ブロックチェーンの金融業界での活用事例とは?

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています

金融業界においてブロックチェーンはどのように活用されているのでしょうか?
本記事では、金融業界におけるブロックチェーンの活用について以下の点を中心にご紹介します。

  • 金融業でブロックチェーンを活用するメリット
  • 3つのブロックチェーン活用事例
  • 日本国内の金融機関におけるブロックチェーンの動向

金融業界におけるブロックチェーンの活用について理解するためにもご参考いただけると幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

ブロックチェーンは何が革命的なのか

ブロックチェーン技術は、現代のデータ管理や取引を大きく変える可能性を秘めています。

その核心的な革命性は「分散性」にあります。
一般的なデータベースや取引システムは、中央のサーバーが必要ですが、ブロックチェーンはこの中央集権的なシステムを排除し、データをネットワーク上の複数のコンピューターに分散して保存します。
このような分散型の特性が、ブロックチェーンのセキュリティ面での優位性を生む要因となります。例えば、金融機関での取引には、高度なセキュリティ対策が必要不可欠です。

しかし、ブロックチェーンは中央のサーバーが存在しないため、ハッキングやデータの改ざんが極めて困難となります。
なぜなら、不正な操作を施そうとする場合、ネットワーク上の全てのコンピューターのデータを同時に改ざんする必要があるからです。
この仕組みにより、ブロックチェーンは高いセキュリティを低いコストで提供可能となります。

また、この低い管理コストは、消費者にも恩恵を得られます。
具体的には、取引や送金の手数料を大幅に減少できるのです。

これらの特性から、ブロックチェーン技術は今後多くの分野での採用が期待され、その革命的な可能性をさらに展開していくことでしょう。

金融業でブロックチェーンを活用するメリット

金融業におけるブロックチェーンの活用にはどのようなメリットがあるのでしょうか?
以下で詳しく解説します。

運用と収益を得るまでのスピードが早い

現代のビジネス環境において、迅速な意思決定と実行は企業の競争力を大きく左右します。特に、多くのステークホルダーが関わる複雑なバリュー・チェーンでは、情報の透明性と即時性が求められます。
ここで注目すべきは、信頼できるデータの活用です。信頼性の高いデータをもとに最適化されたワークフローを実現することで、業務プロセスの遅延や無駄を大幅に削減できるでしょう。

このような効率的なワークフローは、企業が運用を開始してから収益を実現するまでの期間を大幅に短縮する助けとなります。
従って、企業は市場の変動や新たなチャンスに素早く対応でき、競合他社に先駆けて戦略的なアクションを取れるのです。
信頼できるデータと最適化されたワークフローの組み合わせは、バリュー・チェーン全体のパフォーマンスを飛躍的に向上させ、ビジネスの成果を早期に達成するための強力な推進力となるのです。

コストカットとリスクを低減できる

業界に関わらず、効率的な運営は企業の持続的な成功を担保する鍵です。
そして、その実現のためには、業務の簡素化や自動化は不可欠です。

共有プロセスの簡素化は、不要な作業の削減や情報の正確な伝達を可能にし、それによって関連するオペレーショナルコストを削減します。
さらに、責任追跡性の向上は、各業務ステップでのアカウンタビリティを強化し、業務の透明性を高めることでリスクの特定と管理を助けます。

新たなビジネスチャンス

近年、消費者の購買行動は、製品そのものよりもブランドの信頼性に大きく影響を受けています。
製品の品質や機能性が一定の基準を満たしていることは当然の期待となり、その上で消費者が重視するのはブランドの信頼感や価値です。
製品の信頼性を高めることで、ブランドへの信頼が深まり、それが売上の向上に繋がるのです。

一方、ビジネスの世界は日々進化し、新しい市場の開拓が企業の成長の鍵となっています。
ここで注目されるのが、資産のトークン化です。
これは、物理的または非物理的な資産をデジタルトークンに変換し、それを流通させることで新しい取引やビジネスモデルの創出を可能にする手法です。
資産のトークン化により、これまで手を出せなかった市場や新しい顧客層へのアクセスが可能となり、ビジネスの展開の幅が大きく広がるのです。

【金融業界】3つのブロックチェーン活用事例

ここでは、金融業界におけるブロックチェーンの活用事例を3つご紹介します。是非参考にしてみてください。

デジタル資産・暗号通貨への投資

近年、デジタル資産や暗号通貨への関心が急速に高まっています。
これまでの投資方法に変化を求める多くの投資家が、この新しい領域に目を向けているのです。
従来、一般の人々がこうした先進的な投資へアクセスするのは難しいとされてきましたが、技術の進展や金融機関の取り組みにより、その壁は低くなりつつあります。

特に注目すべきは、多くの金融機関がデジタル資産の提供に乗り出していることです。
これにより、一般の投資家も従来の株式や現金と同様の方法で、暗号通貨などのデジタル資産に容易に投資できるようになっています。
この流れは、新たな投資機会を生み出し、金融業界の未来を刷新する可能性を秘めています。

デジタルアセットの普及は、金融機関にとって新しい顧客層の獲得のチャンスをもたらしています。
これからの時代、デジタル資産をうまく取り入れた金融商品の提供が、金融業界の競争力を決定する鍵となるでしょう。

非金融資産のトークン化

全世界の資産の中で、約3分の1は非金融資産(nBA)として知られ、その取り扱いは従来の金融機関にとっては難易度が高いものとなっています。
これらの資産は、高級不動産や美術品、クラシックカーなど、一般的な流動性資産とは一線を画すものです。その特性上、投資家にとっての価格設定やリスクの計算、さらには利益の予測も困難です。

しかし、現代のブロックチェーン技術の導入により、これらの非流動性資産をトークン化することが可能となってきました。
トークン化の進行により、従来の高い参入障壁や投資の複雑さが緩和され、非金融資産の市場が拡大の兆しを見せています。

この新たな技術の採用は、オルタナティブ資産を多くの投資家にアクセス可能にし、資産の民主化をさらに推し進める動きとなり得るでしょう。

DeFi

分散型金融、通称DeFiは、中央集権型の金融システムの構築を見直すための新しいアプローチを提供しています。
銀行やその他金融機関の仲介なしで、直接的な金融サービスを提供することがこの技術の特徴です。
その背景には、スマートコントラクトや分散型台帳といったブロックチェーン技術があります。

DeFiの進化は、ブロックチェーンだけでなく、IoTや人工知能、ビッグデータといった先端技術の連携によって加速しています。これにより、直接的なピアツーピアの取引やローン、さらには分散型取引所へのアクセスが容易になりました。
DeFiは特に、従来の金融インフラから疎外されていた層にも新たな金融サービスへのアクセス機会を提供します。
この領域の成長は著しく、金融業界は新しいビジネスモデルやソリューションの構築を迫られる状況にあります。

DeFiの勢いを受け、新しい金融の未来が形成されつつあるのです。

銀行におけるブロックチェーンの活用

銀行ではどのようにブロックチェーンが活用されているのでしょうか?
以下で詳しく見ていきましょう。

支払い・決済

中央集権型の金融機関を介さない新しい方法として、分散型台帳技術が浮上してきました。
ビットコインを筆頭としたこの技術は、取引の確認や記録をユーザー間で共有し、認証するシステムを持ち合わせています。

これにより、従来の金融機関を経由した場合に発生する複数の手数料や時間を大幅に削減可能となりました。
特に国際間の送金において、従来数日を要していたものが数分で完了するというスピード感は、新しい金融のスタンダードとして注目されています。

清算決済システム

従来の清算決済システムは多くの時間とコストを要していましたが、新しい技術の導入で、即時性が向上し、運用コストも大幅に削減されています。
この進化は、金融機関間の取引の迅速性と効率性を新たな次元へと引き上げるもので、今後の金融業界における革命とも言える動きとなっています。

資金調達

近年、仮想通貨の台頭とともに「イニシャル・コイン・オファリング(ICO)」が注目を集めています。
これは、従来の資金調達方法とは異なり、企業や中間業者を介さずに直接、資金を集める新しいスタイルです。

ICOは、プロジェクトの早期段階での資金確保を助け、起業家や開発者にとって革新的な選択肢を提供しています。

証券

時代の流れとともに、証券市場もデジタル化の波に乗り始めています。

トークンという新しい形式が登場し、株式や債券、その他の資産をデジタル権利証としてパブリック型ブロックチェーンに配置するアイディアが生まれました。
これにより、証券取引の効率が向上し、市場の相互運用性が増強されています。

デジタル化された資本市場は、新しい経済活動の舞台として、多くの可能性を開きつつあります。

ローン・クレジット

従来の金融業界では、管理者が融資の安全性や手続きの確実性を保障してきました。
しかし、新しいテクノロジーの導入により、これらの管理者を必要としないローンやクレジットの提供が可能になりました。
また、安全性の高い融資を低利で提供できます。

貿易金融

貿易金融は、大量の紙ベースの文書や船荷証券に依存してきました。
この方式は時間もコストもかかり、エラーや遅延の原因となることが多いとされています。

しかし、最新の技術の導入により、これらの文書をデジタル化する動きが進行中です。
この変化により、取引の透明性や安全性が向上し、関係者間の信頼も強化され、結果として、グローバルな貿易がよりスムーズに行われ、経済の発展にも寄与することとなるでしょう。

顧客の本人確認と不正防止

ブロックチェーン技術の進化により、金融業界の顧客本人確認(KYC)のプロセスも変わりつつあります。
従来の中央管理型の情報システムとは異なり、ブロックチェーンは情報を分散して保管し、これにより不正アクセスやデータの改ざんが難しくなります。
金融機関間での顧客情報の共有も、この技術を使用することで、迅速かつ安全に行えるようになります。

日本国内の金融機関におけるブロックチェーンの動向

近年、日本の金融セクターはブロックチェーン技術の導入に大きな関心を寄せています。

代表的な例として、三菱UFJフィナンシャルグループが開発したデジタル通貨「coin」が挙げられます。
これは、日本の大手銀行がブロックチェーンの利点を活かし、新たな決済システムを目指しての挑戦です。

また、行政サービスにおいても、ブロックチェーンの利用が注目されています。
特に、地域行政のペーパーレス化を目指す動きが見られ、福岡県飯塚市が先駆けてブロックチェーン技術を取り入れたシステムの実験を開始しています。
これまでのデジタル行政サービスに対するセキュリティの懸念が、ブロックチェーンの持つ信頼性や透明性により解消されつつあると感じられます。

製造業においてもブロックチェーンの波が押し寄せており、特にサプライチェーンや権利証明の分野での実証実験が進行中です。
矢野経済研究所によると、国内のブロックチェーン関連サービスの市場規模は、急速に拡大しており、数年後には1,200億円規模に達するとの予測も出ています。
このような動きを背景に、日本の金融業界におけるブロックチェーンの展開は、今後も目が離せないトピックとなりそうです。

ブロックチェーン金融事例に関するよくある質問

ここではブロックチェーンの金融事例に関するよくある質問にお答えしていきます。是非参照してください。

ブロックチェーンの「流行」はまだ先ですか?

ブロックチェーン技術は、医療から食品流通、貿易に至るまで、その応用の幅広さから多くの分野での期待が寄せられています。
一部の業界での導入が始まっていますが、多くはまだ構想や実証段階です。実際、社会全体に貢献する形でのブロックチェーンやスマートコントラクトの実用化は限定的と言えます。

しかしそれにもかかわらず、この技術のポテンシャルは非常に大きいため普及した際には、多くの業界での革命的な変化が期待されます。
そのため、ブロックチェーン関連の動向や海外の事例を継続的に注視することが、未来のビジネスチャンスを掴む鍵となるかもしれません。

ブロックチェーン関連に投資した銀行はどれくらいありますか?

2018年のデータによれば、驚くべきことに、銀行の91%がブロックチェーンのソリューションに投資しているとされています。
これは、ブロックチェーンがもたらす効率性やセキュリティ向上の可能性を、多くの銀行が早期に認識していたことを示唆しています。

ブロックチェーンが普及すると銀行業務はなくなりますか?

近年、ビットコインやアルトコインの動向がメディアで取り上げられ、その背後のブロックチェーン技術の可能性が注目されています。
ブロックチェーン、通常「分散型台帳技術」とも称されるこの技術は、多岐にわたる分野での活用が期待されている中、特に金融分野での変革が大きく予測されています。

しかし、ブロックチェーンの普及が銀行業務を完全に置き換えるかというと、そう単純ではないかもしれません。
ブロックチェーンは金融の進化を促進する可能性がある一方で、銀行が果たす役割を考慮すると、完全な置き換えは未来の話となるでしょう。

ブロックチェーン金融事例についてのまとめ

ここまでブロックチェーン金融事例についてお伝えしてきました。
ブロックチェーン金融事例の要点をまとめると以下の通りです。

  • 金融機関での取引には、高度なセキュリティ対策が必要不可欠
  • 金融業界でブロックチェーンを活用することで新たなビジネスチャンスに繋がる
  • ブロックチェーン金融事例としては、デジタル資産・暗号通貨への投資・非金融資産のトークン化・DeFiが挙げられる

これらの情報が少しでも皆様のお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら