフォークとはブロックチェーンが分離することを指し、ハードフォークが起こることで仮想通貨の価値に影響が現れます。

そんなハードフォークはイーサリアムでも起こっています。

続いてはそんなイーサリアムで起こったハードフォークについて見ていきましょう。

【ハードフォーク】アップデートによるコインの分裂

ハードフォークには2種類ありソフトフォークとハードフォークです。

このハードフォークには純粋なアップデートからコインの分裂を伴うものやアルトコインの生成に行われるものと3種類あります。

コインの分裂が行われると元の通貨と新しい通貨の二つに分かれてしまいます。

THE DAO事件によりイーサリアムクラシックが誕生

2016年にThe DAO経由でイーサリアムがハッキングされる事件が起こりました。

これの対応策としてイーサリアムはハードフォークを実施しましたが、ハードフォークを反対する人々によって内部分裂が生じたのです。

この事件をきっかけにハードフォークを受け入れなかった仮想通貨であるイーサリアムクラシックが誕生しました。

「マージ(The Merge)」によりイーサリアムPowが誕生

イーサリアムのアップグデートによるマージThe Merge)によってイーサリアムPoWが誕生しました。

PoWはマイニング方式のことで高いスペックのパソコンを使用できる人が有利になります。

莫大な電力が必要なPoWを問題視する声も上がっています。

Bybitでイーサリアムを買う方法は2つ

Bybitでイーサリアムを購入する手段は2つあります。

続いてはBybitでイーサリアムを購入する方法について見ていきましょう。

①クレジットカードで購入する

Bybitではクレジットカードを使用してお手軽にイーサリアムを購入することができます。クレジットカードで購入するメリットとデメリットは以下の通りです。

【メリット】素早く簡単に購入できる

クレジットカードならばいつでもどこでも使用ができるため、素早く簡単に購入することが可能です。

実質的に日本円での購入ができるため、取引所で仮想通貨を購入後、Bybitに入金する手間が省け、手間もかからないでしょう。

【デメリット】入金手数料がかかる

クレジットカードで購入する最大のデメリットは入金手数料がかかるということでしょう。

サービスプロパイダによっては5%近く手数料を取られるので、決して安いとはいえません。

Bybitのクレジットカード入金については以下の記事で詳しく紹介しています! https://pacific-meta.co.jp/magazine/blockchain-game/bybit/121195/

②暗号資産取引でイーサリアム以外のコイン(USDT)と交換する

一度取引所でイーサリアム以外のコインと交換してから入金する方法です。

こちらもメリットとデメリットがあるので確認していきましょう。

【メリット】クレジット入金より安く買える

取引所を経由することによって、クレジット入金よりも手数料がかからないので、安く購入できるというメリットがあります。

ほかにも入金の反映が早いなどのメリットがあり、Bybitを利用する人にとって主流の入金方法となっています。

【デメリット】コインの準備と取引に手間がかかる

一度取引所でコインを準備する必要があるため、クレジットカードよりも手間がかかります。

最初はハードルが高いと感じるかもしれませんが、メリットも大きいのでぜひ挑戦してみましょう。

Bybitでイーサリアムを買う手順

続いてはBybitでイーサリアムを購入する手順について紹介していきます。

クレジットカードと取引所で交換する方法の2つを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

YATARO
YATARO
スマホからも購入できるで!

クレジットカードで購入する場合

まずはクレジットカードで購入するする場合について見ていきます。

①Bybitに口座登録

まずはBybit口座を登録する必要があります。

公式サイトにて必要情報を入力後、メールアドレス認証を行えば登録は完了です。

入力した情報はログインに必要になるので、忘れずメモしておきましょう。

②「暗号資産を購入」→「ワンクリック購入」

口座が登録できたらトップページから「暗号資産を購入」へ進みます。

直後に出てくる取引方法の選択で「ワンクリック購入」を選択。

最後に決済方法でCredit Cardを選択しカード情報を入力し、内容を確認して決済が完了です。

暗号資産取引で交換する場合

続いては暗号資産取引で交換する場合について見ていきましょう。

①Bybitに口座登録

クレジットカードのときと同様にBybitのトップページから口座を登録します。

必要情報を入力後、メールアドレス認証を行えばOKです。

②仮想通貨を入金

Bybitは海外の取引所なので、まずは国内取引所で仮想通貨を購入します。

そして、購入した仮想通貨をBybitに入金しましょう。

③現物・デリバティブ取引で交換

Bybitにはレバレッジ取引などさまざまな取引があり、その中から現実・デリバティブ取引で交換します。

入金する通貨を選択し、入金を確定しましょう。

Bybitでイーサリアムを扱うときの注意点

仮想通貨にはリスクがつきものというのは皆さん理解しているでしょう。

続いてはBybitでイーサリアムを扱うときの注意点について見ていきます。

イーサリアム取引の通貨ペアはテザー(USDT)のみ

Bybitが取り扱っている通貨は現時点で200種類以上とかなり豊富です。

しかし、Bybitで取り扱われる通貨は取引ごとに異なりイーサリアム取引の場合はテザーUSDT)のみとなっているので注意が必要です。

入金するときETHスマートコントラクトを使用しない

イーサリアムの入金は直接送金にしか対応しておらず、スマートコントラクトアドレスは使用できません。

ETHスマートコントラクトアドレスに入金するとイーサリアムが消失してしまうので注意が必要です。

暗号資産取引でイーサリアムを手に入れたいならBybitがおすすめ

数多く存在する暗号資産取引所の中からイーサリアムを手に入れたいならBybitがおすすめです。

海外取引所で取引する際にネックになるのが言語の壁ではないでしょうか。

しかし、Bybitでは日本語に完全対応しているので、入出金など安心して取引することが可能です。

そのほか、UIがわかりやすく初心者でも扱いやすい画面になっています。

クレジットカードで仮想通貨を購入できるなど、初心者にとって敷居が高くなく始めやすいでしょう。

Bybitの登録も簡単ですぐ終わるので、どこの取引所を利用しようか悩んでいるという方はぜひBybitで仮想通貨を初めてみるのもおすすめします。

Pow/Posとは

仮想通貨を理解するにはマイニングの知識は重要です。

続いてはマイニングの仕組みであるPoWPoSの違いを比較しながら紹介していきます。

マイニング承認のアルゴリズム

PoWPoSマイニング承認のアルゴリズムです。

マイニングは採掘という意味であり、マイニングを行う方はブロックチェーンを新たに生成するために承認作業を行なっていきます。

この承認作業の見返りとして仮想通貨を受け取るという仕組みです。

Pow(Proof of work)

PoWはざっくりいうとより多くの承認作業を行なっている人に報酬を与えるという仕組みになっています。

そのため、能力の高いパソコンを使用できる人に報酬が集中してしまうという問題点が度々指摘されてきました。

Pos(Proof of Stake)

PoSはコインの保有量や期間によって報酬が決まるコインエイジという仕組みを導入しています。

PoWと比べるとPoSの方が個人でマイニングに参加するハードルは低くなるでしょう。

9月の大型アップデートによりイーサリアムはPosに移行

20229月にイーサリアムは大型アップデートを行い現行のPoWのシステムからPoSへと移行しました。

ブロックチェーンでのエネルギー消費を99.9%削減するといわれているこの方式への移行はイーサリアムをさらに発展させるとして期待がされています。

Bybitのマイニング手数料についてはこちらの記事で紹介しています! https://pacific-meta.co.jp/magazine/blockchain-game/bybit/97489/

Bybitにおけるイーサリアムの買い方についてまとめ

今回LudusではBybitにおけるイーサリアムの買い方について紹介してきました。

最後に本記事の内容をまとめてみましょう。

  • イーサリアムとはスマートコントラクト機能が備わったプラットフォームの名称
  • Bybitでイーサリアムを購入するにはクレジットカードと暗号資産取引でコインと交換する2つの方法がある
  • Bybitは日本語対応でUIも使いやすいため日本人や初心者におすすめ

Bybitではクレジットカードでイーサリアムを購入できることがわかりましたね。

仮想通貨といえばリスクがあり、なかなかとっつきづらいイメージがあるかもしれません。

しかし、Bybitなら手軽に仮想通貨取引を始められるので興味のある方はぜひBybitから始めてみてはいかがですか?

YATARO
YATARO
最後まで見てくれてありがとうなー!

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. OKCoinJapan【学生は取引手数料無料!】
    公式サイト: https://www.okcoin.jp/
  4. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

簡単なWeb3事業診断も行っております。(初回相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら