NFTの将来性は?知っておくべきNFTの利点や注意点を解説!

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています

NFT(Non Fungible Token=非代替性トークン)は、デジタルアセットの新しい形態として注目されています。その将来性については多くの議論が交わされており、一部は革命的な技術としてのポテンシャルを見ています。一方で、NFT投資にはリスクも伴います。

本記事ではNFTの将来性について以下の点を中心にご紹介します。

  • NFTのメリット・デメリット
  • NFTで将来性が期待できる市場や分野
  • NFTの将来を明るくするには

NFTの将来性について理解するためにもご参考いただけますと幸いです。ぜひ最後までお読みください。

NFTの基礎知識

NFTは、近年のテクノロジーとアートの世界で注目を集めています。
NFTとは「Non Fungible Token(ノンファンジブル・トークン)」の略で、日本語で「非代替性トークン」という意味を持ちます。これは、各NFTには1つとして同じものが存在しないという特性を指します。例えば、絵の原画や直筆サイン入りの本などは、非代替性のアイテムと言えます。
一方、お金や市販品には代替性があります。

NFTはブロックチェーン技術を使用して、デジタルアイテムの所有権を証明する「証明書」のようなものとして機能します。この技術により、デジタルアートやゲーム内のアイテム、音楽などのデジタル資産の所有者を明確にできるようになりました。

しかし、NFTの普及とともに、法的な整備の不足や環境への影響などの課題も指摘されています。
今後、これらの課題をどのように克服していくのか、NFTの未来は注目される分野となっています。

数字で見るNFTの将来性

1つ1つの作品に資産的価値が生じるNFTですが、将来性はどうでしょうか。
NFT市場の規模や取引金額、ウォレット数などの指標から見てみましょう。

NFT市場規模の将来性

NFTは、2020年代に入ってから急速に注目を集め、2021年には更に関心を集めるようになりました。その背景には、デジタルアーティストBeepleによる『EVERYDAYS:THE FIRST 5000 DAYS』のNFTが、クリスティーズで6,935万ドルで落札されるなど、高額取引の事例があります。

2021年のNFTの世界全体での取引金額は176.9億ドルに達し、前年の8,250万ドルから215倍の成長を遂げました。この成長度合いは、NFTの市場規模が今後も拡大する可能性を示唆していると考えられます。

このような成長の背景には、デジタルアートやゲーム内アイテム、音楽など、さまざまな分野でNFTの活用が進んでいることが挙げられます。

取引金額やウォレット数から見た成長度合い

NFTの成長度合いを示す指標として、取引金額やアクティブウォレット数が挙げられます。2021年のアクティブウォレット数(少なくとも1回以上、NFT売買を行ったウォレットの数)も、2020年の8.9万から2021年には257.4万へと大幅に増加しています。これは、NFTへの関心が高まり、多くの人々がNFTの取引を行うようになったことを示しています。

さらにNFTの平均価格も、2020年の49.2ドルから、2021年には807.5ドルに上昇しました。これはNFTの価値が市場で評価されていると読み取れます。

これらのデータから、NFT市場の将来性は期待できると予想されます。

NFTのメリット

NFTは、ブロックチェーン技術を基盤とした、デジタルコンテンツの希少性や所有権を証明するためのトークンです。
以下で、NFTの主なメリットを紹介します。

希少性が高くなる

NFTのメリットの1つとして、デジタル資産の希少性を担保できる点が挙げられます。例えば、有名な絵画がオークションで高額落札されるように、世界に一つしかないものはそれだけで価値が生まれます。

デジタル資産も同様で、作品をコピーしたとしても、NFTがあればオリジナルかどうかすぐに判別でき、その価値が保証されます。

簡単に作成や販売ができる

NFTは、特定のプラットフォームやマーケットプレイスを利用することで、簡単に作成や販売ができます。これにより、アーティストやクリエイターは、自らの作品を直接消費者に提供でき、中間業者を介さずに収益を得られます。
また、NFTの作成は技術的な知識が少なくても行えるため、NFTは新しいビジネスチャンスとして利用されています。

転売されると作者に権利使用料が入る

NFTのもう一つの大きなメリットは、作品が転売される度に、オリジナルの作者に権利使用料が支払われることです。

物販の場合、作者に収益が入るのは一次販売の売り上げのみです。その後はどれだけ転売されても収益は入りません。しかし、NFT作品であれば、転売されることで一次販売以降も継続的な収益を得られます。

これは、従来のアート市場やデジタルコンテンツ市場では考えられなかった、新しい収益モデルと言えるでしょう。

NFTのデメリット

NFTはデジタルアセットの所有権をブロックチェーン上で証明する技術として注目されています。この技術には多くのメリットがある一方で、いくつかのデメリットや注意点も存在します。
投資や取引を行う前に、これらのリスクを十分に理解することが重要です。

ガス代(手数料)が高騰する可能性

NFT取引はブロックチェーン技術を使用して行われます。ブロックチェーン上での取引には「ガス代」と呼ばれるネットワーク手数料が発生します。

ガス代は、取引の記録をブロックチェーンに書き込むマイナーへの報酬や、その際の電気代などを考慮して設定されています。そして、多くのユーザーがNFTを取引する時間帯や、注目のNFTがリリースされる時期には、ガス代が急激に上昇する場合があります。

しかし、ガス代を節約する方法も存在します。

例えば、取引を行う時間帯を選ぶ、異なるブロックチェーンを利用するなどの方法が考えられます。

NFTの取引を検討する際は、ガス代の動向を確認し、適切な取引タイミングを選ぶことが重要です。

価格変動による損失リスク

NFTは出品者と購入者の間の同意によって価値が決定されます。しかし、その価値は一定ではなく、市場の需要と供給によって大きく変動する可能性があります。

特定のNFTが高額で取引された事例が報道されると、一時的にその価値が上昇することもありますが、その後の価格下落のリスクも考慮する必要があります。

詐欺プロジェクトに引っかかる可能性

NFT市場はまだ新しいため、未知のプロジェクトや取引所が存在します。中には、実態がほとんどない取引所や、著作権侵害を犯している可能性のあるNFT作品も存在するようです。

NFTの投資や購入を検討する際には、クリエイターや取引内容、取引所の信頼性を十分に確認することが必要です。

NFT市場で盛り上がり将来性が期待できる市場

NFTの中でも特にゲーム、アート、土地の市場が期待されています。
これらの市場は、デジタル技術と実世界の結びつきを強化し、新しい価値を生み出す可能性を秘めています。

ゲーム市場

NFTゲームは、ブロックチェーンとNFT技術を活用した新しいゲームの形態です。その最大の特徴は、ゲーム内のアイテムやキャラクターを実際の資産として所有・売買できる点にあります。

ブロックチェーン上での取引履歴やゲームデータの管理により、データの改ざんや不正が困難となっています。

また、NFTゲームの中には、「Play to Earn」という仕組みが導入されているものがあります。これは、ゲームを遊ぶことで仮想通貨を得られる、というものです。この「Play to Earn」のコンセプトも、NFTゲームの魅力の一つとなっています。

市場の規模に目を向けると、2021年のNFTゲームの売上は約7,400億円に達しており、前年と比べて200倍以上の成長を遂げています。

NFTゲーム市場は今後も期待できるでしょう。

芸術・アート市場

アートの世界でもNFTが期待されています。

アーティストは自らの作品をNFTとして発行し、それをオンライン上で販売できます。これにより、アート作品の所有権や著作権が明確になり、アーティストの収益機会も増えています。

また、デジタルアートの普及により、従来のアート市場になかった新しい表現や価値が生まれているようです。

土地市場

「メタバース」と呼ばれる仮想空間内での土地取引も、期待できる市場の一つです。

メタバース上の土地は、現実の土地と同じように限られた数しか存在しないため、希少性があり、土地の所有がNFTとして証明されます。

また、メタバース上の土地を所有することで、その土地上でイベントを開催したり、広告として利用したりできます。

特に、中心部に近い土地や、有名企業が所有している土地の周辺は、価値が高くなる傾向にあります。

これらの市場は、NFT技術の進化とともに、今後もさらなる成長と発展が期待されています。

NFTで今後発展が期待できる分野

NFTは、デジタルアセットの新しい形態として、多くの分野での活用が進められています。特に、デジタル村民の動きやアニメ・漫画との親和性は、NFTの将来的な発展を予感させる要素として注目されています。
これらの分野でのNFTの活用は、新しい価値創出の可能性を秘めています。

デジタル村民

デジタル村民とは、地域コミュニティをデジタル化し、地域資源を活用して新しい価値を生み出す動きを指します。例として、山古志地域では、地域の特産品や観光資源をNFTとして発行し、それを基に新しいビジネスモデルを構築しています。このような取り組みにより、地域の魅力や資源をデジタル上で再現し、より多くの人々にその価値を伝えられるようになります。デジタル村民の動きは、地域振興とNFT技術の融合による新しい可能性を示しています。

アニメ・漫画との親和性

NFT技術を活用することで、アニメや漫画のキャラクターやシーンを、デジタルアセットとして取引できるようになります。これにより、ファンは自分の好きなキャラクターやシーンを所有でき、その所有権を証明できます。

また、漫画家やアニメーターにとっても、新しい収益源としての可能性が広がります。

アニメ・漫画とNFTの組み合わせは、両者の強みを活かした新しいエンターテインメントの形を生み出す可能性があります。

これらの分野でのNFTの活用は、今後のデジタルアセットの発展と共に、さらなる拡大が期待されています。

NFTの将来性を明るくするためには

近年、NFTはデジタルアートや音楽、ゲームアセットなどの分野で注目を集めています。
しかし、新しい技術の普及と成熟のためには、いくつかの課題を克服する必要があります。以下に、NFTの将来性をより明るくするためのポイントを挙げます。

NFTのマーケットプレイスの整備

NFTの取引を行うためのマーケットプレイスの整備は、NFT発展における重要な鍵です。利用者が信頼でき、簡単に取引を行えるプラットフォームの提供が必要です。
また、取引手数料の透明性や、多様な決済方法のサポートも求められます。

投機目的以外でNFTを活用する方法の探索

NFTの価値は、単なる投機的なものだけではありません。実際の利用シーンや実用性を持たせることで、持続的な価値を生み出します。

例えば、デジタルコンテンツの著作権管理や、特定のサービスへのアクセス権としての活用など、多岐にわたる応用が考えられます。

スケーラビリティ問題の解決

NFTの普及とともに、ブロックチェーン技術の「スケーラビリティ問題」が注目されています。スケーラビリティ問題とは、ブロックチェーン技術における1つのブロックに書き込めるトランザクションの数が限られているために生じる問題です。これが原因で、取引データの処理速度が遅くなったり、取引手数料が高騰することがあります。

しかし、最近ではスケーラビリティ問題を解決するための新しいブロックチェーン技術が登場しています。これらの技術の進化により、NFTの取引がより迅速かつ効率的に行われることが期待されています。

現実世界との紐づけ

NFTはデジタルな存在ですが、現実世界のアイテムやサービスとの連携を強化することで、より多くの人々に受け入れられる可能性があります。

例えば、NFTを持っていることで特定のイベントへの参加資格を得られる、といった具体的な利益の提供で、NFTの魅力は上がって行くでしょう。

これらのポイントを考慮し、NFTの技術と市場を発展させることで、NFTの将来性はさらに明るくなることでしょう。

NFTの将来性に関するよくある質問

NFTの将来性に関するよくある質問について、まとめてみました。
ぜひ参考にしてみてください。

NFTは安全ですか?

NFTはブロックチェーン技術を使用しています。この技術により、不正や改ざんを防止し、デジタルデータが本物であることを証明できます。

しかし、NFTの取引には注意が必要です。NFTの価格は常に変動しており、取引によっては損失を出す可能性もあります。

また、NFT関連の詐欺プロジェクトも存在するため、取引や情報共有を行う際には十分な注意が必要です。

特に、ウォレットのシークレットフレーズや秘密鍵を第三者に教えることは避けるべきです。

NFTの価値がいまいちピンと来ませんが、なぜ価値があるのですか?

NFTの価値は、その希少性とブロックチェーン技術による本物の証明にあります。

従来、デジタル作品は容易にコピーできてしまっていたため、価値を持つことは難しくありました。しかし、NFTはブロックチェーン技術により、そのデジタルデータが唯一無二であることを証明できます。これにより、デジタル作品にも価値が付けられるようになりました。

例えば、NFTとしてのデジタルアートには、その歴史や背景、ただ1つしか存在しないデータであるという価値が見出せます。

NFTを行うためのマーケットプレイスの選び方を教えてください

NFTは、デジタルアートやゲームアセット、音楽などのデジタルアイテムをブロックチェーン技術を用いて取引するための特別な形式です。そのため、NFTを取引するためのマーケットプレイスの選び方は非常に重要です。

  • 取り扱っているNFTの種類:購入したいNFTのジャンルや種類が取り扱われているかを確認しましょう
  • 決済手段:どのような仮想通貨や決済方法が利用できるかを確認することも大切です
  • 運営元の信頼性:運営元が信頼できる企業や組織であるかを確認しましょう
  • 手数料:取引にかかる手数料やその他のコストを確認することも重要です
  • 日本語対応:日本語に対応しているか、またサポートが受けられるかも確認しておきましょう

また、NFTマーケットプレイスを利用する際には、偽物のNFTが出品されている可能性や、ハッキングのリスク、詐欺メールなどのセキュリティリスクにも注意が必要です。

NFTの将来性についてのまとめ

ここまでNFTの将来性についてお伝えしてきました。
NFTの将来性の要点をまとめると以下の通りです。

  • NFTのメリットとして、各NFTには1つとして同じものが存在しないという特性や、作品が転売されることで作者に報酬が入る仕組み等がある
  • NFTのデメリットとしては、ガス代(手数料)が変動し、高騰する可能性や、詐欺に引っかかる可能性があるため、よく調べて見極める必要がある
  • NFTで将来性が期待できる市場や分野は、ゲームやアート、メタバース上の土地市場等が挙げられる
  • NFTの将来を明るくするには、NFTのマーケットプレイスの整備や「スケーラビリティ問題」の解決が急がれる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

 

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら