戦略的パートナーPacific Metaが見るAstar Networkの未来

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

Astar Networkの戦略的パートナーである株式会社Pacific Metaは、Astar NetworkとPolygon Labsの協業のプレスリリースに対し、今後Astar zkEVMがローンチし展開されることから、国内外問わず益々Astar Networkを採用するGameFi Dappsが誕生するのではないかと予想しています。

今回、Pacific Metaマガジンでは、Polygon Labsと共に開発提供するAstar zkEVMローンチ後のAstar Networkの展開を推察してみました。
ぜひ最後まで読んでみてください。

Astar Networkの発表内容とは

2023年9月13日(水)17時頃に発表された内容は以下の通りです。

Astar Networkは2022年のローンチ以降、様々な企業・パートナーの方々に応援していただき、多くのWeb3活用事例を創出してきました。さらなるWeb3の社会実装・開発者体験の向上を目指すため、世界のWeb3業界を牽引し続けているPolygonプロトコルの開発をリードするPolygon Labsとの協業を決定し「Astar zkEVM」を発表しました。

Astar zkEVMはブロックチェーン最大規模のユーザー数を有するEthereumの拡張機能であるレイヤー2技術を実装し、EVM環境と同等のEVM等価性を保持しています。本ブロックチェーンは、Astar Networkのエコシステムが提供してきた相互運用性に加え、ネットワーク上の取引処理を行う際にゼロ知識証明(zk Proof)と呼ばれる技術を活用することにより、高度な処理能力・拡張性(スケーラビリティ)・安全性を担保します。Astar zkEVMにはグローバルの様々なWeb3ツールが対応され、ガスレストランザクションやアカウントアブストラクションなどマスアダプションに向けたソリューションが提供されていく予定です。

今日、世界的な動向を踏まえ日本はWeb3市場にて世界中のトッププレイヤーから注目されている市場となりました。日本は世界的に熱狂的な支持を得るゲームタイトルやコミック、IPコンテンツを数多く擁する市場としても認知されています。Astar zkEVMは、これら創作活動がより持続可能な形でグローバル展開し、継続的なユーザー・ファンコミュニティを維持するために提供されます。そして日本からWeb3事業の先進事例をさらに創出していくために、Astar NetworkとPolygon Labsは事業連携を開始、多数の日本企業やエンターテインメント領域での取り組みから得られたノウハウを結集します。今後はゲーム、IPコンテンツ、金融、ロジスティクス、小売事業など各事業領域のトッププレイヤーとの連携・協業をより一層深め、日本市場においてAstar zkEVMが最も信頼されるチェーンとなることを目指します。

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000073525.html

Polygon Co-Founder Sandeep Nailwal氏からのコメント

「アジアはWeb3に対して世界で最も先進的な地域の1つだと考えており、Astarとのコラボレーションを通じて日本のブロックチェーン業界のさらなる成長の力になれることを嬉しく思います。私たちは共に、分散化がもたらす高い透明性が日本にとってさまざまな恩恵をもたらすと信じています。」

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000073525.html

Astar Network Founder 渡邊創太氏からのコメント 

「Astar zkEVMを軸としたAstar NetworkとPolygon Labsの密な連携は、そのゴールとしてWeb3業界及び日本経済の成長ドライバーとなることを目指しています。Astar NetworkとPolygon Labsは、これまでに世界的なIPコンテンツやゲームタイトル、グローバルに活躍するトップ企業、地方創生に取組む自治体に至るまで、様々なコンテンツ・組織と共に多岐に渡るプロジェクトを起案・実行して参りました。その豊富な経験に基づき、今後はPolygon Labsと共にAstar zkEVM を通じて日本企業のWeb3進出をサポートし、ブロックチェーン技術の社会実装を更に加速します。」

引用:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000073525.html

Astar Networkの今後を推察

Astar Networkの戦略的パートナーである株式会社Pacific Metaは、Astar NetworkとPolygon Labsの協業のプレスリリースに対し、今後Astar zkEVMがローンチし展開されることから、国内外問わず益々Astar Networkを採用するGameFi Dappsが誕生するのではないかと予想しています。

Polygonは、株式会社エイチームエンタテインメントがサービス提供している「Crypt Busters」や株式会社ドリコムが保有する「Wizardry」IPを用いたBCG「Eternal Crypt -Wizardry BC-」など多くの日本のゲームコンテンツが採用しています。
同様にAstar Network上では、2023年9月13日現在、健康のアクティビティを管理可能なWeb3ヘルスケアアプリ「HEALTHREE」やAstarGames株式会社が開発・運営を行う、作物を育て販売することでトークンを稼ぐことができる「AstarFarm」などのGameFi Dappsが展開されています。
また、2023年4月13日にGameFiプラットフォーム事業を行う「Digital Entertainment Asset(DEA)」社とのGameFiコンテンツの開発を目的としたパートナーシップを締結しました。

このようにGameFi領域で着実とAstar Networkが採用されている背景があるなか、EVM環境との高い等価性をもち、高度な処理能力・拡張性・安全性を担保するAstar zkEVMは、Polygonとの協業によって、EthereumL2ネットワークを提供することで、より広範な開発者にアプローチすることが可能になります。これまでよりも、EthereumやPolygonからグローバルで有力なツールがエコシステムに搭載されやすくなり、マスアダプションに向けた課題解決のためのソリューションが増えていくでしょう。

したがってPolygon上で展開されているDappsもAstar Network上に展開できるようになるため、益々GameFi領域でのポジションを強固なものにすると思います。これまでEthereumを採用した多くのDappsが市場に展開されてきましたが、この発表を機にAstar Network上に多くのGameFi Dappsが誕生する未来になるのではないかと推察しています。今後もAstar Networkが創り出すエコシステム展開に注目していきたいと思います。

Astar Networkについて

Astar NetworkはWeb3アプリケーションのプラットフォームです。
Polygon Labsと協業しEthereumレイヤー2である「Astar zkEVM Powered by Polygon」を提供しています。

Astar zkEVMはEVM互換よりも高い水準のEVM等価性を実現しており、EthereumやPolygon等の既存のコントラクトをコードの変更なしに使用することができます。また、Ethereumのセキュリティを維持しつつレイヤー2の高速処理・低ガス代による高いUXを可能にしています。

世界中のWeb3プロジェクトと協業し、ガスレストランザクションやスマートコントラクトウォレット、アカウントアブストラクションなどマスアダプションのためのサービスが提供されます。国内外の大手企業と提携し、Web3時代のユースケース創出やゲーム・アニメ等日本のコンテンツのグローバル進出支援に取り組んでいます。

ソース

出典:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000015.000073525.html

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。

  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら