カルダノ ¥61.01 4.68%
トンコイン ¥1,092.93 -1.04%
ドージコイン ¥19.55 3.90%
XRP ¥77.77 0.74%
USDコイン ¥157.88 0.02%
ソラナ ¥21,698.92 2.40%
BNB ¥94,416.37 3.48%
テザー ¥157.81 0.00%
イーサリアム ¥558,593.59 4.37%
ビットコイン ¥10,268,076.35 0.40%
カルダノ ¥61.01 4.68%
トンコイン ¥1,092.93 -1.04%
ドージコイン ¥19.55 3.90%
XRP ¥77.77 0.74%
USDコイン ¥157.88 0.02%
ソラナ ¥21,698.92 2.40%
BNB ¥94,416.37 3.48%
テザー ¥157.81 0.00%
イーサリアム ¥558,593.59 4.37%
ビットコイン ¥10,268,076.35 0.40%
カルダノ ¥61.01 4.68%
トンコイン ¥1,092.93 -1.04%
ドージコイン ¥19.55 3.90%
XRP ¥77.77 0.74%
USDコイン ¥157.88 0.02%
ソラナ ¥21,698.92 2.40%
BNB ¥94,416.37 3.48%
テザー ¥157.81 0.00%
イーサリアム ¥558,593.59 4.37%
ビットコイン ¥10,268,076.35 0.40%
カルダノ ¥61.01 4.68%
トンコイン ¥1,092.93 -1.04%
ドージコイン ¥19.55 3.90%
XRP ¥77.77 0.74%
USDコイン ¥157.88 0.02%
ソラナ ¥21,698.92 2.40%
BNB ¥94,416.37 3.48%
テザー ¥157.81 0.00%
イーサリアム ¥558,593.59 4.37%
ビットコイン ¥10,268,076.35 0.40%

ブロックチェーン技術を利用した地方創生とは?メリットや導入例をご紹介します!

事業者向け

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています。

ブロックチェーン技術を利用した地方創生とは何か知っていますか?
本記事では、ブロックチェーン技術を利用した地方創生について以下の点を中心にご紹介します!

  • ブロックチェーンはなぜ地方創生に貢献できるのか
  • 地方自治体がブロックチェーンを導入するメリット
  • ブロックチェーンによる地方創生の注意事項

ブロックチェーン技術を利用した地方創生について理解するためにもご参考いただけると幸いです。
ぜひ最後までお読みください。

▼ブロックチェーンサービスにお困りの際はPacificMetaにご相談ください!

Pacific Metaは、NFTやブロックチェーンゲームを始めとするWeb3サービスの専門家集団です。ブロックチェーンサービス開発支援や、アイディアの事業化、事業計策の策定を細は下記リンクからサービス内容をご確認ください!
お問い合わせページはこちら

スポンサーリンク

地方創生とブロックチェーンの概要

地方創生とブロックチェーンは、先進的な技術を用いて地域振興を目指す新たな試みとして注目されています。

地方創生

2040年までに数百の自治体が消滅するという国立社会保障・人口問題研究所の予測は、日本の地域での人口減少と経済力の衰退の深刻さを浮き彫りにしています。この背景を受けて、「地方創生」という概念が注目されています。

地方創生は、各地域の独自性や資源を活かし、人口減少や経済の低迷を克服するための総合的な取り組みを指します。具体的な施策としては、新たな産業の育成、移住促進策、地域の特色を活かした観光促進、空き家の活用などが挙げられます。これらの取り組みを進めることで、地域が再び活気を取り戻し、持続的な発展を遂げることを目指しています。

ブロックチェーン

ブロックチェーンは、主に暗号通貨の基盤技術として知られる、分散型台帳技術です。この技術は、不変性と透明性を特徴とし、高度なセキュリティを保証することで注目を浴びています。ブロックチェーンが持つ特性から、インターネットに接続されていれば、どの地点からでも情報にアクセスでき、取引や認証などの処理も迅速に行えます。さらに、特定の中央機関に依存しない分散型の構造は、データの管理やシステムのアップデートをコミュニティ主導で行える点も大きな特長です。このような性質により、ブロックチェーンは金融業界をはじめとする多くの領域での革新的な応用が期待されています。

スポンサーリンク

ブロックチェーンはなぜ地方創生に貢献できるのか

ブロックチェーン技術の導入が地方創生の鍵となる可能性が指摘されています。WellSolution代表の矢倉利樹氏によれば、「地域おこしを持続的に成功させるには、データの蓄積と継続的なフォローアップが欠かせません」とのこと。彼は、ブロックチェーンを活用し、地元中小企業のIT・マーケティング能力を強化することで、地域活性化に直結すると語ります。

特に、町おこしの動きにおいては、先に地域通貨やイベントを導入するのではなく、ブロックチェーンの機能を活用した流通経路の構築が先決であると強調。そうすることで、トークンエコノミーやECサイトの組み込み、そして顧客情報の取得といった取り組みが容易となり、地方企業の競争力を高めるとともに、地域全体の活性化に貢献できると矢倉氏は見解を示しています。

スポンサーリンク

地方自治体がブロックチェーンを導入するメリット

地方自治体がブロックチェーンを導入することで、透明性、効率性、セキュリティの向上を期待できます。

関係人口の増加

地方自治体でのブロックチェーン導入は、関係人口の増加という新たな価値を生む可能性があります。関係人口とは、居住・観光だけにとどまらず、以前の滞在経験や地域のイベント参加など、多様な形で地方との関わりを持つ人々を指します。ブロックチェーン技術を活用したメタバースやNFTのイベントは、地域の魅力を再発見させ、新しい形の地域参加を促進することが期待されます。

このような仮想空間での活動が、実際の地方への訪問や関与を後押しし、地域経済の活性化や人手不足の解消へと繋がる可能性が広がります。ブロックチェーンをキーとした取り組みが、地方自治体の新しい魅力創出と経済復興の一翼を担うことが期待されるのです。

海外へのPRも可能

ブロックチェーンの活用は、地方自治体の新しい価値提供の一翼となる可能性があります。従来、地方自治体の魅力を伝えるためには観光や現地でのイベントが主体でしたが、地域へのアクセス性の問題などから、遠方や海外の人々の参加は限定的でした。しかし、ブロックチェーン技術を活用することで、デジタル上で地域の魅力や文化を体験・共有することが可能となります。例えば、デジタル住民票の導入やNFTを用いた地域資産の販売は、物理的な距離を超えた地方との関わりを深める手段として期待されます。こうしたデジタル空間での取り組みが、国内外からの関係人口の増加を促進し、地方自治体の国際的なPRや新しい形の地域活性化に寄与することが期待されるのです。

スポンサーリンク

地方自治体におけるブロックチェーンの導入例

地方自治体がブロックチェーン技術を導入する動きは、全国で次々と広がっています。

Tapyrus(福岡県飯塚市)

福岡県飯塚市は、ブロックチェーン技術の導入を積極的に進めており、その中で特に注目すべき取り組みがあります。

2022年1月、地元飯塚市の企業chaintopeと九州農産物通商は、ブランドいちご「あまおう」のトレーサビリティ実証を成功させました。この実証実験では、Chaintopeの「Tapyrus」ブロックチェーンをベースにしたアプリを利用。福岡県JA粕屋産の「あまおう」が台湾に輸出される際の過程を詳細に追跡できるシステムを展開しました。

さらに、飯塚市ではブロックチェーン技術を用いて、住民票や各種証明書のデジタル申請・交付システムの実証も行っています。このシステムは、不正改ざんを防ぐブロックチェーンの特性を生かして電子文書の信頼性を向上させるものです。特に新型コロナウイルスの感染拡大を背景に、非接触での行政サービスが求められる中で、この取り組みは大いに注目されるものとなっています。

プレミアム商品券(熊本県天草市)

熊本県天草市がブロックチェーン技術を活用してデジタル「プレミアム付商品券」を導入することが明らかとなりました。この取り組みは、SBIホールディングス、九州電力、筑邦銀行の3社合弁による「株式会社まちのわ」が提供する情報プラットフォームを利用しています。このプラットフォームの核となる技術として、米R3社が開発した「Corda」というブロックチェーンが採用されています。

スマホアプリ「天草のさりー」を通じて、申し込み、チャージ、そして決済の一連の手続きがデジタル上でスムーズに行えるように設計されています。スタートでは、参加者に3,000円分の商品券が提供されるほか、「子育て特別クーポン」として5万円分が支給されます。重要な点として、これらのクーポンは市内指定店舗でのみ使用可能で、2022年3月からの利用開始が予定されています。デジタル化により、従来の紙クーポンよりも受給のタイミングを柔軟に選択できるのが魅力です。

e-加賀市民(石川県加賀市)

石川県の加賀市は、2018年に「ブロックチェーン都市宣言」を行い、ブロックチェーン技術を活用した「e-加賀市民」という革新的なデジタル認証制度を立ち上げました。この新しいシステムは、マイナンバーカードと連動しており、市民は自身のスマートフォンを用いて様々な電子行政サービスを受けられるようになっています。

具体的には、電子投票システムをはじめとする各種の行政サービスを電子化し、実際に住民票を持っていない人でも、マイナンバーと連動して加賀市のサービスを享受できるようになります。

また、e-加賀市民としての様々な特典も検討中で、市内宿泊時のサポート、市民限定のオンデマンドタクシー、移住体験プログラムの優先提供、市が管理するコワーキングスペースや会議室の無料利用など、多岐にわたるサービスが提供される予定です。これにより、市民と行政の距離がさらに縮まり、効率的な行政サービスが実現することが期待されています。

バーチャルやぶ(兵庫県養父市)

兵庫県養父市は、吉本興業株式会社との協力の下、メタバース「バーチャルやぶ」を立ち上げました。このデジタル空間では、市の歴史や観光名所、かつて繁栄した明延鉱山を含むさまざまな体験型コンテンツを通じて、養父市の魅力を伝えています。さらに驚くべきことに、メタバース内には養父市役所が忠実に再現され、訪問者は「メタバース市民証」を取得できるのです。

このような斬新な取り組みは、単に観光や地域のPRだけでなく、メタバースを通じた新たなコミュニケーションの場としても機能します。人々がデジタル空間で交流し、実際の養父市への関心や訪問を促すことで、地域の経済や活気を高めることが期待されています。

スポンサーリンク

ブロックチェーンによる地方創生の注意事項

近年、多くの地方自治体がブロックチェーンを活用した取り組みを進めていますが、その取り組みが成功するケースと、そうでないケースが存在します。成功しない要因の一つは、イベントや活動が一過性のものとなり、継続的な関係人口の蓄積が難しい点にあります。これらの地方活性化プロジェクトが継続的な効果を持つためには、地域のリーダーや関係者の経験やノウハウが極めて重要です。情報の伝達方法や地方の企業や団体との連携も大切な要素となります。

ブロックチェーンやデジタル技術は非常に有力なツールではありますが、それだけでは地域活性化の問題は解決しません。成功への鍵は、テクノロジーと地域の知識やリソースを適切に組み合わせ、多くの関係者が協力し合って取り組むことにあります。

スポンサーリンク

ブロックチェーンによる地方創生についてのまとめ

ここまでブロックチェーンによる地方創生についてお伝えしてきました。
ブロックチェーンによる地方創生の要点をまとめると以下の通りです。

  • ブロックチェーンは、トークンエコノミーやECサイトの組み込み、そして顧客情報の取得といった取り組みが容易となり、地方企業の競争力を高めるとともに、地域全体の活性化に貢献できる。
  • 地方自治体がブロックチェーンを導入するメリットは、「関係人口の増加」「海外へのPRも可能」などがあげられる。
  • 取り組みが成功するケースと、そうでないケースが存在するため、地域のリーダーや関係者の経験やノウハウが極めて重要。

これらの情報が少しでも皆さまのお役に立てば幸いです。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。

スポンサーリンク

Web3のお悩みはPacific Metaにご相談ください

Web3に特化したグローバルプロフェッショナルチームとして、株式会社Pacific Metaは、Web3を経営戦略の中核に据え、事業拡大に欠かせないトークンエコノミクスやブロックチェーンの開発、コミュニティの育成などをトータルにサポートします。
Web3の分野で挑戦する国内外の企業やプロジェクトに対しては、Web3の専門性を生かした支援だけでなく、世界各地にいるチームメンバーが築いたWeb3コミュニティとの連携によるグローバル支援も提供しています。
現在は、国内最大規模のブロックチェーンゲーム制作企業や、日本の大手広告代理店などの企業と、日本国内外で多様な取り組みを実施しています。

弊社の取り組み事例を以下でご紹介しております。

  • ブロックチェーンの利用やNFTの活用を新規事業の柱として考えている。
  • 自社のWeb3プロジェクトを海外市場に進出させたい。
  • 自社プロジェクトのマーケティングを総合的に委託したい。

 Web3やメタバース・NFT・ブロックチェーンに関するビジネスで困っている場合には、弊社のお問い合わせページからお問い合わせください。

お問い合わせページはこちら

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、DeFi、ブロックチェーン、GameFi、メタバースなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。

Web3事業に関するご相談はこちら

株式会社Pacific Metaは、

・Web3サービスのコンサルティング
・Web3サービスのマーケティング
・Web3サービスの海外進出
・Web3オフラインイベント
・トークン上場支援/資金調達支援
・海外Web3サービスの日本/アジア進出

を行う総合コンサルティングファームです。

Web3事業の戦略策定からトークンエコノミクスの設計、ブロックチェーン技術を活用した既存事業の価値向上、プロジェクトマネジメント、マーケティング支援まで、Web3に特化した包括的な事業支援を行っております。

既にローンチしているWeb3事業の診断も行っております。(相談無料)
Web3事業の立ち上げ、グロースでお困りの方は、お気軽にご連絡ください。

お問い合わせはこちら

事業者向け
Pacific Meta マガジン|日本最大級のweb3メディア