SNSなどで見かける“察し”の意味とは?【ゲーム用語集】

察し

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています

察しとは?

察しとは、既に分かっていることに基づいて推測することを意味する言葉で、主にインターネット上で使われます。

インターネットは不特定多数が閲覧するため、内容によってはそのまま表現せず、文章を少し濁したりして投稿する場合があります。

TwitterなどのSNS上で、表立っては言えない事情に気付いた時などに「あっ(察し)」と表現されているのを見かけたことがあるのではないでしょうか。

察しという言葉の語源になったのは、現5ちゃんねる掲示板の「なんj(なんでも実況ジュピター)」で使われるようになったことがきっかけです。

とあるビデオ映像のインタビューのシーンにて、インタビュアーが相手に年齢を聞いたところ、相手は「24歳」と答えました。

インタビュアーが「もう働いてるの?」と聞くと、相手が「学生です」と答えた際にインタビュアーが「あっ…(察し)フーン…(納得)」と言ったのが始まりです。

24歳という年齢で学生ということに対して、医学生かもしれないことや大学院に進んでいたりすることも想像できます。

しかし、留年や浪人をしている可能性もあるため、諸々と察してそれ以上は突っ込まないでおいたということです。

察しの類義語には、相手の気持ちや事情を推し量り理解する意味を持つ「推測」や、ある事柄に基づいて推し量ることを意味する「汲み取る」などがあります。

察しには、上記のように「(察し)」という文字だけでなく、以下のような顔文字と絵文字で表現することもできます。

  • (;゚∀゚) アッ
  • あっ…!Σ(・д・;)
  • (゜◇゜)あ…
  • (´・ω・`)あぁ…
  • ?
  • ?
  • ?
  • ?
  • ?
  • ?
  • 「なんか今日、機嫌悪い?」『眠いし疲れやすい』「あっ…(察し)」
  • 察してほしい気持ちもあるけど、時には伝えることも必要だ。

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。