カルダノ ¥68.41 -0.51%
トンコイン ¥1,154.87 0.69%
ドージコイン ¥21.03 7.15%
XRP ¥92.93 2.02%
USDコイン ¥157.53 0.0044%
ソラナ ¥26,690.46 -0.35%
BNB ¥93,706.58 -0.27%
テザー ¥157.62 0.03%
イーサリアム ¥551,006.63 0.28%
ビットコイン ¥10,512,577.11 0.76%
カルダノ ¥68.41 -0.51%
トンコイン ¥1,154.87 0.69%
ドージコイン ¥21.03 7.15%
XRP ¥92.93 2.02%
USDコイン ¥157.53 0.0044%
ソラナ ¥26,690.46 -0.35%
BNB ¥93,706.58 -0.27%
テザー ¥157.62 0.03%
イーサリアム ¥551,006.63 0.28%
ビットコイン ¥10,512,577.11 0.76%
カルダノ ¥68.41 -0.51%
トンコイン ¥1,154.87 0.69%
ドージコイン ¥21.03 7.15%
XRP ¥92.93 2.02%
USDコイン ¥157.53 0.0044%
ソラナ ¥26,690.46 -0.35%
BNB ¥93,706.58 -0.27%
テザー ¥157.62 0.03%
イーサリアム ¥551,006.63 0.28%
ビットコイン ¥10,512,577.11 0.76%
カルダノ ¥68.41 -0.51%
トンコイン ¥1,154.87 0.69%
ドージコイン ¥21.03 7.15%
XRP ¥92.93 2.02%
USDコイン ¥157.53 0.0044%
ソラナ ¥26,690.46 -0.35%
BNB ¥93,706.58 -0.27%
テザー ¥157.62 0.03%
イーサリアム ¥551,006.63 0.28%
ビットコイン ¥10,512,577.11 0.76%

トークン資金調達の基本について解説!メリットやデメリット、成功事例についても紹介!

事業者向け

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

トークンの資金調達を知っていますか?
本記事では、メリットやデメリット、成功事例について以下の点を中心にご紹介します!

  • トークンとは何か?
  • トークン資金調達の基本
  • トークン資金調達の利点

トークン資金調達について理解するためにもご参考いただけると幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

スポンサーリンク

トークンとは何か?

トークンは情報の最小単位で、プログラムやAIの処理において不可欠です。

資金調達の重要性

トークンベースの資金調達方法は、スタートアップの資金調達環境に大きな変革をもたらしています。伝統的なエクイティファイナンスに対する新たな選択肢として、トークン発行が注目されています。エクイティファイナンスでは株式を投資家に発行して資金調達をしますが、トークンはプロジェクトに紐づくもので、その特性が異なります。トークンには様々な権利を付与でき、議決権を含めたコントロールをプロジェクト側で柔軟に調整できます。スピーディな資金調達と運営の自由度を求めるスタートアップにとって、トークン発行は有力な手法となりつつあります。

また、トークンベースの資金調達はプロジェクト運営者と出資者の持続的な関係構築にも寄与します。クラウドファンディングとは異なり、トークンを保有する出資者との結びつきは強化され、コミュニティや新たな経済圏の形成につながります。これにより、プロジェクトの成功は単なる投資にとどまらず、ファンや支持者とともに築かれ、成長していくことが期待されます。将来的には、投資家だけでなく、プロジェクトの愛好者や応援者からの資金提供が一般的になる可能性が高いでしょう。

トークンを利用した資金調達の概要

「トークン」は暗号資産界で頻繁に耳にする言葉で、ビットコインなども「暗号資産トークン」と呼ばれることがあります。しかし、この単語は具体的な2つの意味を持つようになり、一般的に使われています。

一つ目の意味では、トークンはビットコインやイーサリアムなどを除く、他の暗号資産を指します。これは、ビットコインやイーサリアムが市場で主要な位置を占めるため、他の暗号資産を一括して指す便利な用語として使われています。これを「アルトコイン」と呼ぶこともあります。

二つ目の意味では、トークンは他の暗号資産のブロックチェーン上で動作するものを指します。特に、分散型金融(DeFi)領域ではこの意味が強調されます。ビットコインなどの暗号資産には専用のブロックチェーンがありますが、DeFiトークンは既存のブロックチェーンを利用して動作し、特にイーサリアムブロックチェーンが一般的です。

この二番目の意味のトークンは、分散型アプリケーションが様々なことを実現するために使用されます。これらのトークンは保有や取引が可能で、自動金利計算からバーチャル不動産の売買まで、多くの用途に使用されています。

トークンを用いた資金調達の歴史は新しく、2013年にMastercoin(現在のOmni)が初のICO(Initial Coin Offering)を行ったのが始まりです。ICOはプロジェクトが独自にトークンを発行し、それを投資家に販売する方法で、既存の資金調達手法より簡便でした。しかし、ICOは規制の不備から詐欺が横行し、規制が強化されることとなりました。

その結果、IEO(Initial Exchange Offering)やSTO(Security Token Offering)などの新たな資金調達方法が生まれ、トークンを利用した資金調達の環境は進化しました。また、分散型金融の発展に伴い、IDO(Initial DEX Offering)と呼ばれる新しいトークン発行方法も登場しました。

日本でも規制の整備が進み、IEOやSTOによる資金調達が行われています。トークンを利用した資金調達は今後も成長が期待される分野であり、多様なプロジェクトに新たな資金調達の機会を提供しています。

スポンサーリンク

トークン資金調達の基本

トークン資金調達は、革新的なプロジェクトに資金を供給し、投資家にユニークな機会を提供する新たな方法です。

ICO(Initial Coin Offering)とは

ICO(Initial Coin Offering)は、新しい仮想通貨を一般に提供し、それを売却して資金を調達する手法です。この方法はしばしば「クラウドセール」「トークンセール」「トークンオークション」とも呼ばれ、プロジェクトの成功に連動したトークンを発行します。これらのトークンは、ホワイトペーパーと呼ばれる資料でプロジェクトの概要やビジョンを説明し、投資家を引き寄せます。ICOは、シード段階で大規模な資金を調達するための手段でした。

しかしながら、ICOは過度な投機性や詐欺のリスクが高まったことから、現在では市場が縮小し、STO(Security Token Offering)などが注目を集めています。ICOの歴史は、仮想通貨界における資金調達手法の進化を示すものであり、将来のプロジェクトに影響を与え続けるでしょう。

STO(Security Token Offering)とは

STO(Security Token Offering)は、Security Token(セキュリティ・トークン)を用いた新たな資金調達手法を指します。セキュリティ・トークンは、証券のような機能を備えたトークンであり、STOはこれらのトークンを発行して資金を調達するプロセスです。

STOは、過去のICO(Initial Coin Offering)の問題点を解決し、投機的性格や詐欺リスクを低減させるために生まれました。セキュリティ・トークンは規制当局によって監視され、法的なフレームワークに従って発行されるため、投資家の保護が強化されます。

STO市場は急速に成長し、数億ドル規模の案件が既に存在しています。将来的には、金融業界におけるブロックチェーン技術の重要な要素として、1兆ドル以上の市場に発展する可能性があります。

STOは、資産のトークン化や分散型金融(DeFi)プロジェクトの資金調達において有望な選択肢となり、ブロックチェーン技術の進化と共に今後ますます注目を集めるでしょう。

IEO(Initial Exchange Offering)とは

IEO(Initial Exchange Offering)は、ブロックチェーンプロジェクトが発行するトークンを仮想通貨取引所が販売する仕組み、サービスの略称です。これは、トークン資金調達の手法として新たに登場し、多くの注目を集めています。

IEOの特徴は、仮想通貨取引所がトークンの発行者と提携し、審査を通過したプロジェクトのトークンを自社プラットフォームで販売する点です。この仕組みにはいくつかの利点があります。

まず、取引所の信頼性が高く、投資家はプロジェクトの品質に対する信頼感を持ちます。取引所は金融当局と緊密に協力し、厳格な審査プロセスを実施するため、詐欺や不正なプロジェクトが排除され、投資家の保護が強化されます。

また、IEOはトークンの発行者と投資家との直接取引を必要とせず、取引所を通じて簡単に参加できるため、利便性が高いと言えます。さらに、上場までの過程が迅速で、プロジェクトは市場に迅速にアクセスできるため、資金調達の効率が向上します。

IEOはブロックチェーンプロジェクトと投資家の双方にとって魅力的な選択肢であり、今後もその重要性が増していくことが予想されます。

DeFi(分散型金融)におけるトークン資金調達

DeFi(分散型金融)におけるトークン資金調達は、新たな資金調達手法の一つとして注目を浴びています。DeFiは、従来の中央集権型金融機関を排除し、ブロックチェーン技術を活用して資金調達や金融サービスを提供する分野です。ここでは、DeFiにおけるトークン資金調達の基本について説明します。

DeFiプロジェクトは、自身のプラットフォーム上でトークンを発行し、資金を調達することが一般的です。これらのトークンは、プロジェクトの生態系内で様々な用途に使用されます。DeFiトークン資金調達の主要な特徴は以下の通りです。

プラットフォームトークン: DeFiプロジェクトは、通常、自身のプラットフォーム上で利用されるトークンを発行します。これらのトークンは、プラットフォーム内でのサービスや取引に使用され、利用者に利益をもたらすことが期待されます。

分散型取引所(DEX): DeFiプロジェクトのトークンは、主に分散型取引所(DEX)で取引されます。これらの取引所は中央集権型取引所と異なり、ユーザーが自分の資産をコントロールし、プラットフォーム上で直接取引をします。

プロジェクトの透明性: DeFiプロジェクトはブロックチェーン上に構築され、トランザクションや資金の流れが透明に記録されます。これにより、プロジェクトの透明性が高まり、投資家に信頼感を与えます。

リスクと報酬: DeFiトークン資金調達には高いリスクと報酬が伴います。価格の急激な変動やセキュリティのリスクが存在し、投資家は慎重にプロジェクトを評価する必要があります。

DeFiにおけるトークン資金調達は、ブロックチェーン技術の発展と共に成長しており、新たな金融モデルを探求するプロジェクトにとって有望な手法とされています。しかし、十分なリサーチとリスク管理が必要であることを忘れずに、慎重に投資を検討することが大切です。

スポンサーリンク

トークン資金調達の利点

トークン資金調達の利点は、効率的で透明性が高く、中間業者を排除することです。

取引の容易さ

セキュリティ・トークンは、ブロックチェーン技術により、インターネットを介してパソコンやスマートフォンで簡単に取引できるようになりました。この新しいデジタル技術は、取引の容易性を向上させる点で大きな利点を持っています。

具体的には、セキュリティ・トークンを所有する投資家は、取引所やプラットフォームにアクセスするだけで、24時間365日いつでも取引ができます。従来の証券取引では、取引所の営業時間や中間業者を介する必要があり、手続きが複雑で時間がかかりました。しかし、セキュリティ・トークンを利用することで、取引の手続きがシンプルかつ迅速に行えるため、投資家にとって大きな利便性が生まれています。

また、セキュリティ・トークンの取引は、インターネット経由で行われるため、場所に制約されず、どこでもアクセス可能です。これは、国際的な投資家にとっても大きな魅力となっており、グローバルな市場へのアクセスを容易にしました。

さらに、一部のプラットフォームはスマートフォンアプリを提供しており、投資家はモバイルデバイスを通じて取引を行います。このようなスマートフォン対応のアプリは、取引の柔軟性と利便性を高め、投資家にとって魅力的な選択肢となっています。

セキュリティ・トークンの取引の容易さは、従来の証券取引より劇的な改善をもたらし、新たな投資機会を提供しています。投資家にとっては、簡単に取引できることから、多くの利点が生まれています。

コスト削減

デジタル取引の性質により、従来の証券取引方法よりコストを大幅に削減することが可能です。

まず、STOはブロックチェーン技術を活用して取引が自動化されます。これにより、取引処理に関与する仲介業者や金融機関への手数料が削減されます。従来の証券取引では、取引所や証券会社などの仲介業者が必要で、そのサービスには一定の手数料が発生します。しかし、STOではブロックチェーン上でトークンの発行と取引が直接行われるため、これらの中間業者を排除できます。その結果、手数料の支払いが不要となり、資金調達コストが削減されます。

さらに、STOはデジタルプラットフォームを活用しています。取引や手続きはオンライン上で完結し、紙の文書や物理的なプロセスが不要です。これにより、手続きの効率が向上し、関連するコストも削減できます。例えば、契約書の作成や保存、物理的な書類の送付にかかる費用が不要になります。

STOに参加するための障壁も低くなり、企業や投資家が取引に参加しやすくなりました。これは、新たな資金調達機会を提供するだけでなく、市場の流動性も向上させます。

結果として、STOは低コストでの資金調達が可能な手法として注目されており、多くの企業や投資家にとって魅力的な選択肢となっています。コスト削減の利点がSTOの普及を後押ししており、金融業界における新たなトレンドとして浸透しています。

高い安全性

STO(Security Token Offering)の最も大きな利点の一つは、高い安全性です。これはブロックチェーン技術が取引プロセスに導入されているために実現されています。

STOの取引は、前章で説明した通り、ブロックチェーン上で行われます。ブロックチェーンは分散型台帳技術であり、取引のデータが複数のノードに分散して保存されます。これにより、取引の透明性と信頼性が向上し、データの改ざんや不正操作が困難になります。

具体的に、ブロックチェーン上の取引は以下の特徴を持っています。

透明性: ブロックチェーンはすべての取引履歴をブロックとして保存し、ユーザー全体に公開されます。これにより、取引の透明性が確保され、不正取引や情報の隠蔽が困難になります。

不変性: ブロックチェーン上の取引データは一度記録されると、修正や削除がほとんど不可能です。データの不変性が保たれ、改ざんやデータの改変が防止されます。

暗号化: ブロックチェーンは高度な暗号技術を使用して取引データを保護します。データの安全性が確保され、不正アクセスからの保護が行われます。

分散型: ブロックチェーンは分散型ネットワークで動作し、中央機関や単一の管理者が存在しないため、シングルポイントの攻撃に対する強固なセキュリティを提供します。

不正の困難さ: ブロックチェーン上の取引データを改ざんするには、該当するブロックを修正するだけでなく、後続のブロックのハッシュ値も変更する必要があります。このプロセスは非常に困難であり、不正操作がほとんど不可能です。

このような高い安全性が、STOに参加する投資家や企業に信頼性を提供し、リスクを最小限に抑えるのに役立ちます。ブロックチェーン技術の採用により、取引の安全性が向上し、不正活動やデータの改ざんから保護されることがSTOの大きな利点と言えます。

小口化

トークン資金調達の利点の一つは、小口化への対応能力です。従来の資金調達方法では、大手投資家や機関投資家からの資金調達が主流であり、一般の小口投資家が参加しにくい状況がありました。しかし、トークン資金調達はこの状況を変える可能性を持っています。

トークン資金調達では、トークンを分割し、小口の投資家にも投資の機会を提供できます。これは、プロジェクトのトークンを細かい単位に分け、低額から投資を受け付けられるためです。例えば、1トークンが高額でなくても、1トークンの一部を購入することが可能です。

小口化による利点は以下の通りです。

アクセスの拡大: 一般の小口投資家や個人投資家がプロジェクトに参加しやすくなります。これにより、多くの人々が新たな投資機会を享受できます。

分散化: 小口化により、資金調達のリスクが分散されます。大口投資家に依存しない資金調達が可能になり、プロジェクトの安定性が向上します。

資産の細分化: トークンを小口化することで、資産の細かな部分への投資が可能になります。投資家は自分の予算に合わせてトークンを購入し、リスクを管理できます。

市場の流動性: 多くの小口投資家が市場に参加することで、市場の流動性が向上します。これは取引の容易性や価格の安定性に寄与します。

新たなビジネスモデル: 小口化により、新たなビジネスモデルが生まれる可能性があります。例えば、小口投資家向けのプラットフォームやアプリケーションが登場し、資産運用の多様性が増します。

このように、トークン資金調達における小口化は、資金調達の方法を変革し、多くの人々に投資の機会を提供します。小口投資家にとってはリスク管理がしやすく、プロジェクトにとっては多様な資金供給源が得られるため、双方にとって利益をもたらす要素と言えます。

スポンサーリンク

トークン資金調達のリスク

トークン資金調達には潜在的なリスクが伴います。

認知度

STO(Security Token Offering)市場はまだ黎明期で、一般の人々にはあまり知られていません。そのため、STOに関する認識と理解が限定的です。STO市場を発展させるためには、新しい価値創造やSTOの特性を活かしたプロジェクト提案が必要です。トークン自体には価値がないため、魅力的な商品やサービスの開発が鍵となります。認知度の向上がなければSTO市場の成長は難しいでしょう。

法律規制の変化による影響

日本国内におけるトークン資金調達は、法規制の変化に影響を受けています。現在、トークンによる資金調達は、資金決済法や金融商品取引法によって規制されており、特にセキュリティトークンについては厳格な法的要件が課せられています。しかし、一部の資金調達方法については政府からの明確なガイドラインが示されておらず、トークンの区分や規制の適用範囲が不透明な状況が続いています。

さらに、税務や会計基準の法整備も現実に追いついておらず、トークンの発行者や投資家にとって不確実性を生んでいます。税務面では、一括課税などの制度が存在し、発行者に対する負担が大きい一方で、評価方法なども模索が続いています。会計基準においても、他者発行の暗号資産に関する基準が存在する一方で、自己発行の暗号資産については明確な基準が不足しており、監査コストの増加を招いています。

これらの課題に対処するため、政府や民間業界団体は連携し、解釈を明確化する取り組みを進めています。特に、Web3.0関連のプロジェクトにおいて、トークン投資環境の活性化を促進するための論点が議論されています。今後、法的な枠組みの整備や規制の明確化が進展し、トークン資金調達環境が整備されることが期待されています。

価格変動のリスク

トークン資金調達は新たな資金調達方法として注目されていますが、その中には価格変動のリスクが付きものです。トークンの価格は市場の需給に影響を受け、急激な変動が発生することがあります。この価格変動のリスクは、トークン資金調達の特徴でもあります。

価格変動のリスクは、以下のような要因によって引き起こされることがあります。

市場需給の変動: トークンの価格は市場の需給に左右されます。プロジェクトのニュースや市場トレンドによって需給が急激に変動することがあり、価格に大きな変動が生じることがあります。

ボラティリティ: トークン市場は非常にボラティフルであり、価格が急激に上昇したり下落したりすることがあります。これは、トークン市場が未熟であることや情報の非対称性が影響しています。

流動性の不足: 一部のトークンは流動性が低く、大口の取引が価格に大きな影響を与えることがあります。流動性の不足は価格変動の原因となります。

規制リスク: トークン市場はまだ規制が不十分なため、規制当局の発表や法的な変更が価格に影響を与えることがあります。規制リスクは不確実性を高めます。

これらの要因から、トークン資金調達に参加する際には価格変動のリスクを認識し、慎重な投資判断が求められます。リスク管理策として、分散投資やリスク資本の使用、市場情報の注意深いモニタリングが重要です。また、プロジェクトの背後にある技術やビジョンに焦点を当て、短期的な価格変動に惑わされず、長期的な価値を見極めることが大切です。

スポンサーリンク

 トークン資金調達の成功事例

「FiNANCiE(フィナンシェ)」のIEO(Initial Exchange Offering)成功事例は、国内のトークン資金調達の新たな可能性を示しています。2023年2月21日に行われたこのIEOでは、たった1時間で10億6,600万円の調達目標を達成しました。この成功事例は、日本のスタートアップがトークンを活用して資金調達をする新たなアプローチを示すものと言えます。

フィナンシェは、クリエーターエコノミーを支援し、10億人の挑戦を応援するというビジョンを掲げるweb3企業で、株式会社gumiの創業者である國光宏尚氏によって2019年に創業されました。彼らの主要な事業は、ブロックチェーンを活用したトークン発行型のクラウドファンディングサービスです。今回の調達資金を元に、フィナンシェはサービスの強化とエコシステムの拡充に向けたマーケティング活動に力を入れる予定です。

この成功事例は、IEOを通じてトークン資金調達が可能であることを示し、日本国内のスタートアップに新たな資金調達オプションを提供しています。IEOは、暗号資産取引所が審査を行い、トークンの販売をサポートする仕組みであり、これまでVCなどの従来の資金調達方法に代わる選択肢として注目されています。

日本国内のIEO/ICO市場の概況やフィナンシェの今後の展望について、この成功事例を通じて解説していきます。トークン資金調達は、スタートアップにとって新たな成長の機会を提供し、日本のブロックチェーンエコシステムの発展に寄与していくでしょう。

スポンサーリンク

トークン資金調達の将来性

トークンによる資金調達は、スタートアップの資金調達環境に新たな可能性をもたらしています。エクイティファイナンスより、トークンは異なる特性を持ち、スタートアップにとって有益な手法となることが期待されています。株式とトークンの主な違いは、議決権の所在とトークンのプロジェクトへのカスタマイズ性にあります。株式は企業に紐付き、議決権を持つことが一般的ですが、トークンはプロジェクトに結びつき、権利を柔軟に制御できます。このため、トークンにガバナンストークン機能を組み込み、議決権を出資者に与えるかどうかはプロジェクト次第です。トークンの発行を通じて、スタートアップは資金調達を迅速に実行できる利点を享受できます。このため、今後、資金調達の手法としてトークン発行がより一般的になる可能性が高いとされています。

また、トークンによる資金調達はプロジェクト運営者と出資者との持続的な関係構築にも新たな展望をもたらします。従来の資金調達方法では、出資者との連絡や関係維持が難しかったことがありました。しかし、トークンを保有することで、出資者とプロジェクト運営者との継続的な接触が自然に促進されます。これにより、トークン保有者向けのコミュニティの構築や、トークンを通じた新しい経済圏の形成が可能になります。投資家だけでなく、プロジェクトのサポーターやファンからの資金提供を受け、一緒にプロジェクトを発展させる可能性が広がります。トークンは出資者とプロジェクト運営者との継続的なパートナーシップを形成し、スタートアップの成長を促進する重要な要素となるでしょう。

スポンサーリンク

トークン資金調達に関するよくある質問

トークン資金調達についてよくある質問にお答えします。

セキュリティ―トークン(ST)と暗号資産の関係は何ですか?

暗号資産(Cryptocurrency)とセキュリティトークン(Security Token、ST)は、ブロックチェーン技術を基盤としたデジタル資産ですが、それぞれ異なる性質や規制が適用されています。

暗号資産(Cryptocurrency):暗号資産は一般的に仮想通貨とも呼ばれBitcoinEthereumなどが代表的な例です。主な目的は、価値の交換や保管、取引の容易さを提供することです。暗号資産は通常、分散型台帳技術(ブロックチェーン)を利用しており、取引の透明性とセキュリティを高めています。資金決済法においては、暗号資産に関する規制が適用されています。

セキュリティトークン(Security Token、ST):セキュリティトークンは、金融商品としての特性を持つデジタル資産です。主な目的は、株式、債券、不動産などの伝統的な金融資産をブロックチェーン上にトークン化して取引可能にすることです。セキュリティトークンは、金融商品取引法や証券法などの金融規制に従う必要があります。発行と取引においては、厳格な規制とコンプライアンスが求められます。

したがって、暗号資産とセキュリティトークンは異なる法的地位と規制を持ちます。暗号資産は主に仮想通貨市場で一般的に取引され、価値の変動が大きい傾向があります。一方、セキュリティトークンは伝統的な金融資産と同等の権利を持ち、法的なフレームワークに則って取引されます。セキュリティトークンは、不動産や株式などの実物資産をブロックチェーン上で効率的に取引するための有望な手法とされており、金融分野での革新をもたらす可能性があります。

STOを利用して資金調達をする際には、どのような日本の法規制に注意すべきですか?

STO(セキュリティトークンオファリング)を利用して資金調達を行う際には、日本の法規制に十分な注意が必要です。日本におけるSTOに関連する法規制要点を以下にまとめました。

公募と私募の違い:STOが公開的にトークンを発行し、一般の投資家に提供される場合は、「公募」となります。この場合、厳格な規制が適用されます。STOが限定的な投資家や特定のプロフェッショナル向けに提供され、一般の投資家へは非公開で行われる場合は、「私募」となり、一部の規制が緩和されます。

公募の場合:有価証券届出書や目論見書の作成が必要です。金融庁への金融商品取引業者としての登録が必要です。厳格な開示要件が課されます。

私募の場合:有価証券届出書や目論見書の作成は不要ですが、一部の情報提供が求められることがあります。第二種金融商品取引業者として登録が必要です。一般の投資家への提供は制限されます。

トークンの設計:STOを実施する企業は、トークンの設計によって、適用される法規制が異なることに留意する必要があります。

第三者への委託:一部の場合、STOを自社で実施する代わりに、第一種金融商品取引業者として登録された事業者にトークンの販売を委託することが考えられます。

STOは新しい資金調達方法として注目されていますが、法的なコンプライアンスを遵守することが極めて重要です。STOを計画する際には、金融規制に関する専門家や弁護士と協力し、適切なステップを踏むことが不可欠です。透明性と法的合法性を確保するために、事前に十分な調査と計画が必要です。

トークン資金調達における税金の取り扱いはどうなりますか?

トークン資金調達における税金の取り扱いについては、複雑で変化に富んだ問題が存在します。特に、デジタルアートトークン(NFT)など新たな資産クラスの出現に伴い、税金の取り決めは模索の途中にあります。以下に、日本国内におけるトークンの税制に関する基本的なポイントをまとめました。

譲渡所得としての課税:個人がNFTを売却した場合、譲渡所得の基因となる資産に該当する場合、譲渡所得として課税されます。これは、NFTの売却益が課税対象となることを意味します。譲渡所得に区分される場合、キャピタルゲインとして課税され、所得税がかかります。NFTやFTの譲渡が営利を目的として継続的に行われる場合は、譲渡所得ではなく、雑所得または事業所得として課税される可能性があります。

法人における税金:法人がNFTを売却した場合、法人税の課税所得の算定の基礎になります。法人に所得区分はなく、通常の営業取引と同様に課税されます。

資産区分について:NFTが棚卸資産または固定資産に該当するのかについては、まだ明確な法令やガイドラインは存在しません。法人がNFTを保有する場合、これらの区分は整理が必要ですが、現時点ではNFTの性質を考慮し、合理的な判断が求められます。

国税庁のタックスアンサーの参照:NFTに関連する税金の取り決めは、国税庁のタックスアンサーによる指針に依存することがあります。具体的なNFTに関する課税上の取り決めについては、タックスアンサーの情報を参照し、最新の情報に基づいて判断する必要があります。

最後に、トークンの税金に関する法規制は非常に動的であり、変化する可能性が高いことに留意することが重要です。トークン関連の事業を行う場合、税務署や税理士などの専門家と協力し、適切な課税および会計処理をすることが不可欠です。税金の取り扱いに関する透明性を確保し、法的合法性を守ることは、ビジネスの成功にとって極めて重要です。

スポンサーリンク

トークン資金調達についてのまとめ

ここまでトークン資金調達についてお伝えしてきました。
トークン資金調達の基本の要点をまとめると以下の通りです。

  • トークンベースの資金調達は、プロジェクト運営者と出資者の持続的な関係構築にも寄与する。
  • DeFiにおけるトークン資金調達は、ブロックチェーン技術の発展と共に成長しており、新たな金融モデルを探求するプロジェクトにとって有望な手法とされる。
  • トークンの利点は、「取引の容易さ」「コスト削減」「高い安全性」「小口化」などがあげられる。

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

事業者向け
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア