カルダノ ¥60.59 -2.73%
トンコイン ¥1,021.56 -2.46%
ドージコイン ¥18.98 -4.27%
XRP ¥92.78 1.53%
USDコイン ¥152.80 -0.0004%
ソラナ ¥26,761.92 1.98%
BNB ¥85,559.28 -3.91%
テザー ¥152.80 -0.01%
イーサリアム ¥490,628.26 -6.80%
ビットコイン ¥9,835,839.73 -1.94%
カルダノ ¥60.59 -2.73%
トンコイン ¥1,021.56 -2.46%
ドージコイン ¥18.98 -4.27%
XRP ¥92.78 1.53%
USDコイン ¥152.80 -0.0004%
ソラナ ¥26,761.92 1.98%
BNB ¥85,559.28 -3.91%
テザー ¥152.80 -0.01%
イーサリアム ¥490,628.26 -6.80%
ビットコイン ¥9,835,839.73 -1.94%
カルダノ ¥60.59 -2.73%
トンコイン ¥1,021.56 -2.46%
ドージコイン ¥18.98 -4.27%
XRP ¥92.78 1.53%
USDコイン ¥152.80 -0.0004%
ソラナ ¥26,761.92 1.98%
BNB ¥85,559.28 -3.91%
テザー ¥152.80 -0.01%
イーサリアム ¥490,628.26 -6.80%
ビットコイン ¥9,835,839.73 -1.94%
カルダノ ¥60.59 -2.73%
トンコイン ¥1,021.56 -2.46%
ドージコイン ¥18.98 -4.27%
XRP ¥92.78 1.53%
USDコイン ¥152.80 -0.0004%
ソラナ ¥26,761.92 1.98%
BNB ¥85,559.28 -3.91%
テザー ¥152.80 -0.01%
イーサリアム ¥490,628.26 -6.80%
ビットコイン ¥9,835,839.73 -1.94%

NFTアートとは?初心者向けにわかりやすく解説!

NFT

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

アートや最先端のテクノロジーに興味のある方は、NFTという用語をよく耳にするかと思います。
いま、NFTアートが大きな注目を集めていますが、NFTとは一体どのような意味なのでしょうか。
そしてNFTアートとはどのようなアートなのでしょうか。

今回Pacific Meta マガジンでは、NFTアートについて以下をわかりやすく解説します。

  • NFTアートの仕組み
  • NFTは危ない?
  • NFTと従来のアートとの違い
  • NFTアートの使い道
  • 話題のNFT作品
  • NFTアートの作り方
  • NFTアートの買い方と売り方
スポンサーリンク

NFTアートの仕組み

NFTは、ブロックチェーン技術で独自性や所有権が保証されたデジタル資産(トークン)のことでです。

NFTアートとは、NFTを活用することで権利所有者を証明することが可能なアート作品(絵や音楽など)のことを指します。

NFTアートのNFTとは

NFTは、「Non-Fungible Token(非代替トークン)」の略称です。
トークンとは、デジタルな資産を表すものであり、一般的にはブロックチェーン上で発行されます。

「代替可能(Fungible)」とは、交換可能であることを指します。
たとえば、ビットコインやイーサリアムのような仮想通貨は、同じ単位のもの同士は交換可能です。

一方、NFTは非代替性を持つトークンです。
つまり、それぞれのトークンはユニークであり、他のトークンとは区別されます。
NFTは特定のデジタルアセット(例:アート作品、音楽、動画、仮想世界のアイテムなど)を表し、そのデジタルアセットの独自性や所有権を保証します。

※作品の著作権は作者保有のもので、NFTで保証可能なものは所有権になります。

NFTアートは危ないか?

NFTについて、ただの画像データに価値が付くなんて「怪しい」、偽物が出回っているしNFTは「やばい」「買ったけど売れない」「ゴミだ」というようなことを聞くことがあります。
NFTは本当に危ないのでしょうか?

NFTの画像はブロックチェーン、そしてスマートコントラクトの技術が用いられているため、デジタルアセットに独自の価値を持たせることができます。
そのため、「ただの画像」ではなく、偽物を見分けることもできます。
価格の変動もあるかもしれませんが、需要と供給のバランスや評価によって価格は決まります。

最近では企業の参入や生活への浸透を経て、NFTの認知度はますます高まっています。
新しい技術には否定的な意見が出るのは当然です。
もし不安があれば、インセンティブやゲームのアイテムとしての無料NFTもありますし、少額でリスクを抑えたやり方で始めるのがよいかもしれません。

スポンサーリンク

NFTアートと従来のアートとの違いは

それでは、従来のアートとNFTアートはどのように違うのか解説していきます。

従来のアートやデジタルアートとの違いは?

希少性と所有権の確立

通常のデジタルアートは容易にコピーが作成でき、所有権や希少性が明確に確立されません。
一方、NFTアートは不可逆的な鑑定書であり、その作品が唯一であることを保証します。

NFTはブロックチェーン上に記録され、所有者や売買の履歴が追跡可能です。

アーティストの収益化とロイヤリティ

NFTアートでは、アーティストは作品の初回販売時に設定したロイヤリティ(作品が二次流通した時等の還元される手数料報酬、販売サイトで設定)を受け取ることができます。
作品が転売二次創作されるたびに、アーティストはその取引から一定の割合の利益を得ることができます。
これにより、アーティストは長期的な収益化が可能になります。

オンラインコミュニティと相互作用

NFTアートはオンラインで取引や所有が行われるため、アーティストとコレクター、ファンとの間で継続的なコミュニケーションや相互作用が生まれます。
ソーシャルメディアやディスコードなどのプラットフォームを通じて、NFT所有者同士やアーティストとの交流が活発に行われます。

評価の基準とアートの形式

伝統的なアート市場では、美術館やギャラリーの評価や収蔵が重要な要素でしたが、NFTアートではコミュニティの関与が重視されます。
NFTアートは個々の作品だけでなく、コレクションや連携した作品群(コレクティブ作品)の価値が高まる傾向があります。
また、デジタルフォーマットを活かしたインタラクティブな要素やアニメーションなどがより一般的です。

これらの要素により、NFTアートはデジタルアートの新たな形態として注目され、有名、無名に関わらず、アーティストやコレクターに新たな可能性をもたらしています。

NFTアートの使い道は?

NFTアートは、下記の使い道によって従来のアートとは異なる新たな価値や体験を提供しています。

  • 投資や資産としての保有
  • コレクション
  • アーティストのサポート
  • ライセンスや利用権の確保(コミュニティへの参加権、イベントチケットなど)
  • ソーシャルメディアやオンラインプラットフォームでのアピール(SNSのアイコンやメタバース内での展示など)
  • メタバース内での経済活動

個人やコミュニティのニーズや目的に応じて、NFTアートを活用する方法が多様化しています。

スポンサーリンク

話題のNFTアート作品

話題のNFTアート作品をまとめてみましたので解説していきます。

日本人小学生のアート事例

2021年、小学3年生(9歳)の「Zombie Zoo Keeper(ゾンビ飼育員)」くんが夏休みの自由研究でNFTアートを制作し、それが約80万円で取引される驚異的な成功を収めました。
彼の作品は有名イラストレーターやツイッター、Youtubeのインフルエンサーにも購入され、NFTの特徴である転売もあり、彼の作品は最高で1NFTが18ETH(約700万円)で取引されました。
彼はNFTブームの立役者の一人となり、月間取引高は34億ドル(約3700億円)を突破するなど、当時大きな注目を浴びました。

ten more ETH to reach 100 trade vol… 😳 wow thanks zoo gang…あと10ETHでトレードボリューム100に到達…わぉ ありがとう zoo gang…)

引用:Twitter

Beeple『Everydays: the First 5000 Days』

『EVERYDAYS: THE FIRST 5000 DAYS』は、米国のデジタルアーティストBeeple(ビープル)氏が、2007年から13年半の歳月をかけて制作した5000枚の作品をコラージュしたデジタルアートです。
この作品は2021年にNFTとしてクリスティーズのオンラインオークションに出品され、約6,900万ドル(約75億円)の驚異的な価格で落札され、この数字は現存アーティストのオークション記録第3位となり、デジタルアート作品の過去最高額、オンラインでの落札価格の過去最高額を記録しました。

EVERYDAYS: THE FIRST 5000 DAYS』は、NFT市場の注目を集めるきっかけとなり、ビープル氏の作品は現代アート界で大きな話題となりました。

引用:CHRISTIE’S

CryptoPunks

CryptoPunksは、米国のソフトウェア開発者Larva Labsが発行したNFTのデジタルアートコレクションです。
この10,000個のユニークなピクセルアートキャラクターのコレクションは、アルゴリズムで生成された24×24の8bitスタイルのアバターで、それぞれが異なる外見や特徴を持っています。
CryptoPunksは2017年に発表され、NFT市場の火付け役となりました。

最高取引額は、20215月において約7,600ETH(約345億円)に達し、NFT市場での注目度を高めました。

引用:CHRISTIE’S

せきぐちあいみ『Alternate dimension 幻想絢爛』

20213月、国内外で活躍するVR空間に3Dのアートを描くアーティストのせきぐちあいみ氏の作品『Alternate dimension 幻想絢爛』が、オークションにて約1300万円の値を付け落札されたことが大きな話題になりました。

こちらのNFTArt…なんと日本円で約1300万円で落札頂きました…!正直まだ実感が無いのですがとても嬉しく、驚いております…! VRアートの新たな可能性が始まる記念すべき日となりました…!!ありがとうございます!!!!!!

引用:Twitter

引用:OpenSea
スポンサーリンク

NFTアートの作り方は?

それでは、NFTアートはどのように作るのでしょうか。
ここでは作り方や始め方を簡単に解説します。

アートを作成する

絵画、写真、デジタルイラストやロゴ、音楽など、自分の好きなジャンルを選び作成します。

アートをデジタル化する

アナログアート(絵画やイラスト、彫刻)をスキャンするか、デジタルツール(Adobe PhotoshopProcreateなど)を使用してデジタルアートを作成し、JPGなどのデータにデジタル化します。
音楽の場合も、音声録音ソフトウェアを使用してアナログ音源をデジタル化します。

デジタルアートをNFT化する

①NFTマーケットプレイスにログインし、作品の詳細、画像、価格を指定してデジタル化したアートをアップロードします。
②自分の作品をアップロードしたら、詳細情報を入力(タイトル、説明、作成年など)します。
③作品を載せるチェーンを選択し、所有権情報やロイヤリティ設定(作品が二次流通した時の還元される手数料報酬)など、作品の詳細設定を行います。

スポンサーリンク

NFTアートの買い方と売り方

次に、NFTの買い方と売り方を説明します。

仮想通貨ウォレットを作る

NFT取引には仮想通貨を使用するため、MetamaskTrust Walletなどのウォレットアプリをダウンロードし、アカウントを作成します。
ガス代(手数料)もウォレットに入れておきます。

NFTマーケットプレイスのアカウントを作成

  1. NFTマーケットプレイス(OpenSea、Rarible、SuperRareなど)にアクセスします。
  2. プロフィール情報やウォレットアドレスなど取引に必要な情報を入力し、アカウントを作成します。

自分の作ったアート作品をアップロード(売る場合)

  1. NFTマーケットプレイスにログインします。
  2. 作品の詳細、画像、価格を指定してデジタル化したアートをアップロードし、詳細情報を入力(タイトル、説明、サイズ、作成年、いくらで販売するのかなど)します。
  3. 作品を載せるチェーンを選択し、所有権情報やロイヤリティ設定(作品が二次流通した時の還元される手数料報酬)など、作品の詳細設定を行います。
  4. 値段をつけて販売(リスト)します。

買いたいNFTアートを選ぶ(買う場合)

  1. NFTマーケットプレイスで探し、気に入った作品を選択します。
  2. 詳細情報、画像、価格を確認し、購入手続きを進めます。
  3. 仮想通貨を使用して支払いをし、NFTを自分のウォレットに受け取ります。

以上がNFTアートの作成方法と買い方・売り方の基本的な手順です。
それぞれのステップには詳細な手続きやプラットフォーム固有のルールが存在する場合がありますので、個別のプラットフォームのガイドラインに従うことも重要です。

スポンサーリンク

NFTのアートについてのまとめ

今回Pacific Meta マガジンは、Web3.0の領域でもあるNFTアートについて解説してきました。

いかがだったでしょうか。

最後に、記事の要点をおさらいしましょう。

  • NFTアートとは、NFTを用いた権利所有者が証明可能なアート作品のこと
  • NFTアートは、イラスト、写真、動画、音楽、3Dモデルなどの様々な形式のデジタルコンテンツが対象
  • NFTアートは、有名無名に関わらず、アーティストやコレクターに新たな収益機会や作品の流通方法、楽しみ方を提供している
  • NFTアートは、投資対象の他、オンラインプラットフォームでのコミュニケーションツールや、イベントへの参加権など、様々な用途に使用可能
  • 現代アート界で大きな話題となったNFTアート作品の事例
  • NFTアートの作成方法と買い方・売り方

NFTアートは、アイディア次第で様々な方法で活用することが可能です。
NFTアートは、アート市場に革新をもたらし、アートの概念や価値観を再定義する可能性を秘めています。

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. OKCoinJapan【学生は取引手数料無料!】
    公式サイト: https://www.okcoin.jp/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

NFT
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア