NFTの活用事例6選!活用するメリットやリスクも合わせて解説

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています

NFTとは何か、どう活用したら良いのか、ご存じない方も多いのではないでしょうか。本記事では、NFTの活用事例について以下の点を中心にご紹介します!

  • NFTを活用するメリット
  • NFTが活用されている主な分野
  • NFT活用の際に注意すること

NFTの活用事例について理解するためにもご参考いただけると幸いです。ぜひ最後までお読みください。

NFTとは?

以前、デジタルデータの所有や真実性を立証するのは複雑でした。しかし、NFTはブロックチェーンのメカニズムを駆使して、データの不正変更や無許可の複製を抑制し、その所有権や著作権を確固として証明します。この技術が現れたことで、デジタルデータにも明確な価値を認められるようになったのです。

NFTを活用するメリット

NFTの活用に関する利点を以下で具体的に述べます。

デジタル情報のユニークさを認証する

NFT、つまりノンファンジブルトークンは、デジタル情報の独自性を保証するための先進技術として認知されています。過去には、デジタル情報は実物の絵や貴石のように、所有を明示するのが難しく、またその真正性を守るのも不易でした。
だが、NFTはブロックチェーンのメカニズムを使い、データの不正改変や複製を防げます。これにより、デジタル情報も独自の価値をもつことが認められるようになったのです。
たとえば、デジタルのアート作品は簡単にスクリーンショットで複製されることがありますが、その複製品には元の所有者や著作権者の情報は含まれないため、価値は認められません。このため、実際の価値はNFTとして登録されたデータにのみ存在することとなります。

つまり、NFTはデジタル情報の「確かな権利」を確認する証明の役割を果たしているのです。

取引の自由度が高い

NFTの利点の一つに、取引の柔軟性があります。特に、デジタルコンテンツの出品者が、取引方法をカスタマイズできる点がNFTの魅力的な要素となっています。この特性は、NFTが暗号通貨「イーサリアム」のプラットフォームに基づいているからです。
イーサリアムは「スマートコントラクト」というシステムを持っていて、これにより、ブロックチェーン上での取引を自動化できます。このスマートコントラクトの高い適応性のおかげで、NFTの販売や取引のルールをカスタム可能です。
具体的には、NFTサービスを運営する企業は、アーティストやクリエイターに「作品が再販されるごとに、原作者にロイヤルティが支払われる」というメカニズムを提供できます。その結果、クリエイターはその作品が何回も売り買いされる度に報酬を得られます。

このような柔軟性は、伝統的なデジタルコンテンツの市場では見られない特色で、NFTの持つ革新的な価値を強調しています。

デジタル作品に付加価値を与えられる

NFT、すなわちノンファンジブルトークンは、デジタルアートや様々なデジタルアセットに独自性と価値を提供するための先進的な技術として注目されています。デジタルアートは、その特性上、複製が容易で、それがデジタルコンテンツの独特の価値を持つことを困難にしていました。だが、NFTの出現で、この状況は劇的に変わったのです。
NFTはブロックチェーンの技術を使い、デジタルアートやその他のデジタル資産に独自性と希少性を確保します。その結果、デジタルアートも、実物のアート作品と同様に、真の価値を有することができるようになりました。
加えて、NFTは「プログラマブル」という特性を持ち、これを利用して作品に様々な条件や機能を組み入れられます。たとえば、その作品が取引される度に、オリジナルのクリエイターに報酬が支払われるような設定も行えるのです。

NFTの活用事例や活用されている分野

NFTは既に様々な分野で活躍しています。以下でそれぞれの分野ごとに紹介します。

アート

NFTは、デジタルアート界で急激に脚光を浴びています。

デジタルアートとNFTのコラボレーションの一例として、2021年9月に日本の知名度の高いタレント、香取慎吾氏がNFTアートを用いた慈善イベントを主催したことが挙げられます。この際、出席者には3,900円の価格でシリアルナンバー付きのNFTアートが提供されました。
このイベントでの特筆すべき点は、一般にNFTマーケットで用いられるイーサリアムではなく、LINEがオリジナルで構築したブロックチェーン技術が採用されたことです。これによって、NFTが一般大衆にもよりアクセスしやすくなったと言えます。
さらに、小学校3年生の少年が作成したドット絵アートがNFTとして出品され、その価値が80万円で認められたという事例もあります。このアート作品は、国際的に著名なDJ、スティーブ・アオキによって取り上げられ、大きな注目を集めました。
これらの実例を通じて、NFTがアーティストやクリエイターに新たな展示の場や投資の機会を提供していることが明らかです。

ゲーム

ゲーム業界におけるNFTの活用は急速に進展しています。特に、トレーディングカードゲームとの親和性が高く、多くのゲームがNFTを取り入れています。
例として、NBA Top Shotはバスケットボールの試合中のハイライトシーンを動画としてカードに格納し、ファンがコレクトできるサービスを提供しています。これらのカードにはレアリティが存在し、特定のスタープレイヤーや注目のハイライトシーンは高価格で取引されることがあります。
このようなNFTの導入により、ゲーム内のアイテムやカードの所有権をしっかりと証明でき、プレイヤー間の取引も透明に行われるようになっています。ゲーム業界のNFT活用は、プレイヤーのエンゲージメントを高めるだけでなく、新しいビジネスモデルや収益機会をもたらしています。

音楽

NFTと音楽の結びつきは、これまでの音楽業界の枠組みを大きく変える可能性を秘めています。特に、NFT音楽の事例として注目されるのは、世界的に有名なバンド、Linkin Parkのメンバーであるマイク・シノダさんが自身の音楽作品をNFTとしてオークションに出品したことです。
この作品は、1万ドル(約115万円)で落札されました。このような取引の特徴として、一度作品が出品者から落札者へ移動すると、その後の利用は落札者の自由となります。つまり、商用利用やアレンジ、さらには再販など、様々な方法でその音楽を活用することが可能となります。このようなNFTの特性は、音楽家やアーティストにとって新しい収益の機会を生むとともに、ファンとの新しい形のコミュニケーションや関わりを生む可能性を持っています。

スポーツ

スポーツ界では、NFTの技術が新しいビジネスの機会として注目されています。特に、プロスポーツ選手のコレクターズアイテムの販売や、実際の試合結果に基づいたカードゲームなどのアプリケーションが考えられています。
日本国内でも、野球チームの埼玉西武ライオンズやサッカーチームのベガルタ仙台などがNFTの活用を進めており、ファンとの新しい形のコミュニケーションツールや、独自の商品を提供する手段として利用されています。これにより、ファンはより身近に選手やチームを感じられ、新しいエンターテインメントの形が生まれています。

不動産

不動産分野でもNFTの活用が進んでいます。オウチファイナンスは、NFT化された不動産やメタバース上の不動産を提供するサービスを展開しており、エジプトのニューカイロに建設中の「Residences New Capital」の一部や、東京都内の物件をNFTとして販売しています。これにより、投資家は物件や土地を小口化された状態で購入でき、不動産投資のハードルが低くなるとともに、新たな投資手法として注目を集めています。
不動産のNFT化は、物件や土地の所有権をデジタル上で証明し、取引を透明化できるため、多くの投資家や不動産関連企業からの関心が高まっています。今後、この動きはさらに加速し、多様な不動産取引がNFTを通じて行われる可能性があります。

金融

金融分野では、NFTと暗号資産のシナジーが注目されています。例として、暗号資産取引所との連携や、クレジットカードの特典としてNFTを提供するなどの取り組みが進められています。これにより、金融商品やサービスの新しい形態が生まれ、消費者に新しい価値を提供することが可能となっています。
金融におけるNFTの活用は、取引の透明性の向上や、新しい投資機会の提供など、多岐にわたるメリットを持っています。これらの動きは、金融業界におけるデジタルトランスフォーメーションの一環として、今後もさらなる発展が期待されます。

NFT活用の際に注意すること

NFTを活用させる際にはいくつかの注意が必要です。以下で詳しく解説します。

法整備が整っていない

NFTの歴史はまだ浅く、関連する法整備が十分に進んでいない点が挙げられます。このため、NFTを取り巻く環境は不確実性が高く、トラブルが発生した際の対応が曖昧であることが指摘されています。
例えば、NFTを購入しても、それに関連する著作権や商標利用権が譲渡されるわけではないため、その点に注意が必要です。また、今後、NFTの所有権や関連する法律の抜け穴を巡る論争が起こる可能性も考えられます。

これらの点を踏まえ、NFTを活用する際には、十分な情報収集とリスク管理が求められるでしょう。

価格変動が大きい

NFTの価格変動が大きいという点は、投資家や利用者にとって重要な課題となっています。NFTは新しい分野であるため、市場の動向や価値の評価が不安定であり、その結果、価格が急激に上昇することや、逆に大きく下落することがあります。このような価格の変動性は、投資のリスクを高める要因となります。
また、NFTの価値は一般的な商品やサービスとは異なり、主観的な評価が大きく影響するため、価格の予測が非常に難しいとされています。
NFTを取引する際には、このような価格の変動性を十分に理解し、リスクを適切に管理することが求められます。特に、NFTの投資や取引を行う際には、価格の変動による損失のリスクを常に意識し、適切な判断を下すことが重要です。

利用にはネットワーク手数料(ガス代)がかかる

NFTの取引や作成には、ブロックチェーン技術を利用するため、ネットワーク手数料(ガス代)が発生します。特にイーサリアムベースのNFTで顕著です。ガス代は、ブロックチェーン上の取引を検証・処理するための報酬として、マイナーに支払われる手数料です。NFTの取引や発行時には、このガス代が必要となり、時には高額になることもあります。特にネットワークが混雑している時期や時間帯は、ガス代が高騰することが知られています。
したがって、NFTを活用する際は、ガス代の存在とその変動性を理解し、適切なタイミングでの取引を心掛けることが重要です。

NFTの活用事例に関するよくある質問

NFTの活用事例に関する質問を紹介します。

NFTを販売する際にどんな費用がかかりますか?

Shopifyを使用してNFTを販売する場合、Shopify ペイメントを通じてのクレジットカードの処理手数料が発生します。この手数料は、Shopify上で他の通常の商品を販売する際と同様のものとして扱われます。

さらに、トークンゲートアプリ、エアドロップアプリ、配布アプリなどの特定のアプリを使用する場合、それらのサービスに関連する追加の料金が発生する可能性があります。これらの手数料は、使用するアプリのパートナーによって異なるため、具体的な料金については各アプリパートナーの情報を参照する必要があります。

NFTアートはどう活用すれば良いですか?

NFTアートの活用方法について、以下のような方法が挙げられます。

  • コレクションとしての活用:NFTアートをデジタルなコレクションとして楽しめます。一部のコレクターは、多数のNFTアートを所有しており、それをオンラインで展示・共有できます。
  • メタバース空間での展示:NFTアートは、メタバースと呼ばれる仮想空間で展示できます。これにより、従来の物理的なアートとは異なり、オンライン上での展示や共有が容易になります。
  • SNSやメタバースのアイコンとしての利用:NFTアートをSNSのプロフィール画像や、メタバース内のアバターとして使用できます。これにより、自分のアイデンティティや所属するコミュニティを表現できます。
  • コミュニティの入場券として:一部のNFTは、特定のコミュニティへの参加資格や特典を得るための「チケット」として機能することがあります。
  • お金を借りる担保として:NFTを担保として、仮想通貨を借りられるサービスも存在します。これにより、NFTの価値を活用して資金を調達することが可能となります。これらの活用方法を通じて、NFTアートはデジタルなアートの楽しみ方を多様化させ、新しい価値を生み出しています。

どのブロックチェーンがサポートされていますか?

Shopifyでは、さまざまなブロックチェーンをサポートしています。具体的なブロックチェーンやその詳細については、Shopifyの公式サイトや関連するアプリパートナーの情報を参照することが推奨されています。これにより、マーチャントはNFTの取引や販売を行う際に、どのブロックチェーンを使用するかを選択できます。ブロックチェーンの選択は、NFTの取引の透明性やセキュリティ、手数料などの要因に影響を与えるため、適切なブロックチェーンを選択することが重要です。

NFTの活用事例についてまとめ

ここまでNFTの活用事例についてお伝えしてきました。NFTの活用事例の要点をまとめると以下の通りです。

  • NFTを活用するメリットは、デジタルデータの唯一性を証明できること、取引の自由度が高いこと、デジタル作品に付加価値を与えられることなどがある
  • NFTが活用されている主な分野は、アートやゲーム、音楽、スポーツ、不動産、金融などがある
  • NFTを活用する際の注意点として、法整備が整っていないこと、価格変動が大きいこと、利用にはネットワーク手数料(ガス代)がかかることなどが挙げられる

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

 

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら