Mafagafo NFT Gameの始め方は?稼ぎ方や評判などまとめて解説

Mafagafo NFT Game

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています

今回は、ブラジル発のブロックチェーンゲームMafagafo NFT Gameについて解説していきます!

かわいらしい鳥たちのデザインに、心奪われたという方も少なくないでしょう。

しかし、Twitterのフォロワー数10万人を超えているにもかかわらず、日本語と英語の情報が少ないため、どのようにプレイしていいか分かりませんよね。

今回Ludasでは、Mafagafo NFT Gameについて以下の内容を紹介していきます。

  • Mafagafo NFTの買い方
  • Mafagafo NFT Gameの始め方・稼ぎ方
  • Mafagafo NFT Game評判・レビュー
YATARO
YATARO
最後まで読んでいってな!

Mafagafo NFT Gameの基本情報

運営会社 不明
リリース日(α版) 2022年4月1日
デバイス スマホ/PC(予定)

Mafagafoはユニークな鳥たちのNFTで繰り広げられるブロックチェーンゲームです。

経営している会社名は不明でしたが、国がブラジルであることと、CEOなどの顔写真は公式サイトで判明しました。

プロジェクトを立ち上げてから、なんと2日でコミュニティメンバー数3万人を突破。

トークンも、上場してからすぐに高騰しています。

加えて、2022年9月時点でTwitterのフォロワー数は10万人を超えており、ポルトガル語圏で大人気のプロジェクトとなっているようです。

また、同年1月にはニューヨークに広告を出したとの報告をアップしました。

資金調達を行ったとの情報は見当たりませんでしたが、潤沢にあるということが分かりますね!

Mafagafo NFT Gameの仕組み

Mafagafo NFT Gameには2つの大きな特徴があります。

すでにアルファ版もリリースされており、特徴が自分に合っていると感じられたらすぐにプレイできますよ!

かわいい鳥たちとレース

まずはNFTがかわいくなければ、購入しようという気持ちにならないものですよね。

その点Mafagafoは、個性的な鳥のNFTで購入意欲をかき立ててきます!

一応ストーリーがあるようで、ホワイトペーパーには以下のように記載されていました。

小さな島で、不思議な鳥「Mafagafo」が発見された。
Mafagafoは飛ぶことができないが、好奇心が強く、適応力があり、そして賢い。
Mafagafoの心の中にはいつでも「競争」があり、そして競争こそMafagafoが最も愛するものなのである。
彼らの中で誰が一番強いかを競おう。
彼らには共通する競争心があり、みんな個性的だ。

どうやら鳥の名前が「Mafagafo」というようですね!

登場するMafagafoには8種類あるようです。

  • Pagafo:不器用だが外向的
  • Mafagalo:いつでも不機嫌で警戒心が強い
  • Flamingafo:楽観的でのびのびしている
  • Mafagold:義理堅くて賢い
  • Mafagafo Original:好奇心旺盛
  • Maflamingo:歪んでいて皮肉っぽい
  • Galito:不安になりがち
  • Mafavão:自発的でひょうきん

NFTでは、これ以上にたくさんのMafagafoが登場していますよ!

ゲームを攻略するほど稼げる仕組み

プレイして楽しいこと、そして稼げることを目標として立ち上げられた本プロジェクト。

さらに、ゲームが上手な人ほど稼げるという設計にしているようです。

これまでのブロックチェーンゲームでは、プレイせずともトークン・NFTを持っているだけで稼げるというものも少なくありませんでした。

よって、真剣にプレイしている人よりもプレイしていない人のほうが稼げているということが起こっていたのも実情としてあります。

そうした点に革命を起こすことがMafagafoが最終的に目指すところなのだそう!

まだゲームはアルファ版ですが、正式ローンチの際には稼げるようになっているといいですね!

Mafagafo NFT Gameの遊び方

Mafagafo NFT Gameでは現在5種類のマップとミニゲームが存在しています。

人気ゲームアプリ「Fall Guys」にも似た、シンプルなゲームです!

操作

Mafagafo NFT Gameは、まだPCでしかプレイすることはできません。

そのため、操作もPCゲーム向けとなっています。

  • 前進:W または ↑
  • 右へ:D または →
  • 左へ:A または ←
  • 後進:S または ↓
  • ジャンプ:スペース
  • ベリージャンプ:Shift + スペース

ベリージャンプ(Belly Jump)は、画像のようにお腹を使って滑る状態を指すようです。

Hiveなどのミニゲームでは、このジャンプをいかに上手く使えるかがカギとなるでしょう。

YATARO
YATARO
慣れるまでに時間がかかりそうやな!

Obstacle Course

日本語にすると「障害物コース」。

その名の通り、できるだけ多くの障害物を避けながら競争するミニゲームです。

Fall Guysと似たようなミニゲームということが、動画からも伝わってきますよね。

回転するハンマーや転がってくる巨大なボールを避けながらゴールを目指しましょう!

なお、回転ハンマーの真ん中では立ち止まることができます。

Waterslide

夏の名物、ウォータースライダー!

こちらもObstacle Courseと同じく、競争系のミニゲームです。

ウォータースライダーを滑り降りながらゴールを目指します。

辿り着くまでに障害物があったり、スピードを上げる装置があったりと、マリオカートのような雰囲気ですね。

海に落ちると、途中からやり直さなければならないため、大幅なタイムロスとなりますよ!

Hive

(蜂の)巣という意味のこのマップは、上記2つと違い、サバイバル系のミニゲームです。一番Fall Guysに似ているミニゲームかもしれません。

舞台は6階建ての建物。
一番下に落下したプレイヤーは脱落となってしまいます。

ただ留まっているだけならカンタンですが、実はこの建物、踏んだそばから崩壊してゆくのです……。

プレイヤーはなるべく地面を踏まないようにしながら生存する必要があります。

「ベリージャンプ」を駆使して戦略的に生き残るやり方がおすすめです。

できるだけ高い階に留まっていたプレイヤーが勝利となります!

Sunflower

こちらはサバイバル系のミニゲームです。
ひまわりのような形をした装置の上で、次々に飛び移り、ゴールを目指します。

適切なタイミング&完璧な位置へのジャンプを何度も決めなければならないので、ちょっとコツが必要です。

海に落ちたら最初からやり直し!

ただ、何度やってもこのマップに当たることがなかったことと、SNSにもネット上にもこのマップがなかったことから、もしかしたらまだ開発段階にあるのかもれません。

Ship

またもサバイバル系のミニゲームであるShip。
全員が船から出発することにゲーム名の由来がありそうです。

内容はObstacle Courseに似たような感じで、障害物を避けながらゴール(ビーチ)を目指します。

綱渡りがあったり、泳がなければならなかったりするところがObstacle Courseと違うところでしょうか。

生き残り要素が強めのObstacle Courseと言い換えられるかもしれませんね。

Mafagafo NFT Gameでの稼ぎ方

ゲームをプレイするだけなら今すぐにでもできるのですが、稼ぐとなると話は別です。

なぜなら、トークンをもらうにはNFT保有者であることが必須だからです。

ここからは、NFTだけでなくチケットの制度など分かりづらい点を解説していきます。

MafaTicket

賞金がもらえるゲームへの参加には、MafaTicketというチケットが必要となります。

チケットは1ゲームにつき1枚必要で、1ゲームは3ラウンドの構成です。

パッケージの値段はこちら!

  • 10枚:100 $MAFAS(約61円)
  • 100枚:1,000 $MAFS(約616円)
  • 1,000枚:10,000 $MAFAS(約6,169円)

2022年9月時点で、1ラウンドにつき2円ほどかかるということですね。

購入はMafaStoreというマーケットから行うことができます。

MafaStoreのURLは公式サイトで見当たらず、Twitterから検索しないと出てこないためご注意ください。

YATARO
YATARO
無料プレイもできるで!

MafaPoint

ゲーム終了後、15人のプレイヤー全員が順位に応じて受け取るポイントがMafaPoint(MP)です。

ポイントは1:1のレートで$MAFAと交換することができます。

ただし、トークン・ポイントの引き出しには以下のようなルールが定められているようです。

  • 最低引き出し額:1,000 MafaPoints
  • 最大引き出し額:30,000 MafaPoints
  • 引き出し可能の曜日:水曜日・金曜日

ある程度貯めなければ出金することができないということですね。

Mafagafo Genesis(NFT)

Mafagafo NFT Gameは無料でプレイすることが可能ですが、MafaPointを報酬としてもらうにはMafagafo GenesisというNFTを所持していなければなりません。

このNFTはOpenSeaで取引されています。

2022年9月時点で最新のフロア価格は0.02ETH(約4,692円)。

ゲームに有利なステータスなどは存在せず、あくまでゲームのスキン的な役割を担っているので、フロア価格のものでも問題ないでしょう。

本ゲームで唯一のメタバース的要素とも言えますね!

MafaPointが欲しい方は、好きな見た目のNFTを購入してみると良いでしょう。

Mafagafo NFT Gameを始める方法

Mafagafo NFT Gameを始めるには、まず公式サイトからゲームにアクセスしましょう。

公式サイト右上にある「Play Mafagafo」をクリックします。

すると別ページに飛ぶので、表示された3つのオプションからアカウントを作成してください。

  • Genesis NFTを持っていて、以前アカウントを作成した方:LOGIN
  • Genesis NFTを持っていて、アカウントを作成していない方:SIGN UP
  • Genesis NFTを持っていない方:FREE PLAY

今回はGenesis NFTなしでプレイしたいので、FREE PLAYをクリック。

名前を入れるとマッチングが始まります!

Genesis NFTを持っている方は、メタマスクと連携してNFTを紐づけてくださいね。

Mafagafo NFT Gameの評価・評判・レビュー

では、Mafagafo NFT Gameの評価はどのようになっているのでしょうか?

実は日本語で検索しても全然出てこなかったので、今回は英語の評判を調査してみました!

なんてファンタスティックなゲーム。各プレイヤーが個性的なNFTを使っている。
Mafagafoはこの世界に、美しくておもしろいゲームを見せてくれるでしょうね。

引用:Twitter

Mafagafo gameは、美しいGenesis Colectionを兼ね備えた最高のNFTゲームです!!!

引用:Twitter

エアドロップの分配はいつなんだ?

お前らスキャムか?

エアドロップの報酬が届かないんだけど。

引用:Twitter

高評価なツイートが圧倒的に多い印象でした!

中にはスキャムを指摘する声もあるようですが、10万人のフォロワーがいて問題が起きていないなら、スキャムの可能性も低いのではないでしょうか。

Mafagafo NFT Gameは無課金で遊べる?

Mafagafo NFT Gameは無課金で遊べます!

ただし、無課金で遊べるモードでは、勝ってもMafaPointを得ることができません。

$MAFASと1:1のレートで交換できるMafaPointを得るには、Genesis MafagafoというNFTが必要です。

そもそも無課金のモードにはあまり人がいないため、ゲームとして成り立っていない印象を受けました。

ちゃんとプレイしたい方は、NFTの購入を検討してみてください。

https://pacific-meta.co.jp/magazine/blockchain-game/104387/

Mafagafo NFT Gameについてまとめ

今回Ludasでは、Mafagafo NFT Gameについて以下の内容を紹介しました。

  • Genesis Mafagafoとは
  • MafaPoint・$MAFASの稼ぎ方
  • Mafagafo NFT Gameのマップ解説
  • 遊び方とPCでの操作方法

Twitterでフォロワー10万人以上を抱えているにもかかわらず、日本では知名度が低いMafagafo NFT Game。

主にブラジルなどの国で流行しているようです。

ブラジル発のプロジェクトというのは割と珍しいかもしれません。

まずは無料でプレイしてみて、楽しかったらNFTを購入してみてください!

YATARO
YATARO
最後まで読んでくれてホンマにありがとう!
おすすめ仮想通貨取引所

これから仮想通貨取引を始めたいと考えている方は、Bybit(バイビット)の取引所口座を開設しましょう!

Bybitの新規登録はこちらから!

Bybitは140種類以上の仮想通貨を取り扱っている、世界最大規模の仮想通貨取引所です。仮想通貨取引所には様々な種類がありますが、Bybitの口座を用意しておけば間違いありません!

また、Bybitで仮想通貨を取引するためには、国内の取引所口座も必要です。以下の中から気になる国内取引所の開設も済ませておきましょう!

  1. Coincheck【🔰おすすめ】
    公式サイト: https://coincheck.com/ja/
    Coincheckについて、こちらの記事で詳細を解説しています!
  2. DMM Bitcoin【口座解説で1,000円もらえる!】
    公式サイト: https://bitcoin.dmm.com/
  3. GMOコイン【100円~取引可能!】
    公式サイト: https://coin.z.com/jp/

 

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください!

株式会社Pacific Metaは、経営戦略にWeb3を組み入れ、事業成長に必要不可欠なトークンエコノミクスの構築やブロックチェーンの開発支援、コミュニティ運営などを一気通貫で行う、Web3特化のグローバルプロフェッショナルチームです。

Web3事業に挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対し、Web3の専門知識を活かした支援はもちろんのこと、世界各国に散らばるチームメンバーが構築したWeb3ネットワークを活用したグローバル支援も行っています。

現在すでに、国内最大手のブロックチェーンゲーム開発企業や、日系大手広告代理店をはじめとした企業様と日本国内外でさまざまな施策を展開しています。

弊社の取り組みはこちらからご覧いただけます。
  • 自社の新規事業としてブロックチェーンの活用やNFTの導入を検討している。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外に展開したい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを包括的に依頼したい。

などといった、Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスでお困りの際には、弊社のお問合せページからお気軽にご相談ください。

お問合せページはこちら