代表的なブロックチェーンのプラットフォームを一覧で紹介!

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています

ブロックチェーンのプラットフォームには、さまざまな種類があるという事を知っていますか?
本記事では、代表的なブロックチェーンのプラットフォームを一覧でご紹介します!

  • ブロックチェーンのプラットフォームとその種類について
  • ブロックチェーンのプラットフォームを利用するメリットとは?
  • ブロックチェーンのプラットフォームを選ぶ際のポイントとは?

ブロックチェーンのプラットフォームについて理解するためにもご参考いただけると幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

▼ブロックチェーンサービスにお困りの際はPacificMetaにご相談ください!

Pacific Metaは、NFTやブロックチェーンゲームを始めとするWeb3サービスの専門家集団です。ブロックチェーンサービス開発支援や、アイディアの事業化、事業計策の策定を細は下記リンクからサービス内容をご確認ください!
ブロックチェーンの開発ソリューションについての詳細はこちら

ブロックチェーンについて

様々な分野での利用が拡大しています。ブロックチェーンについて以下で解説していきます。

ブロックチェーンの概要

ブロックチェーンは、データを「ブロック」という単位で管理し、これを連鎖状につなぎ合わせる技術です。元々は仮想通貨・暗号通貨であるビットコインの基盤技術として開発されました。この技術では、ネットワーク上の各端末が取引の記録を分散的に保持し、暗号技術を用いてデータの真正性を担保します。特に、過去のデータの改ざんが極めて難しいという特徴があり、この安全性が金融取引履歴の管理に適しています。しかし、その適用範囲は金融だけにとどまらず、契約の自動化や食品のトレーサビリティなど、様々な分野での利用が拡大しています。

ブロックチェーンのプラットフォーム

ブロックチェーンを活用するための基盤として、多くの「ブロックチェーンプラットフォーム」が存在します。これはブロックチェーン技術をベースにした開発環境やフレームワークで、それぞれの特性や機能によって様々な用途で利用されています。

ビットコインは、このプラットフォームの先駆けとも言える存在で、仮想通貨の送金や決済を主目的としています。オープンソースの性質上、多くの新しい仮想通貨の開発の基盤ともなっています。

このようなブロックチェーンプラットフォームの活用により、中央集権を持たないオープンで透明なデジタル経済の実現が期待されています。

ブロックチェーンの種類

ブロックチェーンには、「パブリック型」「プライベート型」「コンソーシアム型」に分かれています。ブロックチェーンの種類について以下で解説していきます。

パブリック型

パブリック型ブロックチェーンは、中央管理者の存在しない、不特定多数のユーザーによって運営されるブロックチェーンの形式です。これは全ての取引とデータが公開され、インターネット上で誰でも参照可能な状態で保持されるため、オープン型や公開型のブロックチェーンとも称されます。

この公開性がもたらす透明性は、その取引内容やデータの信頼性を保証します。その結果、他のブロックチェーン形式と比べてパブリック型のセキュリティは非常に高いと言われます。ただし、全ての取引がネットワーク全体での合意を必要とするため、情報の追記や更新には時間と処理コストがかかるというデメリットもあります。

プライベート型

プライベート型ブロックチェーンは、指定された個人や組織が中央に管理するブロックチェーンの方式であり、その特性上、「許可型ブロックチェーン」とも称されることが多いです。このシステムでは、特定の参加者のみがネットワークへのアクセスや情報の取得が許され、そのための許可は管理者から与えられます。

この型の主な強みは、高速な取引処理能力と効率性にあります。パブリック型と異なり、大量の合意形成が不要であるため、迅速な取引確認が可能となっています。

また、情報の非公開性によるプライバシーの確保により、外部に情報が漏れることなく、特定の参加者だけがデータにアクセスできるので、高い機密性が求められる取引や情報管理に適しています。多くの大手企業や金融機関が、この特性を活かしてプライベート型ブロックチェーンの導入や開発を進めています。

しかしながら、プライベート型ブロックチェーンの最大のデメリットは、データの改ざんのリスクがあることです。中央管理者がデータを独自に操作できるため、不正な取引の消去や改ざんが可能となってしまいます。これは、パブリック型に比べてデータの信頼性が低くなる原因となります。さらに、一元的な管理のため、システム全体のダウンリスクも存在します。その結果、データの永続性や可用性が損なわれる可能性が高まります。

コンソーシアム型

コンソーシアム型ブロックチェーンは、その名称が示す通り、複数の組織やグループが共同で管理するブロックチェーンの形式を指します。このモデルは、パブリック型ブロックチェーンの分散性と透明性、そしてプライベート型ブロックチェーンの迅速な処理能力を組み合わせた形状を持っています。

最大の特徴は、管理が複数の主体によって行われることです。これにより、一つの組織の意向だけでルールが変更されることを避けることができ、高い分散性と安全性が保たれています。しかしながら、参加者は特定の組織やグループに限定されるため、高速な取引処理が可能となります。

セキュリティの観点からも、コンソーシアム型は優れています。複数の管理主体が存在するため、改ざんや不正アクセスへの耐性が高まるとともに、ルールの変更には複数の組織からの合意が必要となります。これにより、システムの安定性や信頼性も向上します。

ブロックチェーンのプラットフォームを使用するメリット

ブロックチェーンのプラットフォームを使用するメリットは何でしょうか?以下で解説します。

データの改ざんや不正を防げる

従来の中央集権型のデータ管理方式とは異なり、ブロックチェーンは分散型のシステムを採用しています。これにより、1つのサーバーに依存することなく、多数のコンピュータ上でデータが同時に管理されるため、システム全体のセキュリティが向上します。もし一部が不正に改ざんされたとしても、他の多くのコンピュータがその不整合を検知し、改ざんを無効化します。

さらに、各取引データはハッシュ値を利用して暗号化されて保存されます。このハッシュ値は、データが少しでも変更されると大きく変わってしまう性質があります。したがって、一つのデータを不正に変更しようとした場合、それに連鎖して前後のデータも全て変更する必要が出てくるため、実質的に改ざんが非常に難しくなります。

データの改ざんや不正を極めて困難にするこの技術は、情報セキュリティを高めるための強力なツールと言えるでしょう。

コストや時間を削減できる

ブロックチェーンのプラットフォームを導入すると、多くの経済的・時間的なメリットが得られることが分かっています。従来の中央サーバーを必要とするシステムとは異なり、ブロックチェーンは分散型のシステムを採用しているため、高価な中央サーバーの設置や維持、さらにはそのセキュリティ対策に伴うコストが大幅にカットできます。これにより、初期投資や運用時のランニングコストが削減され、組織の負担が軽減されるのです。

さらに、ブロックチェーンプラットフォームは、ソフトウェア開発キット(SDK)やAPIの提供、活発なコミュニティのサポートなど、開発を迅速化・効率化するリソースが充実しています。これにより、開発プロセスが加速されると同時に、開発関連のコストも大幅に削減することができます。

システムダウンが起こりにくい

ブロックチェーンのプラットフォームはその独特の構造により、非常に高いシステムの安定性を持つことが知られています。この安定性は、従来の中央集権型のシステムにはないメリットとして注目されており、多くの企業や組織がブロックチェーンの導入を検討する大きな理由の一つとなっています。

この安定性の秘密は、ブロックチェーンのP2Pネットワークという仕組みにあります。すべての参加者、すなわちノードが全取引のコピーを保持しており、それぞれが相互に通信しながら取引の正当性を確認しています。これにより、一部のノードが突如としてダウンしても、他のノードがその役割を引き継ぎ、システム全体としてのダウンはほぼ回避されます。

更に、もし一部のノードでデータの損失や障害が発生しても、他の多数のノードが同じデータを保持しているため、データの回復や復元が迅速に行われます。この高い冗長性により、情報の喪失リスクが大幅に減少し、システムの信頼性と透明性が向上します。

これらの特徴により、ブロックチェーンのプラットフォームは、極めて安定したシステム運用が期待できるといえるでしょう。従来のシステムに比べてダウンリスクが大幅に低減されるため、ビジネスの持続性や信頼性を高める要因として、多くの組織にとって大きな価値を持っています。

ブロックチェーンのプラットフォームの一覧

ブロックチェーンのプラットフォームについて一覧で解説していきます。是非参考にしてみてください。

ビットコイン

ビットコインは、ブロックチェーン技術の先駆けとして知られる分散型デジタル通貨です。多数のノードが情報を持つ分散型の構造を採用しており、これにより公平性と透明性を保ちつつ、セキュリティと秘匿性のバランスを取ることができています。ただし、取引情報は公開されるため、100%の匿名性を保証するものではありません。

ビットコインの核心技術は「Bitcoin Core」として知られ、これはビットコインの取引を支える基盤技術として機能しています。以下は、Bitcoin Coreの主要な特徴です。

目的: 主に個人向けの仮想通貨としての取引に特化している。

仮想通貨: BTC(ビットコイン)を採用。

スマートコントラクト: Ethereumに特有の機能であり、Bitcoin Coreにはこの機能は存在しない。

タイプ: パーミッションレス型で、誰でも参加可能。

匿名性: 相対的に低め。

トランザクション速度: 7tpsという限られた速度で、大規模な企業取引には適していない。

ビットコインは、ブロックチェーン技術の父とも言える存在であり、多くの後続のプラットフォームに影響を与えました。しかし、サトシ・ナカモトの初めの意図は、純粋にデジタル通貨を実現することであったため、エンタープライズ向けの機能や、高度なプログラミング機能は含まれていません。このため、Bitcoin Coreは主にビットコインの取引や個人間の送金に特化しており、大規模な業務アプリケーションの開発基盤としては使用されることは少ないと言えるでしょう。

イーサリアム

イーサリアムは、革新的なブロックチェーンプラットフォームの中で特に注目されているものの1つです。このプラットフォームの最も顕著な特色は「スマートコントラクト」という機能です。これは、取引や契約を自動化する技術であり、複雑なビジネスロジックや操作をコードに埋め込むことで、自動的に実行・検証を行います。

イーサリアムの採用するブロックチェーン技術により、データの改ざんや消失のリスクが極めて低くなっています。これにより、安全性と信頼性が非常に高いシステムの実現が可能となっています。

また、イーサリアム上で動作する通貨は「Ether(イーサ)」と呼ばれています。この通貨は、プラットフォーム内の取引やスマートコントラクトの実行に必要な手数料として使用されるほか、一般的な仮想通貨としても取引されています。

さらに、イーサリアムは分散型アプリケーション(Dapps)の開発もサポートしており、そのアプリケーションは金融、保険、不動産、エンターテインメントなど、多岐にわたる業界での利用が進められています。

総じて、イーサリアムはその高度な機能性と多様性により、今後のデジタルトランスフォーメーションの中核を担うブロックチェーンプラットフォームとしてのポジションを確立しています。

リップル

リップルは、独自のブロックチェーン技術を基盤とする金融向けのプラットフォームとして知られています。このプラットフォームはRipple Labs Inc.によって運営されており、特に国際間の送金を迅速かつ効率的に行うサービスとして多くの注目を集めています。

従来、国際送金は銀行を中継することが一般的で、これにより複数日の時間がかかっていました。しかしながら、リップルの技術を活用することで、銀行間の送金を直接的に結びつける形となり、国際送金の時間をわずか数秒に短縮することができるのです。この革新的なサービスは、すでに多くの国内外の銀行によって採用され、実用化されています。

さらに、リップルはXRP LCP(XRP Ledger Consensus Protocol)という独自のコンセンサスアルゴリズムを採用しており、これによって高速な取引処理と決済の確定性を同時に実現しています。例えば、ビットコインのトランザクション処理には平均して約10分かかるのに対し、リップルではその時間を数秒にまで短縮しています。

これらの特徴から、リップルは現代の金融システムの効率性やスピードを飛躍的に向上させる可能性を持つブロックチェーンプラットフォームとして、広く認知されています。

クオラム

クオラムは、世界的な金融機関であるJ.P. Morganによって2016年に開発された企業向けのブロックチェーンプラットフォームであり、パブリックブロックチェーンの代表格であるイーサリアムを元にしています。その根底にある技術はイーサリアムと多くの共通点を持ちつつ、ビジネスの現場で必要とされる高度なプライバシーやセキュリティ機能を備えています。

クオラムの最大の特徴は、取引のデータを公開するパブリックトランザクションと、特定の参加者のみに共有するプライベートトランザクションの両方をサポートしている点です。この柔軟性により、ビジネス上の機密情報を安全に取り扱いながら、ブロックチェーンの持つ透明性や信頼性を活かすことができます。

また、イーサリアムの課題として指摘されていたトランザクションの処理速度やプライバシーの確保に対して、クオラムはネットワークへの参加者を特定のコンソーシアムが承認する「パーミッション制」を導入しました。これにより、高速なトランザクション処理と堅牢なセキュリティを両立させています。

ハイパーレジャーファブリック

ハイパーレジャーファブリックは、オープンソースブロックチェーン技術の一環として、Linux Foundationのもとで提供されるHyperledgerプロジェクトの主要なコンポーネントの一つです。特に企業対企業の取引や業務に特化して設計されており、高いセキュリティと信頼性を持つコンソーシアム型のブロックチェーンプラットフォームとして知られています。

その最大の特徴は、パーミッション型のブロックチェーンを採用している点であり、これにより特定のメンバーのみがネットワークに参加できるため、データの秘匿性が非常に高まります。さらに、モジュール式のフレームワークを採用しているため、業界や用途に合わせたカスタマイズが容易です。

具体的な活用例としては、物流業界の「TradeLens」や、新型コロナウィルスのワクチン接種証明書をデジタルウォレットに追加する「IBM Digital Health Pass」などが挙げられます。金融、医療、IoT、製造、貿易といった多岐にわたる分野での導入が進められており、企業間の情報共有や取引の効率化に寄与しています。このように、ハイパーレジャーファブリックは、ビジネスの様々な場面でブロックチェーン技術を活用するための強力なツールとして注目されています。

コルダ

コルダは、R3社を中心とする「R3コンソーシアム」によって開発された、エンタープライズ向けのブロックチェーンプラットフォームです。このプラットフォームは、特に金融取引の高い要件を満たすために生まれ、銀行間取引に特化しているとともに、他のビジネス領域へも対応可能な設計が施されています。

コルダの特徴的な点として、高度な秘匿性を持つパーミッション型のブロックチェーンを採用していることが挙げられます。これにより、ビジネス取引における機密情報の保護を最優先にしながら、効率的な情報共有が実現されています。また、コルダには独自の仮想通貨は存在しないものの、スマートコントラクト機能を有しており、取引の自動化や効率化に貢献しています。

さらに、コルダはインターオペラビリティにも優れており、Corda基盤上で動作する複数のアプリケーション間のデータの移転や連携が容易になっています。これは、各企業が独自のユースケースに応じてシステムを構築・運用する際の大きな強みとなっています。

開発面では、JavaやKotlinといったポピュラーな言語が使用されているため、開発者の獲得が容易で、システムの拡大・進化がスムーズに進められるのも大きな魅力です。

世界の大手銀行をはじめとした多くの組織がR3コンソーシアムに参加していることからも、コルダの高いポテンシャルとその信頼性が伺えます。

ソラナ

ソラナは、2020年に登場した新世代のブロックチェーン・プラットフォームで、その圧倒的な処理速度と低コスト性が特徴として挙げられます。Ethereumと比較しても、ソラナの処理能力は約3,000倍高く、さらに取引の手数料はEthereumの約30,000分の1という驚異的な経済性を持つことから、多くの関心を集めています。

このプラットフォーム上で動作する暗号資産「SOL(ソル)」は、その実用性と高いパフォーマンスを背景に、2021年だけで約20倍の価格上昇を遂げ、仮想通貨トレーダーや投資家から熱烈な支持を受けています。

ソラナは、DApps(分散型アプリケーション)の開発に特化したプラットフォームとして設計されています。その高速性と低コストの特徴を活かし、多くの企業やエンジニアがソラナを利用して、NFT、DeFi、DAOといった先進的なブロックチェーンサービスの開発や実装を進めています。ソラナの急速な成長は、ブロックチェーン技術の進化とその無限の可能性を物語っており、今後の展開が楽しみなプラットフォームとして注目されています。

ブロックチェーンプラットフォームを選ぶ際のポイント

ブロックチェーンプラットフォームを選ぶ際には以下のポイントが重要です。以下で解説していきます。

ブロックチェーンの開発には独特なノウハウが求められる

ブロックチェーン技術は、その特有の性質から伝統的なシステム開発とは異なるアプローチを必要とします。システムを成功させるためには、ただ技術に詳しいだけではなく、業界の深い知識と合わせた独特のノウハウが不可欠です。

業界知識を持ったパートナーの選定: ブロックチェーンの開発プロジェクトを進める際、業界の要件や課題に精通したパートナーを選ぶことが重要です。これにより、具体的なニーズに合わせた最適な解決策を迅速に提案できます。

データモデルの設計: ブロックチェーンは情報の記録と照会のための技術であり、そのデータモデルの設計はシステムの性能や利便性を大きく左右します。例えば、トレーサビリティ管理の際、商品のリコールやその他の課題への対応能力を高めるためには、適切なデータモデルが欠かせません。

