MoveZで仮想通貨が稼げる?NFTの買い方や始め方・評判を紹介!

MoveZ

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

NEXT STEPNとして最も注目されるM2EプロジェクトがMoveZです。
なぜ注目されているのか?期待度は高いのか?
稼ぎ方や、やり方が気になる方が多いのではないでしょうか。
今回Ludusでは、MoveZの以下の内容を紹介していきます!

  • MoveZの特徴と概要
  • MoveZでの稼ぎ方
  • クチコミと評判
YATARO
YATARO
最後まで読まな損するで!

MoveZとは?

リリース日 2022年7月予定
対応デバイス iOS・Android

有名ベンチャーキャピタルであるBlueZillaが出資しているとして期待度が高く
「Move to earn(運動して稼ぐ)」ゲームの中でも突出しているのがMoveZです。

BlueZillaが関わった過去のプロジェクトはどれも大成功しており、MoveZもアプリが公開されたらトークンの高騰はほぼ間違いないと予想されています!

2022年6月時点では、ベータ版などもリリースされていないので遊ぶことはできません。
ですが予想では7月始めにリリースと言われています。
すぐに遊べるように本記事で情報をキャッチアップしておきましょう!

MoveZの仕組み

MoveZは他のM2Eゲームと同様に、運動の対価にアプリ内通貨を獲得できます。
歩く、走る意外にも様々なフィットネスに対応しているところが最大の特徴です!

公式サイトによると、サイクリング、ウェイトリフティング、スイミングやサーフィンに対応するようです。
公式ローンチではさらにたくさんの運動に対応するかもしれませんね!

M2Eの特性上、スマホやスマートウォッチで運動をトラッキングします。
ゲームを楽しんでいる人からすると、不正などがあったら嫌ですよね。

アクティビティが報酬の対象になるかどうか、本物のフィットネスデータのみが採用されるように最新のチート対策技術が採用されるとのことです!

MoveZの遊び方

次世代のM2Eゲームとして期待されているMoveZですが、どういった遊び方ができるのか、概要を解説していきます!

新しいソーシャル体験

定期的に変化する特定のゾーンに移動することで報酬をアップするブーストゾーンという機能があり、ゲーム性を持たせています。
例えば地域のスポーツイベントへの参加、国立公園でのランニング、特定の施設での水泳などが該当するようです。

グローバルリーダーボード機能もあり、より広いコミュニティでフィットネスを行い、競い合うことができます。
上位者には報酬アップや特別な特典があるようです。

運動好きな方は自分を高めるモチベーションになる面白い機能ですね!

パーソナライズされたフィットネス

MoveZは個々のユーザーに合わせた、様々なチャレンジを提供する機能もあります。

例えば、7日間連続でエクササイズを行う、ハーフマラソン完走などがあり達成することで追加報酬や特典をもらうことができるようです。

小さな達成感を積み重ねて、長く続けることができそうですね!

MoveZでの稼ぎ方

MoveZには二つのトークンがあります。

  • $MOVEZ(ガバナンストークン)
  • $BURNZ(ゲーム内トークン)

フィットネスを行うことでユーザーはこれらのトークンを獲得し、獲得したトークンで
アプリ内で商品などと交換、NFTの購入、仮想通貨取引所での売買などができます。

フィットネスで稼ぐ

日々のミッションクリア、ブーストゾーンの活用、リーダーボードのランキング上位を目指す、などで報酬をアップさせていくと効率的でしょう。

ミッション以外だと、詳細は不明ですがタスクという形である一定量の運動をこなすことで
通常の報酬が得られるようです。

M2E本来の稼ぎ方ですがソーシャル機能を利用すれば、稼げる幅は広いのではないでしょうか。

NFTレンタル機能で稼ぐ

NFTのレンタルはユーザーの参入障壁を下げるための機能ですが、NFT保有者として貸し出せば利用料などで稼ぐことができます。

MoveZにはNFTプラットフォームが内包されており、その中でNFTを簡単かつ安全に他のユーザーに貸し出し、報酬を受け取ることができます。

システムがアプリ内に含まれていればハードルは高くなさそうですね。

ステーキングで稼ぐ

$MOVEZをステーキングして稼ぐことができるようです。
アプリ自体は2022年6月時点ではリリース前ですが$MOVEZは大手の主要な仮想通貨取引所に上場しています。

アプリ開始時にはメタマスクとの連携は必須になります。

後述しますが国内の取引所では$MOVEZを購入できないので注意です。

ホワイトリスト

残念ながらMoveZの懸賞は5月16日に終了しているので参加はできません。
ですが先述の通り多様な稼ぎ方があるので、懸賞に間に合わなかった人もこれから備えておけば波にのることはできますよ!

当選者の方もアプリについての公式情報を待ちましょう!

MoveZの評判・クチコミ

MoveZはリリース前ですがTwitterなどで大いに盛り上がりを見せています。

ここでは、その中からクチコミを何件か抜粋して紹介します!
やはり注目されているだけあって期待の声が多い印象です。

高評価のクチコミ

MoveZはStepnや他のM2Eプロジェクトと違って、NFTを所持しなくても稼ぐことが可能なのです! 参入障壁ゼロのため招待コードの取り合いになるのが想定できます。皆さん早めに取得しましょう
引用:Twitter

7月にはMOVEZが来るぜ
引用:Twitter

BarnZの発表でMOVEZ盛り上がってきた! 価格が0.032$(4.41円)で18%上昇。 BurnZはタイミングさえ間違えなければ普通にキャピタルゲインでも稼げそう。 購入タイミングをミスらないように!
引用:Twitter

低評価のクチコミ

#MoveZ 結局アプリは本物なのかな? ちょいちょい繋いでる人いるみたいだけど、公式がアナウンスしてないのは繋がないでと言ってたし取り敢えずギリギリまでは様子見。。
引用:Twitter

またアプリ下げ。。なんというか、招待コードも手にいれにくいし、どうしたいんだ一体。。 #MOVEZ
引用:Twitter

MoveZは無課金でも遊べる?

詳細は不明ですが、STEPNとは違いスニーカーなどのNFTは必須ではないと思われるので
フィットネスで得る報酬のみで遊ぶことができそうです。

また、NFTの分割保有やレンタル機能があるのでコストを抑えたい人も始めやすい仕組みが備わっています。

MoveZへの参加方法

MoveZに参加するには、詳細は不明ですが以下の方法があるようです。

  • ステーキングする
  • 他人から招待を受ける

明確な情報ではないですが、資金面に不安がある方は招待コードをもらえるようにするのが良さそうですね。

MoveZの注意点

国内の取引所では、ガバナンストークンである$MOVEZを購入することはできません。
購入を検討している方は海外の仮想通貨取引所を利用しましょう。
$MOVEZは2022年6月10日に上場しており、Bybitなど大手の取引所で購入することができます。

なので逆を言うとゲーム内で得た報酬を円として引き出す際には、国内の取引所の口座が必要になります。

買い方をまとめると、国内の取引所⇄海外の取引所で仮想通貨の変換が必要になるので、こちら認識しておきましょう!
https://pacific-meta.co.jp/magazine/blockchain-game/104387/

おすすめ仮想通貨取引所

Bybit
これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

MoveZについてのまとめ

今回Ludusでは、今もっとも注目を集めるM2Eゲームである、MoveZを紹介しました。

  • BlueZillaが出資している
  • さまざまな運動に対応している
  • ブーストゾーンなどの新しいソーシャルな機能
  • NFTのレンタルが可能

現状日本語のサイトなどはなく、アプリの具体的な情報は乏しいですが
公式サイトや公式Twitterなどをチェックしておきましょう!

STEPNには乗り遅れてしまったけどM2Eの波にのりたい!
運動が好きだしどうせなら稼ぎたい!
そんな方はこの機会に挑戦してみてはいかがでしょうか。

YATARO
YATARO
ここまで読んでくれてありがとな!
おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら