泥試合の意味とは?【ゲーム用語集】

泥試合

※本サイトは掲載するECサイト等での購入実績に基づいて一部報酬を受領しています

泥試合とは?

泥試合とは、内容の酷い試合という意味で使われます。
ゲームの世界においても同様の意味で使われており、対戦内容がグダグダになってしまった場合などに使われます。
また、その名の通り泥にまみれながら行われる試合のことを指す場合もあります。

泥試合の由来は歌舞伎と言われています。
舞台の上に泥を用意し、その上で立ち回りを行なうことを、泥試合と呼んでいました。
元々は歌舞伎用語だった泥試合が普及し、現在では一般的に使われる言葉となりました。

泥試合の別表記として、泥仕合があります。意味は同様に使われています。

  • 目も当てられない泥試合だったな…
  • 昨日からの大雨のせいで凄まじい泥試合になった。
  • こんな泥試合久しぶりだな。

監修者:Pacific Metaマガジン編集部

Pacific Metaマガジン編集部は、Web3、NFT、メタバース、DeFi、ブロックチェーン、GameFiなどの新たなデジタルエコノミーに精通する専門家集団です。 常に最新のトレンドを追求し、読者にわかりやすく伝えることを目指します。