RDBとの比較: 従来のリレーショナルデータベース(RDB)とブロックチェーンの間にはいくつかの違いがあります。これらの違いを理解し、それぞれの強みを活かした設計を行うことで、システム全体の効率性や拡張性を高めることが可能となります。

ブロックチェーンの導入と運用には、専門的な知識と経験が不可欠です。適切なパートナーと共に、業界のニーズに応じた適切な技術選定と設計を行うことで、成功への道を確実に進めることができます。

用途に合わせて選ぶ

ブロックチェーンプラットフォームの選択は一見簡単に見えても、実は非常に複雑です。

なぜなら、ブロックチェーン技術は、その特性や活用事例に応じて様々なプラットフォームが存在しているからです。そのため、適切なプラットフォームの選定はプロジェクトの成功に直結する要因となります。

以下、用途別にブロックチェーンプラットフォームを選ぶ際のポイントを紹介します。

用途を明確にする: プラットフォーム選びの第一歩は、自社の課題や目的を明確に定義することです。例えば、銀行間送金を効率化したいのか、ゲームのアイテム取引を実現したいのか、それぞれのゴールに適したプラットフォームが異なります。

プラットフォームのカテゴリ: 主要なカテゴリとしては、toC企業向け、toB企業向け、銀行向け、個人向けが考えられます。これらのカテゴリは、ターゲット層や情報秘匿性、搭載している機能に違いがあります。

技術的特徴の理解: プラットフォームにはそれぞれの技術的特徴があります。例えば、スマートコントラクトの有無やトランザクション速度、仮想通貨の取り扱いなど、自社の要件に合致するかどうかを確認する必要があります。

活用事例の参考: 各プラットフォームには、実際の活用事例が存在します。これを参考にすることで、自社の課題解決にどのプラットフォームが最適かのヒントを得ることができます。

信頼性の確認: ブロックチェーン技術を核としたプロジェクトの成功は、信頼性の高いプラットフォーム選びに依存します。専門家や業界内の信頼できるパートナーとの連携も検討すべきです。

ブロックチェーンプラットフォーム選びは、単に技術的な選定だけでなく、ビジネスの視点からも最適なものを選ぶことが求められます。自社の業界や課題、そして将来のビジョンに合ったプラットフォームを選ぶことで、ブロックチェーンの真の価値を引き出すことができます。

スケーラビリティの問題や公開範囲

ブロックチェーンプラットフォームの導入は、多くの利点をもたらしますが、選択する際にはいくつかの要点に留意する必要があります。特にデータの公開範囲とスケーラビリティの問題は、成功の鍵となるポイントです。

データの公開範囲: ブロックチェーンの特性上、データは不変的に記録され、ネットワーク内で共有されます。しかし、その全てのデータを公開することが適切であるとは限りません。企業秘密や顧客情報、取引詳細など、公開すべきでない情報を意図せず流出させることは、大きなリスクを招きます。そのため、どの情報を公開し、どの情報を非公開にするかをきちんと策定し、適切なプラットフォームを選択することが必要です。

スケーラビリティの問題: ブロックチェーンプラットフォームの選択時には、将来的な成長や拡大に対応できるスケーラビリティも考慮すべきポイントです。特にビジネスが成長するにつれてトランザクションの量が増加する場合、その需要に応じてスケールする能力を持つプラットフォームを選ぶことが重要です。高いスケーラビリティを持つプラットフォームは、将来的な拡大や変更にも柔軟に対応することができ、長期的な成功をサポートします。

ブロックチェーンの技術を最大限に活用し、ビジネスの成果を上げるためには、これらのポイントを念頭に置き、最適なプラットフォームの選択が不可欠です。

ブロックチェーン一覧についてのまとめ

ここまでブロックチェーンのプラットフォーム一覧のまとめについてお伝えしてきました。ブロックチェーンプラットフォームの要点をまとめると以下の通りです。

  • ブロックチェーンのプラットフォームは、ビットコイン、イーサリアムなど様々な種類がある。
  • ブロックチェーンのプラットフォームを利用するメリットは、データの改ざんや不正を防げることやコストを削減できること、システムダウンが起こりにくいことが挙げられる。
  • ブロックチェーンのプラットフォームは、業界知識やノウハウを理解し選択することが大切で、達成したい目的によって選ぶべきプラットフォームが変わる。

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら