ブロックチェーンで何ができるの?気になる仕組みや特徴について徹底解説!

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています

ブロックチェーンが持つ多様な役割について、ご存知の方はいらっしゃいますか?
本記事では、ブロックチェーンの仕組みや特徴について以下の点を中心にご紹介します!

  • ブロックチェーンの種類について
  • ブロックチェーンの持つ役割について
  • ブロックチェーンの今後の課題について

ブロックチェーンの仕組みや特徴について理解するためにもご参考いただけると幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

ブロックチェーンの仕組みと特徴

ブロックチェーンは、分散型デジタル台帳技術の一形態で、データをブロックと呼ばれる連続的なチェーンに格納する方法で構築されています。

ブロックチェーンは分散型台帳であり、ネットワーク上の多数のコンピュータ(ノード)によって共有および更新されます。これにより、中央集権的な管理機関や中央サーバーが不要となり、信頼性と透明性が向上します。そして、ブロックチェーン上のトランザクションはブロックにまとめられます。新しいトランザクションが発生するたびに、ネットワークのノードがこのブロックを検証し、新しいブロックを作成します。また、ブロック内のデータはハッシュ関数を使用してハッシュ値に変換され、前のブロックのハッシュ値と組み合わせてチェーンを形成します。これにより、ブロックチェーンは改ざんやデータの不正アクセスから保護されます。

特徴としては、ブロックチェーンは中央集権的な管理機関が不要であり、多数のノードがデータを保持・管理する分散型システムです。これにより、信頼性が向上し、シングルポイントの障害に強い特徴を持ちます。

また、ブロックチェーン上のトランザクションはパブリックまたはプライベートにアクセス可能で、透明性が高いです。トランザクションの履歴やデータは改ざんが難しく、監査が容易です。

ブロックチェーンの種類

ブロックチェーンは、「パブリックチェーン」「プライベートチェーン」「コンソーシアムチェーン」に分かれています。ブロックチェーンの種類について以下で解説していきます。

パブリックチェーン

パブリックチェーンは、一般の人々や組織によってアクセスできる分散型ブロックチェーンの一種です。パブリックチェーンは誰でもアクセスできるオープンなネットワークです。誰もがトランザクションの送信やブロックの採掘に参加することが可能です。また、パブリックチェーンは多数のノードによって運営され、データは分散された場所に保存されます。これにより、中央集権的な管理機関やシングルポイントの障害に対する耐性が向上します。

用途としては、パブリックチェーンは仮想通貨の発行、取引、保管に使用されます。ビットコインなどの仮想通貨はパブリックチェーン上で動作します。また、パブリックチェーンはスマートコントラクトを実行するプラットフォームとして使用されます。これにより、自動化された契約や条件に基づくトランザクションが実現可能です。

プライベートチェーン

プライベートチェーンは、特定のユーザーグループや組織だけが利用できる分散型ブロックチェーンの一種で、一般の人々や組織からはアクセスが制限されています。これはパブリックチェーンとは対照的で、プライベートチェーンは閉鎖的なエコシステムで運営され、管理が厳しく行われます。さらに、プライベートチェーンは参加者を許可を得た組織や個人に限定します。そのため、一般の人々がアクセスできず、セキュリティとプライバシーが高度に保たれます。

プライベートチェーンは、通常、特定の組織や管理者によって運用・管理されます。ネットワークのルールやプロトコルはこの管理者によって設定され、トランザクションの確認やブロックの採掘が行われます。

用途としては、企業内でのデータ共有や取引を効率的に管理するために、プライベートチェーンが使用されます。サプライチェーン管理、請求書処理、在庫管理などの業務プロセスを改善するのに役立ちます。その他、銀行や金融機関は、プライベートチェーンを使用して決済プロセスの効率化や顧客データを管理します。これにより、トランザクションの速度を向上させ、セキュリティを強化します。

コンソーシアムチェーン

コンソーシアムチェーンは、ブロックチェーンネットワークの形態の一つで、特定の組織や団体のメンバーによって管理・運営される分散型台帳です。パブリックチェーン(一般の人々に公開されるブロックチェーン)とプライベートチェーン(特定の組織に限定されたブロックチェーン)の中間的なアプローチを取ります。

コンソーシアムチェーンは、特定の組織、企業、あるいは団体によって管理され、そのメンバーシップが制限されています。メンバーは通常、ネットワークの運営と管理に参加し、ルールを共同で策定します。また、コンソーシアムチェーンは複数のノードによって運用され、データは分散された場所に保存されます。この分散性により、信頼性が向上し、ネットワークのセキュリティが強化されます。

用途としては、企業や業界の異なるメンバーがサプライチェーンを共同で管理し、製品の追跡、在庫管理、トランザクションの可視性を向上させるためにコンソーシアムチェーンを利用します。また、金融機関や銀行は、相互銀行取引や証券取引のためのコンソーシアムチェーンを構築し、取引の効率を向上させ、コストを削減します。

ブロックチェーンで何ができるの?

ブロックチェーンで何ができるのか知っていますか?以下で解説していきます。

データの改ざんや不正防止

ブロックチェーンは、データの改ざんや不正アクセスからの保護に効果的な技術として知られています。ブロックチェーンは複数のノードによって運用され、データは分散された場所に保存されます。これにより、一つの中央サーバーやデータベースに依存しないため、一元化された攻撃に強く、データ改ざんが難しくなります。

ブロックチェーン上のデータは強力な暗号化技術によって保護されます。トランザクションデータやデータストレージは、暗号アルゴリズムによって安全に保たれ、不正アクセスから守られます。また、ブロックチェーン内のデータはハッシュ関数を使用してハッシュ値に変換されます。前のブロックのハッシュ値と組み合わせて、データの整合性を確認します。データが改ざんされた場合、ハッシュ値が変更され、変更箇所が特定されます。

取引の透明性を保つ

ブロックチェーンは、取引の透明性を高めるために非常に有用なテクノロジーです。

ブロックチェーンは、トランザクションのデータを連続的なブロックに格納する分散型のパブリックレジスタです。すべての参加者はこのレジスタにアクセスでき、トランザクションデータの詳細が閲覧可能です。また、ブロックチェーンは過去のトランザクションの完全な履歴を提供します。これにより、特定の資産やアセットの移動、変更、所有権の移転が追跡可能で、透明性が確保されます。

ブロックチェーン上のデータはハッシュ値を使用して保護されます。各トランザクションやブロックは、データの整合性を確認するためにハッシュ値を持ちます。データが改ざんされると、ハッシュ値が変更されるため、変更箇所が特定されます。他には、ブロックチェーン上のトランザクションは、ネットワークのコンセンサスアルゴリズムによって承認されます。多数のノードがトランザクションの正当性を確認し、不正なトランザクションはブロックチェーンに取り込まれません。

トレーサビリティの実現

ブロックチェーンは、トレーサビリティ(追跡可能性)を実現するために非常に効果的なテクノロジーです。

ブロックチェーンは分散型台帳であり、すべてのトランザクションやデータが透明に記録されます。これにより、データの正確な履歴が追跡可能になります。ブロックチェーン上のデータは一意の識別子(ハッシュ)を持ち、特定のアセットや商品を識別するのに役立ちます。これにより、アセットの一貫性と追跡が確保されます。

ブロックチェーンネットワークのコンセンサスアルゴリズムにより、トランザクションやデータの正当性が確認されます。不正なトランザクションが排除され、信頼性が高まります。

ブロックチェーンの使用例

ブロックチェーンにはどのような使用例があるのでしょうか?ブロックチェーンの使用例について解説していきます。

ICTによるイノベーション(総務省)

情報通信技術(ICT)によるイノベーションとしてブロックチェーンが活用されるさまざまな使用例が存在します。

総務省などの政府機関は、ブロックチェーンを使用して行政業務の効率化を図ることが可能となります。たとえば、不正行為や改ざんのリスクを低減させながら、契約、許認可プロセス、行政データの管理をブロックチェーンで運用することが考えられます。これにより、透明性が向上し、データの信頼性が高まります。

ブロックチェーンを使用して、選挙プロセスを透明に行う取り組みが行われています。個人の投票情報をブロックチェーン上に安全に記録し、不正選挙や選挙結果の改ざんを防ぎます。

NFT処方箋(canow株式会社)

NFT処方箋は、ブロックチェーン技術を医療分野に応用する一例で、Canow株式会社などの企業が提供するサービスです。

NFT処方箋は、患者の医療記録や処方箋情報をブロックチェーン上に安全かつ確実に記録します。これにより、データの改ざんや不正アクセスから保護され、医療データの完全性が確保されます。実際、ブロックチェーン技術を使用することで、患者は自分の医療データにアクセスし、それをコントロールできます。医師や医療機関は、患者からの明示的な許可なしにデータにアクセスできないため、プライバシーが強化されます。

NFT処方箋は、処方された薬物の情報をブロックチェーン上で追跡します。患者が正確な処方箋にアクセスし、薬物を適切に管理できるようになり、薬剤誤用や不正使用を防ぎます。また、ブロックチェーンを使用したNFT処方箋は、異なる医療機関やプロバイダー間で医療データを共有するのに役立ちます。データの透明性が向上し、患者の健康情報が正確に伝えられます。

スマート工場(株式会社Datachain)

スマート工場におけるブロックチェーンの使用例は、生産プロセスの透明性、効率性、セキュリティの向上に寄与することがあります。株式会社Datachainのような企業は、ブロックチェーン技術を活用してスマート工場の運用を改善する方法を提供しています。

スマート工場では、製品の生産から配送までの過程をブロックチェーン上に記録できます。各製品に一意の識別子を付与し、製造工程や供給チェーンでの移動をリアルタイムで追跡します。これにより、不良品の特定やリコールが迅速に行え、製品の品質管理が向上します。例えば、スマート工場は、資材や部品の入出庫、在庫管理をブロックチェーンで行います。供給チェーンの透明性が向上し、必要な部品の調達や在庫管理が効率的に行えます。また、製品の品質管理と検査プロセスもブロックチェーンで追跡できます。製品が検査を通過したかどうか、異常があった場合の対応などが透明になり、品質向上に寄与します。

ブロックチェーンの課題

ブロックチェーンには今後の課題が存在します。以下で解説していきます。

法的問題

ブロックチェーン技術の普及と成熟に伴い、法的問題や課題も浮き彫りになっています。

まず、ブロックチェーンは新興技術であり、既存の法的枠組みが適用しきれない場合があります。これにより、法的不確実性や法的規制の不足が生じる可能性があります。また、ブロックチェーンはデータの透明性と不変性を提供しますが、個人データの保護とプライバシーに関する問題が浮上しています。一度ブロックチェーン上に記録されたデータを削除することが難しいため、EUの一般データ保護規則(GDPR)などの規制に適合する必要があります。

スマートコントラクトは自動的に実行されますが、その法的拘束力や執行可能性に関する法的不明瞭さが存在します。契約の履行に関する法的紛争が生じた場合、現行の法律体系との調和が求められます。

スケーラビリティの問題

ブロックチェーン技術の普及と成熟に伴い、法的問題や課題も浮き彫りになっています。

ブロックチェーンは新興技術であり、既存の法的枠組みが適用しきれない場合があります。これにより、法的不確実性や法的規制の不足が生じる可能性があります。また、ブロックチェーンはデータの透明性と不変性を提供しますが、個人データの保護とプライバシーに関する問題が浮上しています。一度ブロックチェーン上に記録されたデータを削除することが難しいため、EUの一般データ保護規則(GDPR)などの規制に適合する必要があります。

実施、スマートコントラクトは自動的に実行されますが、その法的拘束力や執行可能性に関する法的不明瞭さが存在します。契約の履行に関する法的紛争が生じた場合、現行の法律体系との調和が求められます。

51%攻撃

51%攻撃は、ブロックチェーン技術におけるセキュリティ上の課題の1つです。この攻撃は、特にProof of Work(PoW)と呼ばれるブロックチェーンコンセンサスアルゴリズムを使用しているネットワークで発生しやすいです。

51%攻撃は、攻撃者がネットワーク上の51%以上のハッシュパワー(計算能力)を制御することを意味します。この場合、攻撃者は新しいトランザクションを含むブロックを生成し、ブロックチェーンを分岐できます。また、51%攻撃は、攻撃者が同じコインを複数のトランザクションで二重支払いすることを可能にします。攻撃者は一度のトランザクションでコインを受け取り、次にそれを取り消すトランザクションをブロックチェーンに追加します。

51%攻撃は高いコストがかかりますが、攻撃者が成功すれば大きな報酬を受ける可能性があります。このため、攻撃者は攻撃に十分な資金を投入できる場合に実行されることがあります。

ブロックチェーンに関するよくある質問

ブロックチェーンに関するよくある質問について、解説していきます。是非参考にしてみてください。

ブロックチェーンって何がすごいんですか?

ブロックチェーンは、多くの点で革命的な技術であり、その魅力的な側面が多数存在します。まず、ブロックチェーンは、分散型のデータベースであり、ネットワーク上の多数のノードによって管理されます。このため、データの改ざんや不正アクセスが困難になります。信頼性の高いトランザクションが確保され、セキュリティが向上します。また、ブロックチェーンは中央機関や中央サーバーを必要とせず、ユーザー間でデータを共有できる分散型ネットワークを提供します。これにより、システムの耐障害性が向上し、単一障害点がなくなります。

また、ブロックチェーンはトランザクションの履歴を不変かつ透明に記録します。このため、トランザクションの透明性が高まり、不正や詐欺の検出が容易になります。加えて、ブロックチェーンは、トランザクション処理やデータ共有を効率化します。特に金融取引や供給チェーン管理などの分野で、効率的なプロセス改善が期待されています。

ブロックチェーン上で実行されるスマートコントラクトは、契約条件を自動的に実行するプログラムです。これにより、契約の履行と執行が自動化され、信頼性が向上します。また、ブロックチェーンは仮想通貨(例: ビットコイン)の基盤として使用され、送金や決済のプロセスを改革しました。これにより、中央銀行や伝統的な金融機関を介さずに取引が可能になり、国際送金が迅速かつ低コストで行えるようになりました。

ブロックチェーンではどのような技術が使われていますか?

ブロックチェーン技術には、さまざまな技術的要素が組み合わさっています。

ブロックチェーンは分散台帳技術の一形態であり、複数のノードによって管理される分散型の台帳を提供します。この台帳はトランザクションの履歴を不変かつ透明に保持します。また、ハッシュ関数は、データを固定サイズの一意のハッシュ値に変換するために使用されます。ブロック内のデータや前のブロックのハッシュを含むことで、ブロックの一貫性とセキュリティが確保されます。

暗号学はブロックチェーンのセキュリティの基盤となります。公開鍵暗号や署名アルゴリズムを使用して、トランザクションの認証やデータの暗号化が行われます。

ブロックチェーン上で動作する分散型アプリケーションは、スマートコントラクトとユーザーインターフェースを組み合わせて、分散型のサービスを提供します。

ブロックチェーン上で資産を表現するためにトークンが使用されます。これにより、仮想通貨(例: ビットコイン、イーサリアムのETH)やトークン化された資産(セキュリティトークン、NFTなど)が作成されます。これらの技術要素が組み合わさって、ブロックチェーンの分散型台帳とセキュリティを提供し、さまざまな用途で活用されています。ブロックチェーンの実装にはさまざまなバリエーションがあり、特定のニーズやプロジェクトに応じて最適な技術要素が選択されます。

ブロックチェーンの代表例は何ですか?

ブロックチェーンの代表例はいくつかあり、それぞれ異なる用途や特徴を持っています。

ビットコインは最初のブロックチェーンプロジェクトであり、仮想通貨の分野で大きな影響を持っています。ビットコインはPeer-to-Peer電子キャッシュシステムを提供し、分散型のデジタル通貨として知られています。ビットコインの特徴は、PoW(Proof of Work)コンセンサスアルゴリズム、分散型マイニングネットワーク、および暗号学的セキュリティです。

イーサリアムはスマートコントラクトプラットフォームとして知られており、ブロックチェーン上でスマートコントラクトを実行できることから注目されています。これにより、分散型アプリケーション(DApps)の開発やトークンの発行が容易になります。イーサリアムの特徴は、柔軟なスマートコントラクト言語であるSolidity、PoWからPoS(Proof of Stake)への移行、そしてEthereum Virtual Machine(EVM)などです。

リップルは国際送金とリアルタイム決済に特化したブロックチェーンプロジェクトです。リップルのXRPトークンは、リキッドな国際送金市場において金融機関や銀行に利用されています。リップルは高速かつ低コストの国際送金を実現し、取引決済に焦点を当てています。

カルダノはスマートコントラクトプラットフォームであり、詳細な学術的研究に基づいて設計されました。PoSコンセンサスアルゴリズムを採用し、スケーラビリティとセキュリティに焦点を当てています。カルダノの特徴は、Formal Verificationと呼ばれる形式的な検証技術を使用したスマートコントラクト開発のサポートです。

最後に、ポリゴンは、Ethereumのスケーリングと拡張性を向上させるために設計されたレイヤー2スケーリングソリューションです。ポリゴンはEthereumのスマートコントラクトをサポートし、高速かつ低コストのトランザクションを提供します。イーサリアム上でのDApps開発者にとって魅力的な選択肢となっています。

ブロックチェーンは何ができるのかについてのまとめ

ここまでブロックチェーンが持つ多様な役割についてお伝えしてきました。
ブロックチェーンが持つ多様な役割をまとめると以下の通りです。

  • ブロックチェーンは主に3種類あり、用途別に分類されている
  • ブロックチェーンは、データを詳細に追跡することが可能であり、データの改ざんや不正利用等を防止する役割を持つ
  • ブロックチェーンは、新興技術であることから法的枠組みの基盤が確立しておらず、不安定な部分が存在する

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

 

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら